1999年発行「ある日の手塚治虫」

手塚先生と赤いリボン

1999年発行の
「ある日の手塚治虫」
ふゅーじょんぷろだくと刊

昭和31年、私は中学一年生でした。小学6年生の時、友達から
借りた、うしおそうじさんの「疾風どくろ党」の漫画単行本をワ
ラバン紙に一冊丸ごと鉛筆で写してから漫画少年になった私は漫
画家を夢見て当時漫画を教えてくれる唯一の学校で通信教育の芸
術学院に入学した。その年、学院が初めての漫画・挿絵の全国大
会を開催することになり作品を募り私も頁漫画を応募した。中学
一年生で始めて描いた頁漫画の作品はメルへンタッチの「あげ羽
のピンちゃん」という蝶の妖精でかわいい女の子の冒険ものでし
た。ぎこちないペンタッチと当時のアミ版指定の青色のポスター
カラーで描きあげた作品は私にしては上出来でした。全国大会は
新宿の文化会館で催され会場は全国から集まった漫画や挿絵を目
指す人達でごった返してました。壁に展示された沢山の作品群を
見て最初に思ったことは皆さんとは格段にレベルの差があるとい
う失望感でした。ほとんどの作品がプロ級でペンタッチも原稿も
とてもきれいでまるで印刷された、いえそれ以上に輝いていまし

た。ガックリしつつも自分の絵を探して壁づたいに目を移動して
いると少し人だまりのした所がありました。輪の中心にベレー帽
をかぶった人が赤いリボンを作品の上に止めているところです。
何とそれは私の作品ではありませんか。そしてこの人こそ漫画の

神様、手塚治虫さんだったのです。もちろん13歳の純情な私は
神様にお話することも「それは私の作品です。ありがとうござい
ます」というお礼の言葉も申し上げられませんでした。ただ神様
が一瞬私の目を見たのです。たぶん会話をすることもできません
でしたが上気して赤い顔の私を見て神様は「こいつかな」とニコ
ッと微笑んでくれたのです。沢山の作品の中から私を選んで全国
第三位にしてくれた神様、以後40年間私はその一瞬のまるでフ
ァンタジーのような出会いを大切に漫画を描き続けています。


1996年12月平凡社 発行 別冊太陽「少年漫画の世界.2」

15才で入選した時の作品が載っている「顔」
もくじにはまだ本名で

「死の勝利」がボクの商業誌初作品です

貸し本劇画時代のお話


昭和54年発行 別冊新評「三流劇画の世界」

★三流劇画フィーバー91    エロ劇画の種類 16|24

Oエロ劇画の”安全パイ”〜スケベ派をウナらせる巨匠たち!

エロ漫画の読者は、大別するとスケベ派とマニア派の二つがあるそうだ。マニア派は編集部に手紙を出したりして、その実体はある程度つかめるのだが、スケベ派となると、エロ劇画本来の使用目的に刻苦勉励するだけで、編集部へのリアクションはあまりしないので、その実体はよくつかめていないのだ。ただマニア派より圧倒的に多いとみこんでいるのはどこの雑誌でも同じだろう。いわば、”サイレント・マジョリティ”なのだ。それで、このスケベ派に確実にウケると見なされているのが、あがた有溜、土屋慎吾、玄海つとむ、出井州忍などの劇画家達で、各誌から引く手あまたの売れっ子たちだ。なにせ、つねに一定のエロ度は保証するし、編集者としてもつねにこれらの劇画家をかかえておけば部数がおちるなんて心配はない。いうなれば、確実に読者をつなぎ止めておける”安全パイ”的存在といえる。たとえば、土屋慎吾の描く女のよがった顔といい、手開きのオチョボグチ、玄海つとむのクマができた女の眼、出井州忍の異常な程股に食い込んだパンティ、肉好きのいい柔らかな女体のディティールで、男の心のゆさぶりをかけてくる。 

三流劇画と言われ大隆盛した作品たち


1995年(平成7年)6月30日(金曜日)発行  毎日新聞(夕刊)  文化欄


少女向けのホラー漫画再ブーム、専門誌約10種も


ゆーれい学校 (ぶんか社)

発想や絵で
ユニークさ

Tお化け・妖怪U系

  谷間夢路さん

Tお化け・妖怪Uに連なる系譜の代表作家に谷間夢路さんがいる。
一昔前だったら幽霊や妖怪が登場するところを、ゾンビや、怨みを持つ動物、昆虫が変化したモンスターが
登場 する。しかも主人公はじめ登場人物は頼りなげな線で描かれ、可愛らしい少女漫画そのものの絵柄だが
モンスターや背景は劇画タッチのリアルさ。このギャップが際立つ。漫画家としてはベテランの夢路さんが
少女ホラーを描き始めたのは86年から。当時流行していた少女漫画の学園純愛路線に飽き足りず、ホラー
に目を向けた。「学園純愛ものはリアリズムのドラマでしょ。リアルな話だと、本来の漫画が持っている発
想や絵のユニークさを表現できない。デフォルメできないからつまらない。面白い漫画を描けるジャンルは
ホラーだったから」とホラー進出のきっかけを語る。


1993年11月1日発行の雑誌「新常識」デニム

過激レディースコミックは、いったいどこをどう自主規制してるんだ?

「有害コミック」などという言葉が一人歩きしてコミック業界がやたらと自主規制した時期があった。今は一段落の感があるが、セックス描写の基準はどうなっているのか。過激な描写で話題となったレディースコミックの編集部では、「基準は出版社によりけりですね。基本的には、上と下の描写は御法度。つまり、局部への挿入と口ワザ(フェラチオやクンニリングス等)をリアルに描いてはいけないんです」 どのへんまでがリアルな描写なのか。レディコミの漫画家谷間夢路先生に聞いてみた。「う〜ん、難しいですね。でも編集者さんも漫画家もお互いここまでなら平気だろうっていうラインを頭の中にまっているんでしょうね。逆に今では露骨な描写を使わないでそれ以上の効果を出そうと試行錯誤しています。実際女の子は、行為描写よりも、もっとメンタルな部分で感じるものですからね」彼女にレディコミ業界の自主規制の賜物、修正パターンテクニックを教えてもらった。イラストがそれだ。何ともまあ「リアル描写」を避けるために涙ぐましい努力とアイデアがあったもんだ。それでも、ふくよかな恥丘を平らに削られたり、巨根のシルエットを標準サイズに変えさせられたりということもあるらしい。今回インタビューで登場していただいた小林よしのりさんも「東大一直線」の中で主人公に肌色の巨大なペニスケースをつけさせたら、本物のペニスに見えるっつーんでコゲ茶に塗られたことがあったとか。さらにコミックでは、用語など言葉の自主規制なども最近になって増えてきているのが不気味だ。


つぎへ