会堂案内
 滝野川教会の会堂はフランクロイド・ライトの弟子で、タリアッセンに学び、 またライトの日本における協力者であった遠藤新を父に持つ遠藤楽氏によって設計されました。
 ライトの伝統を受け継ぎ、しかし日本の風土にあった、しかもキリスト教の礼拝堂の本質をよく理解して作られた会堂として内外から高く評価されています。ライトの弟子たちの仕事として、遠藤楽氏 の仕事として海外でも写真集やDVDで紹介されています。
 また2004年には同じ遠藤楽氏の設計による百周年記念館が建てられました。この作品の設計を終えた直後に遠藤氏は他界され、氏の最後の作品となりました。
 最終的には遠藤氏の協力者であった藤川曜子氏の協力を得て完成しました。