AV機器、オーディオ機器、パソコン機器のゴムベルト代替品

バンコードの取り扱いを始めました。
カセットデッキ、CDデッキ(CDプレーヤー)、DVDデッキ(DVDプレーヤー)、パソコンDVDトレイ(CDトレイ)、ビデオデッキなど
ベルトが伸びて使用できなくなった機器がよみがえる。

((例))
@パソコンDVDトレイは、2〜3年経過するとベルトが伸びてイジェクトしなくなる製品があります。
修理に出すと新しい商品が買えるぐらいの「修理代金」を請求されます。
部品でベルトだけ購入しようとしても、メーカーは販売してくれません。
Aメーカー生産終了後7年以上経過して補修部品が無くなってしまっても、ベルトさえあればよみがえる機器は沢山あると思います。
あきらめないでください。
機器に使っている角ベルトを「ゴムベルト代替品」で手作りすることにより、また使用できるようになります。

☆特長☆
ベルト伸びが少ない。
しっかり融着すればかなりの力で引っ張っても切れません。

☆種類☆
断面径(φmm)1.5 、 2.0 、 2.5 、 3.0
長さ 約1m
色 オレンジ

断面径(φmm)1.5 ¥200税別(在庫◎)
 断面径(φmm)2.0 ¥330税別(在庫○)
断面径(φmm)2.5 ¥360税別(在庫○)  断面径(φmm)3.0 ¥420税別(在庫◎)

税別表示

★在庫状況は店頭販売もしているため最新状況でない場合があります。
×:在庫切れ手配中
△:5袋未満の在庫
○:5袋以上の在庫
◎:10袋以上の在庫

「商品に欠陥がある場合を除き、返品には応じません。」


☆簡単にベルトの作り方を説明します。
(3.0のサイズを使用しました)

@作りたいベルトの長さを測り必要な長さの×0.95の長さで
切断する。

Aベルトを固定して切り口が動かないようにする。
上記の場合セロテープで固定してあります。あまり
オススメではありません。動いてしまいます。

Bカッターナイフやカミソリの刃をライターなどで熱して
両方の切断面を溶かします。
C切断面が溶けている間に接合させ融着させる。
このままで、数時間放置しておく。

Dベルト融着完了。
接合部の余分な出っ張りを、良く切れるニッパで切り落とす。
E念のため思いっきり引っ張ってみました。
指が痛くなるぐらいに引っ張りましたが問題なしでした。


******10年ぐらい前のCDラジカセを修理して見ました******


ケンウッド オートリバースカセットの回転ヘッドが途中で止まりカセットテープが動作しない不具合が出ていました。
・メカを動かす角ベルトが伸びスリップし回転ヘッドを動かすメカ部分に十分な力がかからないことが分かり「ゴムベルト代替品」で
修理をしました。
使用したサイズは1.5φmmを使いました。
ゴムベルト代替品は、純正ゴムベルトと違い伸びないので伸びたゴムベルトと同じくらいの長さ(気持ち短く)で作りました。

交換してカセットデッキ部テストしたところ、良好に回転ヘットが回り修理完了です。
コレで平ベルトがダメになるまで使えそうです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
★★用途はベルトだけではありません。★★2010年4月追加
タケウチ電子で工作したモールス練習機用外部スピーカーに使ってみました。

7cmスピーカー
ペットボトル内部にフローティングしています。
(浮かしてある)


モールス練習機と一緒にショット。




斜めから
一番共振(音が大きく)する部分に取付加工。
横から
大体の大きさが分かると思います。

この「ゴムベルト代替品」は融着を確実に行えば、力一杯引っ張ってもなかなか切れません。
コレを利用してフローティングスピーカーを作ってみました。
((作った理由))
お客さまのご依頼でモールス練習機の制作依頼を受け500Hz〜1KHzで音の出る発振アンプを作りました。
ご要望により、大きな部屋で大人数に聞かせるため大きな音が出ることと言われたので色々なスピーカーを試してみました。
・アマチュア無線で使う外部スピーカー ←音量を大きくすると全てのスピーカー歪んでしまい使い物にならない。
・ステレオコンポ用(BOSE)スピーカー ←音量も音質も申し分ありませんがスピーカーがアンプ本体よりも高額になる。
そこで、ペットボトルをちょん切った物入れがあったので試しにおもちゃ用スピーカーを入れて鳴らしたところ以外にも良い音が
出るじゃないですか。試行錯誤の結果スピーカーコーンを表に向けるよりコーンを裏向きにし「ペットボトル」に共鳴させることにより
大音量で音が出ることが分かりましたがスピーカーをペットボトルに接触させると音量を上げることにより「ビビリ音」がして使えない。
そこで、一番共鳴するところにスピーカーをフローティング(浮かす)して見たらどうかと「ゴムベルト代替品」を使い
4点で引っ張ってみました。
見事!音量を上げてもビビリ音、スピーカー歪みも無く大音量(私の感覚ですが)で鳴らすことが出来ました。
使用したスピーカーは電子工作で使うおもちゃ用500円前後、ゴムベルト代替品1.5φmm210円、ペットボトルはそこら辺にあった物入れ0円
スピーカー配線50cmぐらい、3.5モノプラグ84円で出来ました。出来上がったスピーカーユニットを化粧ケースに入れれば出来上がりですが
予算の関係でこのまま納品です。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
’’私ごと
三菱電機HV−F11(ビデオデッキ)20年以上前に購入して5年ぐらい前まで現役で動いていました。
このビデオデッキは、ベルトスリップ以外故障もなくベルトを3回ぐらい交換致しました。つい先日録画したテープを見ようとビデオデッキを
引っ張り出しテープを入れて再生したところ、テープリールが回らずテープがクシャクシャになり非常に残念な思いをしました。
メーカーサービスへベルト在庫を調べてもらったのですが、すでに”在庫0”で入手不可能と回答され「いよいよ処分しないと」と思っていたところ
ここに掲載した部品で代用ができると知り、早速部品を仕入れてゴムベルトを作り掛けてみました。
(使用してみて)
リールベルト「ゴムベルト代替品2.0mmφ」で1本作りました。
ついでに、ローディングベルト、アームメカベルト「ゴムベルト代替品2.5mmφ」で2本作ってみました。
リールベルトは、1回でバッチリな物ができたのですがその他2本(2.5mmφ)のベルトが硬すぎてモーターのプーリーでスリップしてしまい
何度作っても手で補助しないと動かない状態になりました。2.0mmφで作り直せばおそらく問題ないベルトができたと思いますが
元々付いていたベルトが太かったので2.5mmφをチョイスしてしまったのが間違いの始まりのようなーー。
面倒なので元の純正ベルトに戻しました。
(まとめ)
融着してから1時間ぐらいで十分強度のあるベルトになりました。
太いベルトは硬いので、プーリーの大きな物でしか使えそうにない。
ベルトのサイズは、純正の太さより1サイズ小さくても十分強度がありそうです。
純正のベルトと違いあまり伸びないので長さを正確に測るのがポイント。
融着部の凸を綺麗に切り落とさないとベルトがカクカクして回るのでカセットデッキやレコードプレーヤーに使う場合は回転むらになるかもしれません。

☆2014年1月
私ごとですが、最近引っ越しをして「ビデオデッキ25年ぐらい使用、CDプレーヤー30年ぐらい使用、山水のスピーカー25年ぐらい使用などなど」私にとっては
思い出深い品々を処分してしまいました、すべて故障箇所は自分で修理し完動品でした。
前の家に19年ほど住んでいましたが、不要品(私に取っては残しておきたかった品々も含め)商業用ワゴン車に天井まで満載し処分場へ持って行きました。
気が付かないうちに、物が増えたのが良くわかりました。でも、思い出深い品々残しておきたかった。


((注意))
機器に付いていたベルトの太さを確認してから購入して下さい。

          
戻る       トップページへジャンプ        メールへジャンプ