ファームウェア アップデート情報


■ID-31,ID-31PLUS, ID-51,ID-51PLUS,ID-51PLUS2 の共通情報
 クローニング(DATA通信)ケーブル(OPC-1529)とスピーカーマイク
  プラグを少し加工すると他機種のオプションでも使えます。
  加工方法は こちら(PDF) です。

 市販のおすすめイヤホン
  イヤホンのみ使用する時のおすすめは こちら です。
 

■ID-51PLUS (50周年記念バージョンを含みます)
 ID-51PLUSのファームウェアUP情報
(ICOM HOME PAGEのサポート情報からダウンロードできます)

 2015/06/09 Release J1
  ファーストデータのDSP処理を最適化

 OPC-2218LUでユーザーでのファームアップが可能です。
 OPC-1529(加工)+USB変換でもできました。こちら(PDF)
 
 

■ID-31,ID-51
 送信音質の改善
  内蔵マイクを使用する場合は、高音を「強調」に設定をお奨めします。
   MENU DV設定 トーンコントロール 送信音質(高音)
  ※送信音質の「コモリ」が少し改善されます。

 送信変調レベル(2012/05/04記載)
  内蔵マイクを使用した場合、変調が浅めで受信時の音声が小さく聞こえ
  ます。マイクゲインを初期値の「3」から「4」に変更をお奨めします。
  但し、FMの時は少々深めです。
   MENU 機能設定 マイクゲイン(内部)

 ID-31のファームウェアUP情報
(ICOM HOME PAGEのサポート情報からダウンロードできます)

 2012/03/29 DSP.Ver 1.04
  ボイスメモリー機能で再度録音時の不具合修正

 2012/02/07 DSP.Ver 1.03
  DV時の音質改善と信号強度が弱くなった時の了解度向上

  Ver 1.03をファームUPした感想です。
  ※送信音質は、モニターした感じでは少しですが改善です。
   ・送信音質(高音)は「強調」設定がいいと思います。
   ・外部マイク使用時の送信音質は、問題ありません。
   ・音質ですので、個人差があります。念のため。
  ※了解度向上は、ケロケロからサーッが少なくなった感じで、
   「ギリギリまで耐えている」という使用感です。

 OPC-2218LUでユーザーでのファームアップが可能です。
 OPC-1529(加工)+USB変換でもできました。こちら(PDF)
 
 

■ID-4100
 ID-4100のファームウェアがUPになりました。
(ICOM HOME PAGEのサポート情報からダウンロードできます)

 2017/04/07 Version 1.01
  RS-MS1I(iOS用コントロールソフト)に対応
  ・RS-MS1Iについては こちら です。
  ・取扱説明書は こちら です。
 
 

■ID-5100
 2014/03/30掲載(2014/03/23の再掲)
 ID-5100購入時のプリインストールメモリーのFMレピータのトーン
 周波数が違っているレピータがあったためデータを修正してUPしました。
 ダウンロードはこちらから→

 ID-5100のファームウェアがUPになりました。
(ICOM HOME PAGEのサポート情報からダウンロードできます)

 2015/05/22 Release J3
  メモリー、オートディマー、Bluetoothマイクなど、他多数
  取扱説明書の差分は こちら です。

 2015/05/22 CS-5100 R1.20 (クローニングソフト)
 【注意】新しい機能を使用する場合は、ファームウェアの
     UP(Release J3)が必要です。


 2014/10/30 Release J2
  DVファーストデータ通信、外部GPS接続対応、他
  取扱説明書の差分は こちら です。

 2014/10/30 CS-5100 R1.10 (クローニングソフト)
 【注意】Revision 1.10で作成した新形式のicfファイルは、
     Revision 1.00では読み込めません。


 2014/07/09 Release J1
  画像伝送、シングルワッチ時の受信,DPRSなどの不具合修正

 ※OPC-2218LU又はOPC-1529を使用して、ユーザーでの
  ファームアップが可能です。
 
 

■IC-7100
 IC-7100のファームウェアがUPになりました。
(ICOM HOME PAGEのサポート情報からダウンロードできます)

 2016/01/15 Release J5
  パワーメーター表示の視認性を改善
  スピーチコンプレッサー機能の動作を改善

 2015/05/21 Release J4
  アンテナコントローラー、CI-Vコマンド当の追加、他
  取扱説明書の差分は こちら です。

 2014/03/03 Release J3
  受信音の品位改善

 2014/01/14 Release J2
  DTMF送信信号のレベル補正

 2013/10/30 Release J1
  GPS受信機(市販品)接続時のGPS時刻補正機能を改善

 ※付属のA-miniBタイプのUSBケーブル(クローニング用)で、
  ユーザーでのファームアップが可能です。
 
 

■IC-9100
 IC-9100のファームウェアがUPになりました。
(ICOM HOME PAGEのサポート情報からダウンロードできます)

 2015/01/27 Release J3
  DTCS送信信号の変調波形を補正
  (受信側で聞こえる不要な音が低減します。) 

 2013/08/01 Release J2
  1.FMモードで受信時にバンドを切り替えると発生する
   受信音の   不具合修正
  2.9600bpsモード受信時のDTCSデコードとトーンスケルチ
   の不具合修正
  3.受信時にモードを変更するとSメーターが誤表示を起こす
   不具合修正
  対象のシリアル
   IC-9100 : S/N 01001001 〜 S/N 01001876まで
   IC-9100M: S/N 10001001 〜 S/N 10001400まで

 2012/03/11 Release J1
  1.デジタルIFフィルター切り替え動作時の不具合修正
   ・運用モードを切り替えたとき、意図せずデジタル
    IFフィルターが切り替わる不具合の修正
  2.DVモード運用において、送受信切り替え時の不具合修

 ※市販のA-BタイプのUSBケーブル(クローニング用)で、
  ユーザーでのファームアップが可能です。
 
 

■IC-9700
 IC-9700のファームウェアがUPになりました。
(ICOM HOME PAGEのサポート情報からダウンロードできます)

 2019/06/14 Version 1.11
  ・マルチファンクションダイヤルの操作でフリーズすること
   がある不具合を解消

 2019/06/07 Version 1.10
 注意:ファームアップをすると設定がリセットされます。
    設定をセーブしてから実施してください。
    ファームアップ後にセーブしたデータをロードして
    ください。
    ※ファームアップ後にPCで設定する場合は、
     クローニングソフト(CS-9700)もバージョン
     アップしてください。
       (CS-9700 Version 1.10)
  今回の主な変更点
  ・DVゲートウェイ機能にUDPホールパンチ機能を追加
  ・基準周波数調整機能に外部同期を追加
  ・ホームCHビープ機能を追加
  ・デジタルTWIN PBTの状態表示を追加
  ・[SCAN]キーの動作を変更
  ・設定を旧ファームウェアバージョン形式で保存する機能を
   追加
  ・CI-Vコマンド25とコマンド26の不具合を解消
  ・その他軽微な修正

 2019/04/19 Version 1.06
  ・基準周波数自動調整機能の精度を改善
  ・DR画面表示の不具合を修正
  ・DVモードでIFフィルター切り替え時に発生する受信音の
   途切れを解消
  ・その他軽微な修正

 2019/03/29 Version 1.05
  ・起動時間の短縮
  ・送信/受信コールサイン表示の動作を改善
  ・DR機能使用時の画面レイアウトを改善
  ・自局コールサインの設定が希に送信に反映されない
   不具合を修正
  ・DVモードの送信モニター音を改善

 2019/03/08 Version 1.03
  ・後日公開のIC-9700対応版RS-MS1Aへの対応
  ・弱信号時のAGC特性を改善
  ・受信音が出なくなることがある不具合を修正
  ・DVモードでPTTをはなしても受信に戻らないことがある
   不具合を修正
  ・スタンバイビープ「自局宛て:アラーム/高音」の音を修正
  ・DVモードでの「送信コールサイン表示」が、周波数や
   チャンネルの操作でクリアされるように修正
  ・メモリーモードでマルチファンクションダイヤルを
  「M-CH」に設定した状態で電源を入れ直すと、「kHz」が
   設定されてしまう不具合を修正
  ・CI-V DUP ON/OFFコマンド (コマンド:0F)がSUBバンド
   でも動作するように変更
  ・SUBバンドでもオートレピータ機能が動作するように修正
  ・送信用バンドでの送信で受信用バンドのスペクトラムス
   コープのマックスホールドがクリアされないように修正
  ・その他、軽微な変更

 2019/02/08 Version 1.02
  ・FMモードでの送信モニター音の品位を改善
  ・スペクトラムスコープの品位を改善
  ・電源ON時に外部プリアンプ設定が意図せずOFFされる
   動作を解消
  ・AMモード受信中の異常動作を解消
  ・DDモード通信の安定性を向上
  ・その他、軽微な変更
 
 

Copyright(C) 2009- JR1UTI