かれい(鰈)

Ma_garei 種類が多く、それぞれに旬や味わいが違うので食べ比べの楽しみがあります。 底引き網による乱獲で最近はどの種類も漁獲が減り、新鮮な近海物は値段も高くなっていますが、 近海物の上品であっさりした味は他に代えがたいものがあります。 刺し身にする時は醤油とワサビより、ポン酢醤油にモミジオロシとアサツキで食べると、 旨みや微妙な甘さが引き立ちます。
(写真上はマガレイ、下はマコガレイ)

マガレイ 北海道が主産地で雌は40cmぐらいまで成長します。雄はやや小型。 肉厚で煮付けで食べることが多いのですが、刺し身もあっさりした上品な味でおいしいです。 旬は冬だという説と夏だという説があります。
マコガレイ マガレイよりやや肉薄ですがきめ細かいしっかりした肉質のおいしいカレイです。から揚げが美味。 有名な大分県日出(ひじ)の「城下ガレイ」はマコガレイです。 30cm、旬は関東圏では5月から6月、東北では7月・8月になります。 日出では梅肉醤油に肝をまぜた肝酢で刺し身を食べます。
イシガレイ 東北や九州ではイシモチガレイと言います。普通のウロコが無く、目側の背ビレに近い所に、石のようなウロコが数個 並んでいるのでこの名があります。1950年代以前には、東京湾のイシガレイが最高と言われましたが、今ではほとんど 採れません。50cmになります。磯の香りが強いのでそれが好きな人は刺し身やアライにして食べます。  
ホシガレイ 有名な高級魚。味の深さと歯ごたえでヒラメに匹敵します。目側は茶褐色で両側のヒレに丸い星のような斑点があるので、 ホシガレイと呼ばれます。主に関西以西で採れる魚で、旬は12月から2月です。 昔から漁獲高が少なかったのですが、最近はさらに減り、幻の魚になりつつあります。40cm程度。  
マツカワガレイ Matsukawa 西のホシガレイに対して、東北以北で主に採れる大変おいしいカレイ。目側はオレンジがかった茶色で、 松ぼっくりの模様を小さくしたような固いウロコがビッチリと付いています。ヒレに大きく黒い縞模様があるのが特徴です。 60cmを超えるものもあります。コクがあり重量感のある味で、刺し身はもちろんムニエルなどにしても大変美味。 雄は非常においしいのだが、雌はまずいと言われています。ホシガレイと同様、 ほとんど採れなくなった幻の魚ですが、近年は稚魚放流や養殖が始められています。  
ナメタガレイ ババガレイとも呼ばれます。他のカレイと違って、切り身を煮付けにした時に身が縮まらないので、料理屋で重宝がられます。 卵を持ったものが喜ばれます。東北と北海道で多く採れ、旬は10月から2月。50cm  
アカガレイ 無目側が血のように赤いカレイです。肉薄ですが、旬の秋になるとだんだん厚くなってきます。塩焼きか煮つけで。山陰と北海道で多く採れます。40cm。  
ヤナギムシガレイ 干物にすると最高!こちらのページをご覧ください。  
ヤナギガレイ ヤナギムシガレイの代用品として干物にします。旬の10月から2月にかけては刺し身や煮付けもおいしいそうですが、 ほとんどが干物にされてしまうので、生では市場に出てきません。  
ヒレグロ ヤナギムシガレイによく似ていますがヒレが黒っぽく、ヤナギムシガレイのように、ヒレが虫食い状態に破れたように なっていません。ヤナギガレイという名前で、ヤナギムシガレイの代用にされるので紛らわしいのですが、から揚げも おいしいそうです。35cm。旬は11月から2月です。  

市場 カレイ類全体の2000年の漁獲量は7万1千トンで、最近の漁獲量は安定しています。約40%が北海道。  


食材事典のホームへもどる



制作日:2001年8月18日
更新日:2003年6月1日
上田 泰久