PADI攴鍬粟涓舗虻綾
● 持ち物 ・ ・ ・ ダイビング器材一式・Cカード・ログブック・水着(できれば2着)・タオル・ビーチサンダル
筆記用具・証明写真(縱4儔3cm)・事前に発送した教材全て・ 10月〜5月
までは防寒用のウインドブレーカーをご準備ください。


● コース料金・・・¥60,000:税込
(含まれるもの;学科講習費・海洋実習費・タンクウエイト使用料)

● 教材費 ・ ・ ・ ¥12,500:税込
(レスキューダイバーマニュアル・レスキューダイバーDVD・ポケットマスク)
                    ※PADIトレーニングレコードが無い方は、別途必要になります

● 申請料 
・・・コース費に含まれます。
(Cカードを発行する為に、指導団体のPADIに支払われる料金です。)

● レンタル器材・・・本コースは上級者コースになり、器材についての内容も学習するため、基本的には
お客様ご自身の器材が必要になります。 しかし何らかの都合で器材が準備できない場合は通常価格の
20%引きの講習生特別価格でレンタルいたします。


● ご予約 ・ ・ ・ 必ずご本人または代表者の方から、直接3週間前までに、ご確認の上ご予約ください。
スケジュールを確認し、コースのご説明及び教材の発送手続きを致します。なお、同一日程で他のご予約が
先にある場合は、お断りをする場合もありますので、早めにご確認・ご予約ください。


● キャンセル・・・キャンセルが発生した場合は、教材費及び送料の¥13,000をご請求させて頂きます。
また、コース開催日7日前以降のキャンセルに関しては¥40,000のキャンセル料をご請求させて頂きます。
皆さんは“レスキュー”という言葉を聞くと何を思い出しますか?“レスキュー隊?”それとも“人名救助?”
もちろん時には困った人の手伝いを!!という意味ではこのコースも近い物はありますが、自分自身が
トラブルに会わないための“セルフレスキュー”や他のダイバーにも目を向けられ“いざ”という時、手助けも
できる、知識やテクニック満載のコースです。 自分自身のダイビングに対する自信も付き、頼れるバディに
なれること間違いなし! より安全に関心を持ち、心配りができるダイバーになろう。

● スケジュール例 (4泊5日の場合)
1日目 2日目 3日目 4日目 5日目
AM いらっしゃい!
到着後、学科講習
学科講習 海洋実習
4,5,6セクション
海洋実習
9,10セクション
フリータイム
PM 学科講習 海洋実習
1,2,3セクション
海洋実習
7,8セクション
海洋実習
11,12セクション
お疲れ様です。
与論島を出発。
●御予約は、こちらをクリック!!
● 前のページにもどる。
※コース中の注意事項
天候や海の状況により、スケジュール及びダイビング活動を予告無く変更または中止することがあります。 万一の中止の場合は
終了した時点までの料金の払い戻しはございませんが、6ヶ月以内であれば当店にて引き続き受講することができます。(交通費
宿泊費等の実費及び未終了分の費用は別途必要)また、再度来店が不可能な場合は、国内外のPADIショップにて代替講習も可能
です。(交通費、宿泊費等の実費及び講習費、器材レンタル等の差額は、別途必要です) 尚、お客様の都合により受講権利を途中
放棄された場合は、申請料以外の料金全額をお支払頂きます。
また、お客様の知識・技術の習得具合によって、上記スケジュール
では講習が終了できない場合もございますので、予めご了承ください。

※コース終了後の注意事項
Cカードを取得後もダイビング技術を維持する為に、なるべく間隔を空けずにダイビングを続けてください。また単独でのダイビングは
絶対に行わないでください。 15歳未満の講習修了生はジュニアダイバーとして認定され親権者の許可無くダイビングすることは
できず、必ず成人ダイバーの同行が必要です。 また深度の制限もありますので、ご注意ください。なお15歳以上であっても未青年
者の場合は、保護者の許可無くダイビングはできませんので、ご注意ください。
● 必要日数・・・4泊5日以上

● 受講条件・・・PADIアドバンスドオープンウォーターダイバー、もしくは同等の資格で認定を受けていること。
また、ディープダイビングとナビゲーションダイビングのトレーニングの経験があり、コース開催までに
最低20ダイブしていること。(全てCカード及びログブックで確認させて頂きます。)
健康状態の良好な方。(未成年者は保護者の同意書が必要) 呼吸器系・循環器系・耳・鼻等の疾患
アレルギーや生活習慣病の病歴がある方及び45歳以上の方は事前に医師による診察をお受け
ください。健康状態によっては診断書の提出をお願いする場合があり、ダイビングに適さない健康状態の
場合は参加をお断りする場合があります。 また受講開始日より2年以内に
EFRの認定を受けていること
EFR(エマージェンシー・ファースト・レスポンス)PADIが認可するファースト・エイドコース

● 事前学習 ・・・ 必要教材を予めご自宅(またはご指定の場所)に発送いたします。同封されている
プリントに基づき、指定された個所を事前学習しておいてください。事前学習をしていない場合、予定の
日程で講習が終了しない場合があります。


● 講習内容・・・学科講習5項目と海洋実習12項目(5ダイブ予定)
学科講習の内容
・セルフレスキュー
・ダイバーとストレス
・ファーストエイド器材
・ファーストエイド手順
・緊急時のための準備
・緊急時の管理
・器材の機能や問題点
・リリース類の機能や問題点
・復習&質問
・最終テスト
海洋実習の内容
疲労ダイバーの扱い方
パニックダイバーの扱い方
ビーチやボートからの対応方法
水中のトラブルダイバーへの対応方法
行方不明ダイバーを見つける
意識不明ダイバーを浮上させる
水面にいる意識不明ダイバーへの対応方法
意識不明ダイバーのエキジット方法
減圧障害のファーストエイド
10 意識不明者に対するビーチやボートからの対応方法
11 水中捜索のシュミレーション
12
総合シュミレーション