手記 - 2004年

1月
  • 31日
    しばらく間があいてしまいましたが、ハチミツのページを作りました。
2月
  • 1日
    インゲン豆のページに虎豆の写真を載せました。豆の半分が白で半分が虎模様というおしゃれな豆です。
  • 14日
    真鯛の写真を載せました。やっとです。
  • 15日
    玉葱のページを作りました。基本的な野菜のわりに作るのがずっと後回しになっていたものです。
    古代米の黒米の写真を載せました。
4月
  • 30日
    砂糖の和三盆の写真と鱸(すずき)の写真を載せました。長らく更新ができませんでしたが、やっと復活しました。
5月
  • 1日
    鰍(かじか)のページを作りました。最近、東京にも出回るようになった北国の魚。
  • 24日
    ウイルス・メールが一日100通以上届くようになり、しかたが無いのでトップ・ページ 以外のメール・アドレスを消しました。200ページほどあるので大変でした。
  • 25日
    蕪(かぶ)のページを作りました。古くから各地で様々な品種が作られ、人々に愛されてきた 重要な野菜です。今後、各地の蕪の種類を追加していきたいと思います。
  • 29日
    たいらぎのページを作りました。ホタテと同じく大型の貝柱を食用にしますが、 味わいは結構違います。こういうバリエーションがあるのが食の奥深さなのだなぁと思います。 ホタテもいいですが、タイラギも是非、たまには食べてください。
6月
  • 19日
    きくらげのページを作りました。
  • 20日
    鱸(すずき)のページに平家物語の"鱸の事"の逸話を追加。鱸の力強い魚体は武家に好まれた事でしょう。
  • 22日
    目張(めばる)のページを作りました。煮魚にたいへんむく魚ですが、あまりにも値段が高いとねぇ・・・。
  • 27日
    かます、青大豆、白きくらげの写真を載せました。
7月
  • 24日
    鳥貝のページを作りました。殻付の生のものを自分で調理すると大変美味しい貝です。
8月
  • 1日
    ついに江戸時代の秘伝的料理、"結び山芋"を再現。
    1)長芋を長さ15cm、5mm角の非常に細長い棒状に切る。
    2)中央部に塩を塗り、20分ほど置く。
    3)水洗いして塩分を抜く。
    4)塩を塗った所は水分が抜けて柔らかくなっているので、自由に曲げられ、結ぶ事ができます。
    やまいも(山芋)のページに写真があります。
12月
  • 18日
    転職したのでしばらく忙しくてアップデートができませんでしたが、やっとナメコのページを作りました。 また頑張って充実させていきたいと思います。
  • 24日
    トクビレ-八角のページを作りました。最近はこのように特定の地方だけで賞味されていた魚も東京市場に入荷するようになってきました。


2005年の手記へ

2003年の手記へ

2002年の手記へ

食材事典の表紙へもどる

食材の一覧表へもどる



制作日:2004年1月31日
更新日:2004年12月24日
上田 泰久