会長紹介



             

            
多摩川クラブ会長  酒井 義典(よしのり)

                  日本陸連公認 S級審判員

              このたびの会長就任にあたり、ひと言申し上げます。




多摩川クラブは、故 
阿部登 名誉会長によって、昭和23年に創立され今年で65年になります。

現在まで、伝統と歴史あるクラブとして存続できたのは、会員の皆様のおかげだと思っています。




平成22年9月13日(月) 東京都大田区下丸子プラザにおいて、陸上競技多摩川クラブの総会が

開催され、その場において、私が多摩川クラブの会長に選出され就任致しました。どうぞよろしくお願

い申し上げます。



陸上競技多摩川クラブは、長年にわたって阿部登・名誉会長にご指導を頂き、クラブ運営をお願いし

てまいりましたが、これからは
佐藤静雄顧問水久保理事長、そして私を含めた理事16名と会員の

皆様が一体となり、 阿部名誉会長の御遺志を受け継ぎ、クラブ主催の下記事業を継続運営していく

所存であります。




         
 @  元旦初走り多摩川堤健康マラソン

          
A  池上本門寺花祭りマラソン

          
B  ガス橋開通記念マラソン

          
C  皇居1周健康マラソン





この他に協力事業として、
東京総合健保ミニマラソンクラブ定例月例記録会が年間行事となります。

そして日本陸連公認審判員として東京マラソンを含め、各大会での審判業務を遂行してまいります。

さらに、多摩川クラブにおける各地域クラブ会員の大会への協力等もお願いしております。



また、
土曜練習会のメンバーが日本各地の大会に出場し、優勝・入賞を含め好成績を残していること

はクラブとして誇れることであり、またその活躍ぶりはこれからも、おおいに期待されるところでありま

す。




微力ではありますが、
これからの世代、躍進が望まれる若いランナーの時代へさらに発展させ、引き

継いでいただくことが私たちの使命だと思っております。重ねてよろしくお願い申し上げます。






                           陸上競技 多摩川クラブ会長   酒井 義典


トップへ戻る