■HOME      
■主催者web
 
       
  トップへ            
   

1、,根からとったり、他の部分をできるだけいためないようにしましょう。

2、必要な量だけをとりましょう。

3、なるべくつむ前と変わらない状態になるように、よく考えてとりましょう。

4、めずらしい草花や、だれかが植えたお花などは、とってはいけません。


   
 
 
1、 日ざしが強いときはぼうしをかぶりましょう。

2、 手でつんだりせず、必要なところだけ、はさみで切りましょう。

3、 手が草で切れたしないように、軍手などの手袋をしましょう。

4、 歩きやすいくつをはきましょう。サンダルやツッカケはやめましょう。

5、 虫の多いところには、防虫スプレーをふりかけから行きましょう。

6、 植物を大切に思う気持ちを大事にして、採集しましょう。


 
1、 雑誌などに挟んで持って帰る。

2、 ビニール袋に、水をしませ新聞紙をしいて、その上に乗せて持って帰る。

3、切り口に、水をしませたティッシュをまいて、枯れないようにして持って帰る。

こちらにも詳しく紹介しています↓

http://hanatohatimitu.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-f8ca.html

 

1、花びらと花びらがこすれて、傷がつかないように。

   とくに白い花は、傷になってしまうので、気をつけて。

2、 すぐに、しおれてしまう花などは、雑誌はさんで持ち帰るのがいいです。

   すぐに花びらが散ってしまうワールドストロベリーや、桜の花なども同じ。

3、きれいな押し花をつくるには、まずはお花が新鮮であること、傷がないこと、

   そして大きい花より小さい花のほうが、かんたんに押せますよ。


 
|このサイトについて|
    
                         
                         本サイトに掲載されている一切の情報の無断転載を禁じます。 HANA HYAKKA. Copyright 2007. All rights reserved.