おこぜ(虎魚)

ゴツゴツとした凹凸のあるグロテスクな姿ですが味は最高。歯ごたえ十分で上品な白身です。 東京では長らく「西日本系の珍味(高級)」という位置付けでしたが韓国からの輸入も増えて流通量も増え、 夏の高級魚として定着してきました。食べる所が少ないように思われますが、皮や肝もおいしく食べられます。 (写真は毒のある背びれを除いてある状態。) Okoze

品 種 正確にはオニオコゼ。オニオコゼ科。浅海から200mぐらいの砂泥地に生息する。 体長30cm程度で住む場所によって黒っぽかったり赤っぽかったり、黄色っぽかったりします。
産地と旬 本州中部以南、東シナ海に分布。刺し網や底引き網にかかるようですが、市場への入荷漁は少ない。 数がまとまらないので商売になりにくいが、非常に美味しいので漁師さんが食べてしまうのでは??
調理方法 背びれに長い刺があり猛毒があるので、まずこれを切り取る。河豚(ふぐ)のように薄作りの刺身にしたり、 ちり鍋、から揚げ、煮付けも美味しいです。特に私が好きなのは味噌汁です。東京でオコゼを買うと高いので、 (25cmだと3,000円ぐらいか?) ブツ切りにして味噌汁に入れてしまうのはもったいないように思うかもしれませんが、 料理へのお金のかけ方のバランスとして、味噌汁に思いっきりお金をかけることがあってもいいと思います。  
目利き 目利きの難しい魚です。値段も高いので信頼できる魚屋で買いましょう。 鮮度が落ちると全体に白っぽくなってネバネバした粘液が増え、体の張りもなくなってきます。  
コメント ほとんど移動しない魚なので、稚魚を放流して育てる栽培漁業に向いているのではないかと思われています。 すでに稚魚の飼養技術も確立されていて、現在山口県などで稚魚の試験放流が始まっています。  


食材事典のホームへもどる



制作日:2001年11月18日
更新日:2003年4月13日
上田 泰久