手記 - 2005年

1月
  • 2日
    百合根のページを作りました。去年の後半は転職して忙しくなったので、ほとんどページの追加ができませんでしたが、 今年は気を取り直してがんばります。
  • 9日
    慈姑(くわい)のページを作りました。こういう季節の食材を、それが使われる前にまとめられればいいのですが、 どうしても自分で料理をしてからページにまとめるので、Webにアップできるのはその時期の後になってしまいます。
2月
  • 1日
    モズクのページを作りました。磯の香りとヌルヌル感が秀逸。モズク酢だけではもったいない。
  • 11日
    数の子のページをアップしました。 バブル崩壊後は物の値段がだんだん下がっていく時代になっていますが、数の子の価格の推移をみるとその縮図を見るようです。
  • 26日
    アンコウのページを作りました。写真を載せたかったのですが、東京ではほとんどが切り身で売られています。 切り身の写真を撮ってみたのですが、どうも気持ち悪くて・・・。
3月
  • 26日
    山菜のコゴミのページを作りました。
  • 27日
    筍のページに干し筍を追加。私の大好きな食材ですが、東京近辺では売っているのを見たことがありません。 九州の方はよく食べていらっしゃるようですね。
    ワサビのページにワサビの葉の写真を追加。
4月
  • 13日
    桜のページを作りました。桜の花や桜の葉をとりあげています。すばらしい香りのハーブであり、かつ見た目も美しいのですが、 これをハーブ(香辛料)としてとりあげている食材事典はあまりないのではないでしょうか?
  • 17日
    行者にんにくのページを作りました。大好きな食材の一つですが高価です。
5月
  • 1日
    ウィルス・メールや迷惑メールが毎日100通以上来るようになったので、やむを得ず、 メールアドレスを表紙と食材一覧のページから削除し、別のメールアドレスだけのページに移しました。 またこれを機会にメールアドレスを変更しました。
9月
  • 19日
    本当に久しぶりです。帆立貝のページに養殖の写真を追加しました。岩手県産です。クリックすると大きい画像が見られます。
  • 25日
    辛子-マスタードのページを作りました。古代オリエント、エジプト、ギリシア、ローマ、中国、 と文明が興ると同時に使われ出した最も歴史の古い香辛料の一つです。
10月
  • 4日
    唐辛子のページをリニューアルし、料理の項目と世界の唐辛子の種類について加筆しました。世界の唐辛子の品種は数多く、 品種にこだわりを持った使いかたをされる食材なので、名前のとおった品種も多くあります。とても全て紹介できないので、 本当に絞った数点のみを載せています。
  • 8日
    オールスパイスのページを作りました。
  • 10日
    唐辛子のページに万願寺唐辛子の項目を加えて写真を載せました。東京ではなかなか売っていませんが見つけたら是非お試しください。
11月
  • 3日
    ウスターソースのページをのせました。ソースの写真(ウスターソースと濃厚ソース)を載せましたが、たんに黒い液体として写っているだけで、あまり意味はないですね。 醤油の写真と区別がつくかな?
    ウスターソースの作り方のページものせました。簡単にできるので是非お試しください。
12月
  • 23日
    マッシュルームのページを作りました。最近はエリンギなどの色々な新種のキノコが出てきたので、マッシュルームは部が悪いかもしれませんが、美味しくて使いやすい食材ですので、もっと使われてもいいと思います。


2006年の手記へ

2004年の手記へ

2003年の手記へ

2002年の手記へ

食材の一覧表へもどる



更新日:2005年11月3日
上田 泰久