〔top〕 〔comic review〕 〔diary〕 〔words-index〕 〔etc.〕 〔Kanon&ONE〕 〔bbs〕 〔link〕 〔mail〕

<SETTA'S COMIC FANCYCLOPAEDIA・1999年版   

●SETTAが読んだ漫画のデータと簡単な感想、評価をまとめた表です。
 一部の作品はタイトルから飛んだ先により詳しい説明や雑感があります。
(*)評価は[低]D・C・B・A・SA[高]の5段階が基本で客観評価/主観評価となっています。
   値段は購入時の物で現在とは違う場合が有ります。

タイトル/作者/出版社/サイズ/値段
内容紹介
評価
黒鉄 4
 /冬目景/講談社/B6版/505E(税別)
シリーズ第4巻。主人公の迅鉄が狂言回しに徹しているせいか今回は雰囲気がちと違います。小休止?B/B
邪神王ビーストブラック 1
 /極楽院櫻子/角川書店/B6版/520E(税別)
世界の終末の後の世界を支配する帝国と王国の2つの勢力。その均衡を壊せる存在、それはブラックビースト。またの名をククルカン。「世界を滅ぼした邪神のコアを有する少年」ティア・ク・アウィル。マヤの神話をベースにしたSF。1巻はすごくいいんだ、一巻は! しかし2巻は…B/B
辺境警備 1〜6
 /紫堂恭子/小学館/B6/500E(税込)
紫堂恭子の最初期にして最も人気のあるであろう作品。角川から新装版も出てます。指輪物語やベルガリオン、ゲド戦記といった非ヒロイックな古典ファンタジーを上手くアレンジした世界観の中でじんわりと心に責めてくる話が綴られる。伏線の回収の仕方も見事である。A/A
グラン・ローヴァ物語 1〜4
 /紫堂恭子/潮出版/B6/570〜600E(税込)
「辺境警備」より少し前の時代の話。放浪の賢者グラン・ローヴァとケチな詐欺師サイアム、紫堂キャラ中最も人気のヒロイン(ただしヘビ)イリューシアの旅をつづった長い物語。旧・メイルゲーマーのバイブル。A/A
ブルー・インフェリア 1、2
 /紫堂恭子/潮出版/B6/590E(税込)
ほんの少し未来。亜人と呼ばれる毒を持った民に汚染されるのを怖れ、外部と接触を断ち「清浄地」に立てこもって生きる人々。彼らの元に海からの少女マリーンが流れ着き、清浄地はゆっくり世界と関わり出す。未完。A/A
エンジェリック・ゲーム 1〜3
 /紫堂恭子/小学館/B6/500E(税込)
今のところ紫堂恭子唯一の現代劇。闇の兵器商人の娘は優しい父親の仕事をはじめて知ったとき、彼に自らの理想と行動で「天使のゲーム」を仕掛ける。これも未完。角川〜、ファンデラが薄くなったのは許すから、こいつらの完全版な単行本も出してくれぃB/A
目のうろこ〜尻暗い観音ユーラシアひとり旅〜
 /小田空/集英社/A5/980E(税込)
漫画半分・文字半分の旅行エッセイ。インド・中国・ポーランド他で観光と旅行の狭間のような旅を行う姿を変と見るか甘っちょろいとみるか面白いとみるかで評価は異なる。手軽に他国との文化の違いを知ることができる点は良い。B/B
グローリーデイズ
 /ばけこ/みのり書房/A5/690E(込)
今は亡きアニパロコミックスに掲載されていた同氏の作品集。キャプテン翼のパロディ作品が多い。わかつきめぐみ系。C/B
ご近所の博物誌
 /わかつきめぐみ/白泉社/A5変/680E(税込)
舞台はちょっと異世界。ど田舎の少年と植物学者が植物の不思議を巡って織り成すハートフル・ファンタジー(うう、自分で書いときながら恥ずい文句だ)。作者の寺田寅彦好きが垣間見える本でもある。B/A
夏藤さんちは今日もお天気
 /わかつきめぐみ/講談社/A5/780E(税込)
この作品からわかつきめぐみは講談社で発表するようになったようだ。日常系。可もなく不可もなく。かなり枯れてきた感がある(いい意味で)。B/A




【動詞】戻る
k-yuki@pop16.odn.ne.jp
【電子メールアドレス】
誹謗中傷以外の言葉求む