第8話
〜困惑〜
朝の日差しは毎日のように降り注ぐ。
真白いカーテンの間から光が差し込み杏花は目を覚ました。

瞳は天井の景色を映したがすぐに辺りを見回した。

いるはずの温かい手の持ち主はもう影さえなかった。
杏花はベッドから起きて身支度を整えた。
クローゼットにはお姫様がきるような煌びやかなドレスが幾つもかけてある。

だが、杏花は現代の高校生が着るような制服を手にとった。

スカートのホックを閉め、きゅっと赤いスカーフを胸の中心で巻いた。

ふと鏡に映る赤に目がいく。

その赤はあの惨劇を思い出させるには充分な鮮やかさで・・杏花は目を細めた。

「・・・しっかり・・しなくちゃ・・・」

そう呟くと杏花は心の中で今までの事と疑問を整理した。

私は、元人間で今は転生して普通の人間ではない・・らしい。

私自身、記憶はない。(たぶん思い出す・・かな?)

今、天界は闇界という世界と戦争をしている。

闇界の理由はわからないけど、目的は天使を奪ってダーツさんを苦しめること。

ダーツさんの身近にいる特別な天使は殺されたら原石である石になってしまう。

砂良さんは殺されて石を奪われた。

だけど、死んではいない。

きっとあちらの世界にいるはず。

闇界の王様はその石を奪うため襲ってくる。

「・・・どうして・・・天界の天使だけを・・?」

杏花はテーブルにあったチェス盤を見つめた。

「・・・まるでチェスみたいな戦争・・・」

奪って、奪われて・・・キングが獲られるまで続くこの戦いに一体いつ終止符は打たれるのか・・・。

杏花はそっと黒いキングの前に白いキングを置いた。

「・・チェックメイト」

いつか、この戦いに終わりがあると信じて・・・・。

   

   

   

一方、天界の門には琥珀と瑠璃が立っていた。

二人は両極端に並んで天界を守っている。

いつもと変わらぬ景色、時間。

とても平和でのどかな時はゆっくりと二人の間を潜り抜ける。

そんな中、琥珀が瑠璃へ唐突に質問を投げてきた。

「瑠璃はこの戦争をどう思っとるんや?」

「・・・いきなり、やな」

琥珀はそのまま天を仰いだ。

瑠璃も目を合わせずに淡々と答える。

「襲ってくる理由はわからんが、襲われる理由もないと思う。むしろ仲間を一方的に奪われてこのままで済ませるつもりもない・・。あっちがふっかけた戦争や。俺は守るべき者のために最後まで戦う。」

「・・・・そんな単純なもんなんかなぁ・・・」

「・・兄者・・?」

琥珀から返ってきた返答に瑠璃は動揺の色を瞳に宿した。

「俺らが知らないだけで、この戦争はもっと深いもんだと思うんや。確かに戦争を先にふきかけた闇界に非はあるけど・・こっちにもなにかしらの因果はおると思うねん・・・」

「・・・因果?」

琥珀は一枚の紙を瑠璃に渡した。

その紙を瑠璃は開いた。

「・・・・なんや、これ。石から生み出された天使のリストやんけ・・これがなんだって・・・・」

そう言いかけた瑠璃の表情が変わった。

「筆頭にある名前が三つ消されとるやろ?その次が瑪瑙さんや俺たちや翡翠の名前があがっとる・・・」

「俺らの前に・・三人居ったちゅうことか?」

「俺は瑪瑙さんが一番最初に作られた天使やと思とった・・だけどそのリストには瑪瑙さんと同期に生まれた天使がのっとんねん」

「ならここにあの柘榴って男が・・!?だけど数が合わんとちゃう?」

琥珀は瑠璃の手にした紙の一番上を指差した。

「うっすらと見えへんか?女性の名前らしき字が。」

瑠璃は改めて目をこらした。

「かすれて読めんなぁ・・」

「俺の推測やけど、この三人はこの戦争に深く関わってると思うんや」

瑠璃は琥珀を見返した。
「瑠璃、戦争ってのはどちらが悪いとか無いんやで。一方的な決め付けは時に真実の隠れ蓑になってしまうんや・・」
瑠璃は柘榴の言葉を思い出した。
俺たちはあの男の『代わり』
自分達の生まれる前になにかが王宮で・・いや、この世界で起きていた。
俺たちはこの戦争の中にいながら、何故この戦争が起きたのかを知らない。
「・・・兄者。俺・・・知りたいねん・・!!真実を・・」
「・・なら行くで。天王様に直接真実を聞きにな!」

二人の瞳から迷いが消え、ただ前だけを一心に見つめた。

知らなくてはいけない真実があるのだと気付いて・・。

   

   

   

王宮内の玉座にはダーツと杏花がいた。
「気分は大丈夫なのか?」
「うん。もう落ち込んでいられないから・・・ダーツさん」
杏花はダーツの傍によって正面に立った。
「私なりに・・考えたよ。今のこの状況を。でもわからないことだらけなの」
ダーツは静かに杏花の話を聞いた。
だが、杏花に添えた手をダーツは握り締めるように捕らえている。
その力に杏花は言葉を変えた。
「・・でもね、どんな状況にいたってダーツさんの傍からはなれはしないから・・私、あなたを守りたいんだと思う」
「・・・私もだよ。君さえいてくれればどんなものでも超えて行ける。だから、誓わせておくれ・・この手を握り守るのは生涯唯一人、私であることを・・」
そのままダーツは杏花の手の甲に口付けを落とした。
「・・・そろそろ話さなければならない時が来たようだ・・・」
「・・・話す?」
「戦争の始まりに失った天使の事を彼らに話さなければならない。・・・琥珀と瑠璃の瞳が揺らぐ前に・・・」
ダーツは扉のほうに目を向けると琥珀と瑠璃が現れた。
少し呼吸が乱れている。
「天王様・・教えてください・・。なにが起こったのか・・」
「俺らは知る権利はあると思います」
ダーツは重い口を開いた。
澄んだ泉と同じ瞳がかすかに揺れる。
「・・すべての天使をここへ・・過去の忌まわしい惨事を話そう」

   

   

   

これからダーツが話す惨事・・それは哀しい戦争の幕開けだった。

   

   

続く