CQの出し方・特定局の呼び出し方と応答の例

【はじめに】
 D-STARの運用についての決まりは特にありませんが、CQの出し方や
特定局を呼び出す場合は、アマチュア無線の慣例やレピータを利用する時
のマナー・モラルを意識するようにしましょう。
(基本は「無線局運用規則 第八章」です)
 レピータの連続使用、長時間使用にならないように注意しましょう。
 ・CQを出す時や他局を呼び出す時は、簡潔に行いましょう。
 ・CQを何度も連続して行うのは控えましょう。
 ・QSOは短時間を心がけましょう。広域レピータは特に注意!
 ※20分とか30分とか連続使用が散見されます。他局が使えません!
 ※D-STARレピータは、ゲート越えで他のレピータから接続があります。
 ※広域レピータは、使用局やワッチ局が特に多いレピータです。

参考
 "レピータの利用の交信は簡潔に…手短に…"は こちら (JARL WEB)

CQを出す時や他局を呼び出す時は。
 ・事前によくワッチしてレピータが使用中でないか、他局がゲート越え
  先から呼出中でないかを確かめましょう。(無線局運用規則)
 ・自局が使用しているレピータの名称とゲート越えの場合は接続先の
  レビータの名称をアナウンスしましょう。
  応答する局がどのように設定すれば良いかがわかります。
  (ゲート越え:TOやURにCQCQCQでなく、レビータを設定した場合)
ゲート越えの時は、カーチャンクをして接続先のレピータが使用中か
 どうかを確かめましょう
 また、カーチャンクをすることにより自局の電波のアクセス状態やゲート
 越えの状態も確認できます。
 ※「コールサン指定呼出」の時もどこのレピータに接続されるかがわから
  ないため同様です。
 ・UR?: が表示されれば大丈夫です。(正常状態です)
 ・RPT?: が表示された場合は、接続先レピータが使用中の時がほとんど
  ですが、無線機のMY(自局のコールサイン)設定が違う場合やレピータ
  の不具合でゲート越えをしてない時も表示されます。
 ・RX: が表示された時は、自局の電波がレピータへのアクセス状況が
  悪い場合や無線機のMY(自局のコールサイン)が未設定などが考えられ
  ます。(UR?:RX: は、山かけの時も同様です)

参考:「コールサイン指定呼出」の意味と解説は こちら です。
参考:確認方法の解説(運用のポイント)は こちら(PDF) です。

 ※ゲート越えの時のカーチャンクは、少し間をあけて2回行うことを
  お勧めします。
  接続先のレピータでQSOをしている局の「どうぞ・了解」の間に
  割り込みをしている場合があります。
 ※不要なカーチャンクや頻繁にカーチャンクをするのはやめましょう。
  複数のレピータを順番に、手当たり次第にカーチャンクをしている
  局がありますが、これもやめましょう!
  前述の通り、使用中の局やゲート越えからの局が応答を待っている
  ときがあるので、よくワッチして確認は必須です。

■CQを出す場合
 ・山かけ (ゲート越えをしない時、TOやURが「CQCQCQ」の時)
  呼出例:CQCQCQ こちらは JR1UTI、堂平山レピータ山かけです。
      どなたかQSOをお願いします。どうぞ
  応答例:JR1UTI こちらは JQ1ZGY です。どうぞ
 ・ゲート越え (TOやURが「レピータ」の時)
  呼出例:CQCQCQ こちらは JR1UTI、堂平山レピータから須賀川
      レピータです。須賀川レピータでお聞きの方QSOをお願い
      します。どうぞ
  応答例:JR1UTI こちらは JQ1ZGY、須賀川レピータからです。
      どうぞ
 ・DVゲートウェイ (ターミナルモード・アクセスポイントモード)
  呼出例:CQCQCQ こちらは JR1UTI、ターミナルモード(アクセス
      ポイントモード)から須賀川レピータです。
      須賀川レピータでお聞きの方QSOをお願いします。どうぞ
  応答例:JR1UTI こちらは JQ1ZGY、須賀川レピータからです。
      どうぞ

■特定の局を呼び出す場合(「コールサイン指定呼出」でない場合)
 ・山かけ (ゲート越えをしない時、TOやURが「CQCQCQ」の時)
  呼出例:JQ1ZGY こちらは JR1UTI、堂平山レピータ山かけです。
      お聞きでしたらQSOをお願いします。どうぞ
  応答例:JR1UTI こちらは JQ1ZGY です。どうぞ
 ・ゲート越え (TOやURが「レピータ」の時)
  呼出例:JQ1ZGY こちらは JR1UTI、堂平山レピータから須賀川
      レピータです。お聞きでしたらQSOをお願いします。
      どうぞ
  応答例:JR1UTI こちらは JQ1ZGY、須賀川レピータからです。
      どうぞ
 ・DVゲートウェイ (ターミナルモード・アクセスポイントモード)
  呼出例:JQ1ZGY  こちらは JR1UTI、ターミナルモード(アクセス
      ポイントモード)から須賀川レピータです。
      お聞きでしたらQSOをお願いします。どうぞ
  応答例:JR1UTI こちらは JQ1ZGY、須賀川レピータからです。
      どうぞ

■特定の局を呼び出す場合(「コールサイン指定呼出」の場合)
 ・TOやURに呼び出したい局のコールサインを設定して呼び出しをする
  場合です。この方法を「コールサン指定呼出」といいます。
 ・「コールサン指定呼出」の時は呼び出す相手局が最後にアクセスした
  レピータにつながります。山かけかゲート越えになるかはわからない
  ため「山かけ」とか「ゲート越え」とかのアナウンスはしません。
  呼び出す相手局が最後にアクセスしたレピータが自局がアクセスして
  いるレピータの場合は、ゲート越えにならず山かけになります。

  ※相手局が自局と同じレピータを使用している場合(山かけ)でも、
   TOやURの設定は相手局のコールサインを設定したままでQSOを
   しても問題ありません。

  呼出例:JQ1ZGY こちらは JR1UTI、堂平山レピータからコール
      サイン指定です。お聞きでしたらQSOをお願いします。
      どうぞ
  呼出例:JQ1ZGY  こちらは JR1UTI、ターミナルモード(アクセス
      ポイントモード)からコールサイン指定です。お聞きでしたら
      QSOをお願いします。      どうぞ
  応答例呼出局と違うレピータ(ゲート越え)で応答)
     :JR1UTI こちらは JQ1ZGY、須賀川レピータからです。
      どうぞ
      ※ターミナルモード(アクセスポイントモード)からの呼出局に
       応答する場合も同じです。
  応答例呼出局と同じレピータ(山かけ)で応答)
     :JR1UTI こちらは JQ1ZGY、堂平山レピータ山かけです。
      どうぞ

 ※間違った?呼び出し方 (単なる、ことばの使い方だけですが)
 ・JQ1ZGY こちらは JR1UTI、堂平山レピータから須賀川レピータ
  コールサイン指定です。
 ・JQ1ZGY こちらは JR1UTI、堂平山レピータから須賀川レピータ
  ゲート越え、コールサイン指定です。
 ・JQ1ZGY こちらは JR1UTI、堂平山レピータ、山かけコールサイン指定
  です。
 ・CQCQCQ こちらは JR1UTI、堂平山レピータから須賀川レピータ、
  JQ1ZGY コールサイン指定です。
 ・CQCQCQ こちらは JR1UTI、堂平山レピータ、山かけJQ1ZGY コール
  サイン指定です。

 何がおかしいか、わかりますか?

 ※不要では?
 ・最初の「○○レピータお借りします。」
 ・最後の「○○レピータ各局、ありがとうございました。」
 閑話休題