「コールサイン指定呼出」とは

■呼び出す場合
 特定の相手局を呼び出したい時に相手局がどこのレピータをワッチしている
 かわからない場合に、呼び出したい局のコールサインをTOやURに設定して
 呼び出す方法D-STR用語で「コールサイン指定呼出」といいます。
 ※シンプレックス通信の特定局呼び出し「JR1xxx局お聞きですか?」とは
  D-STARでは意味が違います。

呼び出す局のコールサインを無線機の「TOやUR」に設定しないで
特定局を呼び出す方法は「コールサイン指定呼出」とはいいません。

 この方法は、相手局が最後にアクセスした(電波を出した)レピータに自動的
 接続されます。相手局が自局が使用しているレピータと同じレピータの場合は
 ゲート越えでなく「山かけ」になります。
 よって、相手局が最後にアクセスしたレピータではないレピータをワッチして
 いる場合は、相手局は呼び出されたことがわかりません。(聞こえません)
 また、相手局がコールサインに識別(JR1UTI Aなど)を付けている時は識別も
 設定する必要があります。
 ※JR1UTI Aの"A"が識別です。

 なお、呼び出したい相手局が自局がアクセスしているレピータと同じレピータ
 をワッチしているかどうかわからない場合や、どのレピータをワッチしている
 かがわからない場合に、無線機のTOやURに「CQCQCQ」や接続先レピータを
 設定して呼び出す場合は「コールサイン指定呼出」とはいいません。

 呼び出し方の例 (TOに JR1xxx を設定して呼び出し)
 ・JR1xxx、こちらはJR1UTI、堂平山レピータからコールサイン指定です。

 ※間違った?呼び出し方 (単なる、ことばの使い方だけですが)
 ・JR1xxx、こちらはJR1UTI、堂平山レピータから 川越レピータ
  ゲート越え、コールサイン指定です。
 ・JR1xxx、こちらはJR1UTI、堂平山レピータ、山かけ
  コールサイン指定です。
 何がおかしいか、わかりますか?

■応答する場合
 自局に対する呼び出しやCQを出している局に応答する場合は、無線機の
 「RX-CS」機能を利用すると簡単に応答することができます。
 この方法で応答する場合も、TOやURに相手局のコールサインが設定されます
 ので「コールサイン指定呼出の設定になります。
 ※ただし、応答したい相手局が自局がワッチしているレピータと同じ場合は
  「RX-CS」機能を使用する必要はなく、TOやURが「CQCQCQ」になって
  いればそのまま応答すればOKです。
  この場合は「コールサイン指定呼出」ではなく「山かけ」通信になります。

重要:コールサイン指定呼出やゲート越え通信でQSOが終わったら、TOやURを
   「CQCQCQ」に戻しておきましょう!
   不要なゲート越えをしないように、受信時はTOやURを必ず「CQCQCQ」
   にしておきましょう!

DVゲートウェイ機能(ターミナルモード・アクセスポイントモード)の
 場合も同様です。

 閑話休題
参考:
・CQの出し方・特定局の呼び出し方と応答の例は こちら です。
・RX-CS操作方法は こちら(PDF) です。