菜の花

まだ厳冬のさなかに店先に並んでいる菜の花を見つけると、突然の春の息吹に驚かされます。 独特のほろ苦さには自然の力が秘められているよう。蕗の董(ふきのとう) と並ぶ、春の一番早い使者です。
菜種油を取る重要な作物で、世界各地で栽培されています。
Nanohana

品種 菜花(なばな)とも言います。アブラナ科アブラナ属のアブラナ、菜種(なたね)のツボミと花茎です。
原産地 他のアブラナ科の野菜と同様に地中海沿岸が原産地で、ヨーロッパで油を取るために改良されました。 日本では安土桃山時代には採油目的で広く栽培されていましたが、ツボミを食べるようになったのは明治時代以後です。
種類
  • 和種菜種−地中海沿岸の野生種に近いアブラナ。蕪(かぶ)や白菜に近い。葉が薄く色も淡い。
  • 洋種菜種−アブラナとキャベツ類をかけ合せてヨーロッパで改良された種類で、ナタネと言えばこれ。 葉の色が濃いのが特徴。菜種油をとる目的ではほとんどがこの種類になっています。
旬は1月〜3月。他のアブラナ科の植物(ブロッコリカリフラワー)と同様に、原産地の地中海性気候(夏は乾燥しすぎて植物の生育には適さず、 冬は比較的温暖で雨も多い)に合わせて冬に成長して春一番に開花する野菜です。
調理 まず塩(または重曹)を加えた湯で軽くゆで、氷水にさらします。ゆで過ぎ・さらし過ぎに注意。お浸し、辛子あえにします。 吸い物の具としては、"ハマグリと菜の花"、"鯛と菜の花"が早春の定番メニュー。 その他、天ぷら、野菜いためなど、意外に幅広く使えます。
イタリアではチーメ・ディ・ラペと呼ばれる菜の花の一種がパスタの具に使われます。


食材事典のホームへもどる



制作日:2003年4月22日
更新日:2003年5月3日
上田 泰久