@yasutsugumatsuiさんのツイート

Tweet

日々此戯れ言
書いた人:松井康治(まついやすつぐ)

不定期日記です。
気が向いたら必ず書きます

過去の戯れ言を読む

総合創作研究所に戻る  ヘパイストスに戻る  ヘパイストス・モデルズに戻る





6月28日(火)

今日の作業台

艦橋がやっとの事でほぼ完成〜!
修正、調整の繰り返しでした。

6月27日(月)

今日の作業台

今日からオークション出品用に「ドラゴン1/700戦艦アリゾナ」の製作に着手します。
このキットは元々、1/350ガレージキット開発の参考用に購入したものです。
結局既に海外メーカーからプラモデルが発売されていることが分かり、開発計画は中止しています。


ディティールアップパーツはセットされているモノと、ピットロードのセットを使います。


開封して部品にさわると離型剤感がしたので、中性洗剤で洗浄しました。
海外キットで離型剤が残っているという話は散見するので、念のためです。


艦橋最下層の部品です。矢印の部分に違和感を感じたので調べました。


実艦写真です。少し時期が古いですが、明らかにブルワーク下端のラインが異なります。


こちらは真珠湾で撃破された直後の写真です。
こちらでもキットのラインは誤りであることが解ります。
米艦にさほど詳しくないわたしでも違和感を感じるとは、
このキット、想像以上の難物かもしれません。


下部のラインを修正、ディテールも一旦削り落とします。


伸ばしプラ材で再生、ディテールアップします。
なぜか省略されている司令塔下部も銅板で作りました。


6月26日(日)

今日はお休みしました。
更新がストップしている小説の挿絵を描いたり(本文はとっくに完成しているんですけどね)
段ボールを購入しに行ったり、たまっていた録画アニメ観たりとのんびり過ごしました。
明日からまた通常にもどります。


6月25日(土)

今日の作業台

依頼品「山林工業1/6ラクス・クライン、ミーア・キャンベル」完成〜!
詳細&高解像度写真はご依頼人様優先なのでご容赦を。


6月24日(金)

今日の作業台


ラクス・クライン、ミーア・キャンベルの主だった塗装作業が終わって仮組です。


6月23日(木)

今日の作業台


塗装作業に突入ぅ!
水着はご依頼人様からの要望で競泳水着に
パールコートして濡れた水着の独特の光沢を出してみます。
この後つや消し処理をするので調子はもう少し落ち着きます。


6月22日(水)

今日の作業台

引き続き地道に表面処理。
シリコン型のずれがひどく、前髪の処理にだいぶ手こずりました。


明日から塗装作業に突入の予定です。


6月21日(火)

今日の作業台

地道に表面処理。
カラーレジンはちょっと硬くてもろい感じがします。




数カ所に波(水面)を模した部品をつけますが
今回は使用しないので取り付け穴を埋めます。

同色レジンを使いましたが、思ったより目立ちます。
サフレス塗装したいのでうまくフォローできると良いのですがはてさて。


頭髪部品は一部塗装前に接着します。


6月20日(月)

今日の作業台

今日から次の依頼品「山林工業1/6ラクス・クライン、ミーア・キャンベル水着」の製作に着手します。
カラーレジンキットですが、肌色以外は通常塗装になります。


構成の確認をしたかったので、ゲートだけ削り落として仮組しました。



垂れている髪が接地していないのでドライヤーで加熱して曲げました。


6月19日(日)

ヘパイストスモデルズの展示室更新〜!
航空機に一件追加になりました。

今日の作業台

永らくカオス状態だった作業台を大掃除しました。
こんな広々とした状態がずっと続けば良いのですが、生憎1ヶ月と持たないんですよね・・・


6月18日(土)

今日の作業台


「タミヤ1/350重巡洋艦 筑摩」完成〜!
いやー、ホントギリギリでした。


6月17日(金)

今日の作業台


前檣楼の組み立て。
窓には透明プラ板を貼ります。






その他艤装品の組み立て。



艤装品を甲板に接着していきます。


前檣楼、煙突、後檣などを接着。
完成は明日ギリギリになりそうです。


6月16日(木)

今日の作業台

全体につや消しクリヤーを吹き付け、乾燥後
真鍮線の上の塗膜を彫刻刀で削ります。
実艦はこんなにピカピカではありませんが、模型的演出ということで。


組み立て前塗装作業完了です。
明日から組み立て作業に入ります。


6月15日(水)

今日の作業台

引き続き塗装作業。
航空機運搬軌条などの艤装品を塗装。
今日は筆塗りが多くなります。


搭載機の迷彩塗装も筆塗りです。


煙突の白線も筆塗りです。
ジャッキステーが邪魔でとにかく塗りにくく、
なかなかきれいになってくれません。


6月14日(火)

今日の作業台



ひたすら根気のマスキング作業。
貼ってある真鍮線を交わしてマスキングテープを貼っていきます。
こうしないと、真鍮線の下にわずかな隙間ができ、そこに塗料が入り込んで
レタッチにエライ手間がかかってしまうためです。



後部甲板のマスキング。
プラ材で作った航空機運搬軌条にマスキングテープを貼ると
剥がす際に高い確率で壊してしまうので、コピー用紙をかぶせてマスキングします。





軍艦色は毎度の4段塗りです。

6月13日(月)

今日の作業台

最後までどうしようかと考えていた信号旗入れです。
0.2oプラ板で作った箱に、エポキシパテを押し込んで
デザインナイフで切り込みを入れて、かけてある旗を表現してみました。


塗装作業に突入ぅ!
メタルプライマーを吹き付けた後グレーサフを軽めに吹き付けます。


艦橋のグレーチング部にはタンを吹き付けます。


船体の喫水線付近を中心に赤褐色を吹き付けます。
乾燥後、波あたりが強かったり、錨が当たったりして傷が付き、錆びてそうな部分に メンタムを点々と塗ります。
この後、艦底色、軍艦色を塗った後にメンタム部分を剥がして、塗膜はげを表現してみます。


艦底色、リノリウム色を吹き付け。
今回も変化を付けて吹き付けます。


6月12日(日)

ヘパイストスの展示室更新〜!
一般ガレージキットに一件追加になりました。

今日の作業台

小物の作業が続きます。これは艦尾付近に着く究明浮き輪入れ。
普段はエッチングパーツを使いますが、手持ちで無かったので 0.2o真鍮線を使って自作します。
明日後半には塗装作業に入りたいところですがはてさて。


6月11日(土)

今日の作業台


主砲に今回使用するレインボーモデルの金属砲身なのですが、
長いのはまだともかく、基部がテーパーになっていて、それに合わせた穴をあけろという無茶な指示書になっています。




そんなわけで、基部のテーパーを1.2oほどになるまで削って キットの砲身と替えました。


その他細かい部品を切り出して、塗装保持用に両面テープを貼った段ボールに貼り付けていきます。


6月10日(金)

今日の作業台

後部甲板の航空機運搬軌条を貼り終えました。



マグネット接続のために、裏側に鉄板や針金を貼り付けます。


錆防止のために、メタルプライマーを塗った上から溶きパテを塗ります。


艦首錨甲板はGenuine modekのレジンパーツなどでディティールアップします。



スクリューガードを真鍮線で作ります。


カタパルトの中にも鉄板を仕込みます。


カタパルトはエデュアルドのセットに二号三型が用意されていますが、それを装備していたという資料を見つける事ができませんでした。
そんなわけで装備していたと思われる二号五型を余っていた昔のライオンロアの大和用セットから流用しました。
昔はここのカタパルトは組み立てづらくて難儀しました。 今組み立ててもやっぱり組み立てづらかったです。


6月9日(木)

今日の作業台



航空機運搬軌条の製作。
プラ材を根気よく接着していきます。


6月8日(水)

今日の作業台

マスキングテープを剥がします。溶きパテとの境界部分が毛羽立っている上に
溶きパテ塗布面が全体的にざらついているので、2000番のペーパーでならします。


舷窓をドリルで開口します。




雨よけを削り取ってしまっているので銅線を加工して再生します。



小さい方の雨よけも同様に作ります。


6月7日(火)

今日の作業台

甲板の真鍮線埋め込み完了〜!
いくらか慣れてきたとは言え、根を詰める作業です。
使用した0.2o真鍮線はざっと2.5メートルほどになりました。



船体外板は合わせ目処理した際にモールドを削り落としてしまうので 溶きパテで再生します。


6月6日(月)

今日の作業台

リノリウム押さえ金具を真鍮線に替えるので
彫刻刀などでモールドを切り落としていきます。



甲板に一体成形されている、小型のロープリールや吸気塔も
作り替えるので切り落とします。


0.2o真鍮線を接着していきます。


中央部甲板です。こちらも一体成形されている吸気塔などを切り落とします。
また、利根と共通部品のため、弾薬箱が余分に付いているので無くします。
航空機運搬軌条も作り直すので切り落とします。


6月5日(日)

今日の作業台

主だった上部構造物が組み上がったので船体に仮載せします。
中々壮観です。


船体の作業をすすめますが、下部船体のパーティングラインの段差が少し大きい上に
やはり上部船体との間に隙間が発生してしまいます。


そんなわけで、パテを盛りつけます。
溶きパテでは無くプラパテを直接盛りつけるのなんてかなり久し振りです。


6月4日(土)

今日の作業台




煙突の組み立て。
ジャッキステーはハセガワの汎用ジャッキステーを使用しました。


後檣の組み立て。
クレーンはキットパーツの出来が良いのでそのまま使用しました。


キットとパーツセットの部品をほぼつけ終えた状態です。



そこからさらに手すりや梯子などを手持ちの部品から持ってきて
この段階でつけられる空中線なども取り付けます。


6月3日(金)

今日の作業台

後部艦橋の工作。
専用品以外に汎用部品などを使用してディテールアップしていきます。


前檣楼の組み立て。
こちらも専用品以外に真鍮線なども使ってディテールアップしていきます。


6月2日(木)

今日の作業台

砲熕兵装の工作。 6基ある25o連装機銃はキットのパーツ(左)も良いのですが
ナノドレッド(右)の物が4基残っていたのでそちらを使用します。


足りない2基はライオンロアのエッチングパーツを使用します。


高角砲シールドは変化を付けたいと思ったので、一部シャッターを開ける加工をします。


2番主砲塔の空中線支柱は真鍮線で作り直します。


6月1日(水)

今日の作業台


搭載機は今回もマグネット接続にするのでフロートにピアノ線、台にはネオジム磁石を仕込みます。



省略されている支柱をプラ材などで追加します。