Chronodato 2
トップ ページ 
Introduction 
プロフィール 
更新情報 
Gallet watches 
Wyler watches 
Angelus watches 
Omega watches 
Other watches 
NOS watches 
Books/Magazines 
推薦サイト 
メールの送信 

  

こちらもアンジェラスのクロノデイトで年代もクロノデイト1と同じ40年代か50年代と思われます。 基本的にクロノデイト1とデザインが異なる以外は同じモデルのようです。 デイト表示や日付を調整するボタンなどの位置は同じで機械も同じアンジェラス217です。 このクロノデイトという時計は他にもデザインがあったようで他にどのようなデザインがあったのか興味深いところです。 少なくともこの2本以外に数種類見たことがあるので実際にはもっといろいろな種類があったのでしょう。

この時計はポインターデイトの針以外のすべて針がブルースチールです。 文字盤はシルバーにプリントですが12時と6時以外の時間のところに黒のドットが入っているのは珍しいと思います。 ポインターデイトというのはこの頃の時計に時々ありますがクラシックな感じでいいですね。 

ケースもクロノデイト1と同じデザインでスナップバックケースです。 もっと後の時代の時計だと竜頭にメーカーのマークやロゴが入っているものが多くなりますが、この時代の時計はまだほとんどないと思います。

この時代の時計の文字盤としてはとてもきれいだと思います。 ブルースチールの針も錆などなくてきれいです。

正面から見るとこうなります。 クロノデイト1とは同じ時計でも文字盤や針が違っていて、また金色が使われていないので随分雰囲気が違いますね。 こちらの時計の方がプリントの文字盤なので多少平面的でしょうか。

ケースの端に多少傷があります。 スナップバックケースは開ける時にひっかいたりしてついた傷がある場合があります。 それ以外はケースのコンディションは良好です。 このクロノデイトというモデルはスナップバックケースしか見ないところから推測すると製造されたのは50年代くらいまでででしょうか。 

 


[1][2][3][4][5][>][>>]

[トップ ページ][Introduction][プロフィール][更新情報][Gallet watches][Wyler watches][Angelus watches][Omega watches][Other watches][NOS watches][Books/Magazines][推薦サイト][メールの送信]

Copyright(c) 2003 1丁目 Antique Watch Gallery. All rights reserved.