3月28日あらぁ・・・
    いつの間にか発売することになってたんですねぇ、「WIPEOUT PURE」なんてのが。
    なんか情報収集って全くしなくなっちゃったなぁ、と実感。
    PSPは結局のところリッジ専用機になってて、リッジの出来が悪いわけじゃないけど出来ることも無くなってきたし良い加減別のタイトルを……と思ってたところなので、もしかしたら買うかも。
    「またしてもレースゲーム」だとか「腕に覚えの無いジャンルと分かってる」とか、プレイヤー側に問題がある気がしますが、あの独特の操作感は好きだったのでちょっと楽しみ。
    そう言えばゆみなさんの旦那さんがこのシリーズ好きだったんだっけ。今回のはチェックしてますか〜?

    PacPixが11-5で詰まった(=w=;)未熟…
    攻略のポイントは分かってる。「落ち着け、俺」。

    前回の日記を更新後に見返したらなんか不自然な気がしたので、インデントだけ変更。

3月24日久々の客ネタ。
    午後2時半過ぎだったか、60代後半と思われる女性。東芝のTV用リモコンを持ってきた。

      「リモコンが効かなくなっちゃってねぇ。電池切れたかと思って入れ替えたんだけど駄目なのよぉ」
    まぁ電池が入ってると知ってるだけマシです。調べて『電池切れですねぇ』と言ったら「あらやだ電池が入ってたの?」などと驚かれたこともありますから。
    電池蓋を何気なく開ける。2本の単3電池が同じ方向で入ってる。
    あぁ、一本方向違ってますねぇ。壊れてないか調べますね。
    リモコンチェッカーで調べる。異常なし。

      大丈夫ですよ。壊れてないから。
      「でもね、最近テレビのリモコン効かなくなって本体の方に電源のボタンとかあるでしょ、アレで操作してたんだけど、夜消して寝てるのに朝になると付いてる事があるのよ」

    勝手に電源が入るなんて故障は聞いたことがありませんが。まぁ、ホントなら変な話ですな。

      そう言う症状の故障は聞いたこと無いですねぇ。ならお電話で結構ですからお名前とご住所とテレビの型番連絡いただけますか?メーカーに修理の依頼出しておきますから。
      「あのね、そう言うんじゃなくて誰かが入ってきて悪戯してるんじゃないかと思うのよ」
      _, ._
    ( ゜ Д゜)
    妄想だとしても本当だとしてもツッコミ入れたくなった。どっちの場合でも電気屋の仕事じゃないっての。
    そう言うことは警察に…と言っては見たがこの女性には、兄貴だったか弟が覚醒剤で捕まったことのある警察官だとかで、本人は地元の警察官に脅迫されてるとか盗聴されてるとかって話を30分以上聞かされたことがあって、警察への苦情を電気屋(=ウチの店)に訴えてきた事が以前にもあったのだった。今回も電気屋に訴えても解決しない話を20分ほど聞かされる。

      「そいつらあたしに向かってお前は変だとか言うのよ。昔働いてたトコなんかじゃ言われたこと無いのに」
    本人に向かって「お前は変だ」と言えるのは、冗談で言ってることが分かってもらえる場合か、本当にその人が変な場合ぐらいだと思います。逆に冗談としか受け取ってくれないであろう場合や、言ったらどんな反応をするか怖くていえない場合は本気で変だと思っても言わないでしょう。昔の職場の人がどう思ってたのかは知りませんが、日常的に不法侵入を許していたり、電気屋の従業員に解決策を求める辺り十二分に変なババァだと思います。

    殆ど営業妨害に等しい行為に腹が立ったのでネタに使って憂さ晴らし。

3月23日え!?
    10個も積めば手が届かなくなるだろうし、そもそも5・6個で倒れるんじゃない?と思った。
    何かの間違いじゃないかなぁ。

    こういう話題はずいぶん前から気にしていたのですが、先日新聞でも似たような話題の記事を見つけ、ようやく議論になり始めたなぁ、と言う感じ。
    とは言え、今の時点では各々の立場からの主張を繰り返すばかりで結論はおろか方向性すら何も言えないに等しいんじゃないかと思う。とにかく材料が不足している。
    ここで言う「材料」とは、資料統計の類だけではない。十分にあると言えるのはサンプルを取るための材料たるゲームだけなのだ。そしてゲームが与える影響について分かっているのは以下の一点だけ、と言って良い。
    「ゲームのやり過ぎは良くない」

    ずいぶん前から、「名作ゲームの条件」とは何だと思うか、という問いかけをしてきた。その中で、名作ゲームに必要条件はあるか、と言う質問を用意した。「価値観は人によって違う。だから『無い』」とした人もいれば、「『面白いゲーム』が名作ゲームだ」とする人もいた。実はあのテキストを書いた時点で僕は、もう少し違う考えを予想に含めていた(が、そういう方向からの意見はまだ来たことが無い)。
    違う考えとは簡単に言うと「名作ゲームとは面白いゲームではなく良いゲームのことだ」と言う基準だ。良いゲームとは何か、と言うことについてここで考えを述べるつもりは無いし、どちらも観論なんだが、ニュアンスの違いは感じられると思う。少なくとも個々のタイトルについて科学的・理論的にゲームの評価を誤解無く行うことは不可能だと思っている。
    統計的な評価は現実的には期待できない。たくさん売れたタイトルが有利になる可能性が高いからだ。
    BG3だってR:REだって、SCEがGT4有料体験版を同時期に発売しなければもう少し違った評価になった可能性があるのだ。発売日や同時期発売の競合タイトルに評価が左右されるような名作ゲームなどあるものか。

    ……ちょっと話がズレかけたが、有害/無害論についてはプレイヤーに影響を与えないゲームは存在しない、と言う当たり前の部分を再確認するべきだと思う。害鳥にも益鳥にもなるスズメと同じで、評価するわれわれの立場によって振り回されてるだけなのだ。

    少なくともテレビゲーム全体を有害とする人たちと、良いテレビゲームもあるとする人たちの間にマトモな結論が出せるとは思えず。遠くから眺めてるだけの人には近づいてもっとよく見てもらい、目の前にあるのが当然と思うのなら一歩下がって周りを見る。両者が同じ距離に立って初めて議論になるんじゃないかと思う。


    どっかの首相みたいに結論を投げ出して終わる。

3月14日回収!
    PAC-PIX」回収。早速プレイ。
    一部で面白いとうわさの「メテオス」も購入を考えたが、ちょっと気になることがあったので今回は見送り。メテオスがどうのこうの、ではなくてPAC-PIXがどうのこうの、と言うことでもない。むしろ「キャッチ!タッチ!ヨッシー!」も含めて考えたときに出てきたこと。
    まだ詳しくは書かないけど、面白い/面白くないとか言う意味ではないです。

    YsもPS2版発売になってましたね。あの価格&このタイミングでなかったら買ってたかも。祖父地図でプロモ映像見てたら、「IV」のサブタイトルが「Mask of the Sun」になってた。「SFC版が一番原作に近い」って意見を聞いたことがあるんだが、そういわれる理由はこの辺にあるんだろうな、と。
    資料になりそうなものを捨てちゃったんで確認は出来ないけど、ハドソンが言い出さなかったら Mask of the Sun も The dawn of Ys も無かったんじゃないかな…と思う。
    過去のYsを知らない人のために一言書いておくと、IVは「原作」はあっても「オリジナル」は存在しないちょっと変わったゲームだって事。ここから先は自分で調べてちょーだい。

    さ、また空へ。

3月12日すごいすごい!

3月10日ああっもう!
    何で八王子で21:30まで仕事してるのに21:00閉店の新宿の店で予約するかなぁ>自分
     ※予約ポイント獲得のため(爆)
    回収は例によって月曜日か…(涙)

    全然関係ないけどカラダは資本と実感。お疲れ様>S氏
    メールアドレスも聞いてなかったなぁ。ここ見つけたらメールでも下さいな。

3月7日何故!?
    先日のデジカメは無事発見。詳しくは書きませんが探した本人の思いもよらなかったところに、とだけ。

    エースコンバット5を唐突に再開。だって、全機体登場させてなかったんだもん。
    とりあえず隠し機体を一つ。コイツで画面上に出てこない遥か上空の某機を墜とせるとどこかで見たので調べていたら、最終ステージの衛星が少し変わった方法で破壊できるとの事。実践してみる。
    画面をキャプチャできる環境がないので苦肉の策としてデジカメの証拠写真。ノイズ入りまくって汚いですが、ご容赦を。
    SOLGの後方にある穴に侵入。
    こんなにドキドキしたのは本当に久しぶり。もうこんな事二度とやるもんか。心臓に悪い。

3月3日言の葉。
    「真逆」をなんと読むかという話
    湯桶読み/重箱読みという言葉をこの話題がきっかけで知ることに。そんな事はともかく。
    「湯桶」は言葉自体使わないので実感が無いけど、「真逆」を「マギャク」と読むことには私も強い違和感を感じてます。
    言葉の使い方/使われ方の変化と言うのは、良し悪しはともかく常に起きてるものなのかもしれないが、それにしても最近の変化はどうも気持ち悪い。たとえば敬語一つ取ったって、表現を無駄に重ねすぎた使い方も時折見かける。年寄り染みた言い方になるのは癪だが、敬語に関しては日本語を正しく操れていないと思う自分の目から見ても自分以下の世代は酷いと思うことが多い。
    敬語を使うってのは、対象に対しての敬意があって初めて敬語になると思ってるんだけど、敬語モドキを使ってる連中の言葉からはそう言うのは感じ取れないことが多い。
    文科省の文化審議会国語分科会で、敬語表現の指針をまとめたり尊敬語/謙譲語/丁寧語の分類見直しや名称変更も検討するとか。でも、その話題の新聞記事をみて気になったのは、「人間関係を的確に把握して」「ふさわしい表現を選ぶ」ことが敬語の難しさだ、という点。前者を満たして初めて後者のステップに移れるわけだけど、人間関係を的確に把握しようと言う意識が無い/少ないことが敬語の誤った使い方に現れているんじゃないかと思います。国語の範疇の問題じゃないと思いますが。

    書き言葉と話し言葉の差がなくなってきたとか、入力の煩雑な携帯電話のメールが普及して文章が短くなり、長い文章を作ることが出来なくなっているとか、日本語の変化の要因はあちこちにありますが、「真逆」の件に関しては「直に触る」と同類の問題だと思います。
    この前もどっかのTVでアナウンサーが思いっきり「チョクに」とか言って思わず吹いた。


    閑話休題。
    生扉(謎)堀江社長を指して「金さえあればなんでもできるというのは教育の成果なのか」と疑問を呈された方がいらっしゃったようですが、その疑問を投げかけた方の実績ではないかと。渦中の人が小学生の頃(昭和58年〜)に文部大臣やってますし、教育行政に影響力ある人だからその時限りって訳でもないでしょうに。

    閑話休題・2。
    ……オイラノデジカメドコイッタ。

3月2日一昨日の話・・・。
    新宿祖父地図へ、予約してあったゲームの回収に向かう。
    購入から3ヶ月ほどになろうとしているPSPに未だリッジレーサーズが入ったままなのも寂しいと物色。どうもコレ!と思えるものがない。
    不意に頭の中に懐かしいメロディが響く。そういえば前の日にCMやってたみたい。あのフレーズとタイトルが聞こえただけなんだけど。なんてタイトルだっけ。

    ……「PAC-PIX」予約。
    ※ちなみにどんなゲームなのかは家に帰って初めて知った<マテ

    本当に何も知らずに購入を決めたのはずいぶん久しぶりのような気がする。キャッチ!タッチ!ヨッシー!も事前にメーカーサイトで確認するぐらいはしていたからね。購入決定前の情報量は「タイトル」「発売日」と「パックマンを描いてどうにかするらしい」と言うだけ。ほぼ最低。
    ちなみにキャッチ!タッチ!ヨッシー!は電車内でしかプレイしてないので上達してる実感薄。
    手元に本体がないので現在のスコアとかは別の機会に。見た目とは裏腹の忙しいストイックなゲームと言う印象。

    そういえば祖父地図では予約ポイントのスタンプカードが変更。前のスタンプは年末にちょうど10ptたまっていたが、今回は絵柄を見てスルー決定。次のタイミングを待つ。
    回収のとき、レジの係員の説明。「スタンプカードが新しくなりまして……有効期間は最初のスタンプの押印から1年間となっております」10ptでテレカと交換、と言うところは変わらないが、1年で10個も予約して買うのか?<俺
    ……等と思ったんだが、今回回収した伊豆オフ雨後(2)、予約済みの(3)マビノ×スタイル、タイトルしか知らないのに予約したPAC-PIXで4個まで確定。4月末までに4個か。逝けそうだな(笑)