沖縄写真ギャラリー
沖縄写真ギャラリー

このホームページに掲載されている写真は「無断転用禁止」です。このページ内でお楽しみください。
ご興味のある写真がありましたら、管理人までご一報ください。

1/31up 去年沖縄に帰省したときの写真です。(東京在住の管理人)
8/24 美ら海(ちゅらうみ)水族館のジンベイザメ 8/24 美ら海(ちゅらうみ)水族館のジンベイザメ 食事中です。 8/26 琉球村 サトウキビを搾って黒砂糖を作ります。水牛大活躍 8/26 琉球村のヤギ
8/26 琉球村のシーサー1 8/26 琉球村のシーサー2 8/26 琉球村のシーサー3 8/26 とあるレストランの猫
2/1up 菊の電照栽培(TAKAさんより)
この時期、本土出荷用に菊の電照栽培が盛ん。
3時過ぎまで照らされた菊畑が暗闇に浮かぶ。
1/22 今帰仁村(なきじんそん)にて 2時33分 1/22 今帰仁村(なきじんそん)にて 3時14分

ページのトップに戻る

ホームに戻る

2/14up 名護市街の全景  (TAKAさんより)
2/3撮影 銭ケ森(じんがむい)より 2/3撮影 真ん中あたりに見える円柱はオリオンビール工場
2/15up 轟の滝(とどろきのたき)
名護の名所のひとつ。
小さいながら、神秘的な雰囲気を漂わせています。妖精キジムナーでもでてきそう。
2/15up 銭ヶ森(じんがむい)の光文字
1/9成人式の日に点灯された光文字。毎年東江(あがりえ)中学卒業の新成人が作成。今年はなくなった同級生の名前から1文字取り、見る人が素直な気持ちになるようにとの思いを込めて、作成したとのこと。
2/28up 寒緋桜(かんひざくら) 名護城(なんぐすく)にて
名護市では毎年1月末に名護城を中心に「桜祭り」が開催されます。主役の桜はまだ咲き始めたばかりですが、出店やパレードなどでたいへんにぎわいます。
名護城は14世紀初頭に建てられたお城の跡です。建物はもうありませんが、公園として名護市民の憩いの場となっています。よく部活で走りました。
2/8撮影 桜の名所名護城(なんぐすく) まだ3分咲き程度です。 2/14撮影 名護城 見ごろです。
2/28up 寒緋桜(かんひざくら) 自宅
寒緋桜(かんひざくら)は別名ヒカンザクラともいい、沖縄では1月から2月にかけて咲きます。
ソメイヨシノよりも小ぶりな木で、花は濃いピンク。ぱっと咲いてぱっと散るソメイヨシノに比べて、花の見ごろは2週間くらい続きます。
名護を代表する花のひとつで、校歌やロゴに使われたり、「名桜大学」のように名前にも使われたりしています。
2/8撮影 オーナー自宅の桜です。
沖縄名護のお食事処 パーラーわかば  〒905-0015 沖縄県名護市大南2-9-13 0980-54-5438
4/4up 3/26(土)・27(日)名護市勝山にて「勝山シークヮーサー花香り祭」開催。
      「勝山シークヮーサー」さんのサイトにもたくさん写真が載ってます。ぜひご覧下さい。
屋部(やぶ)若獅子太鼓の皆さんのエイサー 美しい琉舞 琉舞で新人賞受賞。シークヮーサー農家の照屋さん
安和小学校3年生による踊り『てぃんさぐの花』 玉城京子道場の生徒による空手の演武 セントラル愛知交響楽団による管楽器五重奏
山羊も参加しました。子山羊は生後1ヶ月。
4/18up 古宇利大橋(こうりおおはし)。古宇利島(こうりじま)に橋がかかりました。
2005年2月8日 今帰仁村(
なきじんそん)古宇利島と名護市屋我地島(やがじじま)を結ぶ古宇利大橋が開通。通行料無料の一般道としては国内最長とのこと。長さは約2km。
4/3撮影 古宇利島 4/3撮影 今帰仁村運天港(うんてんこう)から大橋を望む。前はここから古宇利島へのフェリーがでていました。

バックナンバー 1

ギャラリーのトップに戻る