かさご(笠子)

Kasago 江戸時代には勇ましい姿が武家に好まれ、端午の節句に飾られた魚です。 脂がのっているわりに身の締まった美味しい魚で、和・洋とも様々な料理に使われます。 頭が大きく笠をかぶっているように見える事から”笠子”と呼ばれたと言われています。

品 種 カサゴ目フサカサゴ科。北海道以南の日本各地の岩礁地帯に分布しています。 体長30cm程度で雌のほうが小型。沿岸にいるものは黒っぽく、沖合いのものは赤っぽくなっています。 カサゴは卵胎生で、春先に子魚を産み、2年で成魚になります。
フサカサゴ科には他に、体全体がゴツゴツしたオニカサゴ、南日本にいてヒレにマダラ模様のあるイズカサゴ、 日本海側のやや深い岩場(100m〜200m)にいるアヤメカサゴ、 口の中が黒いユメカサゴ(これも200m程度の深い岩場にいる)などがおり、どれも美味しい魚です。
1年中取れますが、旬は脂がのる1月から4月です。
調理方法 煮付けが美味しいです。濃い味付けがむくようです。その他、ちり鍋、から揚げなど。鮮度の良いものは 刺し身も美味しい。個人的にはブツ切りの味噌汁が大好きです。 クセが無いのでイタリア料理やフランス料理にもよく使われます。 ホウボウと共にブイヤベースには欠かせません。  
目利き 目利きの難しい魚です。腹部に張りがあり、体色が鮮明のものを選びましょう。  
コメント 大変美味しい魚で全国各地の沿岸でよく釣れるのですが、 岩場を好むので網を使った大規模な漁業の対象にはなりにくい魚です。市場への入荷は少なく値段も高いのですが、 資源保護の観点からするとこのほうがいいのかも。  


食材事典のホームへもどる



制作日:2002年3月31日
上田 泰久 (yumilk@star.odn.ne.jp)