占い結果は、日頃の食事に左右されることを占いの元祖水野南北に学ぶ

 

あなたの人生がうまくいかない理由は食にあります
どんな有名占い師に観て貰おうが、霊媒師にたのもうが
無駄な理由を書きます。

食を変えれば、占いの結果をも変えることが可能なのです。

占いの元祖と言われた水野南北の人生から気づきを得ましょう。

そして占いにお金を貢ぐのはやめましょう。

水野南北ストーリー

18歳のとき、酒代欲しさに悪事を働き牢屋に入れられます。
そこで、南北は、牢屋にいる人と世間にいる人では
あきらかに顔相に違いがあることに気づきます。


そこで牢屋を出ると、さっそく有名な人相家に自分の相を
見てもらったところ、「剣難の相であと1年の命」と宣告されてしまいます。

愕然とした南北が、助かる方法はあるかと問うたところ、
その唯一の方法は出家であると言われ、禅寺を訪ねると
住職が、南北の悪相に、断ろうと思い、

「向こう1年間、麦と大豆だけの食事を続けることができたなら、入門を許そう」と告げたのです。

1年、実行して、寺に行く前に例の人相家を訪ねたところ
人相家はおおいに驚きます。


「あれほどの剣難の相が消えている。貴方は人の命を救うような、何か大きな功徳を積んだに違いない」と

南北が、食事を変えて1年間貫き通したことを話したところ、それが陰徳を積んだことになって、
彼の凶相を変えてしまった、というのです。


出家する必要のなくなった南北は、観相家になりました。

南北の、教えを紹介します。


「食事の量が少ない者は、人相が不吉な相であっても、運勢は吉で、それなりに恵まれ
 た人生を送り、早死にしない。特に晩年は吉。」

「食事が常に適量を超えている者は、人相学上からみると吉相であっても、物事が調い
 にくい。手がもつれたり、生涯心労が絶えないなどして、晩年は凶。」

「常に大食・暴食の者は、たとえ人相は良くても運勢は一定しない。もしその人が貧乏で
 あればますます困窮し、財産家であっても家を傾ける。大食・暴飲して人相も凶であれ
 ば、死後入るべき棺もないほど落ちぶれる。」

「常に身のほど以上の美食をしている者は、たとえ人相が吉であっても運勢は凶。美食を
 慎まなければ、家を没落させ、出世も成功もおぼつかない。まして貧乏人で美食する者
 は、働いても働いても楽にならず、一生苦労する。」

「常に自分の生活水準より低い程度の粗食をしている者は、人相が貧相であっても、い
 ずれは財産を形成して長寿を得、晩年は楽になる。」

「食事時間が不規則な者は、吉相でも凶。」

「少食の者には死病の苦しみや長患いがない。」

「怠け者でずるく、酒肉を楽しんで精進しない者には成功はない。成功・発展しようと思う
 ならば、自分が望むところの一業をきわめて、毎日の食事を厳重に節制し、大願成就ま
 で美食を慎み、自分の仕事を楽しみに変える時には自然に成功するであろう。食を楽し
 むというような根性では成功は望めない。」

「人格は飲食の慎みによって決まる。
 酒肉を多く食べて太っている者は、生涯出世栄達なし。」


 

 

 

 

 

 

あなたの進む道の答えを知る占い、相性、結婚、進路、無料TOP

コメントはこちら