左側に目次がない時はこちらをクリックしてください

2014年のピアノ調律と修理の記録
特徴のあるものをご紹介いたします。


神戸市須磨区 M様
今回初めてのご依頼
MIKI
ミキピアノ
昭和43年購入の古いピアノ
38326

調律のブランクは21年です。
息子さんファミリーのところへ運ぼうという話しが出たため
ご相談をいただきました。
まず、古いピアノですので使えるかどうかの調律を提案しました。
今回は、ピッチ上げ442ヘルツの調律です。
伺って弾いてみました。
音はかなりの違和感です。

音が出にくいところが1か所ありまして
中音部のよく使う部分でしたので見ていただきました。
その音だけ部品の動きが悪く見たらよくわかりました。
ペダルはすべて使えます。
掃除機でピアノのなかを掃除して
一回目の調律を開始しました。
1時間弱で調律できました。
弦は切れずに持ちこたえましたが
ピンが甘いので、音が狂いやすいと判断しました。
使えるけれど、音は狂いやすいだろうとお話ししました。
試し弾きをして、
中音部の動きの悪い部品を見ました。
少し手を加えましたら動きがよくなり
音は出やすくなりました。正常です。
部品交換はしていませんし1か所なので無料です。
2回目の調律を開始しました。
さらに丁寧に合わせていきました。
先ほど調律したばかりですが、試し弾きをしただけで狂ってきています。
こりは今後調律を重ねていかないといけないだろうと
予測しました。お伝えしてあります。
最後まで調律して音の確認をし、鍵盤を拭いて外装を拭きました。
すべて元に戻して、組み立ててから再度確認をしました。
乾燥剤をひとつ入れました。
今度は、息子さんファミリーのところへピアノが到着しましたら
調律に伺います。
防震インシュレーターのご注文をいただきましたので
発注しました。割引できますのでお得です。
喜んでくださいました。
このたびはありがとうございました。
感謝いたします。


神戸市垂水区 M様
今回初めてのご依頼
ヤマハのアップライト
U1
766907
昭和43年ごろ製造のピアノです。
調律カードはありません。
お伺いするのは2回目です。
前回はピアノウォッチングに伺いました。
古いピアノです。

調律ブランクは28年でした。
このピアノが使えるならご実家から新居に運びたいとのことでした。
ピアノウォッチングでは「使えそうだ」というところまでお話しさせていただきました。
「使えます」と断言できませんでした。
新居に運ぶ前にご実家での調律を提案させていただきました。
調律前の状態は

●音は全て出ている
●弱音ペダルが効いていない
●音が大きく崩れている
ピッチは限りなく下がっておりました。
弱音ペダルは手入れと調整で治りました。
ペダルの調整は無料です。
まず、ピッチを上げる調律をスタートさせました。
1時間ほどで引き上げました。
この段階でお客様と私とで試し弾きをしました。
かなりいい音になっており喜びました。
そのあと、更に調律を続けることにしました。
調律を2台分続けてするようなイメージです。
1台のピアノに2回の調律をしています。
ピッチは442ヘルツに合わせることができました。
途中で、雑音が聞こえてきました。
もともと出ていた雑音のようでしたが
ピアノの音がクリアになればなるほど雑音が目立ってきたということです。
雑音の原因は最低音1か所は弦の劣化です。
こちらは音程は合わせましたが音質が異なりました。
これはいたしかたなく見送りです。
高音部の雑音は部品と部品がこすれる度に出ている雑音でした。
こちらは部品の手入れをしましたら無くなりました。
無料とさせていただきました。

ダンパーペダルの雑音は油さしで解消しました。
無料です。
調律以外に、雑音の説明や、治す方法など
すべて説明させていただいたりしましたので
1時くらいから夕方5時くらいまでかかりました。
新居にピアノを設置する際の防音対策なども相談に乗り
防音じゅうたんなど手配いたしました。
次回は来年はじめに調律に伺い、再度調律をさせていただき
新居でのピアノライフを楽しんでいただきたいなと思っております。
このたびはありがとうございました。
感謝いたします。



高砂市 N様
今回初めてのご依頼
ヤマハのアップライト
U3M
3458710
昭和56年購入
最終記録は昭和61年
3回ピアノ移動をされています。

調律のブランクは28年ほどです。
今まで調律せずにピアノを使ってこられていますが
おばあちゃまがピアノ調律をした方がよいと
お声かけされたそうです。

まず外装を外そうとしました。
固くて外れなかったので奥様に手伝っていただいて2人がかりで外しました。
湿気で木がふくらんでいることと、長い間開け閉めがされていなかったので
固まっていたようです。
とあるところで「紐が切れていたら修理」という言葉を聞かれていました。
修理の金額は数万円とのことでした。
紐というのはフレンジコードのことだとわかりました。

N様のピアノはフレンジコードがほぼすべて切れていました。
N様のピアノは普通に弾くことはできます。
ピアノを使っておられる娘さんがかなり上達されているので
連打やトリルなどの多い曲は弾きにくいだろうと察しました。
今回は調律だけさせていただきましたが
今後フレンジコードの修理はされることをお勧めしました。
強制はありませんので、ゆっくり検討していただきます。
調律前のピアノのピッチは低かったです。
音階もバラバラでした。
442ヘルツに合わせました。合わせるために四苦八苦しました。

弦は切れなかったですが、バンバンと弦が反発する
怖い音が何度も出ました。
弦は調律中に切れることもあるし
演奏中に切れることもあるし
無人の状態でだれもピアノを弾いていない時に切れることもあります。
バンバンという音は
弦の劣化と弦を抑えているピンの周りのゴムの劣化が原因かと思われます。
ピアノのなかの掃除をしてから調律を始めました。
途中で娘さんが帰宅されたり
依頼のきっかけのおばあちゃまとおじいちゃまが来られたり
奥様とピアノについて話したりということが間にありまして
調律だけで休憩なしで3時間以上かかりました。
なんとか形になりまして、娘さんにも弾いていただいたりしました。
調律は2回しました。1回目の調律の後、試し弾きをしていただいて
2回目の調律の仕上がりの後も弾いていただきました。
ブランクが長いあとの調律は、いい音になりましても
すぐに音が崩れてきます。
次の調律は早めなさることが理想です。
乾燥剤をひとつ入れて外装と鍵盤を拭いて終わりました。
喜んでいただけたので嬉しい疲労でした。
このたびはありがとうございました。
感謝いたします。



神戸市北区 I様
初めてのご依頼
ヤマハのアップライト
MIKI
ミキピアノです。
譜面台のところにMIKIと書かれています。
36というシリーズ
66810
昭和52年購入で、最終記録は昭和57年です。
ブランクは32年です。
ピアノをご実家から運ばれて新居に置かれました。

運ぶ前から低音部のひとつが鍵盤をたたいたら沈んだままで
上がってこないという状態でした。
この症状は少し手入れをしましたら治りました。
無料です。しばらく様子を見ていただきます。
弱音ペダルは機能していませんでした。
こちらは調整で治りました。無料です。
弱音ペダルの調整金具が劣化している可能性がありましたので
使っていただきながら様子を見ていただきます。
ピッチが限りなく低くなっており
1音ほど下がっていました。
鍵盤のドのところを叩くと出てくる音がその下のシの音。
レのところを叩くと、その下のドの音が出るという感じです。
かなりの重症です。
これを442ヘルツに引き上げました。
調律には2時間かかりました。
外装にはカビのかれた跡があり汚れも付着していました。
綺麗にしたいということでしたので
コンパウンドとクリーンエースで試してみました。
クリーンエースだけで汚れがとれましたので
家庭用1本400円をお分けしました。
私が調律をしている間に奥様が磨かれまして
調律が終わってから私も一緒に仕上げ磨きをしました。
見違えるほど綺麗になりました。
ピアノのなかの掃除もしました。
部品の劣化でフェルトの粉がピアノのなかにあちこちありました。
掃除機で吸い取りました。
乾燥剤を2個入れて鍵盤を拭いて仕上げました。
調律が終わって少ししたら子供さんが帰宅されました。
ピアノの中が開いた状態で見ていただき私が弾いて聞いていただきました。
次回の調律の時期はお客様にゆだねました。
次回は早ければ早いほど良いと思います。
ピアノの音は、すぐに崩れると思います。
初めてお電話いただいたときにもお話ししました。
今回はチャレンジ調律という感じです。
やれることをやれるだけやりました。
少しづつよい状態になってくれたら嬉しいです。
このたびはありがとうございました。
感謝いたします。



神戸市北区 M様
今回初めてのご依頼
神戸市西区のK様からのご紹介
カワイのアップライト
BL71
グランドピアノのデザインを取り入れたタイプです。
譜面台が立体的になっており
鍵盤蓋はグランドピアノと同じスタイルです。
982935
昭和53年購入のピアノで
最終調律と修理は平成24年。
ブランクは約2年です。
とある調律師さんに修理を提案され、有料修理されてから
ピアノの調子が悪いとのことです。
もともと調子がよかったらしいのですが
ピアノが古くなってきたので修理をしましょうと提案があったそうです。

不具合の状態は鍵盤が戻りにくい
連打ができないという箇所がいくつもあるということでした。
伺ってすぐに弾いてみましたら、
鍵盤がすぐに上がってこないのでとても弾きにくい状態でした。
結論から申しますと、弾き易くなりました。
調整に時間がかかりましたので小額いただきました。
一時半ころから調律と手入れをさせていただいて
五時ころに終わりました。
途中でお茶休憩をいただきましたので
休憩時間は20分ほどだったかなと思います。
とにかくよい状態にしたいと思いましたので
頑張りました。
私が弾いて聞いていただいて見ていただいて
とてもよくなったと喜んでいただけました。
乾燥剤を2個入れて外装と鍵盤を拭いて終わりました。
今後は経過を見ながらお付き合いさせていただくことになりました。
このたびはありがとうございました。
感謝いたします。


神戸市西区井吹台北町 M様
今回初めてのご依頼
ヤマハのアップライト
UX3
3929672
昭和59年購入のピアノ
最終調律は平成25年2月です。
1年9カ月ぶりの調律
ご主人のご実家から運んでこられています。
ご依頼時のお話では

●1か所ビリビリという雑音がある
●譜面台がグラグラしている
ということでした。
調律前に弾いたりペダルを踏んだりしてみましたら
弱音ペダルは機能していませんでした。
結果的に申し上げますと
●ビリビリ音はネジしめでいったん解消しました。
今後は様子を見ていきます。無料です。
●譜面台のグラグラは金具を新品に取り換えました。
小額の有料です。
●弱音ペダルは調整しましたら機能しました。無料です。
掃除機でほこりを吸い取り、調律をスタートしました。
丁寧に合わせていきました。
音の崩れ具合にはばらつきがありました。
綺麗な旋律になりました。
調律が終わるころに子供さんも帰宅されまして
外装を開けたままで弾いてもらったり
ペダルの説明をしたりしました。
楽しいひと時でした。
乾燥剤をひとつ入れて外装を磨き、鍵盤をクリーナーで拭いて
終わりました。
次回の調律の時期はお任せです。
このたびはありがとうございました。
感謝いたします。


神戸市西区学園東町 M様
今回初めてのご依頼
前回M様の妹様宅へ行きました。
調律のご依頼は姉妹ご一緒にくださいました。
TOYOピアノ
東洋ピアノ製造のピアノです。
Aizenaha
アイゼナハ
平成6年に製造されたものですが
平成22年までの調律記録は不明です。

長期ブランクがあったということが分かっているだけです。
前回の調律は3年前でした。
調律3年ブランクですが音は限りなくピッチが下がり切っておりました。
理由は分かりません。
今回442ヘルツまで上げ調律をしましょうとご提案しました。
低音部に数か所雑音がありました。
中音部にも時々雑音があるそうです。
右のペダル、ダンパーペダルを踏むたびに違和感のある雑音があるとのことでした。
まず掃除機でほこりを吸い取りました。
低音部の雑音は前回調律師さんに治してもらったけれど
また出ているということでした。

低音部の雑音についてしばらく部品を動かしながら観察して
原因を突き止めました。
簡単な作業で雑音は消えました。作業は無料です。
今後は様子を見ていきます。
ペダルの雑音は最後で見ることにしました。
調律をスタートさせました。
442ヘルツに合わせていきましたが、
とても合わせにくく苦労しました。
1回目の調律が1時間ほど。
途中でお茶を一杯いただいてすぐに2回目の調律をしました。
2回目も1時間ほどかかりました。
1回目と2回目合わせて2時間ほどかかりました。
よい音になりました。

ペダルの雑音を解消させたくていろいろ観察しました。
ある部分に油を差しまして治せました。
こちらの作業は無料です。
ピアノを弾いている娘さんが学校から帰宅されましたので
確認していただきました。
お母様にも雑音や音の確認をしていただきました。
最後はピアノを磨いて乾燥剤をふたつ入れました。
少しづつピアノを弾きあいっこして聞かせていただき
聞いていただきました。
楽しいひと時でした。
次回は早い目にご依頼くださるのがよいとアドバイスしました。
たくさん弾いて楽しいピアノライフをお過ごしください。
このたびはありがとうございました。
感謝いたします。



神戸市垂水区西舞子 S様

今回初めてのご依頼
STEINMEYER
スタインマイヤーのアップライト
SK2
821339
昭和54年購入で最終調律は平成13年です。
不具合がいろいろある古いピアノで調律ブランクが12年。
いきなり調律に伺うのは無謀かなと感じまして
ピアノウォッチングに伺いました。
●連打できないところが数か所ある
●以前、音が出にくいところがあった
●音が気持ち悪いくらい崩れている
まず弾かせていただいたら、本当に気持ち悪い音でした。
ダンパーペダル(右のペダル)が傾いていたので
どうしてかなと思い見てみましたら
軸になっている棒が半分抜けていました。

ペダルが傾いているのですが
踏んだらペダルは効きます。
最悪の場合はこのままいくしかないかなという感じでした。
私の今までの仕事で初めての症状でした。
いろいろやってみましたが駄目でした。
これは大工仕事かなと思いましたので
下板の外し方をお客様にお教えして
ペダルの仕組みをお話しして、何かできることがあれば
してみてくださいと伝えました。
結果を申しあげますと、私が帰宅してから
S様のお父様が見事な作業をなさいまして
ペダルは正常になったとのことでした。

調律師が丁寧にペダルの仕組みを説明したからこそ
今回はうまくいった例だと思います。
知識無しに触るのは危険ですのでご注意ください。
連打がしにくいところがありましたので原因を探しましたら
湿気の影響を受けていて鍵盤がスムーズに動いていないということと
スティックをおこしているということでした。
二か所のスティックは簡単な処置でよくなりましたので無料です。
今回、鍵盤調整をすることにしました。有料作業です。
調律の予約はしていただいているので
今回は鍵盤調整をさせていただきました。
次回は調律をして乾燥剤を二個入れる予定です。
外装を磨くクリーンエースもご希望とのことでした。
次回の調律でいい音になりますように。
このたびはありがとうございました。


神戸市西区井吹台東町 D様
今回初めてのご依頼
ヤマハのアップライト
U3H
1886642
昭和49年に購入
最終調律記録は平成14年
調律のブランクは11年
お電話いただいたときにお聞きしていたことは

●音が狂っている
●弱音ペダルの不具合
まずピアノの調律前に弾いてみました。
とても気持ち悪い音階でした。

弱音ペダルは効いているところと効いていないところがありました。
よく見ましたら、効いていないところは弱音フェルトの劣化摩耗による破損でした。
修理用の張り替え用のフェルトはあるのですが
摩耗による破損部分が一か所で小さかったので
奥様に説明して市販の手芸用フェルトを差し上げて
手縫いで修理してもらいました。
材料は小さなものですしアドバイスも簡単なものでした。
作業は奥様ですので無料です。
音は少し時間をかけて調律しなければならないなと思いました。
掃除機で掃除をしていたら
カビがありましたので
歯ブラシでこすりとりました。
夏休みでしたので小学生の娘さんが在宅されていました。
興味があるようでしたので、調律道具の音叉の使い方を
お教えして、一緒に鳴らしてみました。
音はかなり低いピッチでした。

ダンパーペダルと言う右のペダルは
踏むたびにギィギイ鳴りました。
油をさしましたら、ギィギイ音は無くなりました。
こちらの油さし作業は無料です。
調律を開始しました。
一時間ほどで一回目の調律が終わりました。
音の高さは442ヘルツに合わせました。
この段階でお客様はとても喜んでおられました。
とても嬉しい瞬間です。でもまだ途中です。
この途中段階で娘さんに試し弾きしてもらいました。
コンクールに出られるレベルでしたので
とても軽やかに演奏されました。
「違う違う。何もかも違う」と喜んでいただきました。
私もためしに弾かせていただきました。
弾いているうちに崩れてくる音がありました。
そして二回目の調律を開始しました。
どんどん合わせていきました。
きれいな旋律になっていきました。
本当に気持ち良い音になりました。
鍵盤も外装もよく汚れていましたので
拭いたり磨いたりしました。
乾燥剤を一個入れて終わりました。
鍵盤クリーナーをひとつ欲しいと言われましたので
お分けしました。使い方も伝授しました。
このたびはありがとうございました。
感謝いたします。


神戸市西区美穂が丘 F様
今回初めてのご依頼
ピアノ移動の前に一度見てほしいというご依頼でした。
LOREX
ロレックス
調律カードがありませんでしたので詳しい詳細は不明です。
ピアノを管理されていたお母様とお姉さまの記憶があいまいで
前回の調律の時期など不明です。
以前に音が出ないところがあったようですが
なんらかの処置がされて治っていました。

弦と弦の間に分厚いフェルトが挟んでありました。
調律師としてはできるだけしたくない処置です。
私はしたことがありません。
調律をするためにフェルトを外しました。
フェルトが挟んであったところは音が合わせにくかったところなのだと思います。
ピアノは古いものだと思いました。
KR27
46650

まず弾いてみましたら不快な音階でした。
弱音ペダルは聞いておらず
右側のダンパーペダルは少し効きが悪い感じがしました。
一番下から二つ目のA♯は、鍵盤をたたくとそのあと鍵盤が上がってこず
音が出続けていました。
ピッチはかなり低くなっておりました。
掃除機でほこりを吸い取り、調律を開始しました。
鍵盤がざらざらしていましたので、鍵盤クリーナーで汚れをふき取りました。
チューニングピンが甘いところがありました。劣化の症状です。
調律しにくく音が合わせにくいことが分かりました。
調律開始してすぐに、「丁寧に調律しても70点くらいにしかならない可能性が強い」と
お客様に伝えましたら「出来る限りお願いします」とのことでした。
一時間ほどで、442ヘルツの高さの音になんとか上げました。
持参したおにぎりで簡単な昼休憩をいただいて
再び調律しました。なんとか音が合わせられました。
こちらも一時間かかりました。

下から二つ目のA♯は湿気を含みすぎていて鍵盤がうまく上下していませんでしたので
簡単な処置をしましたら治りました。こちらの作業は無料です。
弱音ペダルはなんとか調整して正常になりましたが
使っているうちに不具合が出るかもしれないとお伝えしました。
こちらも無料です。
ダンパーペダルは、出来る限り調整しましたらよくなりました。
こちらも使いながら様子を見ていただいて
不具合が出たら教えてくださいとお伝えしました。
作業は無料です。
ピアノの状態が湿気の影響を受けていることもあり
乾燥剤は強制ではないですが入れたほうが良いと思いますと
お話ししまして二個入れました。
外装がひどく汚れていて、クリーンエースで拭きましたら
古いタオルが真黒になりました。
汚れがきれいにとれてぴかっと光りました。
調律前に弦と弦の間に挟んであったフェルトはビニール袋に入れて
メモをつけてピアノの中に保管してあります。
長い時間かかりましたが良くなりました。
このたびはありがとうございました。
感謝いたします。


神戸市垂水区塩屋北町 T様

今回初めてのご依頼
アトラスのアップライト
Atlas
330484
ピアノの中にあった記録用紙には
昭和47年に製造されたと書かれていて
昭和50年から調律されていました。
このピアノはピアノを専門にされている方からの
譲り受けのピアノだということでした。
毎年調律がされていて、1年ほど前に調律されたとのことでした。
●弱音ペダルが使えない
●ダンパーペダルは修理済み
●音がいくつか気になる
ということでした。
まずお伺いしてピアノを弾いてみますと
1年ごとの調律を続けてきたというピアノには思えない
バランスの崩れた状態でした。
コンクールに出るくらいの子供さんとピアノの弾けるママが
かなりの頻度で弾いているということでしたが音は気になりました。
弱音ペダルは根元のネジが無く、完全に外れていて
私の持ち合わせのネジは合いませんでした。
ですので弱音ペダルは使用不可です。
大工仕事になりますのでご主人にチャレンジしてもらうこととなりました。
私からご主人にもお話ししました。
ダンパーペダルは前回修理しているということでしたので
確認しました。理解できました。
ソフトペダルは正常でした。
ピッチは前回高めに合わせてあるようでした。
調律をスタートしました。
音質にばらつきがありました。
ピアノがかなりくたくたになっているのかなという印象でした。
どんどん合わせていきました。
ひどくずれているところもありました。
どんどん美しい音になっていきました。
お客様も同じお部屋におられましたので音の変化を感じておられたようです。
途中で一度弾いてみてもらいました。
良い反応でした。この瞬間が私の喜びです。
私も少し弾かせていただいて、もう少し調律させてほしいとお伝えして
調律をしました。どんどん良くなりました。
ひとつハンマーがグラグラしている個所がありました。
このままの状態で使っていくとハンマーが外れてしまう危険性があります。
気になりましたので部品を外してみましたら
センターピンが少し飛びだした状態でした。
想像どおりでした。
もう一度、正常な位置にセンターピンを戻しました。
元の位置に戻すときにプライドルテープがちぎれました。
劣化でもろもろになっていたようで、触っただけで破損です。
新しいテープを貼りつけて、元の位置に戻しましたら正常になりました。
小額修理代金としていただきました。

鍵盤と外装がひどく汚れていましたので
鍵盤クリーナーで拭きましたら鍵盤はきれいになりました。
外装もかなり汚れがとれました。
私は外装磨きにクリーンエースを使っています。
お客様がご希望されましたので1本400円でお分けしました。
長い時間かかりましたが良い仕事ができました。
もしかしたら音の崩れが早いピアノかもしれません。
まだ一度しか見させていただいていませんのでわかりません。
とにかくコンクール頑張ってください。
このたびはありがとうございました。
感謝いたします。


神戸市西区春日台 H様
今回初めてのご依頼
春日台のI様からのご紹介です。
ヤマハのアップライト
U3A
4147566
昭和60年に購入
最終調律の記録は平成5年でした。

調律のブランクは20年です。
ご実家から新居に運ばれてきました。
リビングダイニングに一度設置された後
和室に移動されています。
「音の狂いはあまりわからないです」
とのことでした。
まず、調律をする前に少し弾いてみましたら
音はかなり崩れていました。
外装を外して、まずピアノの中を掃除しました。

弱音ペダルが少し効いていない個所がありました。
最後のチェックの時に微調整して治しました。
ペダル調整は無料です。
まず調律を開始しました。
442ヘルツを目指して合わせていきました。
1時間ほどかかりまして1回目の調律が終わりました。
お客様は中学生のころまでピアノを習っておられた方です。
試しに弾いてみられますかとお声かけしました。
弾いてみられましたら、調律前と調律後の音の違いに
気がつかれましたて「気持ちいい音」と言ってくださいました。
私も試しに弾かせていただきました。
鍵盤を叩いて刺激を与えるという意味があります。
そして持参したお弁当でお昼休みをいただきました。
食べた後、再び調律を開始しました。
丁寧に合わせていきました。
どんどん音がクリア―になっていきました。
最終段階で、もう一度試しに弾いていただいて
私も弾かせていただいて確認しました。
ペダルのしくみを説明させていただいて
乾燥剤をひとつ入れて、外装と鍵盤を拭いて終わりました。
長時間になりましたが、お付き合いありがとうございました。
ピアノの音はブランクの長いあとの調律ということもあり
崩れてくるのは早いと思いますが
思い切って弾いていただきたいと思いました。
発表会のためにいい音で練習していただけます。
本当によかったです。
このたびはありがとうございました。
感謝いたします。


神戸市垂水区高丸 T様
今回初めてのご依頼
カワイのアップライト
KS-2F
M1240425
昭和56年購入の古いピアノです。

●過去に弱音ペダルを修理したことがある
●ひとつだけ連打しにくい個所がある
●メトロノームを購入したい
●調律のブランクは約四年です
まず、弱音ペダルは若干部品の劣化が感じられ
お客様の弱音ペダルの使い方に合わせて工夫して処置しました。
無料です。
連打しにくい個所は、湿気が瀬原因だと考えられました。
部品交換はしていません。
簡単な処置でほぼ正常に戻せました。無料です。
メトロノームはカタログを見ていただきました。
後日注文なさいます。キーカバーなども検討されています。
ピアノの中を掃除しましたら
ほこりのかたまりがいくつもありました。
掃除機で吸い取りましたのできれいになりました。
調律は少し時間がかかりましたが
442ヘルツに合わせました。
秋に発表会があるそうです。
素敵な演奏に仕上がりますように。
乾燥剤をふたつ入れました。
奥様も娘さんも調律について興味があるようでしたので
色々お話ししました。
音叉も一緒に鳴らしてみました。
とても充実した時間でした。
このたびはありがとうございました。
感謝いたします。



神戸市垂水区青山台 Y様

今回初めてのご依頼
垂水区青山台S様からのご紹介
前回の調律から約2年ぶり
ヤマハの木目のアップライト
U1
147055
平成19年に中古ピアノを購入され
購入されたお店で毎年調律されていました。
購入されたお店の調律師さんから
購入して3年目に大がかりな修理の提案があり
少し不信感などが出たまま数年が過ぎております。
音はとても不安でした。
「ピアノの状態はあまりよくないです」とお聞きしていましたので
心構えはしておりました。
33F(真ん中よりやや左側のファの音)が連打不能でした。
ピアノを弾かれる娘さんはかなり上手に弾かれますので
連打できないのは嫌だろうと察しました。
小額で治るかもしれないということでチャレンジしました。
小さなセンターピンという部品の交換をしました。
仕上がりは100点ではありませんでしたのでお客様に説明して
無料にしました。連打は可能になりました。
いまのところ雑音もありません。
修理してよかったと感じています。

次回の調律の時に再度確認します。
調律をしてピアノの中の掃除をして
乾燥剤をふたつ入れて外装を磨き、鍵盤を拭いて終わりました。
このたびはありがとうございました。
感謝いたします。


明石市魚住町 S様
今回伺うのは二回目。
前回はピアノウォッチングでした。

お電話でお話しを聞いた限りでは
いろいろな不具合が出ていると予測しましたので
大がかりな修理になるかならないか判断しようということで伺いました。
結果は、
●調律
●弱音ペダルの工夫をかねた調整(無料)
●弱音ペダルのフェルトの張替(有料)
●湿気の影響を受けているようだと判断しまして
お客様と相談の上、乾燥剤二個
☆丸椅子が古いので高低調整のできる新しい椅子を検討
このような見積もりになりました。
今回は調律をしました。
ETERNA  エテルナ
このピアノはヤマハエテルナといいます。
ヤマハが販売していたピアノです。
中の印字はTENRYUGAKKI読み方はてんりゅうがっきです。
このピアノはとても歴史があるのです。
以前にエテルナピアノをお持ちの方からの質問で
色々調べたことがありました。
ご主人のご実家にあったピアノを新居に運ばれています。
昭和40年購入で
調律のブランクは約十年です。
弱音ペダルの部品が半分壊れているので
前回のピアノウォッチングの時に少し手入れしました。
この段階でとても満足なさいました。
このタイプの弱音装置は特殊な作りになっています。
部品がありませんので応急処置してあります。
いまのところ正常に使えます。
ただいつまでもつかはわかりません。
ピアノの音はひどく崩れており
ピッチは十年調律ブランクとはいえひどく下がっていました。
前回のピアノウォッチングの時に掃除機でほこりを吸い取りましたが
今回もまた掃除機で吸い取りました。
ほとんどほこりは無かったと思いますが掃除をすると気持ちがいいものです。
まずピッチを442ヘルツに上げてみました。
なんとか上がりそうでしたので、どんどん引き上げました。
一時間ほどで一回目の調律が終わりました。

一か所、小さい部品の位置がずれていることを発見し、元に戻しました。
この個所は特に連打がしにくかった個所です。無料調整です。
弱音ペダルのフェルトが劣化していたのでお客様の希望があり
取り替えました。フェルトをカットするところなどお客様に指示して
してもらいました。細かい指示をだしたり微調整したり仕上げたりは
私がしました。材料代だけ頂きました。
一回目の調律の後、ピアノに刺激を与えるために
試し弾きをしました。お客様にも弾いてもらいました。
この段階で「とてもいい音になってる」と言っていただきました。
しかしこれで終わりではありません。
もう一度調律しました。こちらも一時間ほどかかりました。
ブランクの長いピアノは音を合わせるのがとても大変です。
そして合わせた後に早目に狂ってきます。
そのことを踏まえて丁寧に合わせました。
弱音ペダルはとてもいい具合に仕上がりました。
みんなで喜びました。
乾燥剤を二個入れました。
鍵盤をクリーナーで拭いて、外装を磨きました。
外装はよく汚れていましたがきれいになりました。
外装を磨くクリーンエースもご購入いただきました。
古いピアノですので椅子は丸椅子です。
椅子をご購入いただきました。
割引価格でお分け出来ましたので喜んでいただきました。
長時間の作業となりました。
本当にありがとうございました。
このたびのご依頼ありがとうございました。
感謝いたします。


神戸市須磨区 E様
今回初めてのご依頼
ヤマハのアップライトピアノ
U1A
3994268
昭和59年に購入。最終調律記録は平成6年。

調律ブランクは19年です。
音はひどく崩れていて、ピッチが下がり切っていました。
ドの鍵盤をたたいたときに、その下のシの音が出ているほどの状態でした。
左側のソフトペダルに雑音がありました。
ピアノの中には、ゴキブリの卵のカラカラになったものがありました。
取り除きました。

湿気の影響を受けていて、高音部にふたつ連打不能な個所がありました。
まず掃除機で掃除をしまして、一回目の調律をしました。
442ヘルツにひき上げました。
弦は切れずに持ちこたえまして、一時間ほどかかって調律しました。
そのあと試し弾きをして、ピアノに刺激を与えました。
自分で持参したお弁当で簡単な昼休みをいただきました。
そして一息ついて二回目の調律スタートです。
再度丁寧に合わせていきました。

高音部の連打不能な個所は部品の交換はせずに
簡単な手入れで治りました。無料です。
ソフトペダルの雑音は油をさしました。無料です。
雑音はなくなりました。
ピアノのことを考えて乾燥剤をふたつ入れました。
鍵盤の汚れがひどかったのですが、クリーナーで拭きとりましたら
とてもきれいになりました。
外装もくすんでいましたがぴかっと光りました。
外装を元に戻して点検をして終わりました。
音もよくなり、外装もぴかつと光りまして、お客様と喜びあいました。
本当にうれしい瞬間でした。
この瞬間のために毎日活動していると言ってもいいくらいです。
次回の調律の時期はお任せです。
楽しくピアノを弾いてもらえたら嬉しいです。
このたびはありがとうございました。
感謝いたします。


明石市大久保町高丘 I様
今回初めてのご依頼
カワイのアップライト
マホガニーという色です。ワインレッドとも言います。
KL502
458660
昭和55年に購入、最終調律は昭和56年

調律のブランクは32年
まず伺ってすぐにピアノを弾いてみました。
鍵盤がスムーズに叩けない個所がいくつか感じられました。
連打のできない個所がいくつかありました。
ペダルはすべて機能していました。
外装を外すと、大きな乾燥剤か4個入っていました。
30年ほどたっていますので、袋は劣化して変色していました。
それらをとりだして、掃除機でほこりを吸い取りました。
1回目の調律を開始しました。
1時間ほどかかりました。
442ヘルツに合わせるのは大変でした。

鍵盤がスムーズに叩けない個所の原因は二つありました。
そのうちのひとつは比較的簡単な作業です。
1か所試してみて効果がみられましたのでお客様にお話ししました。
有料ですが小額なので「お願いします」ということでしたので
作業をさせていただきました。
とてもよくなりました。
もうひとつの原因の個所はそのままです。
部品の交換になりますので少し時間もかかりますし費用もかかります。
今後ご希望がある場合は対応します。
1回目の調律の後、試し弾きをして、休憩なしで2度目の調律を開始しました。
1時間ほどかけて丁寧に合わせてきました。
音が整ったので子供さんをお誘いしてピアノを弾いてもらいました。
外装を外しているので、部品が動くのが良く見えておもしろいのです。
私は近くで外装の外している部分を磨きながら見守りました。
私も少し弾かせていただきました。
音が美しく心地よく感じられました。
お客様も、心地よい音を喜んでくださいました。
今回、ピアノが湿気の影響を強く受けていることが分かりましたので
乾燥剤を2個入れました。
ペダルの使い方をお教えしました。
外装も鍵盤も磨いてきれいになり、音も整い作業を終了しました。
次回の調律は半年以内のお好きな時というのが理想です。
長いブランクのあとの調律は音の狂いが早くやってきます。
強制はありませんし、私からのお声かけもありません。
どのお客様に対しても私から連絡しません。
リピートされている方は皆さんご自分から連絡してきてくださいます。
私はいつも受け身で動いています。
このたびはありがとうございました。
感謝いたします。


明石市大久保町 K様
今回初めてのご依頼
ROSENSTOCK
ローゼンストック
韓国製です。
アップライトです。ワイン色です。
R202/1434885
平成一年に購入され、三回調律されていました。

調律のブランクは24年です。
奥様が子供のころに、奥様のおばあ様が購入されたとのことです。
ご依頼の時に

●弱音ペダルの不具合
●音はよくない
とのことでした。
私が伺う数日前に弱音ペダルの調子が変化したそうで
24時間弱音が効きっぱなしになったとのことです。
伺いましたらペダルの部品が完全に外れていました。
部品を元に戻しましたら治りました。
弱音ペダルの調整は無料です。

音は、ひどく崩れていました。
ピッチを見ましたら、ドの鍵盤をたたいたときに
その一つ下のシの音が出ているという状態でした。
調律をしていないピアノの場合は、音程がどんどん低くなっていきます。
低く低くなってさらに音がばらばらになっていきます。
ピアノの中は、ほこりでいっぱいでした。
古い乾燥剤の袋が劣化していて、部品に引っ掛かっていました。
袋が破けて中身がたくさん飛びだしました。
掃除機で丁寧に掃除してほこりも一緒に吸い取りました。
まず一回目の調律を開始しました。
442ヘルツに合わせました。
低音部にひとつだけどうしても
調律の作業で回らないチューニングピンがありましたので
お客様に説明して相談しました。
その音は、きれいな音階に合わせることができないけれど
調律を続けることになりました。

今度は高音部にひとつ他の鍵盤と比べると部品の動きが少しだけ異なる個所がありました。
このことも説明しました。部品の交換でもなく、不具合ともいえません。
そのことを知った上で続けて調律しました。
一時間ほどで、ひととおり調律が終わりました。
試し弾きをしてみましたら、お客様は音の変化を喜んでくださいました。
本当に私が言うのもおかしいですが、とてもきれいな音階になりました。
持参したお昼ご飯でお昼休みをいただきました。
そして奥様とピアノの話などをしました。
お昼休みの後ね再び、調律をしました。
この間にすでに音が崩れ始めておりましたので
再度442ヘルツに上げて、二回目の調律をしました。
丁寧に音を合わせました。
ピアノの外装がひどく汚れておりましたので
コンパウンドとクリーンエースで磨く方法をお客様にお教えしまして
私が調律している間に、ピアノを磨いていただきました。
クリーンエースをお買い求めになりました。
一回目よりさらによい音になりました。
お客様と喜びあいました。
ペダルの不具合も解消され、音も整いました。
乾燥剤をふたつ入れました。
調律の後でピアノの本体を私も磨きました。
磨くときれいになりました。
鍵盤もよく汚れていましたが
鍵盤クリーナーで拭きましたら汚れがすっきりとれました。
調律が終わって少ししたときに小学生の子供たちが帰ってこられまして
きれいな音になったピアノで私が少し演奏して聴いていただきました。
そしてさようならをしました。
お昼休憩のときと調律のあとにお茶をいれてくださいました。
ありがとうございました。
このたびはいろいろとありがとうございました。
感謝いたします。


明石市 K様
今回初めてのご依頼
カワイのアップライト
BL51
SPECIAL
K880164
昭和53年購入のピアノ
最終調律は昭和53年

調律のブランクは35年です。
ご依頼の時に
●弱音ペダルが効きにくい
●田舎の実家に置いてあったピアノで、ねずみの害があるかもしれない
●子供が「ピアノの先生のところと音が違う」と言っている
とのことでした。
弱音ペダルはフェルトがねずみにかじられていました。
新しいフェルトを貼り直せば使えるということをお伝えしました。
貼り直しを希望されました。
貼り方は簡単なので貼り方をお教えしてお客様にしてもらいました。
材料費だけ頂きました。私が調律をしているときに貼っていただきました。
フェルトをカットして調整するところは私が担当しました。
カット作業は無料です。
まず簡単に掃除機でほこりを吸い取ってから一回目の調律をしました。
ピッチを調べましたら、限りなく低くなっていました。
ドの鍵盤をたたくとドの一つ下のシの音が出ていました。
重症です。調律には大変な苦労がありました。

部品が一部かじられているところがありました。
次回有料修理です。こちらはご希望とのことでした。
鍵盤の動きが少し悪いのでお伝えしました。
ご希望があれば次回有料で鍵盤調整をします。
一時間ほどで一回目の調律を終えて、試し弾きをしました。
そのあと持参したおにぎりで簡単ごはんの昼休みをいただきました。
そしてピアノの中の大掃除をしました。

ねずみの害がありました。
ピアノの中は以前ねずみが暮らしていた跡がありました。
ほこりと糞で汚れていました。
お客様のご希望があり、鍵盤を全部はずして大掃除をしました。
有料です。時間もかかります。とてもきれいになりました。

一息ついて二回目の調律をしました。
音階がどんどんきれいになりました。
鍵盤と外装は、よく汚れていましたので磨きました。
きれいになりました。
今まで湿気の影響を受けていたこともあり
乾燥剤をふたつ入れました。
仕事がすべて終わってしばらくしたら
ピアノをいつも弾いている小学生の子が帰宅されました。
ピアノのなかを見ていただいて、試しで弾いてもらって
私も弾いて聞いてもらいました。
ペダルの仕組みなども説明しました。
ピアノの中が見えている状態で弾くととても楽しいのです。
しばらく弾きたいということでしたので待たせてもらいました。
満足されてからピアノの外装を元に戻しました。
椅子とキーカバーとピアノカバーを購入されます。
カタログを見ていただいて決めていただきます。
割引でおわけできますのでお得です。
お昼休憩と仕事が終わったあとの2回お茶を入れてくださいました。
お心使いありがとうございました。
このたびのご依頼に感謝いたします。
次回は半年後くらいにご依頼をなさる予定です。
不具合が出たら連絡いただくことにしています。



神戸市西区学園東町 K様

今回初めてのご依頼
ピアノのN先生からのご紹介
ヤマハの木目のアップライト
U1G
1369046
昭和48年購入のピアノ
調律のブランクは10年強です。
ご依頼時のお話では
●音はかなりひどく狂っている
●ペダルが効きにくい

まずピアノの外装を外してみてみました。
弱音ペダルは調整部品の緩みで効きにくくなっていました。
音はピッチが下がり切っていてひどく崩れていました。
外装の内側にカビの生えたあとに死んだあとがありました。
ピアノの中はすごいほこりが積もっていました。
まず1回目の調律で442ヘルツに上げてみました。
なんとか引き上げることができました。
共鳴している個所がありましたので
響いている原因の金具のネジを閉めましたら治りました。
1回目の調律の後で、お客様と私とで交代しながら試し弾きをしました。
ピアノをいつも弾いているという中学生の子が
「気持ちいい音になった」と連呼してくださいました。
少し休憩をいただいて2度目の調律をしました。
丁寧に整えていきました。
2回目の調律が終わると1回目よりもさらにいい音になりました。
中学生の子はとても喜んでおられました。
そして弱音ペダルの効きが悪いというのも治りましたし
音もきれいになりました。
修理の必要性もなく、よかったです。
外装の内側にかびのあとがありましたので
そのこともあって乾燥剤を2個入れました。

掃除機でピアノの中のほこりもきれいに掃除しましたので
音もピアノの中も気持ちいいという状態です。
ブランクが長かったため、調律後の音の崩れは
早いうちに来ると思います。
調律を重ねていくと安定してくれるだろうと思っています。
このたびはありがとうございました。
感謝いたします。


神戸市垂水区塩屋町 N様
今回初めてのご依頼
ROLEX
KR27E
62585
昭和56年に購入されており
最終調律は平成17年でした。

調律のブランクは8年ほどです。
調律のご依頼のときに「鍵盤の戻りの悪いところがある」ということでした。
ピッチはかなり低くなっていました。
午前10:00ころにお伺いして
外装を外して鍵盤の調子を見ました。
部品交換は必要なく心当たりの手入れをしましたら
良くなりました。指示されていた鍵盤プラスαで12個所調整しました。
有料ですが小額です。
掃除機でピアノの中のほこりを吸い取りました。
まず1度目の調律を開始しまして、1時間ほどかけて音を整えました。

チューニングピンの止まりの悪い個所がたくさんありました
ので
鉛筆で印を入れながら調律しました。
次の調律の時にピンのむ甘いところが分かっていると
注意して調律できます。そのためです。
試し弾きをしてみて音を確認した後、持参していたおにぎりで
お昼休みをいただいて、一息つきました。
そして2度目の調律をしました。
ピンの甘いところに注意しながら丁寧に合わせていきました。
学校から帰宅された娘さんにピアノの中が見えた状態で弾いてもらいました。
外装を外しているのでグランドピアノを弾いているような感覚になります。
とても心地よく、音が澄んでいることに感動したりしながら
私も弾かせていただいて、聞いていただきました。
ピアノのペダルの仕組みなど説明したり
調律の仕事の話をさせていただいたりして楽しいひと時でした。

お昼休みと、仕事が終わった後の2回お茶を入れてくださいました。
ブランクが長かったので、音は早いうちに崩れてくると思います。
音が崩れて気持ち悪くなったら調律のご依頼を下さいとお伝えしました。
乾燥剤を2個入れて、最後の点検をして終わりました。
鍵盤も外装もよく汚れていました。
キークリーナーとクリーンエースで拭きましたらきれいになりました。
このたびはありがとうございます。
感謝いたします。


加古川市 Y様
今回初めてのご依頼
お電話でお問い合わせいただきました。

実家からピアノを新居に運びたいといいうことでした。
ヤマハのアップライトピアノ
U3A  4343053
1987年購入、1996年が最終調律でした。

調律のブランクは18年。
ピアノが使えるかどうかの判断のために
ご実家で調律をしました。
ピッチは低くなっておりました。
鍵盤が少し重く感じられました。
新居に運ばれてからご希望があれば鍵盤調整いたします。
ピアノは物置部屋に置かれていましたので、
換気があまりされていないようでした。
古い乾燥剤が入っておりましたので取り出しました。
前半1時間かけで調律をしました。
ピッチは下がり切っていましたが引き上げることができました。
お昼は持参していたお弁当で昼休みを少しいただきました。
お昼の時と仕事の最後にお茶を入れてくださいました。
後半また1時間少し調律しました。
修理の必要性はありませんでした。
外装がひどく汚れていましのできれいに拭きました。

楽譜をのせる譜面台が少しゆるいのですが
今度新居に運んでから、新しい金具に取り替えるか検討します。
ピアノカバーは劣化して布から粉が出ていましたので廃棄です。
カタログの中から選んでいただき注文くださいました。
割引販売いたします。
新居にピアノを移動する運送の手配もさせていただきました。
ピアノのキャスターの下に敷く防震インシュレーターも
注文いただいていましたので、お渡ししました。
こちらも割引販売です。
良い音になり、まだ使えるということがわかり、
すがすがしい気持ちになりました。
新居に運びましたら、乾燥剤を2個入れる予定です。
クリーンエースも購入予定です。
次回の調律はピアノ移動の後の新居です。
とどこおりなくピアノ移動が終わりますように。
このたびはありがとうございました。
感謝いたします。



神戸市須磨区北落合 N様
今回初めてのご依頼
ヤマハのアップライト
U1H  194959
昭和51年購入で61年まで調律されていました。

調律のブランクは約28年
調律の依頼の時に、ひとつ鍵盤の戻りが悪いところがあるということでした。
調律の日までに気がついたことをメモしておいてくださいと
お願いしていました。

●弱音ペダルが効きにくい個所がある
●高音部のある音から上は良く響く
弱音ペダルは劣化して弱っており、フェルトの交換が必要でした。
有料でフェルトの交換となりました。
私が調律しているとなりで、奥様が張り替え作業を担当なさいました。
とても簡単な作業です。とても上手に張り替えなさいました。
私が作業すると手間代をいただくことになりますが
奥様が作業なさいましたので、材料費だけです。

高音部のある音から上は良く響くというのが
アップライトピアノの現状なのです。
ダンパーという部品があるところとないところがあります。
お子さんが学校から戻られまして、そのことをお話ししました。
ピアノの中が全部見える状態は子供の興味を惹くようです。
楽しい時間でした。
鍵盤の戻りが悪い個所は、私が作業しているときは
調子がよかったのですが、フレンジコードの破損がありましたので
原因はフレンジコードの破損だとわかりました。
後日、全鍵盤のフレンジコードの修理を提案しました。
修理は強制ではありませんが、ご本人の希望でなさることになりました。
日程調整中です。
以前にも、フレンジコードの全鍵盤修理をされている方が
おられます。心地よく弾けるようになります。
お金はかかりますがお勧めです。
ピアノの音は、はてしなく低くなっておりました。
前半1時間ほどかけて調律をしました。
442ヘルツ目指して調律しました。
持参していたお弁当で軽くお昼休みをいただきました。
お茶を入れてくださいました。
仕事の後にもお茶を入れてくださいました。
そして後半1時間強かけて調律をしました。
なんとかピッチを維持しながら調律しました。
どんどんすっきりとした音に変化していきました。
お客様とともに喜びました。
ピアノの中はほこりがつもっておりました。
歯ブラシで寄せながら掃除機で吸い取りました。
乾燥剤をひとつ入れました。
椅子をひとつ購入したいということでしたのでカタログから選んでいただきました。
鍵盤の上に敷くフェルトはキーカバーといいます。
劣化でよれよれになっておりました。
こちらも新しいものを購入したいということでカタログから選んでいただきました。
椅子とキーカバーを割引販売させていただくこととなりました。

ピアノの外装をクリーンエースで磨きましたらきれいになりました。
同じものを購入したいということでしたのでひとつおわけしました。
鍵盤は鍵盤クリーナーで拭きましたら汚れがとれました。
ピアノの新たな出発です。
楽しいピアノライフをお過ごしください。
ブランクの長かったこともあり、音が崩れてくるのは早いと思います。
気になりだしたらまた調律のご依頼をくださいね。
このたびはありがとうございました。
感謝いたします。



神戸市須磨区北落合 I様
今回初めてのご依頼
ヤマハのアップライト
YUS 3432740
昭和5年購入、最終調律は平成16年。

約10年の調律ブランクでした。
ご依頼の時に、「音が狂っている意外は不具合はないです」とのことでしたが
79D♯の部品の動きが著しく悪く
連打がしにくくなっていました。
部品の交換はしていませんが手入れをしましたら正常になりました。
1か所でしたので無料とせていただきました。
湿気をたくさん含んで起こった症状でした。
ピッチは下がっていた分を引き上げました。
調律は休憩なしで2時間半かかりました。
ダンパーペダル(右のペダル)に雑音がありました。
あまり気にされていなかったようですが
油をさしました。完全には雑音が消えなかったのですが
ご理解いただきました。
ピアノの中のほこりを掃除機で吸い取りました。
乾燥剤をひとつ入れました。
お客様にとっては久しぶりの調律でしたので、
ピアノのことが少し心配だったようですが
音はきれいに整いました。
早いうちに音が崩れてくるかもしれませんが
調律を重ねていくと安定してくれると思います。
このたびはありがとうございました。
感謝いたします。


明石市東朝霧丘 F様
調律は今回初めてですが
伺うのは2回目です。
昨年末に、ピアノウォッチングに行きました。
ヤマハのアップライトピアノ
昭和48年購入のピアノ。
U3 製造番号1074384

昨年にピアノウォッチングに伺いました。
お電話で依頼いただいたときにも弱音ペダルのことは聞いていました。
弱音ペダルを踏んでも踏まなくても弱音が効いていました。
ご依頼くださった奥様が嫁がれてこのピアノに
出会われた時には弱音が効いたままの状態でした。
ご主人のお姉さまのピアノです。
それから10年が経っています。
このピアノは壊れているのかなと思っておられたそうです。
調律カードはありません。
調律ブランクは10年以上です。
詳しいことは分かりません。
とにかく一度見てほしいということでした。
部品が外れていただけでした。
外れていたものを元に戻すと普通の音量の音が鳴りました。
ペダル調整しましたが簡単な作業でしたので
お代金はいただきませんでした。
長期ブランクのため音は崩れていました。
少しお試し調律してみましたら、いい音になりそうだと
感じましたのでお話ししました。
ピアノウォッチングのあとに調律を依頼くださいました。
今回の調律は朝の10時半スタートで午後の3時ころさようならしました。
午前に掃除機でピアノの中のほこりを吸い取ってから一回調律をしました。
お昼休憩をとり、私は自分が持参したお昼ご飯を食べました。
午後から2回目の調律をしました。
とてもいい音になりました。
本当にうれしかったです。
お客様と喜びあいました。
調律が終わった後にお茶をいただきました。
2度打ち(1回鍵盤をたたくと、ととと~んと音が何度も鳴る)が
3か所ありました。調整しましたら治りました。

外装は磨くととてもきれいになりました。
鍵盤はクリーナーで拭いて、乾燥剤を2個入れて終わりました。
子供さんと楽しく弾いてほしいと思います。
眠れる森のピアノ・・・という感じでした。
10年以上の長い眠りから覚めて、いい音を奏でてくれますように。
このたびはありがとうございました。
感謝いたします。



神戸市垂水区西舞子 F様
はじめてのご依頼
カワイのアップライト
US60
1608965
昭和60年に購入のピアノ
調律ブランクは20年でした。
奥様が子供のころに弾いておられたピアノです。
ご実家から運んでこられました。
昨年の10月くらいから娘さんがピアノのレッスンに
通っておられます。

調律前に確認しましたら、弱音ペダルが機能不能でした。
見てみましたら、部品が外れていただけで
元に戻すと正常になりました。無料です。
音は、ひどく崩れていました。
まず外装を外しましたら、ピアノの中から
髪の毛用のくし、古いピアノを拭くためかなというような布
メモ用紙、カードが出てきました。
蜘蛛の巣がすこしありました。
ほこりもありました。
古い乾燥剤は劣化していました。
掃除機でほこりやごみを歯ブラシで集めながら
吸い取りました。
ピアノ調律をスタートしました。
442ヘルツに上げる予定で、頑張りました。
悪戦苦闘しましたがなんとか上げ調律ができました。
途中で幼稚園の娘さんが興味津々でしたので
上げ調律の後、ピアノの中が丸見えの状態で
「弾いていいよ」と言いましたら喜んで弾いておられました。
娘さんの気が済むまで弾かせてあげようと待っていましたら
奥さまがお茶を入れてくださいました。
そしてお茶をいただいて私も試し弾きをさせていただいて
もう一度、調律をスタートしました。
どんどんいい音になってきましたので、マイペースで合わせました。
そして、娘さんが弾きたいようでしたので
もう一度「弾いていいよ」と言いまして弾いてもらいました。
外装や鍵盤を拭いたりしながら、ペダルのチェックもして
少しづつ、外装を元に戻していきました。
乾燥剤を2個ご希望でしたので入れました。
外装用のクリーンエース400円と
ペダルを磨くためのヤマハコンパウンド600円を
調律依頼時にご注文されていましたのでお分けしました。
最後の点検で、すべてオッケーでしたので終わりました。
最後にもう一度お茶を入れてくださいました。
1時ころに到着して、4時半くらいにさよならしました。
娘さんがピアノを弾いておられた時間や
私がお茶をいただいていた時間などもありますが
長い時間のお付き合いとなりました。
このたびはありがとうございました。
感謝いたします。


姫路市網干区 K様

今回初めてのご依頼
カワイのアップライトピアノ  KU5D SPECIAL
K481281
昭和30年代のピアノだということでした。
グランドピアノのような鍵盤蓋です。
弾いている指が映ります。
調律カードは紛失していてありません。
譲り受けられたピアノです。調律のブランクなども不明です。

まず、調律する前にお客様にピアノを弾いていただきました。
ピアノを毎日弾いているというお客様です。
私も弾いてみました。
●ダンパーペダル(一番右)のひどい雑音
●音の狂いが激しい
●ミュートしたようなつまったような音の出方の部分がある
外装を外しましたら、ピアノのなかにたくさんのガビョウが散乱していました。
まず、取り除きました。
掃除機でほこりを丁寧に吸い取りました。
ペダルを少し調整して雑音を減らしました。
2度打ちが発生しました。
2度打ちというのは、ひとつの鍵盤をたたくとととと~んと
数回音が鳴るという症状です。
この症状を丁寧に調整して正常にしました。

やっとスタートラインに立ちまして、調律を開始しました。
ピッチはかなり低くなっていました。
442ヘルツに上げ調律をしました。
そのあと、試し弾きをしました。
そしてお茶をいただいて、2度目の調律を開始しました。
丁寧に合わせていきますと、どんどんと澄んだ音になってきました。
お客様も耳をすませて聞いておられました。
2度打ちの最終調整と、2度目の調律を終えましたら
とても良い音と弾き心地になりました。
お客様と私とでかわるがわる弾いて確かめました。
一緒に美しい音階を喜びました。
音がミュートしていたところも手を加えましたら正常に治りました。
部品の交換はしていません。
すべて調整で治りました。

最後にダンパーペダルの雑音が残りましたので
ペダルの穴の周りに手芸用のフェルトを切って当ててみましたら
雑音がすべてなくなりました。
外装がひどく汚れていましたのでクリーンエースで拭きましたら
とてもきれいに輝きが戻ってきました。
ピカピカになりました。
クリーンエース400円をお買い求めになりましたので
お分けしました。時々磨いていくとどんどんきれいになると思います。
鍵盤は人口象牙でしたので拭いていません。
乾燥剤を2個ご希望されましたので入れました。
1時半から仕事をスタートして、夕方の5時半までかかりました。
途中で1回お茶を入れていただいて、最後にお茶をいただいたので
その時間も入っておりますが、長時間でした。
長い間お付き合いくださりありがとうございました。
多分、調律ブランクは長かったのだろうという予測です。
今後、弾いていくと、ブランクの長かったことから
リバウンドで音がどんどん崩れてくると思いますが
そこを乗り越えて、調律を重ねていくと少しづつ安定すると思います。
楽しいピアノライフをお過ごしください。
次回の調律は1年以内のお好きな時にご依頼いただくことになっています。
このたびはありがとうございました。
ご縁に感謝いたします。