魚の目利きについて

新鮮な魚を見分ける一般的な原則です。
  • 目が透き通っている。目の色がその魚の固有の美しい色になっているか。
  • エラが美しい紅色。くすんでいないこと。
  • 魚体の銀色が輝いていること。色がはっきりとして透明感があること。コントラストがあること。
  • ザラザラしている魚ははっきりとザラついていること。ヌメヌメしている魚はヌメヌメが十分残っていること。
次に、脂がのっている魚を見分ける方法です。
  • ずんぐりと太っている。
  • 腹の白いところが黄みがかっている。
もちろん、魚によっては上記の方法の例外もありますが、上記のことを念頭に数を見るうちに判断できるように なると思います。


食材事典のホームへもどる



制作日:2001年7月24日
上田 泰久