☆日記★日記というか、そういうの…。
| Top | History | About | Story's | |Illustration's | Diary | GAME | BBS | chat |

6/30  ここどうしようかな日記。
しかし、こっちは何も書いて無いなぁ(w

あっちに日記、こっちに日記、日記ばっかりのサイトですなぁ(笑)
まあ、そんなにネタにあふれた人生歩んでないんでそれほど書くこともないですし、
NET上の愚痴は散々リアルでこぼしているのですが、
たまには、リアルの愚痴でもここでこぼしてみようとか思ったり思わなくたり。

てゆーか、リアルの愚痴よりネット上の愚痴が多い自分はどっか間違ってるぞ(笑)
ま、言うだけ無駄なので言いませんけどね。


そんなわけで、リアルの愚痴。
まあ、私が学生さんとか小学生のかわいい男の子とか、ましてや女の子だなんて思ってる人はたぶん居ないと思うんですけど、
お仕事関係の愚痴です。

人がたくさん集まれば、気に入るやつ気に入らないやつって当然出てきますよね。
私も、正直苦手な人ってリアルでもネットでも居たりします。
その反面、好きな人もたくさんいますけどね。
好きな人、お世話になってる人、私はできの悪い人間なので失敗も多いですし、よく迷惑をかけてしまったりもします。
仕事なんかでも、いろいろ教えてもらったり、まあ、Webなんかでもそうですけどね。
そもそも、自分がSSとか書き始めてからもいろんな人にアドバイス戴いたりしましたし、それを活かせているかどうかは別として……。
自分が世話になった人、恩義を感じている人、好きな人。
その人達が仲が悪くて、間に挟まってしまうとちょっと悲しいです。
なんとかフォローしても、受け付けてもらえないしどちらも自分が世話になってる人だし、
いろんな事を教えてもらってきた人達なんで仲良くして欲しいんですけどね……。

ここ読んでくれてる人には、まったく関係ない愚痴なんですが……。

まあ、愚痴はこのぐらいにして、
日記はCGIの方が気軽に書けていいなぁとか……。
どうもいちいちHPビルダー立ち上げて書くのがめんどい……。
まあ、こっちは日記の更新まで更新履歴に載せてるからどのみち同じなのかも知れませんけど。
結局は、やる気の問題ですけどね……。
やる気といえば、同人関係ですが秋頃にKanonで新刊出したいなーとか思い始めました。
サンクリ帰りによった、虎で本見たり、久しぶりにイベント参加してやっぱりイベントに参加するのって楽しいなとか思ったり。
コピー誌で書きかけを出した美汐本とネタ構想のみで止まっている栞本。
冬コミも落ちて委託コーナー参加でもいいから出そうみたいな気分にもなってます。
美汐の方は、ストーリーが崩壊はじめてますが(汗)
かなり書き直しになりそうです。

ナデシコは、Webでカイト小説を早めに仕上げたいともくろんでます。(まだ終わらないのかと自己つっこみ)

まあ、やりたいことは滅茶苦茶あるんですが、いろいろと忙しい日々が続いてまして……。
企画倒れにならないように頑張りましょっと。
4/10  まあ、いろいろと
お久しぶりでーす(爆)

いやはや、すっかり日記も書いて無くて
おまけに隠れ家の更新もすっかり滞り…。
うっかりすると死亡説とかまでささやかれそうな勢いの大塚でっス。(爆)

なんだかんだと、ここに日記やら自作品をこっそり公開したりとかいろいろしてましたが…。
よく考えると、あっちに日記等の近況報告を出来る場所を設けてないとやばいなぁーという気もします。(^^;
そもそも、あっちで日記書いてると更新遅れた言い訳やらあんまり面白くない事ばかり書いてしまう自分が嫌だったので辞めたんですが…。
こっちでも同じって言えば同じなんですがね(^^;

どっちにしても、いい加減もう少し書かないと日記というコンテンツ名が後ろめたくなるのですけど…。

まあ、5月に出す予定のナデシコ新刊が思いのほか難航してるし、
書き込む話題といえば、せいぜいアニメ話ぐらいなんですが…。
最近、どっちでやってもいいような気もしてきました。



さて、そんなわけで
隠れ家のTOPで流れてるKanonアプレットにて若干触れてますが
アニメKanon終わっちゃいましたね。
正直、最初はどうなる事かと思いましたが…。
終わってみれば、悪くはないできだと思いました。
いろいろ、物足りなさは残るんですが………。

まずは、最終回をピタリ言い当てた某Nさん見事でした。
私のは大ハズレでした…。


まずは、栞シナリオ…。
妹属性好きな私としては、栞のシナリオは重要です。
で、再三あちこちで言ってたと思いますが
例の栞がリストカットを告白するシーンからの流れ、
DC版の台詞回し…ため具合などの演技が、ものすごく…泣けるあのシーン。
私的にはどのぐらいやってくれるのかと期待してましたが…。

んな、早口で言うなよぉ(ノ_・。)

ええ、まずこの一言です。
あんなに早口でだぁ――――――――――とやられてしまっては、
感動する暇もありませんって(^^;
一つ一つ、言葉をかみしめるように。
あのシーンをあんなに早口で演じられちゃうと…台無し(T_T)
てゆーか、台詞一言一言の時間すら縮めないと収まらない作りは………。

でまあ、その後の香里が割り込んでくるシーンは、
似たような事を夏の新刊(栞本)でやろうとしてたので…ぎゃふん(w
あの台詞…まんまだし(w >「栞だけの夢じゃないんだからぁ」ってやつ(w
まあ、ちゃんとヒロインが栞になる展開での話ですけど…。
例のジャンボパフェ後の姉妹の会話という設定だったんですよねー。

ま、それはいいとして……。
そうですよ、なぜ…このやり方を舞シナリオでやらなかったんですかぁ(w
普通の少女として扱うからの展開。
一瞬一瞬をぱっぱと切り替えて見せる方法。
前々回の日記で書いた『舞を復学させる為に祐一達が』の部分も、このやり方で上手く解決できたはず何ですが…。
一瞬だけでもちゃんと署名運動などを繰り広げている様を出しておけば、
祐一の台詞を殺さずにすんだのに……。

まあ、前回の日記で書いた問題が解決しない事には
アニメ版だけみた人には舞シナリオを理解するのは難しいでしょうけど……。


さて、ここからは本来の名雪FANとしての意地で書きたいと思います。
ええ、気に入りませんよラストの展開。それも、すごーく。
5人のシナリオ網羅して、まとめるにはかなり大変だとは思ってますが…。
貧乏くじ引くのが我らが名雪とは……。
まあ、よくよく考えれば…こうなる運命だなぁと最初に気づくべきだったかも知れません。

よーし、ここは一つアニメ版Kanonの名雪版再構成でもやりますか(w

なんせ、名雪可哀想じゃないですか…。
大体、あれ…名雪のキャラじゃないでしょう…そもそも(w
何か、別人ですよ…あそこだけ(爆)
あからさまに、捨て駒的に使われて個人的には納得いかないです。
でも、実際のところああいう展開になったら名雪ってどういう反応するんでしょうね…。
名雪って小さい頃から、祐一を想い続けているんですよね。
祐一が気づかないだけで…。
原作ゲームでは、あんまり名雪が嫉妬心を前面に出す事はなかったのですが、
何となく、そんな気はしてしまい…。
名雪クリアすると他のキャラを攻略する時にすごく後ろめたい(w

実際、祐一が名雪と結ばれない場合、
転校というパターンが一番しっくり来るのかな…。


ま、あゆヒロインな同人誌を買ったつもりで…。
あ、ちなみに…私は一人称が「ボク」って女の子苦手なんで………。
あゆは苦手なんですねぇ…。(理由と書いて『わけ』はきかないでください…。)
声当ててる、堀江由衣さんは好きな声優さんですが(爆)
OSアイドルWinちゃんとか好きですし…。


で、結局真琴は帰ってこないのがディホルト設定なんですか?(w
アニメ版では補完してくれると期待してた人も居たかも…。


…というわけで、私的なアニメ版最大の不満点は…。

佐祐理シナリオ無しかい!

少しも触れないのか………。
あははー(泣)

そんなわけで、夏コミが受かったら
アニメKanon再構成(名雪ベクトルへ強制変更&佐祐理シナリオねじ込み)
でもだそっと(笑)



…とりあえず、今回はアニメKanonのまとめで終わり。
他にも終了したアニメで言いたい事があるけど、次回の為にネタ取っておきましょう。


ぴたてん……。
すごい…。(w


#いい加減、過去ログ分けるか捨てるかしよう・・。 長すぎ(w
3/21 Kanonやり直し(w
えっと、前回の日記にてアニメ版Kanonの舞シナリオについてゴタゴタ余計なこと書いてましたが、
今回の日記では、さらに余計なことを……(ォィ!
ていうよりか、放送やってない地区の人もいるのにネタバレ全開で書きまくって……。



あうあう……。



まあ、散々書いちゃったのでいまさら遅いので続けて書いちゃいます(爆)


私、とんでもないことを忘れていました。
アニメ版Kanonにおける舞シナリオに、思いっきりかけていたもの……。
舞の力について。
そういえば、あの力がなんなのかアニメ版ではろくに触れられてないんですわ(^^;
祐一は「俺とお前は前に出会っていた→魔物は舞自身」的なことは言ってるのですが……。

そもそも、舞シナリオって…どんなだったんだろうとかど忘れしている自分に気がつき、とりあえずDC版をリプレイ(^^;

うあー、…そうだ、こんな話だった。
ていうか、アニメ版…このシナリオに触れて全部やったらとんでもないことになってたな(w

(以下舞シナリオあらすじ……っぽいの)

魔物の正体は、実は舞が持っている力が生み出していた=舞自身。
これは、確かにアニメ版でも語れててましたが、それが何故?どうして?となるとその理由は全くと言って想像できません。

舞が、魔物を生み出してしまう経緯は祐一の記憶が欠落している7年前にあります。
7年前、舞と祐一は出会っていたのです。
そう…現在、祐一達の通う学園の場所に存在していた草原で。

ひとりぼっちの少女と出会った祐一は、その女の子と仲良くなります。
その少女が舞。
少女は、ある能力の持ち主でした。
その能力とは、死んだ人間すら生き返らせることの出来る超能力。
少女は、大好きだった母が病気でこの世を去ろうとした時強く願いました。
「母を助けて欲しい」と…。
そして、死んだはずの母を救った少女はその時目覚めた能力のおかげで、
様々なメディアから注目を浴びる結果となりました。
しかし、それは悲劇の始まりでしかなかった。
人は少女を気味の悪いものと感じ、疎み遠ざかっていきました。
あちこちを転々と、していた少女と母は7年前にこの街へやって来ました。
拒まれることに慣れ、一人で居ることが多くなった少女。
そんな少女に、祐一は普通に接し友達となりました。

しかし、祐一はこの土地の人間ではありませんでした。
休みを利用して、叔母の家へ遊びに来ていただけの祐一は自分の家に帰らなくてはならなくなりました。
別れを告げる祐一、そして…せっかく仲良くなった祐一を失いたくなかった少女は『嘘』をついてしまいます。
「2人の遊び場に、魔物がでるの…。」
少女がとっさについた『嘘』
しかし、この土地の人間でもなく子供という立場で祐一はそこに残るという選択肢を与えられては居ませんでした。
そして、祐一は自分の街へ帰っていきました。
また、ひとりぼっちになってしまった少女。
祐一と離れるのが嫌でついてしまった『嘘』は少女の能力で現実になってしまいました。


7年という年月が経過したそんなある日、
両親の仕事の都合で、再びこの土地へ戻ってきた祐一。
幼なじみと共に、
彼はこの場所が昔少女と遊んだ草原だったことすら気づかずに、この地へ戻ってきました。

「私は、魔物を討つものだから…。」

えっとまあ、とりあえず魔物がなんであるかということと、
舞の能力が生まれた経緯とは、おおむねこんな感じだったと思います。

ちなみに、舞の母親の病気が手のつけられない状況になり
舞の母は、そんな体にもかかわらず
自分の病気のせいで病院で寂しい時間を過ごし続ける動物が好きな娘の為に、
動物園に連れて行ってあげようとするあのシーンはかなりくるものがあります。
確か、『雪うさぎ』がキーワードになっていたはず(名雪シナリオとは別に)

まあ、なんだかんだ言っても舞シナリオを完全に再現して
舞自殺未遂(?)ぐらいまで再現されちゃうと…おっそろしくダーク路線になるし、
おそらく『あゆヒロイン』らしいアニメ版Kanonにとっては、放映された内容が妥当な所なんでしょうか?(^^;
舞の原作シナリオ、特に終盤あたりはアニメでやれるもんだったらやって見ろ!的な凄さがありますが(大汗)


とりあえず、名雪FANな私は名雪さえかわいければそれでいいんです(ぉ
(実は、栞にも浮気してるけど………。 あ……佐祐理さんも………あうあう(汗))


さて…今夜は栞シナリオ&まこぴーシナリオ……。
果たして、どうなる事やら(w

30分で高速に人化の術が解けるまこぴー(w
とりあえず、東映さんは3クールぐらいの枠確保して作り直しましょうよ(爆)
あのDC版秋子さんの台詞「……いってらっしゃい(涙声)」が聞けないと悲しいよぉ(;;)
あの演技は、最高です。
あの声だけで泣けます……。
皆口さん、さすが…ベテラン(年ty………お、おい…なんだお前らは、やめろ………うわぁ!
「…………。」(謎ジャムの餌食となりしばし、意識不明(笑)

とりあえず、今日の放送楽しみにしてます。
所で、今週と来週で終わりなんですよね…Kanon。
しかも、今週は60分スペシャル!
………来週は、90分スペシャルなんですが…ああいうのはスペシャルというのでsy………うあ、なんだお前らは、やめろぉ―――――!!
「…………。」(再び謎ジャムの餌食(以下略))

2週間で5話一気に放映するアニメって…初めて見るよ(w



ま、文句言いながらも楽しみに見てる自分。(笑)



さて、Kanonネタはそれぐらいにして、
今週の日曜放映されたGAを見て一言。
「ヴァニラさんは、IFS強化体質だったんですか?」

……いえ、その……。
ヴァニラさんが、少女の治療をしてあげる時に手の甲にIFSマーク浮かび上がらせてたもので……。
(しかも、IFS強化体質仕様(ルリと似た形))

まあ、ミニモニ及び娘。ネタ…。(w
どんどんなんでもありで…笑いました。
たけし城パロディーはでてくるわ、魂入れ替えネタはでてくるわ……。
ガンガンぶっ飛ばしてくれるGAは最高(^^)

ちなみにエンディングテーマの歌詞で
「パンの耳たぶはどこにあるの?」
と言うやつ……。
そう言えば、なんで食パンの縁の部分を耳って言うのでしょう?
人間の耳、動物の耳…どちらも縁の部分でもないですし……。
こいつは、謎です――――――――――ね。(笑)

誰かわかる人、お答えお待ちしてます(なんちゃって)



そんなわけで、実は…原稿難航中なのがバレバレなんですが………。
(原稿が難航すると口数が増えるわし………)
果たして、どう仕上げたらよいものか…………。



パラダイスもパラシュートもお空にあるんです〜
壊れ気味……。
元々壊れてるけど(w
3/18  あー、遂にでたか(w
えっと、某サイト(ナデシコ関係)を巡回していたら、ウイルスについてこんなのを見つけました。

http://www.nai.com/japan/virusinfo/fbound.asp


いわゆる、大量メール奥理系のウイルスらしいんですが、
なんと、件名が日本語(w
件名:
  • Important
メールアドレスが.jpの時は以下のような件名
  • 重要
  • Re:重要
  • 重要なお知らせ
  • Re:重要なお知らせ
  • 例の件
  • Re:例の件
  • お久しぶりです
  • Re:お久しぶりです
  • こんにちは
  • Re:こんにちは
  • 極秘
  • Re:極秘
  • 資料
  • Re:資料
  • ウャR
  • うんこ
(上記サイトより転載)
ええ、こんな感じです。
思わず、開いてしまいそうな件名が並んでますね。

その中で、一番下にある見慣れた単語……。(爆)
何故…こんな所にこの単語が………。

ま、そんな事はどうでもいいんですが、こんな日本語件名でウイルスメールがやってくると言うことは
本文に「いつもお世話になっています」などの挨拶付きだったり、
挙げ句の果てには「投稿作品添付します」とか言うメールも登場する可能性もあるかも………。

うあー
絶対開いちゃうぞ…わし(w
いや…セキュリティーソフトは入ってますけどね(^^;


あうあう……。(汗)


 さて、そんなわけで最近のアニメ関係のお話。
隠れ家のTOPに入れてあるKanonスクリプトでもちょっとだけ触れてますが、
Kanonは舞シナリオが終了しました。
某氏の日記にもありましたが、ラストのまとめ方はこう来たか!というのを感じましたが…。
何せ途中が端折りすぎで、ちょっと…なぁ………。と思いました。

 舞シナリオというと、舞踏会で暴れてしまった舞が放校処分となってしまい、
それを佐祐理と祐一が何とかする為に署名運動を繰り広げたり、久瀬の所へ直談判しに行ったりするわけですが、
アニメ版では、そう言ったところがすべてカット。
いきなり佐祐理さんが生徒会へ→舞放校処分取り消し。
というかなり端折った形になってしまっていました。

「わかった俺が何とかしてやる、お前を俺たちの側に戻してやる」
この祐一の台詞が、完全に死んでしまっているのではないかと。

「佐祐理に聞いた、祐一と佐祐理が私の為にいろいろしてくれたって」
この舞の台詞も空振りしてる気がします。

 しかも、何故佐祐理さんが生徒会へ行くと、
舞の放校処分を何とかする程の、生徒会へのメリットがあるのかが全く語られていません。
署名運動の間に、協力してくれた上級生から聞かされる話。
 『佐祐理さんは、反生徒会の象徴』
 その設定があってこそ、佐祐理が舞の為に生徒会へ入ったと言うことに深みがますのではないかと。
 反生徒会の象徴とされていた佐祐理さんが、生徒会へ入った。
 ただ、生徒会にはいるのがめんどくさいとかそう言った理由でなく、(佐祐理自身はそうかも知れないが)
 反生徒会の人間の士気を下げる効果があり、
そう言った背景があってこそ、舞を復学させるということの引き替えに、
佐祐理を生徒会へ引き込むという生徒会側の思惑が形になるのではないかと思います。

 実際、あのシナリオの展開では、アニメ版だけ見てる人間には理解が出来ないのではないかと思います。
 やっぱり…原作ファンに向けた作品なんでしょうかねぇ……。それにしては(以下自主規制)

 所で…佐祐理さんシナリオは期待できないんでしょうか(w

 次は、どうやら栞シナリオらしいんですが…
 例の部分「黄色いカッターナイフを握って………左手にあてがって………。」の部分がどうなるかが……。
 (あの部分のでき次第で、個人的評価が左右されます…栞シナリオ)
 …別に、リスカ好きなわけでは(爆)


 まあ、Kanonはこのぐらいにして、
 FFUですが、どうやら3月いっぱいという情報らしく………。
 どうも、ゲームキューブ番が発売されると言うことで、決着はゲームで?
 とか、想像して「……………。」な感じです。
 ゲームキューブまで買わせようと?
 うちのテレビにはもう繋ぐ場所がありませんって(w
 置く場所もありませンって(w
 買う金もありませンって(w
 現状で、そのソフトで遊ぶ為だけにハード買う気は………しませんクポー
 ………やばいクポー
 変な口癖がうつったクポー
 とまあ、おふざけはここまでにして。
 一体どういった展開になるのか、楽しみなところです。
 とらいれむさん情報で例のFF映画で大赤字が原因らしいですが…。
 そう言えば、あの映画………かなり金かかってそうでしたよね(w
 どこだか忘れましたが、ビル建てたり…有名スタッフ集めまくったり……。
 個人的にも、かなりヒットしてた様に感じていたんですが
 そうですか…やっぱり、金かけすぎでしたか(w

 打ち切りは残念ですが、最後まで楽しみに見ていようと思います。


 で、つぎはヒカ碁(^^)
 院生編に突入ですね…。
 将棋部の部長さんとか、個人的にはいいキャラで出てこなくなる(?)と寂しいなぁーとか思うんですが。
 そう言えば、今回登場した新キャラの一人ってインターネット編で登場してた彼であってるのかな?
 これ見るまで、囲碁とか全然興味ないし…知らなかったんですが、どうしてこうもハマって毎週楽しみに見てるのか……。
 佐為のキャラ設定がなかなか面白いのと、
 ヒカルと佐為の掛け合いとかが面白かったのが見始めたきっかけなんですが、
思わず、Vectorで囲碁のフリーソフト落として遊びはじめたり……。
 全く歯が立たなくてボロ負けでやめましたが(w
 ちなみにヒカ碁では藤崎あかりがちょっとお気に入り(^^)


 で、次は…どれみ(w
 日曜の朝っぱらからなんてテンションでやってるんでしょうねぇ……
 「学級○○○」ネタはやめい!
 相変わらず、どうしてこうもまた主題歌はノリが良いんでしょう(w
 前回の主題歌よりは………と思ってると、毎回裏切られます。
 個人的には、ナデシコのユキナ役でお馴染みの大谷育江さんの演じる『ハナちゃん』の凄さに惹かれます。
 どうしてこうもまた、彼女は言葉を喋らないキャラが上手いのでしょう(笑)
 今シーズンは6年生になって言葉を喋るようになりましたが、成長過程がなかなか見物でした。
 まるっきり言葉を喋らない状態から、徐々に言葉を喋るようになっていく過程の演技はなかなかです。
 クレヨンしんちゃんのひまわりが、成長しないのにたいして実際にストーリー展開で成長を遂げていく様はすごいの一言。
 …思いっきり、ギャグアニメなんですけどね………基本的には(w
 時々、シリアスモードなお話がちょっといいなと思う時もありますが。


 で、最後はGAことギャラクシーエンジェル。
 ええもう、コミュニケーション広場で例のCGを見て…
 なにげに日曜の朝テレビつけたらやってて、「あーこれが元ネタだったんだぁ」と………。
 で見てたら、そのテンションの高さにビックリ(w
 そう言えば、某12人の妹が登場するアニメの間にやってたCMで
 ♪〜お気楽カーニバル
 とかやってたのがこれだったんですね(^^;
 カードキャプターさくらのスタッフがおくるとか言ってたヤツ。
 でも、3月いっぱいで終わりなんですよね…。
 寂しいです。
 ミルフィーユさんのボケボケが楽しすぎます。

 うーん、FFU、GA、Kanon……。
 3月いっぱいで終わっちゃうの多いなぁー(;;)



 そうそう……最近、CMで気になる作品があるんですが………。
 アーケードゲーマーふぶきって…
 「ゲームセンターあらし」の娘かなんかですか?(ぉ


 ………歳がバレる様なネタは、やめようと思った(w
3月9日  ゴメンナサイ(ノ_・。)
ぐすっ、なんか掲示板で難しい話になってる(ノ_・。)
いやまあ、自分のせいなんですけどね…

ちなみに、氏の指していた人物(前回の日記参照)は特定の人間でもなく「脳死」とかそう言う話でもないです。
要は、医師が「もう助かりませんね」といった患者すべてです。
意識があろうが、脳死状態になってたりする場合であろうが関係無しです。

この話の前に例の「医療費の負担増」がありまして、
「助かりもしない患者にいつまでも金かけるのをやめれば、自分らの負担が減るんじゃねーか」という話で……。
 なんとなく、祖母の死んだ頃のことを思い出して悲しくなったり。

しかも、そんな時に限って私は次の新刊の「辛い部分」を執筆中だったりするわけで……。
そう言う状態が重なり、深夜のラブレターマジックが手伝ってあの日記の文章になってしまったというわけです。

脳死についてのお話は、頭では理解しているつもりですし
脳死状態になってもなお生かし続けることが悪いことだとは承知しています。
ただ、理屈抜きに大切な人が消えていくのは辛いというわけで…
自分勝手で、どうしようもない考えなんですが。

確かに、見ているのが辛い状態なら逆の場合もあると思います。
ちょうど、隠れ家をはじめた夏に祖母が他界しました。
NET上ではほとんど語りませんでしたが、癌でした。
もう助からないといわれたのは、もっと前…。
助からないといわれたはずなのに、祖母は元気に見えました。
本格的に病状が悪化し、病院から戻ることが出来なくなってからも、
TVとかで知っている癌のイメージとは異なり、祖母はまるで苦しそうな素振りを見せませんでした。
 元より、勝ち気で負けず嫌いだった祖母は私達に弱いところを見せないようにしていたのかも知れません。
 今となっては、本人に訊くことも出来ませんが。
 少しずつ痩せてきて、遂に食事を取ることも出来なくなって。
 それでも、苦しいとかそう言う素振りを見せなかった祖母。
 突然電話で、危篤を知らされ呼び出されたのは8月のお盆前、
 20代でこの世を去った叔父の命日。
 私は仏壇にある写真でしかその叔父を知りませんが、祖母は長男であるその叔父をとても大切にしてたらしく、いつもその日にお寺の住職を呼んで(お盆の行事ですが)お経を読んで貰っていました。
 そんな日に、危篤を知らされ病院へ駆けつけたのですが、病院へは私が家族の中で一番近いので真っ先に到着しましたが、危篤といわれたにもかかわらずまるで眠っているようでした。
 生命維持装置をつけられていること以外はまるで、ほんとに寝ているだけのようで。
 そして、母とか叔父とかが徐々に集まり、延命についての話がされました。
 そこででた結論は、やはり脳が停止したら自然にということでした。
 私も、それには同意してますし書き込みにあったように「生物としての死・人間としての死」の話にもなりますが、人間じゃなくなった状態で延命治療を施し続けるのは私も同意は出来ません。
 でも、ちゃんと人間として生きている間の延命治療はして欲しいと思います。
 もうダメだとわかっていても、人間として生きていられる間は1秒でもその半分でも、生かしてあげたい。 …生きていて欲しい。 そう思います。

 その後、医師より「しばらくはこの状態です」と告げられ、一端私達は家へ帰りました。
 ちょうどその頃は某ラピスファンサイトのイベントの最中。
 私は、いつものようにチャットルームに顔を出し話をしてました。
 いつ呼び出されても平気なように、元々寝る気もありませんでしたし、
 何かして気を紛らわしていたいという思いもありました。
 もちろん、そこでそんなくらい話をすれば楽しいイベントに影を落としてしまうことにもなりますので、そこで話したりはしませんでしたが…。
 
 そして、チャットルームへ来ていた人達が寝るといって落ちた頃、電話が鳴りました。
 急いで車に乗って、病院へ駆けつけたとき、まだ祖母は生きていました。
 残念ながら、叔父2人とその家族は少し遠い為最後に間に合いませんでしたが私達はその最後に立ち会うことが出来ました。
 死の少し前、意識は戻りました。
 言葉を発したわけでもなく、目を開けただけだったと思います。
 でも確かに、私と母のことを見ていたと思います。

 後日、数名の方には喋った記憶がありますが、この件に関してはあまり口に出しませんでした。(あまり見られてない別のサイトの日記で書いたことはありました…もう消しちゃいましたけど)
 
 人間として、意識を回復する可能性があるなら延命治療は必要だと思います。
 それが、わずかな時間でも。

 で、私と祖母ですが…確かに祖母は私のことを小さい頃からかわいがってくれてましたが、あんまり仲良くなくて喧嘩ばかりしてました。
 「死んじまえクソババア!」などの言葉は年中吐いてましたし、祖母もまた年中「出ていけ!」みたいに叫んでました。
 祖母の病気が発覚して、様態が悪くなり病院から戻れなくなるまではそれでもずいぶん喧嘩もした気がします。
 時代劇が好きで、たばこが好きで、パチンコにもずいぶん通ってた不良ばーさんだった祖母。
 結構気が短くて、すぐ頭に血が上って…うるさい祖母。
 近所付き合いでも、それを発揮して恐れられてましたが(笑)
 でも、何故か嫌われて無く葬式にもずいぶん人が来て、別れを惜しんでました。
 結構きつい祖母でしたが…何となく憎めなかったのは、あまり物事の裏を考えない人だったからかなと思います。
 年中喧嘩ばかりしてましたが、居なくなって3年…、まだ何となく居ないのが寂しかったりします。 
 居たらいたで、やっぱり喧嘩してるんでしょうけどね。
 
 とりあえず、この話はおそらくNET上で話すのは最後だと思います。
 あんまり読んで楽しいものではないでしょうし、書く方も当時を思い出して辛くなります。
 …まあ、小説で辛いシーンを書いているとどうしても思い出して悲しくなったりするんですけどね。


 とりあえず、こないだの日記の反転部分は元に戻しておきます。
 意味無くなっちゃったんで(w
 
2月24日  人間の変わる時
えっと、はじめに言っておきますが私の周りに何か起きたわけでも、
この界隈の誰かに何か起きたわけでもありません。
ただ、ちょっとだけ感じたことを書いてみたいと思います。

たぶん、けして面白いことを書くわけじゃないんで、
暗い話が嫌いな方はお読みにならない方がよいと思います。



(反転しておきます…。)










医療費…。
医療というのは、おそらく人を助ける為の物だと思います。
もし、誰か身内の人間が病・事故などに倒れ病院のお世話になる時、
おそらく、それが自分の大切な人だったら助けたいと思うはずです。
たとえ、自分の財産をすべて投げ打ってでも助けたいとおそらく思うと思います。

でも、その望みを医師に否定されてしまった場合…つまり、助かる見込みはないと宣言されてしまった場合です。
俗に言う、延命治療という物についての話しです。


最後の最後まで、どんなに助かる見込みが無くとも限界まで生を与えたいと思う人。
もう、助からないとわかったら静かに眠らせてやるのがその人の為と思う人。
助かる見込みがないのに、いつまでも金をかけるのを惜しむ人。


いろいろ、意見があると思います。
私は、おそらく限界まで生かせてあげたいと考える人間です。
だって、居なくなってしまったらその肌のぬくもりを感じることも手を握ることも、直に姿を見ることも出来ないんですよ…。
自分勝手かもしれませんが、大切な人が消える瞬間は見たくないんです。

こう考えるのは、私がまだ「近しい人間の死」に慣れていないからなのでしょうか?
先日、何気ない知り合いの人との会話の中で、
「もう助からないような人をいつまでも延命治療で生かしておくのは無駄」
という言葉がでてきて、急にそんな事を考え始めたんです。
家族だったら、相手が大切な人だったら、たとえ望みがないといわれたって生かしたい、
今は無理でもそうやって終わりの時を延ばすことによって何とかなるように(革新的な技術の開発とかで)なるかもしれない。
そう考えるのが、普通だと思いこんでいた私には、ちょっとだけショックでした。
医師にダメと言われたら、それはダメなんでしょうか…。
「いつまでも、だらだら生かしてるより酸素のチューブ引っこ抜いて楽にしてやりゃいいのに」
そんな一言が、なんか…悲しかったです。

いや…たぶん、自分が未熟もんでその人が当たり前なのかもしれません。
でも…自分は、最後まで望みを捨てないで居たいです。
むしろ、自分が患者の立場だったら…「勝手に殺さないで欲しい」そう思うかもしれません。
やっぱり、未熟もんなのでしょうか…。

…まあ、なんというかアニメのキャラでさえ
酷い殺されかた(扱い)されるとものすごく悲しむ人なんで…私。
劇場版ナデシコ見てその後書きまくっていたSSの後書きとか読んでる方はおわかりかと思いますが…。
ええ、散々あっちこっちで劇場版批判して歩きましたとも(爆)
まあ、あそこまで行くとタダの痛い人だって思われちゃいますが(w

でもね、未だに思うですよ…。
続編出して、アキトやユリカ達に救いを与えてくれないなら劇場版はつくって欲しくなかった。
制作側にしてみれば、ただのキャラクタに過ぎないかもしれませんが…それを見た人間には、
そのキャラクター達のことで本気に心を痛めちゃう人間も居たりするですよ…。
アニメと現実が区別つかない?
現実じゃなければ、どんな物見せられても平気というのが普通の人だったら、私は普通の人でなくてもいいです。

私も、いつか劇場版ナデシコのような作品を見せられて平気だと思う日が来るのでしょうか…。

(後日注記:深夜のラブレターマジック炸裂につき、気にしないで下さい(爆))
2月5日  アンケート
自分のサイトは、どう思われているのだろう。


配色・デザイン・コンテンツ、
アクセスカウンターなどを設置する動機としても、
そんな気持ちが少なからずともあると思います。

配色…これについては、おそらく好みがかなりあると思います。
自分が良いと思う配色と、気に入らない配色。
これについては、センスの問題もあるし、おそらく自分はそのセンスはあまりないと思います。
ただ、Webを回っていると時々、『これだ!』という抜群にセンスの良さを感じるサイトに出会う時があります。
そんな時、ちょっとだけ<BODY>タグを拝借して、自分のサイトにくっつけてみたり…。
もちろん、デザインというのは基本構造とかそういう物も関係するので、
思ったより、へろへろでがっくしと言うことが多いですが…。
やはり、自分のデザインにあった配色を見つけださなくては、完全に納得できる物になろうはずもないですね。

私は、どちらかというと小さな頃から美術的な方面はまるでダメで、
絵などは描かされるのが苦痛でたまらなかった方です。
今となっては、ちゃんと絵という物を勉強して、好きになっていればなぁ……と後悔もしていますが…。
そんなわけで、絵を描ける人に対してはかなりコンプレックスのような物を持ち合わせているのは確かです。
もう、1年前になるが、某フリーソフトに嵌ったきっかけは…
やはり、その作者の絵という物へのコンプレックスに、共感できる部分があったからかもしれません。
そして、今…その作者は努力を重ね最初に見た頃とは比べ物にならない絵を描き上げています。
確かに、その辺にCGサイトを構えている絵描きさんよりは、
ずいぶん落ちる腕前であることは、見てわかるとおりかもしれません。
ただ、努力次第で人間は伸びていけるという事を教えてくれるような気がします。

「この歳から始めたって、どうせ無駄だよ」

おそらく、そう考えてしまう人間は、自分をはじめとして多いと思われます。
しかし、現実に自分の周りには40代を過ぎてからPCをはじめ、
そして今では教えたこっちの方がドキッとすることを訊かれる程成長している人も居たりします。
確かに、プロと呼べる程の技術を習得することはかなり難しいことだと思います。
でも、それを楽しめるレベルまでならいくらでも可能なのではないかと…。
そんなことを、考える1年でした。

…とまあ、話がずれてしまいましたが(いつものことです)、
サイトデザインというのは、やはり見に来る人へのインターフェイスとなるわけだから、
管理人としては、非常に気になる部分ではないかと。
しかし、コロコロ変更するのが良いかと言えば、そうでもないとおもいます。
人間は、ある程度慣れという物があります。
多少不便でも、それに慣れてしまえばそれが普通になってしまう。
どんなに優れたデザインでも、年中変更ばかりしていたらそれはそれで常連さんにとっては不便で仕方がないはず…。
なので、レイアウトを考える時はある程度そのレイアウトを継続させるつもりで、
時間をかけて良く検討する必要があると思います。

今回、本家(大塚りゅういちの隠れ家)のサイトデザインを変更しましたが、
当分は、配色等の変更にとどめると思います。
実際、アンケート結果(現在の時点で)では、
デザインは良いが、配色はダメ・色が暗い等の意見が多い。
中には、渋くて良いと答えてくれている人もいましたが、
管理人本人としては、現在の配色は何となく爽やかさが欠落しているような気がします。
個人的に、爽やかな色づかいというと、どうしても明るめな配色を選択してしまいますが、
これは、諸刃の剣であり…目に優しくないと言うデメリットも伴うのではないかと。
もちろん、爽やかで明るめな配色でも、目に優しいというパターンも可能なのだとおもいますが、
前述したとおり、美術センスが欠落している人間としては短絡的に明るめの配色を選択するだけしか思いつきません。
(逆に、目に優しいというと暗い配色になる)
まあ、来てくれる人のディスプレイの明るさ設定という部分も関係するかもしれないですが…。

さて、配色デザインについてはこのような結果になりつつあるのですが、
その他の項目、コミュニケーション広場について。
…どこにあるかわからないって人が(ノ_・。)
あんなにあっちこっちに貼ってるのにぃ〜
とまあ、ちょっぴり凹んでますが…。
結局は、この辺もサイトデザインに問題があるという事になるんでしょうね。
来てくれる人に、どれだけ見てもらえる場所に告知するかということが、今後の課題でしょうかね。
来てくれている人は、とりあえず楽しいと言ってくれるのがちょっぴり嬉しいです。
いや…まあ…自分が一番楽しんでるかもしれませんが(爆)

そして、本来サイトとはあんまり関係ないお話なんですが、
同人関係もアンケートに入れてみました。
まあ、自分でサークルやってる関係上…どうなのかなぁと思うところがあって…。
そしたら、私の作品買ってくれてる人もいたし、
結構同人誌を購入してる人が多いようでした。
まあ、当然の事ながら、コミックのみとかの回答もありましたが、
小説本もOKという方も結構いらっしゃいました。
イベント参加は、参加したことのないと言う人も多く、
地元のみ、コミケのみと言う方がいらっしゃいました。
また、通販については「必要」と「Webで告知してる以上するべきである」という意見が圧倒的に多く、
現在、即売会のみでの販売と過去に通販で購入した方のみという現状を見直した方がよいと感じました。

また、好きな作品に『ヒカルの碁』という項目を設置したところ、結構反応がありました。
やはり、最近のTVアニメのなかでの注目作だけにさすがに強いようです。
個人的には、今後が気になる作品だけに嬉しいと思います。

…あ、そういえばアニメ版Kanonを選択肢に入れなかったですが…
誰も、その他の所に記入されてませんでした(爆)


というわけで、この日記書いてる現在でもまだまだすごい勢いで、アンケート結果が届いてます。
アクセス数は結構回ってるけど、どのような風に来てくれる人は感じてくれてるのかなぁと
日頃から、思っていたわけですが…
(素通りしてる人ばかりだったら、どうしよう……とか思ってたりもしましたが)
こうして、アンケートコーナーに答えてくれる人がこれだけいるということは、
良くも悪くも、来てくれる人は興味を持ってくれているのだと思いました。

たくさん、激励の言葉も頂いたし、指摘も頂きました。
まあ、ハーボットの不具合は私に言われてもどうにかできる問題ではないんで仕方ありませんが…。
NN系で不具合があるらしい…。
対策して欲しいな… >so-netさん
個人的には、ハーボット気に入ってるので、引退させるつもり無いんで…(ノ_・。)

それから、一番多かった意見として
「もちっと更新せい!」と…。
頑張ります…、というか頑張らせてください。
作品届かないと、更新できないページになってますしね(^^; >元からですが
日記も、こっちに持って来ちゃったんでほんとに更新する内容って投稿作品だけになりつつありますし…。
少なくても、1ヶ月止まったりすることはなるべく避けるよう努力します。

まあ、そんなわけでここでアンケート結果について言っても、
しかたないんですが(^^; >見てる人限られた場所なんで

また機会があったら、別のアンケート実施してみよう。
匿名で送れるようにしてるので、気軽に答えてもらえるし。

………しかし、「とっとと閉鎖しろ!」にチェックを入れてくる人はでなかったか…さすがに(笑)
(まあ、入れてくる人が居てもたぶん凹んだりしないとは思いますが)
とりあえず、もうしばらくアンケート受け付けてみよう。
すごく有意義に思えるので。


さて、疲れたので寝ましょっと(^^;
いい加減、原稿やらやらなくちゃいけないこともたまりまくってるんだけど…。


今日の教訓:企業のやることは信じられん。(某社) ま、どこもやってるんだろうけど(w
1月31日  アニメ版Kanon
…どうコメントすればいいんだ。(爆)
ええ、確かにKanonなんですが…DC版の音声化も別に否定しないはなんですが…。
なんというか……なんというか………うぐぅ(爆)

あの絵は…ちょっと(w
私などが、絵のことをどうこう言える分際でもなんでもないのはわかりきったことなんですが…
(「じゃ、お前描いてみろよ!」と言われて描くことができない人間)
まあ、あの原作のCGをそのままアニメにすることはできないでしょうし…。
どこかでちらっと見たような気はするんですが…。(アニメ版の絵)

ううっ、せめてシス○リレベルならば…(問題発言)
まあ後ろで流れてる曲とかは、
原作の曲をそのまま使うあたり手抜……じゃなくてFANの心をキャッチしようという気持ちは感じられましたし。
今日見た限りでは、原作とほぼ同じ台詞などが登場し、
原作の感じを損なわない配慮感じられました。
…少なくても、PSに移植されたら「なんじゃこりゃ」と叩かれまくった某ゲームのOVAよりは全然原作FANとしては良い物ではないかとは思うんですが………。

絵が……絵が………
は、鼻の位置に口がぁ…
うぐぅ…。横長テレビで横にのびるともっと見られないよぉー祐一君(爆)


再三言いますが、「そこまで言うならお前が描いてみろよ」と言われましても、
当方、口だけのヤジとばしてる人間なんで描けるわけもありません(笑)


さて、まあ…そんなわけで
メッチャ毒舌気味でSTARTしました
今日の「大塚りゅういち君の真夜中の独り言」いかがだったでしょうか?
この番組は、同人サークルふわふら電波工房とComingOutの提供でお送りいたしました。
SEE YOU AGAIN! >(なぜか、ラジオ番組風)
1月30日  隠れ家大更新!
ええ、やっとです。
やっと更新しました。

去年の12月10日頃から更新が止まり、
途中イベントなどはさみつつ、更新してないのにもかかわらず
ずいぶん更新したような気分になっていた罠。

まあ、年末年始…かなりしんどい状況だったんでしかたないんですが…。
レイアウト変更など去年からずっとやっててまだ終わってないし、
のんびり管理人というか、ダメ管理人ですなぁ(爆)
実際、今回のレイアウト変更であっちの日記コンテンツを消滅させたんですが、
要は、あそこで日記書いているとどうしても、
更新できないとその言い訳ばかり書き続けて、見苦しいし自分的にも精神衛生上良くないし…。
まあ、そんなわけできれいさっぱり消滅させちゃいました。

やっぱり、日記書くとしたら楽しいこととか、
思ってることで言いたいこととか書いてて苦痛じゃないことを書いていたいじゃないですか。
言い訳だらけで、なんか自分で読んでも「なんだかなぁ……」という感じじゃねぇ(^^;

その点、こっちはあまり人に教えてないし、
検索エンジン・リンクページの更新が止まってるサイトなどから間違って古いアドレスに飛んできた人や、
私の小説が読みたいけど公開されてないよーと問い合わせてくれた神様のような人や、
あっちの最後の日記に書いたアルペド語のメッセージを解読した古いアドレスを知っている常連さんか、
ずっと前から、TOPページとか私の小説紹介のコーナーの一番下に小さく書いてある?マークをクリックした好奇心旺盛な方という、
非常に限られた人しか来ないはずなので(笑)
あちらで書いていたよりも、少しだけ自由に言いたい放題書けるかなぁと(^^;

まあ、このページの方向性とか難しいことを考えるのは当分先だと思いますが、
とりあえず今は目の前にあるFFXをクリアしたいなぁと(爆)

少しずつ、攻略記でも載せていきたいですね(^^) >誰も読みたくないでしょうが
いい加減、発売されてずいぶん経つ作品ですし、
いまさらネタバレな攻略記を掲載しても大丈夫だろうと思いまして(^^;

ちなみに、現時点で…飛空挺を手に入れてとりあえず「召還獣アニマ」をGET!
七曜の武器は、ワッカのを除いて一応他のは揃ってるという状態。
とりあえず、もう一回シーモア老師が登場するらしいですが、
私のユウナちゃんとあんな事をした罪で、とんでもない酷い殺し方をしてあげることに大決定!(笑) ←ぉぃぉぃ(^^;
当分、シンの体内へは進まず、『ドライブをAPに』した改造武器を手に入れるべく画策します。(^^)ニコッ♪ 

しかし、FF11はどうなるんでしょうねぇ…。
何となく、オンラインゲームにあうんでしょうか? FFって(^^;
FFってなんとなく、そこに登場するキャラクターの魅力が世界をつくっていくタイプのゲームだと思うんですね。
オンラインのRPGって、一緒に旅するのは人間ですよね?
PSOなんか、ストーリーどうでも良くて一緒に戦って強くなって、
アイテムをコレクションするところが魅力になってる気がするし…。

FFだと同じ3次元の人間がそこに介入することで、たとえば逆に興ざめになってしまうような風にならないかと…
ちょっと心配ですが…。
なによりも、FFらしさを無くさないで欲しいものです。

まあ、私なんぞの予想を遙かに裏切るようなものができあがるのでしょうが(^^;
やってみたいですが…PS2で常時接続の環境は可能なんでしょうか?
今さら、ダイアルアップで繋ぐ気がしません……。
それより、やる時間があるのか?(爆)

ま、当分無理だからいいけど(w

そう言えば、最近チャットして無いなぁ…。
やりたいとか、いろいろお話ししたいなぁとか思ってはいるんですが…
まだ、やり残したことが多すぎて…時間が足りません。

隠れ家をもう少しいじったり、3月に出すナデシコの新刊を仕上げたり、
いろいろやらなくてはならないことが山積みです。
うあー


えっと、日記&掲示板は毎日一応チェックしてます。 >某Nさん
復活、楽しみに待ってます。
と言うか、AIRどうですか?
AXSが懐かしいです……。
某T○と違って、結構昔のままかも…?
ちょっと嬉しい…。
というより、こちらを見て貰えてるかどうかがわかりませんが(爆)


おなじく、日記毎日チェックしてるよん♪
遂に、掲示板に本人降臨?
おそらく、2月の中頃か3月になるぐらいまでチャットは控えめかも………。
たまに年末年始のJAVAに繋いでるかもしれないけど(^^;

ていうか、個人的な私信をこんなところでするのもなんですが……(^^;



1月23日  えーと、開設です。
そんなわけで、今日からサイトオープンです。
前回から、なにが変わったと言うわけではありませんが…。(^^;

単に、あっちと日付をそろえたかっただけなんで…。

別に、サイトなんて一つあればいいんですけどね…本来は。
だから、隠れ家一つあればいいじゃん。
といわれればそうなんですが、
なんというか、あっちは自分で好きかってやる場所としてはあまりに大きすぎて…。
まあ、もっと大きなサイトを持っている人もいらっしゃるとは思いますが、
小心者の自分としては、自分のサイトがあんなにも大きくなってしまうと落ち着かないんです(^^;

うぁーなんか、これ書いてる横でTVかけてるんですが、ジッタリンジン(JITTERIN'JINN)が流れてる。
なつかしー♪

♪〜あなたが私にくれたもの、幸せになれる壷とイヤリング〜 大好きだったけど、教祖が居たなんて〜 ←注意:全くのでたらめです。


Winkもやってる……。
懐かしい……。

米米のFUNK FUJIYAMAも懐かしい……。

うー、メッチャ懐かしくて…自分が年取ったの感じる(w
これが、こんなに懐かしく感じる程、年月が経過したんですねぇ…。

サイト開設し始めてから、3年も経ったはずだわ(^^;

まあ、このサイトは元々ODNのアドレスに未だにアクセスする人が結構いるので、
隠れ家に誘導するための場所だったんですが、
どうせだったら、もう一回何かやってみようかという思いつきから成り立ってます。


うあー、ミニハムず…。

GO−BANG’S…なつかしい・・・懐かしすぎるぅ〜

って、私がなんの番組見ながらこの日記書いてるかがよくわかりそうですねぇ…。(爆)

しかし、まあなんですなぁ・・。
ノリの良い曲は楽しくなるから好きなんですが、(モー娘。系)
古い曲を聴くと、無性にそっちが魂の奥にまで響いてくるようなのがあるんですよねぇ〜
「X」とか「TM」とか。(この2つを並べるというのもまたすごい話ですが……。)
常にはしゃいでばかりの曲ばかりだと、疲れちゃう気もします。
年寄りだから?…ぐすん。



まあ、そんなわけで。
TVの話に行っちゃってましたが、
ここは、お解りの通りこんな感じで、好き勝手なこと言いたい放題のんびり言える場所にしたいなぁと思ってるです。
たまには、愚痴っぽい話も書くかもしれませんが、ご容赦下さい。


それでは、また次回!


今日の教訓: 1日は24時間

(今後の予定)

 このサイトの小説のテンプレート(配色・デザインなど)を決定し、現在公開済の作品もそれにあわせる。
 とりあえず、現在公開してない作品でHTML化が進んでない作品を引っ張り出してくる。
 各地に点在している、自分のサイト達をこのページに統合する(除:隠れ家)
 
 そんな感じです。

 1月12日  まあ、それはそれ(^^;
  とりあえず、ODNのサーバースペースがもったいないので、
こんなサイトをはじめてみたりする。
 べつに、隠れ家は隠れ家で今まで通り続いていくんですが、
隠れ家といいつつ、隠れてない隠れ家に対して、こっちは秘密基地(爆)
そのうち、全然秘密じゃない秘密基地だと言われるのだろうか(爆)

 すでに、少しずつコンテンツを揃え始めましたが、
一応、スタートは1月23日頃ということで…。
 まあ、ずっとあるアドレスで、前からなんか怪しげな事やってた場所なので、
私がスタートといった日がスタートということで(笑)

 ちなみに、こっちのサイトの方向性はまったく不明。
 とりあえず、当分の間は現在未公開の自作品の掲載やら、未発表の新作をできればこっそり公開したりとか、そんな予定。
 
 自分のやったゲームの感想とか、突発の妄想ストーリーとか、
その手のコンテンツも、誰に読ませる気なのかわからないですが、やってみたいと思ったり…。
 ええ、そんなの見る価値もないかもしれないことぐらい、百も承知(爆)
 まあ、とりあえず…最初の予定はおそらくFFXになるとは思うんですが(^^;

 将来的には、隠れ家から少しずつ自分のコンテンツを削ってこっちに持ってきたりするかも…。

 
 まあ、そんなわけであんまり宣伝はしないと思いますが、見つけた方は今後もよろしく。

 であ


……とりあえず、「こんな事してるから隠れ家の更新が滞るんだ(怒)」と言われないように、
早めに隠れ家も更新しよう…。(大汗)

| Top | History | About | Story's | |Illustration's | Diary| GAME | BBS | chat |