第13話
〜捕らわれぬ天使〜
翡翠が兄と対面してから一月ほど時が過ぎた。
天界には季節がハッキリしている。
だが、四季ではない。
天界には春と秋しかないのだ。
しかし、春のある一ヶ月は真夏のように暑く、秋のある一ヶ月は真冬のように寒い月がある。
ようするに、夏は春の中にあり、冬は秋の中にあるのだ。
なんともおかしい季節だが、天使達はそれが当たり前なので何ともない。
むしろ、驚いた杏花に皆が驚いたほうだ。
秋頃に目覚めた杏花は、初めて冬の月を迎えた。
部屋やクローゼットの中身も寒い冬に対処した暖かいものとなっている。
ベッドのシーツは毛布になって、掛け布団も重いものになっている。
「わぁ、これって羊毛なのかしら?」
「羽毛だよ」
ベッドで羽根を伸ばす杏花の横で椅子に腰掛けて本を読んでいるダーツは淡々という。
「へぇ、羽毛なんて贅沢だわ。いいのかしら・・」
「大丈夫さ。再利用だから」
「何の?」
「天使達の羽変わりの、ね。」
杏花は布団を撫でながら考える。
天使達の羽変わりの再利用ってことは、この羽毛って・・・・・。
「ええ!?これって琥珀さん達の羽なの!!?」
杏花がダーツの方を向くとダーツは本を掲げて顔を見せないようにした。
かすかに肩が震えてる。
「・・・ダーツさん・・・もしかして・・・」
「そんなわけないじゃないか。ちゃんと加工したよ」
「何それ!!?どっちなの!!?ねぇってば!!」
杏花もムキになってダーツの裾を引っ張り、こっちを見てよと迫っている。
「きっと彼らも大変だったんだよ。琥珀なんて・・・・ハゲたしね」
「ええ!?本当なの?」
「・・さぁ、どっちだと思うかい?」
「もう!もう!ダーツさんからかわないでよ!」
ぷうっと頬を膨らませて目で訴える。
ダーツはそんな杏花についに軽く笑ってしまった。
あまりにも可愛すぎて。
「・・・・怒るよ。ダーツさん」
ダーツは本気で怒られたらいけないと思い、杏花を腕の中に収めてしまう。
「すまない・・だが・・フフ・・ッ・・可愛いと思ったんだよ・・」
「・・・顔が笑ってますよ。ダーツさん」
えいえい、と軽いパンチをダーツの胸元に打った。
ダーツは顔は笑っているが、言葉は痛い、痛いを繰り返している。
腕力もないし、暴力が嫌いな杏花の精一杯の反抗だ。
「もう、今日はダーツさんと一緒に寝ません!!」
「寒くて死んでしまってもいいのかい?」
「ダーツさんは王様でしょ。そんな事では死にません。」
「君が居ないと私は心が寒くて死んでしまうと言っているんだよ。」
「え・・・?」
その言葉にダーツの顔を見上げるとふいにキスをされた。
素早く、触れただけの軽いキス。
それでも杏花はあっけにとられてしまい固まった。
「今日も私の身体も心も温めておくれ。杏花」
「・・・・言い方がエロい・・・」
「気持ちは純粋だよ」
そのまま杏花はダーツの胸元の服を引っ張って目を閉じた。
かなわないと観念したのか、そのまま身体をダーツに預ける。
ダーツは何事もなかったようにまた本を読み始めた。

 

 

 

それから、しばらくしてダーツは玉座に戻ったので杏花も部屋を出て王宮内を散歩した。
王宮の訓練場に行ってみると多くの天使達が武術や魔術の練習をしている。
今日は特別訓練ということで琥珀達も参加しているようだ。
剣術の部門に行けば琥珀が訓練生の相手をしている。
「お前は脇が甘いねん。もうちっと頑張りや。次!!・・て杏花様?どないしたんですか?」
琥珀は練習用の木刀を持って杏花の前に立った。
「ううん。ただ、見てみたいなって。」
「そぉですか。でもあんまりぼへっとしてると天使が空から降ってきますよ」
ヒュウウウウ・・・・ドスン!!
「・・・へ?」
そう杏花が言った時、杏花の近くに本当に天使の訓練生が落ちてきた。
「ええええ!!?」
「るーちゃん飛ばしすぎやで〜。」
杏花は突然の出来事に頭が回らない。
琥珀が横を向くと、そこに何十人もの天使を担いだ瑠璃がやってきた。
「あかん、こいつら拳法の才能ないわ。剣術で相手したってや、兄者。」
よいしょと瑠璃が降ろすと訓練生の気絶した山が出来た。
「だ・・大丈夫なの?」
心配げに杏花が言ったが、瑠璃はさわやかに答えた。
「大丈夫。みねうちです」
「それって・・大丈夫なのかなぁ・・?」
「大丈夫ですよ、杏花様。これでも先生は手加減してるんですよ」
「え?」
聞きなれない声がしたので杏花は後ろを振り返った。
そこにはちょっと暗めの青の髪と瞳の少女がいた。
服は赤のネクタイに紺のミニエプロン。
まるでメイド服のようなものだ。
手にはホウキを持っている。

 

 

「初めまして、杏花様。『硫化(るか)』っていいます。瑠璃先生の弟子です。」
「え?あ、初めまして。あなたも石から・・?」
「ええ、こんな色のね」
そういって髪を一房つまんだ。
「杏花様には紹介がおくれていましたね。俺の弟子です。」
「そ、一番弟子です♪先生の下で魔術を磨いてます。」
「拳法じゃなくて?」
「先生って意外と魔術も長けているんですよ。」
「おい、意外って何や。意外って」
「聞こえたまんまやろ、るーちゃん」
「るーちゃん言うな!!!」
琥珀と瑠璃はいつもの漫才を繰り広げている。
いつもの穏やかな時間に杏花はほっとする。
ふいに瑠璃が硫化の前に向きなおした。
「でも、もう硫化は俺を先生呼ばなくてもええんやで。」
瑠璃はポンと頭を撫でた。
「さっき言ったやろ?もう俺がお前に教える魔術はない。一人前や。」
琥珀も首を突っ込んだ。
「なんや、免許皆伝ってやつか?よかったなぁ!硫化!魔法使い放題やで?」
「なわけあるかい!!」
「きゃっ!やった!」
「硫化!!免許剥奪するぞ!!」
「はーい!わかってます。じゃ、杏花様。またね。」
そういって硫化はホウキに乗ってどこかに行ってしまった。
「なんか、明るい子だね。硫化さんって」
「ええ、まだ少し心配ですが・・。なんや、娘を送り出す父親の気分や。」
「るーちゃん、独身やて。」
せつない目をする瑠璃に琥珀がツッコんだ。
あぁ、逆も出来るんだと感心した杏花だった。

 

 

 

ホウキに乗って硫化は天界のはずれにある湖に向かった。
そこは闇界に最も近い境界線にある湖だ。
だから、天使達はそこを遠ざけている。
硫化は湖のほとりで下りてあたりを見回した。
「硫化」
その声に硫化はパッと笑顔で声の聞こえたほうを振り返った。
黒い和装な服に薄い金色の髪はさらさらで腰まであるくらい長い。
瞳はうすい黄色だ。
にこやかな笑みで硫化を見ている。

 

 

「ファリス!!」
硫化はファリスに抱きついた。
「え?え?何?」
「私、今日で一人前になったの!先生から免許皆伝だって。」
「本当?おめでとう。硫化ならきっと一人前になれるって思ってたよ。」
ファリスは硫化の頭を撫でた。
その心地よさに思わず甘いため息がつきそうなくらい・・。
「・・今とっても幸せよ。幸せつづきで怖いくらい。」
「僕も君とここで出会えて幸せだよ。こんなに愛おしいと思う女性はこれから何千年生きていても出会えないくらい・・・。」
「大げさ・・っていいたいけど実は私も同じ事考えてたり・・・」
ちょっと照れた仕草にファリスは見とれた。
ファリスと硫化は数年前にこの湖で出会った。
お互いの立場もしらないまま、二人は恋に落ちた。
しかし、しばらくしてファリスの身分を知って愕然とする。
「・・・これで、あなたが闇界の王子じゃなくて天使だったらよかったのに・・」
「・・それでも僕は君と出会って恋するだろうね」
ファリスは闇界の王・ゾークの息子であり、闇界の王位継承権一位の王子なのだ。
敵側の王子と天使の恋。
これは異例に捉えられる。
ふいに寄り添っていた硫化を自分の正面へ向き合わせる。
硫化はどうしたの?と呟いた。
「・・・・ねぇ、硫化。僕と一緒に闇界に行かないかい?」
「ファリス?」
「僕と共に闇界で暮らそう。僕は真剣に君を愛しているから・・」
「でも・・天界にはたくさんの仲間がいるわ。それに・・先生を裏切ることに・・」
硫化は迷った。
いつまでもこんな関係が気付かれないわけない。
このままファリスと別れるのは死んでも嫌だ。
でも・・踏み込む勇気がでない。
「・・ごめん。困らせるつもりじゃなかったんだ。今日の夜、またここで待ってるから・・その時に答えをくれないか?」
優しく気遣うファリスに硫化はありがとうと呟いて、ホウキに乗った。
ふいにファリスの手が硫化の手に触れた。
「・・・闇界に連れて帰るなら・・君を石に変えなくちゃいけない。意味は・・わかるよね?」
硫化はコクンと頷いた。
石に変わる事は、死を意味する。
「・・・それでも一緒に生きたいという僕の我が儘にどうか答えてほしい。愛してる・・硫化。」
「・・・うん。」
そういって硫化は王宮に帰っていった。

 

 

 

そしてその夜、王宮の広い廊下を誰かが小走りで走っている。
その影に気付かずに杏花が廊下の角を通ると誰かと肩がぶつかった。
「きゃ!」
「ご、ごめんなさい。・・って杏花様?」
「あれ?硫化ちゃん?どうしたの?こんな遅くに・・」
よく見ると硫化は長いコートを着ている。
「出かけるの?こんな遅くに?」
「う、うん・・・。」
朝に見た硫化とは大分違う。
なんだか、不安そうで今にも泣きそうだ。
なんだか様子がおかしいと思った杏花は硫化に尋ねた。
「どうかしたの?なんだか・・硫化ちゃん変だよ?」
「あ・・・その・・」
「私でよかったら相談にのるよ。大丈夫、誰にも言わないから。」
そんな杏花の優しい心に不安な顔をしていた硫化がコクンと頷いた。
硫化は杏花の手を引いて、人気のない中庭に行った。
「・・私、闇界の王子と恋に落ちたの。」
「・・・え?闇界って・・敵国じゃない!」
「・・・最初は、そんなの想像もつかなかったの。だけれど、普通に彼と知り合って・・好きになって・・ただ、その相手が闇界の王子様だったって所が違うだけで、本当に愛してるの。」
「・・・もしかして・・今から・・」
杏花が言い終わる前に硫化が口を開いた。
「私、闇界に行くわ。」
その言葉に杏花は黙っていられなかった。
「だめよ!殺されるわ!」
「でも彼と離れたくないの!・・杏花様なら解るでしょう?天王様の為ならなんでもしたいって・・思わない?私は・・彼の元へ行けるなら・・殺されても構わない・・」
「私たちの敵になっても構わないっていうの!?」
その言葉に硫化は心を痛めた。
流れる涙が頬を伝う。
「わかってる・・。これは、重罪な事だって・・。でも、彼を・・ファリスを失ったら・・私、生きていけない!」
硫化は杏花と手を取ってその手を自分の額にかざした。
「皆を裏切って・・・ごめんなさい・・。杏花様の心を裏切って・・ごめんなさい・・。この罪は、生まれ変わってもずっと・・背負っていくから・・」
「硫化ちゃん・・」
「でも、これだけは解って・・私の意思で闇界に行くの。・・彼を愛してるから・・」
杏花は泣きながら硫化を抱き締めた。
「・・・・幸せになって・・・」
その言葉しか出なかった。
それが、精一杯だったから・・・。
硫化はコートを羽織ってホウキを手にとった。
杏花は今まで、ただ一方的に闇界が天使を奪うものだと考えていた。
だけど硫化は違う。
自分の意思で、闇界の手に堕ちていく。
そんな彼女をとめる権利など自分にも、誰にもないと思った。
杏花は涙をぬぐって硫化を見送る。
これが最後の姿になるかもしれないから・・・。
「待て!!!硫化!!」
その声に二人が振り向くと瑠璃が立っている。
「せん、せい・・・」
硫化の息が止まりそうになった。
「・・馬鹿なことは止めろ!敵になるんやぞ!!」
瑠璃の顔を見て先程の決意した硫化の顔が迷いに変わる。
杏花はそれに気付いた。
「硫化!私たちの事はいいから・・自分の道は自分で決めるのよ!」
「・・杏花様!?一体なにを・・」
「あなたの意思はあなただけのものよ!後悔しない道を私はあなたに歩んで欲しい!!」
その言葉に硫化はまたあの決意を思い出して空に舞い上がった。
瑠璃は羽を広げて後を追おうとするが杏花はそれを止めた。
「杏花様!!何故あのような事を・・そこを退いて下さい!」
「瑠璃さん、硫化さんの意思を私は尊重したいの。」
「意思・・?硫化が・・?俺はそんなの信じない!硫化が・・・」
「憎むなら・・硫化さんを逃がした私を憎んでくれて構わない。裁くのなら・・私を裁けばいいわ。」
「杏花様。俺にはどっちも出来ません・・。でも、行かせて下さい!!」
杏花の隙をついて瑠璃が空に舞い上がり硫化を追いかけた。
杏花は目を閉じて、ピクリともしない。
ただ、涙だけが酷く溢れ出した。

 

 

 

 

 

 

それから、瑠璃が王宮に帰ってきた。
手にはあの硫化が羽織っていたコートを持って・・。
瑠璃の報告によれば、湖のほとりで細い光の柱が天に伸びた。
そこには人影はなく、このコートだけが発見されたという。
コートに付着していた血痕から、それが硫化の物であると判明した。
杏花はそれを聞いてまた涙を流した。
解っていたはずだ。
こうなることを・・・。
瑠璃への謝罪の涙と、自分の無力さがまた涙となって零れ落ちる。
せめて、硫化が闇界に行って敵になっていても愛した人と幸せになって欲しいと願うばかりだった。
その日、琥珀の傍らで瑠璃が声を殺して泣いているのを杏花は見かけた。
琥珀はそんな弟を気遣って背中を撫でていた。
瑠璃の手にはあのコートが握り締められていた。

 

 

その光景をみて杏花は心に刻んだ。
いつか・・自分はこの罪を償わなければならないと。
そして、この手でこの争いを終わらせると・・心に誓った。

   

   

続く