トルテックスHOME

アクアイオンの実験結果について

  
特定商取引法に関する表記会社案内お問い合わせプライバシーポリシーリンクトルテックスHOME
マイナスイオン製品(膝サポーター他)
トルマリン製品(膝サポーター他)
ゲルマニウムとは
セラミック製品
アクアイオン製品(膝サポーター他)
法人お取り引き
AquaIonアクアイオン

【共同研究事業】



<平成20年〜青森県立保健大学との共同研究開始>
マイナスイオンの推移

私たちは、アクアイオン加工の有用性を調べるため、加速度脈波測定装置、知覚閾値測定装置、ハンディー型サーモグラフィーを用いて検証しまし た。


  対象:平均年齢55.7±6.1歳 17例(男性1、女性16)


  その結果、アクアイオン処理が共同研究において有用性がある可能性が示唆されました。とくに処理済腹巻商品における、知覚測定装置での二重盲検法での測定において、触覚、急性疼痛、慢性疼痛閾値が未処理品を上回る結果がでました。これはアクアイオン処理が鎮痛に対して未処理商品より有用である可能性があります。
  その他、処理品着用群の指先の低温状態からの温度回復が、未処理着用群より早く、抹消循環によく、交感神経の緊張を抑えている可能性があります。   今後のさらなる研究が必要ですが、アクアイオン加工がヒトに対して有用な可能性があります。


             青森県立保健大学大学院教授 渡辺一郎医学博士

このページのトップへ

Copyrights UNIVERSE Co.,LTD. All Rights Reserved.