ほうれん草

Hourenso   冬においしくなる代表的な緑黄色野菜で栄養豊富です。 和風のおひたしにも洋風のバター炒めにもよく合います。


品種 アカザ科ほうれん草属。”菠薐草”と書きますが、菠薐とは中国語でペルシア(イラン)の事です。 雌雄異株。
原産地 アフガニスタンかイランが原産地で、特にイランでは古くから栽培されていました。 ヨーロッパと中国で独自に改良されて西洋種と東洋種ができました。 日本には17世紀に中国から東洋種が、1861年にフランスから西洋種がもたらされました。
種類
  • 東洋種 :葉が小さく先がとがっていてノコギリのような切れ込みがあります。根がピンク色。 アクが少なく甘味があるので、さっと湯がいておひたしなどにするのに向いています。 栽培に手がかかるので減ってきていますが、山形など東北の一部でまだ作られています。
  • Sarada_Hourenso 西洋種 :葉が大きく丸くて肉厚。根は緑色です。暑さに強く収量が多い。アクが強いので炒めものに向きます。
  • 交雑種 :東洋種と西洋種の一代交雑種で最近の主流です。東洋種の味を残しながら収量を増やしています。
  • サラダほうれん草(写真右) :アク(シュウ酸)が少なく生食にむく新品種です。水耕栽培で作ります。とても美味しい。ぜひ食べてみてください。
一年中ありますが、本来の旬は11月から1月。冬の方が味が良く、栄養価も高くなります。 霜にあたると甘味が増すという話です。
成分 ビタミンA、B1、B2、C、鉄分などのミネラルを豊富に含みます。 ホウレンソウのアクには、カルシウムの吸収を妨げ腎臓結石を作るシュウ酸が含まれていますが、 ゆでると溶け出してしまいます。
調理方法 保存方法:ホウレンソウは葉からどんどん水分が蒸発してしおれやすいので、 ぬれた新聞紙にくるんで保管します。
アクがあるので下ゆでして使います。お湯に塩を少し入れて(沸点が高くなるので高い温度でゆでられる) 一分間ぐらいの短時間でゆでましょう。
低農薬・無農薬のものが手に入った時には根っこのピンク色の部分も食べてみてください。独特の味わいがあります。
目利き 交雑種の中にも東洋種に近いものと西洋種に近いものがあるようで、葉の形で見分けがつきます。 おひたしにする時は東洋種に近いものを選ぶと甘味があってすっきりした味です。
雑学 ポパイがホウレンソウの缶詰を食べると急に強くなるというアニメ ・ ・ ・ 分かりやすいというか、 子供心に強烈な印象がありました。アニメのスポンサーがホウレンソウの缶詰のメーカーだったという話ですが、 このアニメのおかげでだいぶ売れたのではないでしょうか。アメリカでは今でもスーパーで普通に売られています。 中身はゆでたホウレンソウで、カレーに混ぜたりキッシュに入れたりして使われます。


食材事典のホームへもどる



制作日:2002年1月19日
更新日:2002年9月15日
上田 泰久