院内感染対策委員会規程
医療法人社団 千栄会 昭和病院
(設置)
第1条 昭和病院に院内感染対策委員会(以下、委員会という。)を置く。
(目的)
第2条 本委員会は、病院長の詰問機関として病院内の院内感染防止を目的とする。
(職務)
第3条 本委員会は、前条目的達成のために、次の各号に掲げる業務をおこなう。
   (1)感染対策あるいは、感染防止に関する具体的な立案指導。
   (2)感染対策マニュアルガイドラインの作成。
   (3)感染対策の職員への教育。
   (4)患者及び家族への説明。
(構成)
第4条 本委員会の構成員は、次のとおりとする。なお、院長は当委員会の委員長を務める。
・院長 ・外科医師 ・内科医師 ・事務部長 ・看護部長 ・外来 ・手術室
・本館2階病棟 ・新館2階病棟 ・新館3階病棟 ・栄養科 ・薬剤部 ・検査科
(開催)
第5条 本委員会は原則として毎月第1水曜に定例会を開催するほか、必要に応じて随時開催する。
(招集および進行等)
第6条 本委員会は、委員長が招集し、進行等を行う。
(会議録)
第7条 本委員会の会議の要領およびその結果は、会議録に記載し、3年間保管する。
(院内感染対策チーム)
第8条 委員会は院内感染対策委員会の下に院内感染対策チーム(以下「ICT」という)を置く。
 1.ICTの構成員はつぎのとおりとする。
・外科医師 ・外来 ・手術室 ・本館2階病棟 ・新館2階病棟 ・新館3階病棟
・栄養科 ・検査科 とする。
 2.ICTの業務は
  (1)院内感染状況の把握。
  (2)院内感染防止対策。
  (3)院内感染症治療対策。
  (4)教育・啓蒙。
  (5)委員会への報告。
を行う。
(附則)
第9条
 1.本要綱は1993年10月18日より実施する。
 2.本要綱は1998年5月1日から一部改正し、実施する。
 3.この規定は2006年7月1日から院内感染防止対策要綱を改正し、実施する。