滝の黙示録(行ってみたい滝リスト)  更新日2009.8.1

 

これまで、多くの滝を見てきましたが、まだまだ見てみたい滝は、日本各地&世界に山ほどあります。

また、見たことある滝でも、別の季節あるいは違ったシチュエーションで見てみたい滝も多くあります。

ここでは、そんな滝でも、一筋縄では見ることができない滝を、

思いつくままにリストアップしていきたいと思います。(随時更新予定)

もし、これらの滝に関して、耳寄りな情報があったり、

御一緒したい方&御協力していただける方がおりましたら、ご一報いただけると幸いです。

( mail: watatetsuo@pop12.odn.ne.jp

いつかは、ぜひとも実現したいものです。

 

黙示録001  ベネズエラ − エンジェルフォール

言わずと知れた、ベネズエラのギアナ高地にあるエンジェルフォールである。

まずは、ベネズエラは遠いし、ツアーも高い。念願のヨセミテに行くことはできたが、

ベネズエラは倍以上かかるような遠方である。問題は、国の情勢が今ひとつな感じなのと、

スペイン語である。英語でも分からないのに、さらに厳しい。

もし行けた場合は、1週間ちょっとの休みが取れる時期しかいけないが、乾季を避けることで、

遊覧飛行のみならず、滝壷付近の島まで行き、滝を見たい。

 

黙示録002  ニュージーランド − サザーランドフォール

世界一の散歩道といわれるミルフォードトラックの中にある。数年前に新婚旅行で訪れたときに、

ミルフォードサウンドを観光し、帰りにセスナフライトを予約していたので、

あと一歩で見れるところだったが、風が強く、断念。残念ながら見ることができなかった。

開き直って、どうせ行くならミルフォードトラックを歩いて見に行きたいところだ。

ポイントは、入場者制限があり、4泊のツアー値段もそれなりにする点。

季節が逆なので、入山できる時期が12月から3月くらいな点である。

いざとなれば空から見ても良いのだけれども・・・

 

黙示録003  富山県 − 剱沢大滝

日本の秘境・黒部峡谷の奥地にある。山岳ガイド兼写真家の志水哲也氏により、

よく紹介されている。レベル的に可能であるなら、ガイドしていただき、下から行きたいものだが、

空から見ても良い。ただし、このような秘境のガイドプランにはまずお目にかかれないし、

ここをガイドできる人は、どの程度いるのだろうか・・・?

実際、ガイド料金がどれくらいになるものだろうか?

それこそ志水氏ガイドについていってみたいものだけれども、そうもいかないだろう・・・

他の手段として、現実的でないがヘリコプターのチャーターか?

当然のことながら、クライミング派ではないので、剣沢大滝一番下の I 滝さえ見れれば良い。

 

黙示録004  和歌山県 − 八草の滝 (再)

百選の滝の中で、最も期待外れとされることの多い滝である。なにせ時期を選ばないと水が少ない。

しかも、遠望で見るので、困ったものである。かつて、台風直後で、

川が土手の内側一面に溢れ返ったときの、水量の多いこの滝を見ることができたが、

それでも遠望ゆえに、どこか不満が残った。

が、しかし、カヌーツアーで滝壷に行くことができるらしい。

また、対岸から陸伝いに獣道をたどっていけるといった噂もある。

いつか、百選に選ばれた本当の理由(?)を探りに、近づいてみたい。

 

黙示録005  北海道 − 社台滝

北海道にある百選の中で、最も自然の中にあるインクラの滝より、さらに奥地にあり、人を寄せ付けない。

滝というよりも、その岩肌と、スケールがとても興味深い。群馬県にある嫗仙の滝を巨大化した感じである。

沢を遡行しても、2時間程度でたどり着けるらしいが、熊の宝庫であり、近づくのが恐ろしいため、

単独行では、厳しそうだ・・・

同行者がいれば、見てみたいが。

 

黙示録006  新潟県 − 大ザレの滝

日本海・佐渡島の岸壁から海に直接落ちる立派な滝である。海に落ちるだけに、基本的には、

舟に乗って海から見るらしいが、陸から行く方法もあるらしい。

滝を大きく跨ぐ橋の近くに降り口(踏み跡)があるらしく、そこから急なところを下っていけば、

滝下に出れるらしいのだが・・・

まずは、佐渡にいったことは無く、島まで行くことを検討する必要がある。

車で渡るには難しいし、電車&フェリーが妥当か。

どうせ佐渡にいくなら、黄色い花が綺麗なカンゾウが咲く、6月などが良いのだが・・・

 

黙示録007  秋田県 − 二天の滝

秋田県の田沢湖の北部にある。このあたりは、茶釜の滝を始めとして、秘境の滝が多く、

また、安の滝など素晴らしい滝も数多い。滝を見る上で、日本で1、2を争うほど興味深い地域である。

秋の紅葉も、とても綺麗な地域である、この方面を訪ねるには特にお勧めの時期である。

そんな中、まともな姿を見るには、難しさが伴うのが二天の滝である。滝の落ち口までは、

簡単に行けるが、滝を見ようとするには、数十メートルの崖を下る必要があり、困難を伴う。

下流の中の滝からも行けるようであるが、数時間の藪漕ぎなど大変らしい。

 

黙示録008  沖縄県 − マヤグスクの滝

沖縄よりも何百キロも離れた、八重山諸島・西表島にあり、さらにジャングルの奥地にあるため、

簡単には行き着けない。滝そのものは、立派なものではないが、形の面白さと、

周りの未開の自然が素晴らしい。行くには、浦内川の遊覧船で川を遡り、

カンピレーの滝までの遊歩道を進み、そこからは、頼りない山道を川に沿って遡る必要がある。

片道3時間程度であるが、ジャングルだけに気が引ける・・・

何が何でも見てみたい滝ではないが、チャンスがあれば行ってみたい。

 

黙示録009  福島県 − 銅の滝

通称”イエローフォール”と呼ばれ、厳冬期の赤く染まった氷瀑が素晴らしい。場所は、裏磐梯にあり、

磐梯山の火口壁に位置し、地熱で溶けた雪で形成されるため銅色になるという。

夏場は、登山すればそれなりにいける場所であるが、冬は雪の中のため、

裏磐梯スキー場からリフトを使って山を登り、そこからは、スノーシューで2〜3時間の雪中行となるようであり、

簡単には姿を見ることはできない。これを見るためのツアーも存在するようなので、

ぜひ一度拝見してみたいものだ。

 

黙示録010  福島県 − 朱滝

福島県の北部、山形県との県境にある吾妻山懐の中津川にある。

中津川は沢としての遡行対象としては有名であるが、朱滝を見るまでは長時間を必要とし、

一般的には途中で1、2泊を要するため、朱滝を見るのは簡単ではない。

また、いくつもの滝を超えていく必要があり、遡行の困難度も高いが、

それは同時に、魅力ある滝が多いことを意味する。

最も立派な、60m級・朱滝は当然のことながら、神楽滝など興味深い滝がいくつかかかる。

ビバーク付き沢遡行にて、ぜひとも素晴らしい滝の姿を拝みたい。

 

黙示録011  秋田県 − シャチヒネリの滝

秋田抱返り渓谷の奥地にあり、あまり人が入らない秘境の滝である。

堀内沢は水も多く、遡行するのはなかなか大変であり、支流のシャチアシ沢に入ってからは、

短い距離ながら、一気に高度を上げるため、懸垂下降の技術を必要とする。

日が短い季節に1日ではなかなか難しい場所なので、時間を稼ぐために、

林道を利用し、堀内沢を短縮するのが良い。

滝は落差もありスケールが大きく、下段は末広がり良い感じである。

 

黙示録012  石川県 − 百四丈の滝

白山スーパー林道沿いには、百選で知られる姥ヶ滝や、ふくべの滝など数々の滝が簡単に見られる。

さらに白山の山の奥深くにある大きな滝が、百四丈の滝である。

この滝は、登山道から見えるとのことだが、片道5〜10時間かかるので、

日帰りでは難しいため、山の非難小屋などで一泊する必要がある。

また登山道からは、崖下に見下ろす遠望となるが、沢を遡行して、

下から見た記録などもあるが、容易ではないだろう。

 

黙示録013  鹿児島県 − 竜王滝

 

黙示録014  三重県 − 小木森滝

 

黙示録015  福島県 − 大倉小滝

 

黙示録016  長野県 − 王滝川・百間滝

 

黙示録017  秋田県 − 大倉滝

 

黙示録018  福島県 − 梅花皮大滝

 

黙示録018  フランス − カヴァルニー大滝

 

黙示録019  クロアチア − プリトビッチェ湖群国立公園

 

黙示録020  アイスランドの滝群

 

黙示録021  アメリカ − イエローストーン

 

黙示録022  ノルウェー − ガイランゲルフィヨルド

 

Return