患者さんの勇気づけとなればと投稿頂いた体験談の一部です

 

肺ガン

「余命7ヶ月」の肺ガンと脳への転移ガンが消えた。  大野文彦 57歳(奈良県)  

咳が止まらなくなり、あまりにひどいので最寄りの総合病院で検査することにしました。

病院ではX線・血液検査・CTスキャン・MRI検査など受けました。

これは何か大変なことに・・数日後、末期の肺ガンで脳にも転移が認められ、手術不能の余命7〜8ヶ月と宣告を受けました。

 一応治療としては抗ガン剤治療と脳腫瘍には放射線治療が4ヶ月にわたり続けられましたが、好転は見られず、何とかお粥は食べられるものの自分では歩くことができず話すことも出来なくなりました。

 病院側はこれ以上の治療もむずかしいと判断し、「自宅にて療養でも」と・・・。

医者に見放され、後は死を待つだけかなと覚悟を決めていましたが、そんな折り、新聞に「ガンに効く」kn-5鹿角霊芝という抗ガンキノコのチラシを長男が見つけ、私も家族もワラをもすがる思いで試すことにしました。

 一週間も過ぎた頃、血痰が少なくなり、呼吸も少し楽になるという効き目を感じたため、飲む量を増やすことにしました。

 鹿角霊芝を飲み始めて約2ヶ月を過ぎる頃には普通の食事が取れるようになり、歩くことも話をすることも出来るようになりました。

 すでに余命宣告時期を過ぎた後、最近、大学病院で検査をした結果、肺のガンは勿論、影すらなくなり、6つあった脳腫瘍も2つに減り、その2つとも0.5p以下と小さくなっていました。

 半年足らずでここまでの結果が得られたのは鹿角霊芝が奇跡を起こしたとしか考えられません。

もう二度とガンにならないように自己免疫力を高めるため鹿角霊芝を飲み続けています。

 

肺ガン

肺ガンで余命半年から1年がkn-5鹿角霊芝で完治し退院!山村三枝子72歳(大阪府)

 母が時折胸が苦しいとか変な咳をしたりし始め、季節も2月、インフルエンザにでもなったのかと心配になり、最寄りの総合病院で検査を受けました。

 レントゲン検査の結果「肺ガン末期」と診断され、急遽 大阪市内の都島総合医療センタ−に入院、再度精密検査を受けた結果、やはり「肺ガン末期」といわれ、しかも余命半年〜1年と宣告を受けました。

 何とか母を助けて欲しいと医師に相談した所、説明によると年齢的に治療は難しいと言われ、抗ガン剤、放射線治療は一応してみるが、死期を早めてしまう結果となるかもしれないと治る見込みがほとんど無いような言われ方をしました。

 あきらめるにしろ家族として、息子として出来る限りのことはしてやりたいと代替医療をされている医師に相談し、そこで紹介されたのがkn-5鹿角霊芝でした。

週1回の抗ガン剤治療に加え、1日2単位の放射線治療を1ヶ月受け、同時に鹿角霊芝も併用して飲用しました。

 変化と言えば同時期に入院された人に比べ、母はガンの痛みもなく、抗ガン剤や放射線治療の副作用も軽く、とても元気でした。

身体も元気なせいかみるみるよくなり、ガンも小さくなり始めました。

過去に抗ガン剤や放射線治療でこれほどの短期間の内に改善された例がほとんど無いそうです。

 また、5月〜6月には週に1度自宅に戻れるようになり、私は母の元気な姿を見て始めて鹿角霊芝が本当に効いているのかもしれないと思うようになりました。

 医師の診断によるとガン巣が三分の一に縮小、今なら手術可能、手術をしないなら抗ガン剤治療を根気よく続けてみる・・と話がありました。

母も高齢だし良い方向へ向かっているので、手術をしないでとりあえず様子を見たいと医師に告げました。

その結果、時折検査はあるものの9月に無事退院の運びとなりました。

振り返って考えると、母がここまでこられたのも鹿角霊芝 以外考えられません。

一時は家族一同諦めていましたが、元気で退院でき、家族の元に返ってこられたのも、kn-5鹿角霊芝と、紹介して下さった医師のおかげと家族一同感謝しております。

その後母は旅行仲間と全国の温泉巡りをしており、現在も鹿角霊芝を飲用しています。

 

肺ガン

kn-5鹿角霊芝を飲用してわずか1ヶ月で4センチあったガンが3センチに縮小。 平山 (大阪府泉南郡)

 今日父が肺のレントゲンの検査を受けました。

私も本人も驚いたのですが、抗がん剤を始めてまだ一ヶ月だというのに4センチあった肺のガンが3センチになっていました。

抗がん剤だけでこれだけの効果がでることは珍しいと医者も言っていました。

やはり鹿角霊芝をかかさず飲用している効果が出てきていると確信してよいのでしょうか?

kn-5鹿角霊芝をはじめてまだ二ヶ月たっていないのですが、やはり鹿角霊芝の効果としか考えられません。

 

肺線ガン

肺線ガンがkn-5鹿角霊芝で完治!しかもリンパと肝臓の転移したがんも...

長崎県 有田康男 70歳

 

 風邪かな?と思うような咳が出るようになって、なかなか治まらないので近くの病院へ行って念のためレントゲン検査を受けました。

 結果、肺の上部に陰があるようなのでCTがある大きな病院で再検査したところ、肺線ガンと言われました。

 それがかなり進行していて転移もある確率が高いので取りあえず手術は止めて抗がん剤(タキソール)と放射線治療をする事になりました。

 

 抗ガン剤の治療を何週かした後、しばらくして放射線療法をやりました。

すると抗ガン剤のせいか放射線のせいなのか肺に水が溜まり始めました。

 

 色々と治療した後、現在の状況では治療が難しく、取りあえず肺に溜まった水を抜くだけの治療となり、心配した家族がkn-5鹿角霊芝をインタ−ネットで見付け飲用する事にしました。

 

 飲用し始めて2ヶ月くらいで肺に水が溜まらなくなりました。

これには医者も驚いていました。

 

 この頃のガンマ−カ−(CEA)は22前後でした。

後で知ったのですが、リンパと肝臓と転移していたそうです。

 

 医者は治療を続けても完全にガンが治るのは難しいと言われたので、kn-5鹿角霊芝に頼らざるを得ない結果となりました。

 

 kn-5鹿角霊芝を飲用し始めて2年が経過した頃、ガンマ−カ−が14になり、それから半年後4になり、3年目の今では0.5になりました。

 

 転移していたリンパと肝臓にもガンは見つからず、医者から完治したとの言葉を戴きました。

 

これも全てkn-5鹿角霊芝のお陰と家族みんな喜んでいます。

再発が心配なので予防も考えkn-5鹿角霊芝命生液を飲み続けます。

 

 

肝臓ガン

肝臓ガンも肺ガンも克服することができました。  宮川孝史 42歳(山口県)

 定例の定期検査で突然肺に小さなガンが見つかりました。

抗ガン剤投与を受けましたが、その激しい副作用との闘いの日々で、本当に辛いものです。 

ガン告知から3ヶ月が過ぎた頃、悪いことに肝臓にもガンがあることが判ったのです。

 抗ガン剤の辛さと、自分の不運さとの狭間で、妻や子供達に対し自分の不甲斐なさと、責任の重さ、つきまとう死について無性に腹立しくてなりませんでした。

 そんな折り妻が、ガンに効くという本を2・3冊買い、私の枕元に持ってきました。

その中で特に興味を覚えたのが「超免疫力活性 鹿角霊芝」という本でした。

試さずにはいられない状況、さっそく鹿角霊芝を購入し2ヶ月ほど医師には隠れて飲み続けました。

すると肺にあった2つの腫瘍は完全に消え、また、肝臓ガンも小さくなりました。

あれから6ヶ月が過ぎ、最近の検査の結果、肝臓のガンも跡形もなく消え、仕事に復帰できるまでになりました。

今でもkn-5鹿角霊芝を飲みながら、家族共々幸せな生活を送っています。

   

肝臓ガン

転移を繰り返した肝臓ガンが鹿角霊芝で回復!  原田公子 57歳(福岡県)

 10年ほど前、乳ガンの摘出手術を受け、4年後に子宮に転移が確認され、二回目の手術で子宮を切除、それでもガン細胞は残り、さらに3年後には肺に転移、三回目の手術を行いました。

 その後は週一回の割合で抗ガン剤の投与を受けていましたが、効果はいっこうに現れず、日ごとに食欲が落ち、体の疲れが取れないため、病院でCT検査を受けました。

その結果、今度は肝臓に4pほどのガンができていました。

 肝動脈塞栓療法とエタノ−ル注入法が取られましたが、医師が言うには、この肝臓ガンは治療を続けても長くは生きられないと家族に説明がありました。

それを聞いた夫が、漢方薬でガンを治療している専門医を紹介してもらいkn-5鹿角霊芝を飲むことになりました。駄目もとと服用してみました。

 服用し始めて4ヶ月が過ぎた頃、急激に肝臓のガンが小さくなり、その3ヶ月後にはほとんど消えて無くなりました。

肝機能値も正常で医師はこんな事があるのだろうかと、とても信じられない様子でした。

私も家族も鹿角霊芝が効いた以外考えられません。

体のガン細胞をすべて無くす意味で、kn-5鹿角霊芝を飲み続けていきます。

 

C型肝炎・肝硬変・肝臓ガン

C型肝炎から肝硬変、やがて肝臓ガンに。 岡田裕河   49歳(大阪府大阪市)

日頃からお酒が好きで肝臓に負担をかけていたのは自覚していましたが、

平成15年暮れ頃から体がだるく疲れがたまり、食欲もなくなってきたので近くの病院で検査を受けました。

 精密検査が必要と総合病院で再度検査の結果、C型肝炎、肝硬変、肝臓ガンしかも胃に転移がみられるとの診断でした。

 そんな恐ろしい病気だったのにまったく自覚症状はなかったので結果を聞かされたときは目の前が真っ暗らになりました。

 入院し、インタ−フェロンとエタノ−ル、抗ガン剤の治療を1年ほど続けましたがウイルス数が減らず、腹水と黄疸がでました。

 このままではと思いインタ−ネットで片っ端からC型肝炎、肝臓ガンにいいとされるものを検索し、その中で信頼性が高かったのがkn-5鹿角霊芝の濃縮液でした。

 飲用前と比べ飲用後この間半年位でGOT23331 Iu/lGPT269→24 Iu/lr-GTP308→99 Iu/lと肝機能が驚くほど改善されました。

 最も驚くことはC型肝炎ウイルス(HCV核酸定量PCR)821 KIU/mL5未満KIU/mLになったことです。

医者はこんな事はおかしいと二度測定しましたが、やはり肝炎ウイルスは5未満KIU/mLほとんど消滅していました。

 ほかにも白血球数の増加、血小板数も4.0ul9.1ulと中性脂肪625mg/dl179mg/dl改善され、悪くなったものはありませんでした。

 本当にkn-5鹿角霊芝の濃縮液に出会えて感謝しています。

また、医者だけに全て頼らず、自分でも病気に立ち向かい努力することの大切さを知りました。

 

肝 炎

C型肝炎から肝臓ガン 

インタ−フェロン治療も効果が無かったがkn-5鹿角霊芝でウイルスが減少 原千恵子さん 80歳(埼玉県)

C型肝炎から肝臓ガンになり、抗ガン剤治療とウイルス数を減らすためインタ−フェロン治療を行いました。 

肝臓ガンは何とか押さえることができましたが、インタ−フェロン治療をしてもウイルス数は増える一方でした。

 また、治療後1年が過ぎた頃から腫瘍マ−カ−も45.8から150.6と上がり、心配になり知り合いの大学の理学部生物科学の教授に相談したところ、

今研究している鹿角霊芝はかなりの有効性があるので試してみてはと紹介を受けさっそく購入し、真剣に飲用しました。

3ヶ月後の検査でなんと腫瘍マ−カ−が11.4に下がっていてびっくりしました。 

肝機能の数値GOT111から79GPT112から79、γ-GTP41から31と良くなりました。

それよりも驚くことに半年後850万あったウイルス数が、310万に減りました。 

医師の話ではウイルス数が増えるのを押さえるだけでもすごい事なのに、減ったことは驚異的な事らしいです。

あれほど治療してもこれといった改善がなかったのに、kn-5鹿角霊芝を飲用しただけでここまで改善できたのは鹿角霊芝しかありません。

本当にすべて鹿角霊芝のおかげです。

 

B型肝炎肝細胞ガン

B型肝炎から肝臓ガンに。  定岡孝一      38歳(神奈川県綾瀬市)

  2年前ぐらいに慢性B型肝炎で、抗体ができたので油断して検査を怠っていたところ、去年の11月頃から胃に不快感があり食欲が12月頃から減ってきて、体重も少し減ってきたので、病院で検査を何回かしたところ、原発型肝臓ガンの疑いがあると医師に言われ、胃からなのか腸から来ているのかを入院して検査を受けるのですが、kn-5鹿角霊芝の濃縮液がいいと体験者の方が濃縮液で良くなったと書いてあったので、どれくらいの量を飲めば効果があるのかを知りたいので即急に返事をお願いします。

入院が今月の13日なのでお願いします。

妻より度々すいませんが、たとえば1、2ヶ月飲んで本当にガンが縮小して良くなってくるのか心配です。 

体験者の話を見ると飲んで1ヶ月ぐらいで体調が良くなったりしているみたいですが、本当に効くのでしょうか・・まだ子供が小学生と中学生の三人の子供がいるのでよくなって長生きして欲しいので、心配になってまたメールをしてしまいました。

今日のうちに返事をください。 

良くなっても飲みつづけた方がいいですよね。忙しいところ申しわけございません。

 こんばんは、病名は最初に送ったとおりのものです。そこで16日から飲み始めたのですが、量は16mlを朝、寝る前に飲んで食欲はでてきました。

夜の10時頃に飲んで、次の日の昼間の2時から3時ぐらいになると熱が37度から38度ぐらい熱が出るのですがこれは好転反応なのでしょうか?便はゆるくなっていません。 

23日から3週間ほど抗癌剤を使う治療がはじまります。明日の昼頃までに返事をください。タバコは医師にはOKと言われたのですが飲んでいたらダメですよね。

 こんにちは、返事ありがとうございました!はっきりした病名は、B型肝炎肝細胞ガンと言われました。23日から抗癌剤治療が始まります。 

今飲んでいる量が一日32ml飲んでいます。今の病状でも朝と寝る前でいいですか??飲み始めて2日目ぐらいに38度ちょっとあがってもそれは心配しなくても平気ですよね。 

食欲が段々出てきました。病院に行くので2時ぐらいに返事をください。忙しいところすいません。

 今日病院に行ったのですが、はっきりした病名はB型肝硬変肝細胞ガンといわれ、リンパ線にも転移がみられガンは15cmにもなっていました。

医師に余命1ヶ月とまたは半月か急に亡くなるかもしれないといわれました。

家に帰ってか家族と一緒にいる時間を作ったほうがいいと言われました。

その熱が出るのは、肝臓が悪いからとのことです。かなり高い熱が出ると肝臓に痛みがでるから麻薬(痛み止め)を使うと言っていました。

即急に今日中に返事をください!!

 23日に太ももの動脈からカテーテルをいれて、抗癌剤を少量入れてガンがそれ以上大きくならないための治療で肝臓の肉にもついているため破裂を起こさないようにするためにやるそうです。

あくまでも延命目的ではないといわれました。 

明日、朝は飲めないみたいなのですが大丈夫でしょうか?夜は看護師に頼んで飲ませてもらえます。 

本人は鹿角霊芝を飲み始めてからは以前よりも食欲が増してきてだから飲んでいるから主人は信じているようです。 

本人には余命は言っていません、言ったら気力がなくなって治すという気が無くなってしまうと思うからです。

私たちも信じて頑張って行きたいと思います。これからもよろしくお願いします。 返事待っています。

相変わらず夜になると熱が38度からでるそうです。でも体重が58キロから1キロ増えました。鹿角霊芝を飲むことによって元気になると思って本人は頑張っています!鹿角霊芝が無くなってくるとちょっと不安になるみたいです。このまま飲み続けると少しはよくなってきますよね。

寝たきりにはなっていません気力があるからですよね。またメールします。 

話は変わるのですが、明日CT検査を受けるようです。

重脈にカテーテルを通して抗癌剤を少量入れてからどうゆう状態になったのかを調べるみたいです。鹿角霊芝を飲んで丁度2週間に今日でなります。効いているといいのですが。結果は後日お伝えします。

 こんにちは、メールありがとうございました!なんと体重が63キロになりました!顔にも肉がついてきて体にも肉がついてきました!鹿角霊芝が効いていると主人が喜んでいます。これからもよろしくお願いします。 

 夜遅くにすいません。1日2日と外泊で帰ってきて今日病院に戻ったのですが脈拍が早いとのことです。医師からは、採血の結果が良ければ退院して、また前回と同じ抗癌剤をやるそうです。

kn-5鹿角霊芝でここまで元気になるとは思いませんでした!!また質問などがあったらメールします。 

 おはようございます。返事ありがとうございました。20日の日に太ももの動脈から抗癌剤を投与して終わった時は一回目の時とは違い寒気が起きてしまったようです。

熱は前回と同じに高い熱がでたようです、医師が言うには3、4日高い熱が一日に何回か出ますよと言われ、この病気的に微熱程度が出るけどそれは心配ないとのことでした。

腹水は大丈夫なようです。

 昨日医師に良好ですよと言われ一安心して病院から帰っていきました。医師が笑顔で言っていたので、鹿角霊芝が効いていると思いました♪

最近主人が「これなら飲めるなぁ」と言っていたのですが、体調が良くなってからは苦いと言いながらも「鹿角霊芝さんありがとう」などいっていました。 

追伸….

体調が良いということで違う強い?抗癌剤を試したようです。

3日後、体調が急変し、還らぬ人となりました。

お世話になりありがとうございました...。

       

B型肝炎

 肝硬変から肝炎へ!      今中秀子 42歳(大阪市平野区)

 私は一応の治療後、先生から漢方薬を紹介され飲んでいましたが、これといった大きな改善はなく、これ以上ひどくなるのを押さえる程度でしたが、不安は常にあり、ストレスもたまりました。

 そんな折り、総合医療をされている先生から鹿角霊芝を紹介してもらいました。

わずか半年飲用してビックリした経過を紹介しますと、肝機能値GOTが47→28→20にGPTが76→35→24にγ−GTPが63→29→17とほとんど正常値になりました。

 そればかりか血小板も56千→78千→122千と増え、中性脂肪も260→217→129と減り、kn-5鹿角霊芝は全ての悪いところを治してくれるすばらしいものと親戚や知人にも紹介しています。

 

胃ガン

「余命7ヶ月」・胃ガンと転移肺ガンが消滅!   服部 力 78歳(愛知県)

 普段から胃重感や吐き気などが数日続くことがあったので近くのクリニックで診察を受けましたが、これと言った原因はわからずじまい、その後激しい痛みを感じるようになり総合病院で診てもらいました。

 結果は後で知ることとなりますが、「余命7ヶ月」胃ガンの末期、しかも肺にまで転移していました。

 高齢なので手術はむずかしく、とりあえず抗ガン剤投与を受けることになりました。 そんな時、知人がガンに良いからとアガリクスを薦めてくれたので飲んでみました。

飲用して悪くはならないのですが2ヶ月ほど経っても大きな改善は感じられませんでした。それならこのほうが良いかも知れないと家族が漢方専門薬局で鹿角霊芝を買ってきてくれました。

 飲み始めて1週間くらいで食欲が少しずつ湧き、吐き気や胃の違和感もなくなりました。それならと飲む量を増やしてみました。

 日が経つにつれ、体調が良くなり気力も出て、入院から3ヶ月が経った頃の精密検査でなんと胃ガンはもとより、肺に転移していたガンもほとんど消えていました。

 医師も「こんな事があるのかな」と言いつつも、これなら近々退院できますとにこやかに言ってくれました。

 kn-5鹿角霊芝と出会わなければ私の命も多分なかったと思います。

 鹿角霊芝が命を救ってくれたと思っています。 今後も飲み続けて行きます。

   

胃ガン

kn-5鹿角霊芝を同室の人に教えてもらい完全完治!  田上美佐子 57歳(岡山県)

 今から5年ほど前に胃ガンで胃の三分の二を切除しました。

その後順調に来ていたのですが、昨年6月頃から急に体重が減り始め、体調も優れず、ヒョットして再発か転移したのではと心配になり検査を受けました。

 腫瘍マ−カ−検査(CA19−9)で数値が高いことが判りましたが、CTなどの検査では何も発見されませんでした。

正常値35〜37が月を追う事に108127162188と高くなり12月には257まで上がりました。

 翌年1月の検査で、腹部の大動脈周囲のリンパ節と腹膜、膵臓に転移が確認されました。

 入院し、とりあえず抗ガン剤投与を受けることになりましたが、医師によると延命を目的とするもので、期待は出来ないとのことでした。

「このまま死を迎えざるを得ないのかな」とあきらめの日々を送っていると、同室の田中玲子さんがリンパ節3群(W期=漿膜への浸潤T3)だったにもかかわらず、転移腫瘍が消え、早期の退院の運びとなりました。

 そういえば田中さんは食間に液状のものを飲んでおられたのを思いだし、何を飲んでおられたかをお聞きしました。それが kn-5鹿角霊芝だったのです。

 田中さんの家族の方にお願いし、私も 鹿角霊芝を購入してもらいました。

田中さんと同じ1日3回食間に服用しました。

 すると見る見るうちに腫瘍マ−カ−が下がり始め、転移腫瘍も驚くほどの早さで縮小し始めました。

 飲み始めて半年、腫瘍マ−カ−も正常値に近づき、腫瘍も確認されなくなりました。

これもすべてkn-5鹿角霊芝のお陰と感謝しています。またガンで苦しむ同室の方にも鹿角霊芝お薦めしました。

 飲用された人は次々と良い方向へと向かい、鹿角霊芝を紹介したことに対し感謝されています。

 

胃ガンから肺、リンパ節にガンが転移

 kn-5鹿角霊芝を飲用し4cmのガンが消滅!    福田義一 58歳(大阪市)

 一年ほど前、胃ガン(4cm)、肺ガン5cm、左リンパ節にガンが発見されステ−ジ4の末期と診断されました。 

息子がインタ−ネットで色々ガンに良いとされるモノを調べてくれた結果、kn-5鹿角霊芝が一番効き目がありそうだと言うので早速購入し飲用を始めました。 

治療はガンが拡がっているのと大きいので手術や放射線治療はなく、抗ガン剤だけの治療でした。 

治療中も鹿角霊芝は飲み続けた結果、抗ガン剤による副作用は多少あったものの、強い抗ガン剤のわりには酷くはありませんでした。

 胃ガンは4cmあったのですが、肺ガンが進行性ガンだったので肺ガン専用の抗ガン剤を投与し続けました。 そんな中この一年間に4cmあった胃ガンが全て消えました。

 医師や看護婦は胃ガンが消えるのはおかしいと何度も胃カメラやCTによる診察をしましたが、やはりガンは見つからず消えていたのです。それにリンパ節にあったガンも全て消えているそうです。

 後残るのは肺ガンだけですが、医師は大きくなっていないので共存も考えられる範囲に来たと言っています。私は鹿角霊芝を飲用しながら治療を続ければきっと治ると思っています。 

kn-5鹿角霊芝を飲用し始め、子の一年間で医師に消滅するのはおかしいと言わせるくらい直接の治療をしていない4cmの胃ガンが消えたのは鹿角霊芝のお陰だと思っているからです。

 

胃ガン

原発が胃ガンで肝臓と腹膜と肺にも転移  千葉県 K K さん

 ステ−ジ4の末期、病院の先生に余命3〜4ヶ月と言われたので娘がインダ−ネットでkn-5鹿角霊芝の命生液を見つけ飲用しようと病院の先生に命生液を飲用しても良いかどうか訪ねましたが

そんなモノでガンが治る事はないと言われました。

 家族としては末期だし余命も告げられたのでやれる事はしようと先生には内緒で飲用しました。

その間PS-1などの強い抗ガン剤を投与しつつ命生液を6ヶ月飲用しました。

不思議に抗がん剤の副作用が全くなく医師も驚いていました。

 経過は胃ガンの宿ガンが消え、肝臓の一部にまだ少しあるモノの転移した腹膜、肺ガンもなくなりました。

 医師は抗ガン剤だけで此処までガンがなくなる事はないと不思議がっていました。

病院からの帰りに娘と絶対命生液のお陰に決まっているとお互い納得しあいました。

ただ医師には今更なのと今後の治療への気遣いがありkn-5鹿角霊芝のお陰だと告げられないのが非常に残念です。

 原発が胃ガンなので再発のおそれがあると言うことで胃の全摘をと言われましたが、現在胃にはガンがまったく確認できないのと、これからの人生、本人の生活が一変するのでよく話した後決めようと思います。

 後は肝臓の一部の極小ガンの治療を残すのみ、此処まで来られたのも全てはkn-5鹿角霊芝命生液のお陰です。

 他の人で胃ガンで苦しんでいる人に紹介してあげましたが経過が非常に良く感謝されお礼まで戴きました。

 再発をしないようこれからも命生液を飲用していきます。

 

胃ガン

胃ガンが再発し肝臓と肺に転移余命5ヶ月を宣告福岡県 Y,T さん

 4年ほど前、ステ−ジUの胃ガンが見つかり福岡県内の総合病院に入院し手術を受けました。手術は成功し抗がん剤治療のお陰か経過も順調で退院後1年間ほど検査のため通院しました。

検査の結果はガンマ−カ−も安定し医師は再発の兆候も診られないのでこれなら大丈夫でしょうと言われたので治ったものと安心し、その後の検査はしませんでした。

それから4年ほど過ぎた頃から食欲がなくなり始め、食後に胃に膨満感を感じるようになりました。年齢の性かなと思いましたが、やがて体重が減り始め、胃痛や酷い時は嘔吐するようになり

最初は胃薬など飲んでいましたが、いよいよ我慢できなくなり検査した所、胃ガンが再発し肝臓と肺にもガンが見つかりました。

医師はこの状態だと治療しても余命4〜5ヶ月ですと家族に伝えました。

胃ガンの手術も成功し、経過も良かったので治ったものと信じていたし、自分も家族も安心しきっていました。

余命を聞かされた時は体中から力が抜け、血が引いて目の前が真っ暗になりました。

家族が治療しても無駄と言われたので何かガンに良い物はないかとインタ−ネットでガンに効く物を調べた結果、kn-5鹿角霊芝の命生液って言うのが良さそうなので飲用する事にしました。

命生液は処方箋しか扱わない調剤薬局で販売されていたので一般のガンに効く物と違い信用できました。 早速近くの調剤薬局に買いに行き、説明を受け飲用を開始しました。

飲用し始めて1ヶ月位で食欲が出始め、元気も出てきたので体に合っていると思い飲用を続けました。

飲用し始めて僅か5ヶ月で胃ガンがほとんどなくなり、肝臓と肺のガンも大きくなる事はなく今は影がある程度まで治り、肝機能(GOT GTPγ-GTP)の数値も驚くほど良くなりました。

現在は薬や抗がん剤などで治療を受けていますが、医師もこれほどまでに改善される事は例がない、この分だと大丈夫ですと言ってくれました。

治療しても無理だと言われたガンがここまで治ったのは全て命生液のお陰です。

 

大腸ガン

大腸ガン「余命3ヶ月」のはずが1年過ぎた今も元気! 荒川邦夫 62歳(新潟県)

 いつの頃からか、下腹部にねじれるような痛みが起こるようになり、検査をしたところ余命3ヶ月の大腸ガン・・即日入院、そして手術。

 医師は詳しく検査をしないと判らないが、このぶんだと肺や肝臓へ転移している確率が非常に高いので、とりあえず抗ガン剤治療を行うよう半ば強制的に提案してきました。 

思えば3年前、私の父も大腸ガンで、かなりの抗ガン剤投与による治療を行った結果、髪は抜け落ち、皮膚はただれ、高熱と嘔吐を繰り返し、苦しみ抜いたあげく、回復に至らず、

死を迎えたことが脳裏に焼き付いており、たとえ転移があったとしても私は抗ガン剤の投与を拒み続けました。

 そんな事態を心配した息子がインタ−ネットで鹿角霊芝の情報を持ってきてくれました。 その中でkn-5鹿角霊芝が一番信頼出来たので早速資料を取り寄せ、隅々まで目を通し、

Kn-5鹿角霊芝は副作用もなく、ガン術後の転移防止に特に効果的と述べられていたので注文し飲用してみました。

 2週間が過ぎる頃から体調も徐々に良くなり、1ヶ月後には病前と変わらぬ体調に戻り、自宅での療養が許されました。

あれから1年、その後の定期検診以外、具体的に病院の治療は受けていませんが、医師が何も言わないところをみると、再発の心配もなさそうで、私は元気に暮らしています。

 余命3ヶ月と宣告されたのは何だったのだろうと家族で笑い合う余裕も出来ました。これもひとえに鹿角霊芝のおかげと感謝しています。

   

大腸ガン(直腸ガン)

大腸ガンから肝臓・肺まで転移したガンも消滅!  斉藤雅子 58歳(広島県)

 日頃から時々お腹に刺すような痛みを感じることがあり、慢性の軽い盲腸炎かなと思ったりもしました。

 ある日ひどい痛みと共に下痢を伴い、血便も出ました。驚いて近くの総合病院で検査をしました。その結果、デュ−クスD(ステ−ジW期)の直腸ガン。肝臓と肺にも数ヶ所にわたり転移しており、最悪の状態でした。

即座の入院、4時間に及ぶ大手術でした。

 目が覚めたときは集中治療室で、腹部のあちらこちらに管が付けられ、「ガン=死」もう人生終わりかなと絶望感を感じました。

しかし、思ったより手術後の経過が順調で、早めに抗ガン剤治療の運びとなりました。

 月に5回の抗ガン剤投与、それを半年余り続けましたがやはり肝臓、肺の転移ガンは思うほど改善させられませんでした。

 そんな折り、主人が新聞で見たkn-5鹿角霊芝という抗ガンキノコを見つけ、買ってきてくれました。

主治医も抗ガン剤治療が思わしくないためか、飲用を許可してくれました。

1日3回〜4回に分け飲んでみました。飲み始めて1ヶ月が過ぎる頃、あれだけ辛かった抗ガン剤による副作用もほとんど感じられず、何より体に力がわいてきました。 

あれから5ヶ月、抗ガン剤では思わしい改善がみられなかった転移ガンが、次々と消えて行きました。

この奇跡に主治医は抗ガン剤投与による完治と診断しましたが、私や家族は鹿角霊芝を飲みはじめてみるみる快方に向かったことから、すべては鹿角霊芝のお陰だと信じています。

大腸ガンは遺伝性もあると聞き、予防が大切と、鹿角霊芝を家族みんなで飲んでいます。

 

大腸ガン(直腸ガン)

末期の大腸ガンが医師も驚くほど良くなったが・・・茨城県 吉岡(母63才)

 いつもお世話になっております。

母が昨年の7月から、kn-5鹿角霊芝命生液を飲用しております。

昨年の6月半ば頃、母の直腸ガンが分かり、かなり進行していて転移も多々あり、末期の一歩手前でした。

 9時間に及ぶ手術の末、医師によると、「大体の病巣は取り除いたが、意識が戻っても食事できるようにならないかもしれないし、このまま退院できないかも」ということを言われ、大変ショックでした。

また、かなり腸を切ったので人工肛門となってしまいました。

 しかし、意識が戻ってなんとか水分を取れるようになり、それから鹿角霊芝を飲用させるようになりました。

 おかげさまで奇跡的な回復を見せ、食事も摂れるようになり、8月初旬に退院。

その後は嘘みたいに元気になりました。

 内服の抗癌剤の副作用もなく、定期検診で術後の経過は良好でした。

 あの回復ぶりは、鹿角霊芝のおかげと信じております。

ところが、油断して鹿角霊芝の飲用を難病処方から通常処方にしていたのがいけなかったのでしょうか。

 今月初め、別の病院で卵巣ガンと肺転移がみつかり、卵巣ガンはかなり進行していました。

5月末の検診では異常なしと言われていたのに医師が発見できなかったのか卵巣ガンは12cmにも及んでおります。

 そしてここ2週間ほど、通常処方の16mlから難病処方の32mlを飲用させております。ただ、ここ2〜3日、吐き気がひどくなってしまいました。

昨年も飲み始めて2週間後くらいに吐き気をもよおしていたのですが、その後おさまってどんどん回復していたので、これは好転反応なのでしょうか。

 精神的ショックも大きかったので、ストレスから来る胃炎とも考えられます。

胃の調子が悪いときは、どのように飲用したらよろしいでしょうか。

長文で申し訳ございませんが、お知恵をお貸しくださいませ。

 

膵臓ガン           

kn-5鹿角霊芝が再発を確実に阻止!   小林和義 55歳(青森県)

 5ヶ月ほど前から腹痛に悩まされ、病院で検査を受けました。

 結果は膵臓に悪性の腫瘍があることがわかり対処として膵臓の一部を切除しました。膵臓ガンは臓器の中でも早期の発見がむずかしく、一部摘出手術でも生存率は1年で50%・5年では16%しかないそうです。

 4ヶ月目の検診で腫瘍マ−カ− (CA19−9)が300を越え、再発か転移のおそれがあると言われ、抗ガン剤の投与が始まりました。

私自身も病院で手術すれば治ると信じていたので動揺しました。

 心配した家族や知人らが色々な「ガンに効く」という漢方薬や健康食品を紹介してくれました。 その中で私や家族が納得できたのが他のものより薬効成分がはるかに多い鹿角霊芝でした。

 飲み始めてから抗ガン剤の副作用もそれほど感じられず、食事も美味しく食べられ、何より体調も良くなり、何度かの検査で腫瘍マ−カ−も300から155→100→75→48と急激に減少しました。

 現在、通院していますが、主治医の意見は、検査結果から膵臓ガンの再発や転移も心配ないとお墨付きを頂きました。

 私もkn-5鹿角霊芝を飲んでいる限り心配はしていません。

 

膵臓ガン           

 余命1〜2ヶ月といわれた膵臓ガン末期が・・・菅 (秋田県雄勝郡羽後町)

 抗ガン剤投入して翌日、脳に異常が見られ危ないと言われその日の夜からkn-5鹿角霊芝命生液を飲用させ二日後には普通に戻り、飲用して11日目になりますが、異常は見られず、本人が自分の体が違うと正常な時の体に近いと言っております。

 膵臓ガンと言われて余命1年と言われ翌週には1ヶ月から2ヶ月と言われ、その翌週には痛みもなく、点滴治療も130分だけになり、食事もとれなかったのが、飲用10日で食事も取れるようになり家族は本当にうれしく感謝しております。

 濃縮液を116ml3回飲用しております。このまま、引き続き飲用していきます。もしかしてガンが消えかけているのか、膵炎なのか家族はよくわからなくなっています。

 鹿角霊芝に巡り会えた事によって考え方も変わってきましたし、何より、本人が普通の人に見え、見舞いに来た方々も、どこが悪いのと聞かれる状態です。

 

膵臓ガン

膵臓がん末期(ステ−ジW)   東京都世田谷区 76歳(女性)

 

 その節は大変お世話になり、ありがとうございました。

森田さんを紹介するに当たり、私の膵臓がんの経過をお知らせ致しますと、今から15年ほど前、急に体重が減り始め、背中が我慢できないくらい痛くなり病院で検査を受けると膵臓がんと診断され、しかも肝臓、腹膜、骨まで転移していて膵臓がん末期(ステ−ジW)でした。

医師によるとほとんど手の付けられない状態で治療の施しようがないと言われました

それでも何もしない分けにもいかず抗がん剤の治療を試みました。

投与後すぐに黄疸がでて、医師から余命1ヶ月の命と宣告を受けました。

かといってただ死を待つだけとはいかないと息子が本当に良い物を色々探してくれた結果、kn-5鹿角霊芝にたどり着き飲用する事にしました。

 飲用をし始め、1ヶ月頃からあれだけ痛かった痛みもかなり治まり、体重もこれ以上減る事はなくなりました。

 

 後の話は長くなりますが、2年間はしっかりとkn-5鹿角霊芝を毎日飲用しました。 その2年間の間に肝臓には小さな腫瘍が2個確認されましたが、骨、腹膜のがんは完全になくなりました。

その後、肝臓の小さな腫瘍も大きくならずほとんど消えたようです。

 余命を告げた先生は西洋医学医師としてのプライドなのか『このような事もあるんですね』と深くはふれてきませんでした。

あれから14年が過ぎましたが、定期の検査でもがんは発見されず、それどころか風邪すらもひく事もなく元気で暮らしております。

 

 今回、紹介した方は膵臓がんステ−ジUで治療は受けておられますが、私の体験を話したら是非ともkn-5鹿角霊芝を飲用したいとの事でしたので紹介しました。

その節は命を救って下さり本当にありがとうございました。

これを機に、年もとりましたので予防もかねて時々ではありますがkn-5鹿角霊芝を飲用していきたいと思います。

 

膵のう胞腫瘍 医療従事者 (東京都)

膵臓に大きさが3cmと2cm、後小さな、のう胞が無数にある事が発見され、検査の結果このままだと悪性への変異の可能性があるとの事で知人の医学博士に相談した所、kn-5鹿角霊芝を紹介されました。

知人の医学博士もがん予防のため飲用しているとの事で信用できると思い飲用しました。

結果、小さな、のう胞と2cmあったのが全て消え、3cmあったのう胞が2cm弱となりました。

治療としてはこのkn-5鹿角霊芝の飲用のみでここまで改善しました。

妻も乳がんの治療を受け、再発を防ぐためにも夫婦で鹿角霊芝を飲用しています。

医療従事者としてこのようなものがこれほどの効能効果があるとは驚きです。

いずれにせよ、改善されたのは事実なので今後も夫婦で飲用して行くつもりです。

 

乳ガン

 kn-5鹿角霊芝でわずか1ヶ月の飲用で効果、転移ガンも消えた!  渡辺里子 52歳(福岡県)

 私は3年ほど前、乳ガンになり、その大きさは5pと大きく、リンパ節にも転移が見られました。  

手術後、抗ガン剤を服用していましたが、1年後、もう片方にシコリが見つかり、部分切除と放射線治療を行いました。

 そのまた2年後、今度は喉の下あたりのリンパ節のあちらこちらに転移が見られ、「余命1〜2年」と宣告を受けました。

この3年間、あらゆる「ガンに効く」というモノを試してきましたが、ほとんど効果が得られず、今に至ってしまいました。

 それでも家族は懲りずに今度はkn-5鹿角霊芝という抗ガンキノコを見つけてきました。

またかと思いましたが、家族が心配してくれているのだからと、飲むことにしました。 治療は抗ガン剤投与だけでしたが、副作用に慣れたとはいえ辛いものです。

しかし、鹿角霊芝を飲んだせいか、15日後の抗ガン剤投与による副作用がほとんど感じられず「鹿角霊芝は効くかもしれない」と思い、それから飲む量を増やし飲みました。 

すると1ヶ月後の検査でリンパ節にあった腫瘍が驚くほど小さくなっていました。そこで抗ガン剤を一旦中止し、様子を見ることになりました。

 kn-5鹿角霊芝を飲み始めて4ヶ月、ほとんど腫瘍は消え、体調も非常に良く、多くの「ガンに効く」と言ったモノの中で、鹿角霊芝だけが「本物だ!」と確信を得ました。

この分で行くと、後1ヶ月ほど鹿角霊芝を飲めば残りの小さな腫瘍も完全に消えそうです。嬉しい限りです。

 

乳ガン

 24歳の娘が乳ガンに・・・。 中野弘子 25歳(長野県)

 娘が乳ガンと診断され、治療としては両方の乳房を切除。

それを知った娘は乳房を切除するくらいならと自殺未遂を・・・。

病院の治療は絶対やらないとノイロ−ゼ状態でした。

だからといって何もしない訳にもいかず、大阪市の漢方の名医に相談しました。

その時紹介されたのがkn-5鹿角霊芝でした。

 身体には傷つけないということで娘も安心したのか鹿角霊芝の濃縮液を飲用しました。 飲用して1ヶ月後うつ状態だった娘が精神的に安定し始め、真剣に取り組み始めました。 

kn-5鹿角霊芝を飲用し始め3ヶ月がすぎる頃、しこりが小さくなり始め、半年後にはほとんど感じられなくなりました。

 検査だけでもと病院で受けた結果、ガンがほとんど消えていました。

娘も昔のように明るさを取り戻し1年後には仕事に復帰し、今では依然とまったくかわらない娘の姿が見られるようになりました。本当にkn-5鹿角霊芝には感謝しています。

 

乳ガン

乳がん(局所進行乳がん・炎症性乳がん ) 神奈川県 52歳女性

 乳房にえくぼのようなくぼみができ、皮膚が赤く腫れたので検査した結果、局所進行乳がん(炎症性乳がん)と診断され頭が真っ白になりました。

医師の話では鎖骨と肝臓に転移していて末期状態と言うことでした。

このタイプの乳がんは手術もできないので抗がん剤や未認可の最新の抗がん剤での治療しかないが余命は4〜5年との事でした。

そんな結果に主人がやれる事はやって行こうとネットでkn-5鹿角霊芝というキノコの成分により、免疫療法でがんを治すというものでした。

私は医者でも治せないのに、そんなもので治せるわけがないと全く信じていませんでした。

その鹿角霊芝の命生液を飲用し始め約4ヶ月が過ぎる頃、その間タキソテールとハーセプチンという抗がん剤を受けましたが、なんの副作用もありませんでした。

 担当医は必ず肝機能の数値は悪くなるし白血球数も激減するので、なるべく外へ出ないように、やむを得ず出るときは肺炎などの感染症を防ぐため必ずマスクをするようにと細かく注意されました。

 4ヶ月後の精密検査で担当の医師も驚くほどの結果がでました。

先ず、鎖骨に転移したがんがすべて消え、肝機能の数値も正常値だし、白血球数も7200と4ヶ月前とほとんど変わりませんでした。

担当医が言った肝機能の数値や白血球数の事以外に骨(鎖骨)に転移したがんが消えるのはあり得ないと言う言葉に、私は初めてkn-5鹿角霊芝の力を信じました。

余命4〜5年と言われたが、ひょっとしてkn-5鹿角霊芝が治してくれるのではと思うようになりました。

これからもkn-5鹿角霊芝命生液の力を信じて頑張ります。

 

子宮ガン(卵巣ガン)

「余命6ヶ月」腫瘍が縮小し手術も成功!早期の退院!  谷口妙子 59歳(高知県)

 昨年7月、腰の当たりに突き上げるような痛みを感じました。

さらにお腹がふくらみ、歩くことも辛く、エコ−検査で調べたところ、腹水が溜まっており腫瘍の大きさが12pの卵巣ガン「余命7ヶ月」と診断されました。

 腹水は週に20リットル、腹水がなくなるまで手術が出来ないのと、あまりの大きさのため手術は不可能。

 腫瘍を小さくさせるため、化学療法による治療を受けることになりました。

 手術が出来ないことに不安を感じたのか、子供らがガンに効く書物を買いあさり、「超免疫活性力 kn-5鹿角霊芝」が良いと早速に取り寄せ4ヶ月にわたり飲みました。

 徐々に腹水は減り、3ヶ月ころにはほとんどなくなりました。

それとその後の検査の結果驚くことに腫瘍が半分近くまで縮小していたのです。

 医師も首を傾げながらも手術ができる運びとなり、私はその間も鹿角霊芝を飲み続けました。

 手術で転移が考えられる箇所 (卵巣、子宮、盲腸)すべて切除しました。

後で聞いた話ですが、腫瘍がほぼ消えて無くなっていたそうです。

 しかも、手術後3日目から自分でトイレにも行けるようになり、驚異の回復力だと先生に言われました。

 これもすべて鹿角霊芝の効果以外考えられないと確信しています。

今でも半月に一度検診を受けていますが、転移や再発防止に鹿角霊芝を飲み続けています。

 

その後・・・・

 kn-5鹿角霊芝と出合ってもうすぐ2年になります。

あの頃が嘘のように日々生活させて頂いています。

ありがとうございます。

 先日PET−CT検査を受けました。

結果『異常なし』で家族共々嬉んでおります。

本当に感謝です。

 病気になって、色々なことを考えさせられました。

今、こうして元気でいられるので本当に嬉しいです。

kn-5鹿角霊芝でたくさんの方々が救われますようお祈り致します。

 

卵巣がん

卵巣がんから腹膜に転移し腹水も…    茨城県 麻生豊子 65歳 女性

 太る体質でもないのに、なぜかお腹が重く、膨れてきたので病気かも知れないと総合病院で検査したところ、卵巣がんでした。

医者から告げられたのはステ−ジVbで末期手前と言う事でした。

すぐに卵巣の全摘をしました。

その後卵巣がんには抗がん剤が良く効くという事で副作用の辛さに耐えながら2ク−ル行いましたが、検査で腫瘍マーカーCA125470くらいで400を切ることはありませんでした。

それどころか次第に腹水が溜まり始め、お腹が腫れ上がった状態になり苦しくて寝られなくなりました。

先生は卵巣がんには抗がん剤が良く効くはずなのに何故と、CA72-4MRIなどで再検査をしたら腹膜に転移していました。

腹膜のがんを取り除くのは難しくまた抗がん剤による治療が始まりました。

ただ、溜まっている腹水を取り除かないと本格的な治療も出来ないという事でした。

そんな時姉が胃がん末期で肺にも転移があると言う事で治療も難しかったので免疫療法のkn-5鹿角霊芝を飲用したら、転移していたがんも治ったと聞いたので、先生に相談したら病状の改善が難しいので個人の責任においての飲用という事で許しを得ました。

早速kn-5鹿角霊芝の命生液を飲用始め2月を過ぎた頃から腹水が殆ど出なくなりました。

そればかりか、ガンマ−カ−CA125が一気に200前後まで下がり、CA72-4も21→14→4以下となり、今では0.5です。

卵巣がんはもとより、腹膜のあちらこちらに転移していたつぶつぶも殆ど消えたようです。

それもこれもkn-5鹿角霊芝のおかげと本当に感謝しています。

今後、再発や転移を防ぐためにも飲み続けていきます。

がんたけでなくkn-5鹿角霊芝はあれだけ凝っていた肩こりも今は忘れるほど無くなりました。

 

前立腺ガン

 鹿角霊芝が生きる喜びを与えてくれた!    岡  二 朗 70歳(東京都)

 平成14年1月、胃ガンの手術を受け、胃の三分の二を切除しました。

術後の経過も良好で、再発や転移の不安もないとのことでした。

 ところが、同年7月に前立腺ガンが発見され、しかも膀胱への浸潤の疑いもあり、かなり進行しているのでとりあえず放射線治療とホルモン剤投与を続け、様子を見ることになりました。

 そういえば私の友人で手術が受けられず放射線や化学療法を受け、一時は良くなりましたが急に悪化し1年で亡くなったことを思い出し、とても不安になりました。

 そんな時、妻が更年期障害でお世話になっている漢方医(名医)よりkn-5鹿角霊芝を紹介されました。

 半信半疑ながら妻の薦めと「ガンに効く」と言う言葉にひかれ試してみることにしました。

 9月から放射線治療が始まりましたが、不思議に副作用もほとんどなく、倦怠感も感じられませんでした。

 そこで飲む量を2倍に増やしてみました。放射線治療は33回続け10月下旬に終わりました。 

この間の病状の変化はPSA102から68に減少、11月から始まったホルモン剤投与によるものか月末にはPSAが18まで激減し、腫瘍もほとんど消えました。 

医師はこの年齢でここまでの改善が可能なモノかと驚いていました。

私は鹿角霊芝の力だと信じ、その後も飲み続けました。翌年平成15年1月にはPSAが1.5となり2月には0.1と最低値になりました。

 この様な急激な改善が西洋医学の治療だけで可能だったのかは判りませんが、私はkn-5鹿角霊芝を飲んだからだと信じています。

 鹿角霊芝を飲んでいればガンなど怖くないと思えるほどの確信を得る結果でした。

 

前立腺ガン

kn-5鹿角霊芝でガンが小さくなった!  匿名希望 (福井県)

今日父が前立腺ガンの検査結果を聞きに病院へ行ってきました。

ガンが小さくなっていたとのうれしい結果をもらいました。

医者もびっくりしていたそうで、(医者には飲むことを言ってありましたので)

これはkn-5鹿角霊芝のおかげだ医者がいっていました。

私たちは医者より鹿角霊芝のほうを信頼していましたので結果を聞いてやっぱりすごく効くのだと改めて思いました。本当にありがとうございます。

命生液を飲み始めて5ヶ月が経ちます。

今、一ヶ月に命生液を3本飲んでいますが、2本に減らしてもいいのでしょうか?

それとももう少し3本のまま飲んでいた方が良いでしょうか?

小さくなったガンのサイズをお知らせした方がよろしいでしょうか?

私はずいぶんと小さくなったとしか母から聞いておりませんので・・・

それと抗がん剤の副作用で食が細くなり痩せています。

鹿角霊芝を飲んでいると食欲が出るとお聞きしているのに一向に食欲が出ないのは抗がん剤のせいと聞いていますので、抗がん剤をやめるか減らしてもらってもいいでしょうか?

食欲が出ず痩せている父を見ていると抗がん剤をやめて鹿角霊芝だけでもよいと私は思うのですが・・・

食欲が出ないとこの夏の暑さが続くと体がもたないのではないかと思いますので。

長くなりましたが、本当にありがとうございました。

宜しくお願いします。

 

食道ガン

kn-5鹿角霊芝の命生液で5cm大のガンが消えた 佐藤良郎さん 63歳(山口県)

 5年ほど前、食べ物がノドにつかえるような気がして、近くの病院で検査したところ食道に3cm大のガンが出来ている事がわかりました。

自覚症状があるのは進行ガン(II)との事でした。

 早速総合病院で治療することになりました。

食道外科医によると治療の方法としてガン巣の切除か、放射線と抗ガン剤での治療のどちらか選択できますとのことでした。手術は食道を全て切除し、胃を引っ張り上げてノドにつなぐもので、今後の食生活にも不自由さが強いられるとのことでした。

また、体力的、年齢的な事もあり、放射線治療と抗ガン剤治療を選択しました。

 治療を始めた頃から嘔気、嘔吐、下痢などの副作用が強く、耐えられない日々が続きました。 我慢の日々が過ぎ、何とか退院に至りましたが、退院後も嘔気、嘔吐、下痢は治まりませんでした。

 それから3年、何という症状がないものの、ノドに食べ物が引っかかるので検査した結果、以前より大きい5cm大のガンが出来ていました。

 しかも胃に転移らしきことも判明、あれほど辛い思いをし、家族にも迷惑をかけて治療したのに、なぜ治っていなかったのかと思うと死にたい思いでした。

 医師に聞くと、食道ガンはどちらの治療をしても3〜5年後には治療したにもかかわらず約半数の人が再発するとの事でした。

 再度治療するにしても、これでは医者だけを頼り、信用し任せてはおけないとガンに良いとされる漢方薬や食品を調べた結果、鹿角霊芝にたどり着きました。

 中でも濃縮液の命生液なら液体なのでノドの通りも苦にならず飲用できました。

放射線治療と抗ガン剤治療をしながら命生液も飲み続けた結果、以前のような辛い副作用もほとんどなく、5cmあったガンも見る間に小さくなり、半年後には消えてなくなりました。

 経験から、放射線治療と抗ガン剤治療だけでは再発した事を考えれば、命生液の効果があったとしか考えられません。

 今でも、二度とガンになりたくないため、再発防止の予防として命生液を飲用していますが、その後ガンの兆候も見られず体調も良く、充実した元気な日々を送っています。

 

食道ガン

鹿角霊芝の命生液でその後の経過も良く再発もない西俣さん(歯科医)59歳(大阪府)

 ノドが詰まるような症状と嘔吐があるので府立成人病センタ−で検査をした所、食道ガンとの診断結果。

それも病状は酷く完治する見込みはないと言われました。

 知り合いの歯科医に相談するとkn-5鹿角霊芝の命生液を紹介してくれました。

その歯科医の母親も骨髄ガンで難しかった治療も鹿角霊芝でほぼ完治したそうです。

治療は抗ガン剤(5−FU・シスプラチン)と放射線(ライラック)を受けました。

 治療中は食思不振や嘔吐、嚥下障害など酷かったが命生液を飲用するようになってからかなり軽減されました。

 飲用してまだ3ヶ月ですが體調が頗る良くなっていくのを實感。

治る見込みもなく歯科医業も難しいと言われたが、現在再發もなく経過は頗る順調で歯科医業とも生活に何ら支障なく過ごしています。

 今後も命生液に期待し飲用していくつもりです。

 

急性骨髄性白血病
急性骨髄性白血病M0でもkn-5鹿角霊芝で改善の兆しがみえました。 匿名希望 36歳(兵庫県)
ご相談 半信半疑で…でも藁にもすがる思いで…聞いください。
先ほど中央免疫の佐藤さんにお電話で相談にのっていただきワールドヘルスプロモーションをすすめていただきました。
私(36歳)は6歳の息子がいます…私は今年1月に急性骨髄性白血病(M0)になり約半年家から遠い病院で抗がん剤治療をしました。

約半年、子どもと離ればなれで…とっても辛かったです。
今年お盆に退院して子どもとゆっくり出来て嬉しかったのも束の間、1ヶ月半で再発してしまい(M0)…さい帯血移植と言われて。
移植前にもう一度抗がん剤治療をしましたが(前処置ではなく)寛解に入れず…それでのさい帯血移植のハイリスクを考えると

容易にさい帯血移植を受けることを私は不安がいっぱいで…そのまま子どもと遠く離れたまま…て思うと私はさい帯血移植を受けない方を選択しました。 緩和ケアとして今月7()に家に帰ってきました。

今は水曜日だけ血液内科の先生が来られる地元の赤十字病院に通院という形でいますが…余命は2ヶ月くらい…こんなふうにメールしているのが信じられません…本当にすみません。
今はハイドレアという抗がん剤(毎食後)や他にノバミン、ムコスタ(毎食後)フルコナゾール、クラビット、リンデロン、バルトレックス(朝食後)

ナイキサン、カロナール(頓服薬)アモバン(寝る前)、マグミット(時々食後)を飲んでいます。
最近、地元の赤十字病院で採血しましたが、数値は見せていただけなかったんですが1週間前よりは今は落ち着いているとのことでした。

(1週間前退院した日は白血球が2900…ここでも口だけでした)
私もはっきりした数値をお伝えしたいのですが、大丈夫でしょうか…本当にすみません。
どうかお世話になりたいです…
どうか、よろしくお願いします。東洋医学(漢方医学)で少しでも希望をもちたいです…

 

回 答

病状が急性骨髄性白血病(AML)のM0タイプだったとは、さぞや落胆されている心中お察し致します。
正直M0タイプは急性骨髄性白血病の中でも最も厄介なタイプで治療効果、生存率などに置いても良い数字は
望めないとされています。
ただ、望めないにしろ0(ゼロ)ではない事も知って置いて欲しいのです。
当社が知る上で関与する白血病患者さんは過去4名おられます。
大きな意味での白血病4名の内2名は完治、1名はかなりの改善があったと聞いています。
その内、完治した2名はおそらく慢性骨髄性白血病(CML)で、改善した1名は急性骨髄性白血病(AML)M7タイプであったようです。
残りの1名は現在も治療中で遺伝性急性骨髄性白血病(AML)M1〜2で肝硬変も発症し余命を受け当社に来られた患者さんです。
余命2ヶ月とお聞きしましたが、現在抗がん剤などの治療を受けながら当社の命生液(濃縮液)を飲用され5ヶ月が経過しています。
結果は残念ながら大きな改善には結びついておりませんが白血球数1000未満から2000台まで回復されました。
白血球数ですが白血球の正常値は4000〜9000くらいと言われていますが、正常値として2800くらいの低値の方も大勢おられます。
あくまでも正常値は正常人の平均値なので必ずしも2900が低値だとは言い切れず、個人差はあります。

kn-5鹿角霊芝を飲用した結果

報告1

こんにちは、急性骨髄性白血病の○○○子です。

今朝はとっても寒かったですね。

先々週、kn-5鹿角霊芝の命生液が届いて飲み始めました(2倍)。

今日は毎週水曜日の診察、輸血でした。

診察で採血結果などを話しくださって、先生も驚きっっ!

そこそこ落ち着いてるようですo(^-^)o

白血球も1600から2300に。1週間前に血小板を輸血して下がっていましたが(0.9)

赤血球、ヘモグロビンが思いの外、持つどころか少しずつ上がっていて(赤血球232、ヘモグロビン7)

たんぽぽ茶をのんでも大丈夫ですか?

報告2

こんにちは。

今日は診察日(輸血)。

すぐに採血して先生が結果をお知らせくださって、数値も落ち着いてるみたいでした。なんとヘモグロビンが毎回徐々に上がってるみたいで本当に嬉しいです。

血小板は前回と同じ…でも下がってなかったから良かったです。

今日も赤血球と血小板と輸血ですが、先生いわく、ここまで落ち着いていることが不思議だと言っていました。

いつも報告聞いてくださってありがとうございます。

 

脳腫瘍
植物人間状態からkn-5鹿角霊芝とリハビリで生還!   匿名 50歳(神奈川県)  

平成14年5月脳が腫れて頭蓋骨を一部取り外し、一命はとりとめたものの人工呼吸器で2週間が続き、その間全く反応がない状態が続きましたが1ヶ月後わずかですが反応を示すようになりました。

 医師の見解は今後の回復の見込みが薄いのと、治療はここまでと言われました。

親として何もしないわけにもいかず、漢方の名医に相談しました。

病院先生も治療出来ないのか、漢方薬の飲用を許可してくれました。

4ヶ月ほどを飲用しましたがこれといって改善がなく、植物人間状態でした。

その漢方医がkn-5鹿角霊芝を紹介してくれました。

 鹿角霊芝の飲用を始めて半年以内に、寝たきりで言葉も食事も出来なかったのが食事も自分で食べられ、話も出来るようになり、記憶もほとんど戻りました。

 鹿角霊芝の飲用には病院の先生らのご理解と看護士さんが鹿角霊芝を飲用させて下さったことに感謝すると共に、本人が頑張ったお陰と思いますが、何より今更ながら

kn-5鹿角霊芝の効力に驚くのと紹介してくださった漢方医に感謝の念で一杯です。

具体的な経過を書きますと・・・

●脳腫瘍により植物人間となり、余命7ヶ月を宣告された。

●全身麻痺に陥り、言葉も話せず記憶もほとんどなくなって行った。

●抗がん剤を含め、有効な化学療法がないため、医師の治療はなく、漢方薬を4ヶ月処方し たがこれと言った改善が診られなかった。

kn-5鹿角霊芝を飲用し始めにわかに改善が診られ、記憶、言葉、身体的には左側に麻痺 が残り、松葉杖は必要だが歩行が出 来るまでに改善した。

●入院した病院=東京医科大学(入院治療)から川崎総合病院(改善後・リハビリ)

 

骨髄(続発性骨腫瘍)がん      奈良県65歳女性

 私は医療関係従事者です。私の母が乳がんからの転移で骨髄がんになりました。

権威ある某大学病院で有効性は低いが抗がん剤等治療しました。

結果、副作用がひどく身体は衰弱するのみで最終的に病状の改善は難しいと言う判断が下されました。いわいる治療の選択がないと言う事です。

解ってはいたものの、やはり自分の親となれば何とかしたいとの思いで、日本でも権威のある漢方専門クリニックの漢方医に相談しました。

半年強ほど漢方薬で治療しましたが、悪化はしないものの改善は確認できませんでした。 これで命尽きるのを待つだけなのかと落胆していると、漢方医が漢方薬ではないが、がんに有効性のある鹿角霊芝を試してみてはと提案あり紹介して貰ったのがkn-5鹿角霊芝でした。

自宅にて毎日欠かさず飲用した結果、改善が難しいとされている骨髄がんが検査の結果改善へと向かいました。

現代の医療ではあり得ない事に近い改善でした。鹿角霊芝を飲用し10年が経ちますが、母は元気で存命しております。

私自身医療従事者である立場から確かに薬効成分は確認出来ても漢方薬でない鹿角霊芝が難病である骨髄がんをここまで改善させるとは驚きの事実でした。

身近にてがんを患い紹介可能な方にはkn-5鹿角霊芝を試してみてはと推奨しています。

 

肺がんからの転移で続発性骨腫瘍に….     長崎県 男性

 空咳が続くようになり、息切れと胸が苦しいので検査した所、肺がんと診断されしかも骨(骨髄)に転移している事が判明し、肺がん末期と宣告されました。

肺がんは手術が難しいとの事で、取りあえず抗がん剤の治療に入りましたが副作用が酷く仕方がないにせよ、嘔吐やう脱毛、黄疸など耐え難いものでした。

家族の者とも話し合い、抗がん剤を一時止めたいと主治医に申し出ましたが、続けないと命の保証は出来ないという事でした。

肺がんは改善するかも知れないが転移した骨がんは改善が難しいと言われました。

がんが治らないのなら辛い副作用に悩まされるのは止めたいと家族皆で主治医に申し出ました。

そうは言ったものの何もしない訳には行かないので、ネットなどでがんに有効性のある様々なサプリメントを探した結果、kn-5鹿角霊芝にたどり付きました。

飲用し始めて先ずは抗がん剤の副作用により激減した食べたい体重が見る間に増え、寝付きや寝起きも良くなりました。それに自分でもkn-5鹿角霊芝が体に合い、効いていると実感がありました。

飲用し始めて3ヶ月頃から抗がん剤では改善が診られなかった肺がんが小さくなり、それよりも医師も驚いたのが改善は無理だと言われた骨がんが消えたのです。

正確には3つあったがん巣のうち2つは完全に消滅し、後1つもほぼ無くなったと報告を受けました。後は肺がんが完全に消えてくれる事を待つのみとなりました。

本当にkn-5鹿角霊芝のお陰とって言っても、改善の凄さには良い意味で未だ信じられない思いです。

 

花粉症・アレルギ−性疾患

 肺線ガンのためにkn-5鹿角霊芝を飲用したら 笹木正之  65歳(千葉県)

 私、二年前に高文化型肺腺ガンの手術をしました。

抗がん剤等薬は術前も術後も一切服用していません。

 初期癌とのことで転移は心配ないそうですが、念のため鹿角霊芝を昨年十月から飲用しております。

 それとは別に花粉症も治り、とてもよいのでこれからも続けて飲用したようと思っています。

今後の飲用の必要性がないようですが免疫力を高めるには飲用しても差し支えないでしょうか。

 なにせ金属アレルギーも治、腕時計をしても平気ですので飲用しないと少し不安になります・・・。

 鹿角霊芝のためか、正確なことは分かりませんが、事実です。どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

中央免疫強化食品研究会