6/3
どういう形でかは詳しく知らないが、今度「西部警察」が復活するそうな。あぁ、子供の頃よく見たっけ、なんていう感傷に浸りたいわけではなくて、何と採用される車の中にはあのイギリスのマニアメーカーTVRが入っているとか!
以前の西部警察と言えば、車は日産に決まっていた、というか日産が独占スポンサー契約を結んでいたとしか思えないバックアップぶりで、ガルウィングのフェアレディから大門団長(渡哲也)が颯爽と登場してたのをよく覚えてます。それがまさかTVRとは。。
そもそもTVRなんてメーカー、普通の人は知らない。日本では年間2桁しか売れてないそうだ。TVRの車は恐ろしく速い。ボディーがエンジンパワーと比べると随分小さくて、なにより軽いのである。が、残念なことに高い。フェラーリほどではないが、1000万前後である。よって、考えるまでもなく当たり前なのだが、一般の金持ちはそれだけの金があればおベンツ様やポルシェ様、ジャガー様を買ってしまうのだ。しかしそうは言っても日本でもカスタマーサービスは提供する必要があり、そのためには少なくとも年間3桁は売らないと、サービスを維持できないそうだ。と、いうわけでこのスポンサー契約に至ったらしい。
ちなみにTVR以外にも、ひそかに買いたいと思っているロータスエリーゼとか、156とか、ブラバスとかが出てるそうな。
そう言えばX-MEN2に出ているX-CARなる車は、実はマツダのRX-8である。また、TAXI2にランサーエボリューションが悪役で出ていたし、TAXI3ではインプレッサがチョイ役で出ているとか。国内のドラマには海外メーカーの車が出て、海外の映画には日本の車が出る、なんてなんとも素敵なことだ。