牧師のメッセージ

聖書本文【新共同訳】
旧約聖書コへレトの言葉
12:1−14
12:1 青春の日々にこそ、お前の創造主に心を留めよ。苦しみの日々が来ないうちに。「年を重ねることに喜びはない」と言う年齢にならないうちに。
12:2 太陽が闇に変わらないうちに。月や星の光がうせないうちに。雨の後にまた雲が戻って来ないうちに。
12:3 その日には家を守る男も震え、力ある男も身を屈める。粉ひく女の数は減って行き、失われ窓から眺める女の目はかすむ。
12:4 通りでは門が閉ざされ、粉ひく音はやむ。鳥の声に起き上がっても、歌の節は低くなる。
12:5 人は高いところを恐れ、道にはおののきがある。アーモンドの花は咲き、いなごは重荷を負いアビヨナは実をつける。人は永遠の家へ去り、泣き手は町を巡る。
12:6 白銀の糸は断たれ、黄金の鉢は砕ける。泉のほとりに壺は割れ、井戸車は砕けて落ちる。
12:7 塵は元の大地に帰り、霊は与え主である神に帰る。
12:8 なんと空しいことか、とコヘレトは言う。すべては空しい、と。
12:9 コヘレトは知恵を深めるにつれて、より良く民を教え、知識を与えた。多くの格言を吟味し、研究し、編集した。
12:10 コヘレトは望ましい語句を探し求め、真理の言葉を忠実に記録しようとした。
12:11 賢者の言葉はすべて、突き棒や釘。ただひとりの牧者に由来し、収集家が編集した。
12:12 それらよりもなお、わが子よ、心せよ。書物はいくら記してもきりがない。学びすぎれば体が疲れる。
12:13 すべてに耳を傾けて得た結論。「神を畏れ、その戒めを守れ。」これこそ、人間のすべて。
12:14 神は、善をも悪をも一切の業を、隠れたこともすべて裁きの座に引き出されるであろう。
18年6月3日説教午
コヘレト12:1〜14
「あなたはどう生きるべきか−聖書からの解決」

津島教会の特別企画の午後の部にお集りの皆様、良くおいでくださいました。牧師の高内です。午後もしばらくの間、「あなたはどう生きるべきか」という重い問いかけと、その解決についてご一緒に考えて行きたいと思います。

今回、こういう表題にしましたのは、企画をしたこの教会の伝道委員会が、今年に入ってから書店の入り口に山積みにされていた本に目を留めたからです。吉野源三郎という方が書かれ、昭和11年に出版された本なのですが、今回、初めて漫画化され、活字版も再販され、170万部以上のベストセラーとなりました。活字版にはあの池上彰さんが巻頭言を寄せておられます。どっちを買おうかなとためらい、漫画版を買って来たのですが、教会の役員さんから活字版を貸していただき、どちらも最後まで読みました。個人的には、なぜそんなにも売れたのか不思議ではあります。特別に高尚な哲学や、心に残る名言があるわけでもありません。人を差別しないとか、正しいことを正しいと言える勇気が書かれているだけだからです。「なぜそうするのか」という理由が今一つはっきりしていないという印象を受けました。それは私がキリスト教会の牧師であるからなのでしょう。もう少し宗教的、あるいは哲学的アクセントが利いていた方が良いと思ったからです

それにしても、こんな重たい表題の本がそんなに売れるというのは驚きでありましょう。実は、教会の入り口、道路に面した看板には小さなパンフレットを持って行けるようにしてあるのですが、華やかなもの、軽い表記のものはほとんど出て行きません。どちらかと言うと重たい内容のものです。わざわざ教会に来てみようとするぐらいの人は、悩み苦しむから来るわけで、解決を書いてあるものを探しているからでしょう。教会が格好いいから、あるいは教会に出入りするのが「おしゃれ」なんて時代は過去のもので、今はもっとリアルなものを求めて来られるわけですが、なかなか集会にまで顔を出そうという勇気もなく、パンフレットだけを持って行かれるのだと思います。人知れずに苦しむ人がどれだけいるのか正確には分かりませんが、それだけ今の世の中は生きにくいのでしょう。

5月15日の朝日新聞朝刊の第一面の下の所、「天声人語」の下の部分に「なぜ生きる」という表題の本の宣伝がありました。精神科医と哲学者の二人が著者なのですが、出版社が1万年堂出版という聞いたことのない会社でありますから、少し調べてみました。ホームページのアドレスがあったので見てみますと、アレルギー関連の書物があり、次いで子育ての指南書のようなものが続き、ずっと見て行きますと、歎異抄の解説や仏教に基づいた人生指南のような書物があり、「なぜ生きる」という本と、「なぜ生きる2」と「3」がありました。内容も結構、雑多な問いに答える形式でありますが、特に2は半分が歎異抄からの教えなので、そういう意味では宗教的と言えます。宗教団体と結びついているわけでもないようで、出版社の社長の考え方に基づいているようですが、何らかの哲学、あるいは何らかの宗教的世界観で見ないと、今の世の中はあの人がこう言い、また別の人はああ言いという具合でまとまりません。視点をきちんと確保することが必要なのです。

多分、多くの人は宗教を抜いて、科学的に合理的に考えれば正しいと考えるのだと思います。でも、それは結局、何の意味も与えませんし、何かを与えるわけではないのです。成績は良くて、良い会社に入れるのかも知れませんし、博学であることが幸いしてテレビで人気になるのかも知れません。でも、それだけでは「人としてどう向上するのか」という根本的な所は何も答えないのです。1万年堂出版の本の中に大学生と中学生女子が哲学問答をしている漫画があり、その中でニーチェの言葉を使いながら、「行くべき先を知りながら歩くと楽になる」とありました。哲学的にはそうであり、特にこの書店は親鸞が好きなようですから、彼の言葉にこういう言葉があるのかも知れません。ただ、これは現代人には観念的に聞こえるだろうなと思います。あまり良い例ではないかも知れませんが、大学受験で合格することを目標にし過ぎて、合格した後に目標を見失ってしまう人がいます。私も教会堂建築に没頭した後、しばらく呆けたようになったことがありました。

宗教をかぶせてくると「しんどい」というので、信仰を抜いた解決を人は求めようとするのですが、私は牧師として、いわゆる宗教家の一人として、それでは中途半端になると考えています。その教えが語っていることは、ある意味、極めないといけません。中途半端な教えでは中途半端な答えしか出て来ないからです。聖書はコヘレトの書をお選びしました。ユダヤの「知恵文学」に属するもので、昔は個人名ではなく、職業名と考えていたので「伝道者の書」と訳されていました。かつては王で、かなりの財力と暇があったという印象を受けます。この人はありとあらゆる快楽、ありとあらゆる趣味に没頭しましたが、どれもこれも「空」であるという結論しか出ませんでした。仏教的な良い意味ではなく、うつろで中身が無いという意味です。

そして誰もが12章のようになってしまうのです。分かりにくい表現で書かれていますが、人生から面白さが消えてなくなるのです。理由は老いるからで、筋肉量が減りますから、手が震え、腰は曲がり、目は白内障なのでしょうか見えづらくなり、さらには音が聞こえづらくなります。以前に比べて音は大きくありません。高い所にあがるのが不得手となり、ヨロヨロと歩くバッタみたいな歩き方になります。内側から沸き上がってくるような命はもう感じなくなり、何も汲み取ることが出来なくなってしまいます。こんなことは若い内は感じないのですが、老いてくると身につまされる現実です。今でこうなのなら、もっと年齢を重ねるとどうなるのだろうかと私も自分自身が心配です。一時的に栄華を極めたように思えても、人はこの現実から逃げ出すことは出来ません。どんなにアンチエイジングをした所で、ちょっと先延ばしにしている程度のことです。

何事も無くてこれなのです。しかしながら、何も起こらない人生などありません。驚くようなことが起こり、事件の渦中に巻き込まれることもあります。テレビで「もりかけ問題」が扱われて、もう300日ぐらいになるのでしょうか。証人喚問されて、あの場に立たされた官僚を見ていますと、こんなことのために出世したのではないと内心は思っていたのかも知れません。ある知り合いの親戚は、羽振りの良かった時は凄かったようで、札びらで顔を叩くようなことを平然としていましたが、ついに逮捕され、服役しました。逮捕の前は酒浸りであったそうです。刑務所が慌てて釈放するような病気になり、すぐに亡くなってしまったのです。そこまで行かなくても、ひどい目に会うことがありますし、自分一人取り残されるという挫折を知ることもあるでしょう。一生懸命頑張ったのに、手元に残っているものが何もなく、誰も残っていないなんてこともあるのです。ある意味、この世で持っているものは影のようなもので、無くなる時はあっという間に消え去ります。

だからコヘレトは言うのです。人生は長いようで、たいして長いものではありません。どんなに一生懸命やったとしても、この世のものは流れ去り、消え去って行くものです。名が残るようなものを残せていればまだましかも知れませんが、それらは全部置いて行かなくてはなりません。そして振り返った時に、「あの時ああしておけば良かった」とか「こちらを選択していれば良かった」とか悔いばかり残ることもあるのです。自分は満たされていた、良い人生であったとは言っても、全てにおいて良かったとは言い切れないものがあり、とてつもなく苦しむという体験をしているかも知れません。私にも「やってられない」と感じ、生きているのが嫌になったことが何回かあります。1万年堂出版の宣伝に「人生に苦しみの波は絶えません」とか、「こんな毎日の繰り返しに、どんな意味があるのだろう」と問うていることは、思い返してみれば誰にも体験があり、あるいは体験する思いなのだということです。

もちろん、深く考えないというのも一つの選択肢であり、こうした本を通して少しは慰められるというのもその一つでありましょう。でもコヘレトははっきり言っています。12:1「青春の日々にこそ、お前の創造主に心を留めよ。苦しみの日々が来ないうちに。年を重ねることに喜びはない」と言う年齢にならないうちに。」またこうも言っています。同じ12章の13節「すべてに耳を傾けて得た結論。『神を畏れ、その戒めを守れ。』これこそ、人間のすべて。」散々引っ張り回していますが、これこそコヘレトが万人に言いたいことです。神様を軸にして物事を見なければ始まらないということです。万物を創造なさった神様を知らなければいけません。その神様の御心を反映させて生きなければならないのです。

たとえば「苦しむ」ということ一つを取り上げて見ても、この視点が抜け落ちていれば「苦しみの次に来るのは楽しみではないですか」という言葉であったり、「それはあなたを向上させるためのものだ」という言葉であったりします。「夢を持て」というのも、そうした人生訓の一つです。しかし、創造主という視点を入れると、「神様がそのことを通してあなたに教えようとしていることがありますよ」という言葉になり、より具体的に「同じ苦しみにある人たちを同情できるため」とか「そういう人たちを助ける働きが出来るため」という目的も見えて来ます。自分が目標であると思っていることという、あやふやな根拠ではなく、信仰という杭を打ち込んで出てくる結論でありますから、より確信が持てます。さらに、単に老いること、死ぬことの向こうも見えて来るのです。

朝も言いましたが、多くの人はこんなことを気にも留めずに生きています。困った時はスマホで切り抜けるのでありましょう。何を考えていなくても、それなりに生きることは出来ます。しかしながら、もう学べないぐらいに歳を取ってしまいますと、もう何をどうやっても変わりようがなくなり、そういう気力も出て来なくなってしまいます。コヘレトが「青春の日々の内に」つまり若い内に知りなさいと勧めるのは、彼自身それを知ったのが随分歳を取ってのことであったからです。過ぎた日々を取り返すことは出来ません。だからこそ、神にあって生きる、キリストと共に生きることを、悔いながら反省するのではなく、今から自分のものにして欲しいとコヘレトは願うのです。

朝のお話で触れていますが、この創造主である神様と人間の関係はエデンの園でおかしくなってしまいました。あの時以来、人間は神様に背いて生きるようになったからです。このため、自分で神の方に向くはずもないし、有効な手立ても失っています。教会という所が、何を言うにつけキリストのことを持ち出し、その十字架による救いを語って来たのは、これが神様の所に立ち戻る道であるからです。そうすれば聖書が示す解決を得ることが出来ます。あなたもこの道に踏みだしませんか。