1/30
風邪が(自分の中で)大流行!助けてくれー。

1/26
スバルのレガシィB4がついに水平6気筒エンジンを積んだモデルを発売(する、のか、したのか)!うへぇ!かっこいい!…というのはウソで、実は外見は今までのB4とほとんど変わらない。エンジン積み替えただけ。でも、水平6気筒エンジンを積んでる車って、多分もうポルシェとスバルしか無いはず。開発者自身、「多分ポルシェのエンジンより優れている」と言っているが、実はアプローチは全然違うので、良くわからん。でも当たり前だけど6気筒エンジンってやっぱり重いんじゃない?バランス取れるのかな?
※エンジンのお勉強
・直6…ピストンが縦にシコシコ動くタイプ。最近はあんまり目立たない。「直6代表と言えばスカイライン(GT-R)」というイメージだが、最近生産終了になってしまったので今はBMWのM3か。
・水6…ピストンが横にスルスルと動くタイプ。水6代表はやっぱりポルシェですかな。その他には超マニア車のアルシオーネSVX(スバル)など。
・V6…ピストンが斜め(V字型)にコリコリと動くタイプ。かなりポピュラーで、そこそこの性能の車はたいていV6。そんな中最近面白いのは、VWのニュービートル(カタツムリカー)RSi。世界でたった250台,日本では45台しか発売されないそうな!

1/19
2001年の五大会計事務所の収支が出揃った。上から順にP,D,K,…で、この5つだけで収入は計656億ドル(1ドル=130円換算で約8兆5000億円)。どんな額なのか想像つかん。監査のことはさっぱりわからないが、独立性を高めるために、コンサル部門を切り離す動きが高まっているらしい。AとKはもう切り離し済み,Pも社名が変わったりと、その予兆がアリアリ。さてはてうちの会社はどなるんじゃろか。
ところで、最近Aがずいぶん叩かれている。朝日の今日の朝刊によると、エンロンの監査を受け持っていたらしく、そのずさんさが経営破たんを招いた―ウンダラカンダラ書いてあった。裁判沙汰にもなりそうで、平気かな…。
つい数年前まで「7大会計事務所」だったはずなのに、合従連衡を繰り返して気付けば5つ。最終的には3つくらいに落ち着くと言われている。世界は動いていますな。

1/16
昨日、ニュースステーションにKPMGフィナンシャルの木村さんが来て、「貸倒引当金」について解説してくれた。簿記の勉強になって助かりました!
ちなみにKPMGフィナンシャルは、木村さんがKPMGジャパンから看板を借りてやっている会社のようなものなので、本体とはあんまり関係ないらしい。
ついでに言うと、本体とKPMGコンサルティングは相当仲が悪いらしく、本体のホームページに行くと「…とは一切関係ございません」のような事が書いてある。一時期のアーサーアンダーセンとアンダーセンコンサルティングみたいだ。余談だが、アンダーセンコンサルティングがアクセンチュアになったのは有名な話だが(その時アーサーアンダーセン側に手切れ金まで払っている)、アーサーアンダーセンは今、「アンダーセン」に変わった。ややこしいの極みだ!!
ややこしいついでにもう一つ言うと、www.kpmg.co.jpだとKPMGコンサルのホームページに行き、www.kpmg.or.jpだとKPMGジャパンに行ってしまう。ここまで来るともう笑っちゃいそう。

1/13
昨日のNHKスペシャル「世界は川久保玲の何を評価したか」は、かなり面白かった。ファッションというととかく華やかなイメージが付きまとうが、NHK製作ということでトーンも抑え目、無駄の無い作りだった。どうやら番組では「一貫して創造力を失わないこと」が評価に値すると言いたかったようだが、まったくその通りである。80年代初頭にパリコレでデビューしてから、一度たりともクリエイティブさを失っていないらしい。20年という年月はとてつもなく長い。どんなメゾンでも20年もコレクション活動を続けていればおのずとブランドイメージができてしまう。だからこそ老舗メゾンになればなるほどその殻をいい意味で打ち破ってくれるデザイナーを招聘するのだろう。トム・フォード然り,マーク・ジェイコブス然り,エディ・スリマン然り…
番組には多くのゲストが登場していて、そちらも個人的には楽しんでしまった。日本で大人気のポール・スミス,重鎮カール・ラガーフェルド,パンクファッションJ.P.ゴルチエ,ジバンシィを翻弄しつづけたアレクサンダー・マックィーン,それにウォルター・ベンドレイク,ドリス・ヴァン・ノッテンといったアントワープ勢,さらにはある意味ファッション界の闇の(?)帝王フランカ女史…なかなか見られない顔ぶれ。
ああ、書きたいこといっぱいあるけど、思い出せないんでまた今度。

1/12
Windows2000にOSを上げてから、愛用のNOKIA携帯がモデムとして使用できなくなっていた。技術屋さんのためにもう少し詳しく言うと、うちのVAIOとNM502iには両方ともIrDA方式の赤外線送受信が可能になのに、Win2000はサポートしてなかった…
が、
WinXPになってどうやら復活したらしい!という事に昨日ようやく気付いた。偶然、赤外線機能をONにしてVAIOの近くに置いておいたら、VAIOが勝手に“standard modem”として認識してくれた!!いやー、感動しました。ワイヤレスインターネット復活。ただしスピードは96だからメールチェックが精一杯。

1/8
新年初の研究室会議の発表を担当。実に疲れた…。まだまだ修行が足りません。

1/4
鎌倉は今日から旧市内への車の乗り入れ禁止が解除。ちょっと用があったのだが、どう考えても恐ろしい込み具合に決まっているのでお気に入りの裏道を駆使して事なきを得た。が、、、帰りは「どのくらい混んでるんだろう?」という思考力ゼロの発想をしてしまい、自ら渋滞の真っ只中に突っ込むと言う愚挙を敢行。そして数分後すぐに後悔した。

1/3
昨日、厄年が何事もなく過ぎていったような事を書いてしまいましたが、思い返せば厄年にふさわしいすごいイベントありました!
「同時多発テロのためにアメリカ旅行中止」
旅行が中止になるなんて遠足以来。不幸中の幸いと言えば、ドルが最近値上がり気味なことぐらいでしょうか。すずめの涙程度の儲けが発生しました。。。

1/2
明けましておめでとうございます。どうやら本厄は何事もなく終わったようでなにより。今年は後厄。そんなもんあるんかいな。
別に厄除けに限らず、信心深くない人間でも本能的に縁起の悪いことは避けたいもの。「厄除けした!!」という事実によって日々の生活に自信を持てるのなら、お払いも効用アリですな。(家庭教師を頼む親の心境に似てるような気がするが…)