〔top〕 〔comic review〕 〔diary〕 〔words〕 〔GPM〕 〔Tactics/Key〕 〔etc.〕〔bbs〕 〔bbs2〕〔link〕 〔mail〕

近況と雑記:



8/25 きっかけの一つは、僕だから


□さようなら。


□□□□□□□□□□□□[EOF]


 ONE卒業文集という同人誌と、それを起点とする人の繋がり。
 それを作ってしまったきっかけの一つは、僕だから。
 僕は、こういうときに挨拶をしなければならないと思う。

 さ よ う な ら 。 / えいえんは、あるよ。










ONE Graduate
 しかしながら、当初よりONE卒は「場」であって「団体」ではない、と私が言っている通り、ONE卒と呼ばれる集団が存在していたかどうかというのは、甚だ怪しい話であったりもする。
 もちろん、同人誌を作る間、執筆者&編集者は一つのユニットであったし、C.Fさんとくわねさんに編集作業を依頼したときから、豆満江開発機構を中枢とする形での、制作を行い、販売運営を行ってきた「ONE卒Web」が存在するのも、「ONE卒業文集」という同人誌を作るために集まった寄稿者たちが、同人誌が完成し、完売した後も、同人誌の打ち合わせ用のIRCチャンネルを軸になんやかんやいってつるんでいたというのも、同人誌作成・販売というイベント「場」に集まった人たちの中に繋がりが生まれ、実質的にサークル化・団体化していたというのも事実ではある。
#王立宇宙軍を作った後もガイナックスが解散しなかった(できなかった)ようなものか<違います
 だが今となっては、便宜上、ONE卒メンバーなんて呼ばれつるんでいる、この執筆者+α(今や、OFF会に出席するのは+αの方が多いという話もある)で形成された面々にとっては、最早、同人誌「ONE卒業文集」は、場や集団を形成し、拡大する理由ではない(実際、ONE卒IRCチャンネルの常設も廃止を検討されている)。
 同人誌の完成をもって、ユニットとしての寄稿者集団は一度解散し、実態としての「ONE卒作成集団」はなく、ONE卒販売というイベント場を拠り所として集まった団体は一人歩きを始め、実質的には存在していたサークル「ONE卒」も今やONE卒という名が相応しいとはいえない存在となり、入脱退の対象としてのONE卒とは、実在しているかどうかさえ定かではない曖昧な団体なのだ。
 ゆえに、彼のそこからの脱退という事実もまた、存在しているかどうかも疑わしい話であるかもしれないのであった(マテ

 まぁ、KISAさん含め、ONE卒に関わってるひともそうでないひとも、私、サークル参加できたら多分、冬コミ行くんで、そのときはよしなに。




8/29 DC版BSF購入

 と、いうわけで――
 わざわざ休みまでとって備えていたDC版BSF発売日である。
 平日の真昼間、予約していたソフトを引き取りにいき(どうでもいいが、棚に既に品切れと書いてあるのは、俺の分しか入荷しなかったということなのだろうか)、ついでにこまごまとした用事を済ませて帰宅。
 以下、起動よりの雑感。

 セスの声、イメージとちと違う。フランチェスカはいーかも…
 ウィンドウ安っぽいなぁ…フォントも変えよう、明朝体。
 OPは320*240のMPEGかな…
 モーリスの声、しゃべり方…ふむ、これはこれで。
 アラン、悪くなし。
 地の文は声つけないのか。残念。
 …でも()内の心情は読ませると。微妙だが、まぁ、合格<偉そう
 そ、ソリノのこの声は…
 ティ…
 …
 ……
 グラフィックは原画は一緒で塗り方変えているのだな。というか、立ちキャラは塗り方が全然違う。
 PC版のアニメ塗りと違って背景に溶け込んでる。ふむー。
 800*600だったPC版からすると流石にドット荒く感じる部分もあるけど、塗りで軽減されてるかも。
 あ、仕事のシーン…テキスト削られてる? 結構好きだったんだけどなぁ。
 オートモードとかの操作法がよくわからん…マニュアル見て解決。ふむ。結構使いやすいかも。
 音楽は相変わらず良し。内臓音源だからフェードがより自然になってるかも。
 シエナの声、よし。お母さん、て感じがした(マテ
 パレルモ。OK。
 エリチェ、いい感じ。
 レーニエ。このしゃべりは…ぐわ…ピンポイント爆撃。流石だ。やられた。minority spilit 健在か。
 あはは、お風呂場の湯気が増えてる。
 ……

 といった辺りで、三話まで終了。

○で、どうよ
 とりあえず、どこかで聴いた声が次々と聞こえてきたのには予想外で面食らったけれど、基本的にそれなりに巧い人が声をあててくれているようで、演出的にパワーアップ。特にパレルモ・レーニエサイドの魅力が個人的に倍増であり、これで追加話まで読めて2,000円というなら、大満足。しかしおそらく同内容で追加シナリオだけ違うPS2版も買わなくてはいけないことを考えると少々欝だが--;
 ただ、ちと気になった点が一つ。
 もっとも期待していた、地の文までのフルボイスが実現されていなかったのはいいとして、テキストウィンドウの上に追加された、台詞を誰が言ってるかの人名表示用の小ウィンドウの無意味さって、どうよ。
 このウィンドウ、PC版で一部のユーザーに指摘されていた、地の文における三人称と一人称の混在(しかも一人称は視点となる人物がころころ変わる)による、場面転換・視点転換の分かりにくさを軽減・判別させるために設置されたと思っていたのだけれど(私的には判別なら小ウィンドウなくてもいいので、一人称にもボイスつけるという形でやってほしかった(判別だけでなく演出としても綺麗))、その用途では全く使われず、音声が出るため、誰の声なのか容易に判別できる「」()文の表示時にのみ使われている。…これって無駄なのでわ。
 せっかくつけたなら、誰の一人称なのか表示するくらいに使えばいいじゃん。
 なんのために設置されたんだこの窓。
 謎。