Last up date: 2006/4/10


【SW Collection Gallery】

私のSWコレクションを公開!
貴重なもの、そうでないもの色々ありますが、楽しんでみていただければ♪
もうちょっとキチンとページを作りたかったのですが、
そんなこと言ってたらずっと公開しなさそうなので^^;
とりあえず公開します!
 

スター・ウォーズ ミニブリスター
Episode.1のミニブリスター。
ガチャガチャの景品です。 でも、実はお店で買ったので、いつ発売されたかはわからないんです。これは映画公開当時に発売されたものかしら?
左から「クワイ=ガン&ジャージャー」「オビ=ワン&3PO」「ワトー&アナキン」です。後ろの台紙にはオビ=ワンの写真が。エピ1のグッズはオビ=ワンの写真がよく使われています。チビアナキンじゃないのね。やはり新三部作はオビ=ワンが第二の主役なのだと実感です。種類は多分あと3つくらいありそうですね。パドメとか、ヨーダとか。
  大きさは5.7センチ×4.6センチ、デ●ズニーのブリスターよりもすこし大きめです。
左側の3.5インチの濡れオビさんとくらべると小ささがわかりやすいかも。
このブリスターのオビ=ワンはライトセーバーを掲げているので、そのせいで顔がしっかりと見えないのが残念です。さすがにこのブリスターを開ける気にはならない(失くしちゃう…)ので、顔が確認できないです。マスターとアナキンを見ると、小さい割りにきちんと顔ができているので、オビ=ワンもそれなりなんでしょうなぁ…。本当に残念!
 
 
 
スター・ウォーズ トリロジー ミニ文庫
97年の特別版公開当時に角川ミニ文庫から発売されたもの。
縦 11.2p×横 8.7pのサイズ。
だいたい新書版の半分くらいの大きさです。
作者はジョン・ホイットマン、訳者はおなじみの富永和子です。

中身は映画に沿った大筋のお話で、挿絵がたんまりと入っています。挿絵はほぼ2ページに一度の割合ではいっています。

250ページくらいの厚みがある本ですが、ミニサイズなので携帯に便利ですが…、そこまで携帯しない^^;
  左は通常の文庫版と一緒に。意外に小さいのって本箱の中でごろごろするので扱いづらいです。高さが合わないと他の本を取り出した時に落ちるのです(>_<)奥に入っちゃうし…。

右側のは中の挿絵。映画通りで見ていて楽しいです。イラストの下にはキャプションが。横のものは「アナキン、ヨーダ、ベンの三人がよみがえったジェダイに微笑む」

今はミニ文庫があるのかどうかすらわからないので、今では珍しいかなと思い、載せてみました。
 
 
 
SW TRILOGY Micro Machines
97年、SW公開20周年で、旧三部作のスペシャルエディションが公開されました。

テレビやビデオで見て大好きだったSWが、映画館で観られるとあって、大興奮して友人と公開初日に観に行きました。
その時に窓口で配られたものです。

トリロジーだけあって、左から4(ミレニアム・ファルコン)、5(スレーブ1)、6(デス・スター2)と作品中のマシーンが並んでいます。ミクロ・マシーンシリーズと書いてあるので、他の作品なんかでも作られているのかもしれません。

もらった当時、開けて飾ろうとしたら、兄に開けるな!止められました。止めてもらってよかった…。今開けてるのみたら落ち込んでますよ^^;
レゴアナキンと一緒に写してみました。
ミクロというだけあって、小さいでしょv

ちょっと見づらいですが、彩色もきれいです。
はみ出しが少ないのに当たったようですv

これも相当お気に入りフィギュアですv
 
 
 
 
Qui-Gon Jinn & Bbi-Wan Kenobi
エピソード1の最初、
トレード・フェデレーションの船でのバトルシーン。

クワイ=ガンとオビ=ワンがライトセーバーを構える姿に惚れて購入!しかも後ろにスイッチがあって、ライトが灯るのです!
足元に散らばるのはバトル・ドロイド。

沖縄のアメトイ屋で見つけました。オビ=ワンのライトセーバーがないからという理由で半額にしてくれましたが、半額になっていても結構なお値段でしたー(>_<) 値段を見て一度は諦めてお店を出たのですが、結局諦めきれずに戻って購入してしまいました。
ライトセーバーははめ込み式になっていて、クワイ=ガンのははめ込める穴があるのに、オビ=ワンのセーバーの根本には穴がない。ということは、もしかしたらオビ=ワンには元々ライトセーバーがないのかも…。で、このオビ=ワンのライトセーバーは私の手作りv プラスチックの棒を紙ヤスリの荒い200番から順に2000番まで磨いたv 愛です!!

しかし、このシリーズ、もう1つ持っていますが、それもエピ1。エピ2があるのかどうか分からないんですよね…。どうなの…。
ライトオン! マスターがライトセイバーでカットした部分が光り、せり出した天井部分三つが光ります。
後ろの床部分には銅版のようなものが埋め込まれておりまして、すこしぴかぴかします。
光ると本当に格好いいのだ!!

因みにこのフィギュアの素材はポリレジン。

顔もなかなかの出来ですよね〜vv
マスター、格好良いし、オビたんも凛々しくてカワユイvv

下の二枚、左は大きさ対比。
うちのサークルの看板息子、レゴのオビ=ワンです。
これはオビ=ワンのライトセーバーを外してあります。
ライトが点くのですごく重い〜。いつかスペースに持って行って飾りたいのですが…。こんなの飾ったらヒンシュク?^^;

右は裏のシリアルナンバー。3000分の567番です。
世界に3000体ですか…。多いのか少ないのか^^;
 
 
 
 
 
Qui-Gon Jinn & Bbi-Wan Kenobi VS. Darth Maul
エピソード1のナブーでのバトルシーン。

なかなか迫力あるフィギュアなのですが、なんともピンボケで…(T_T)
どうやっても上手に写らないのです。デジカメも携帯もどうやっても綺麗に写らない…。どうやったらいいのだ…
と…とりあえず想像して、雰囲気を楽しんでください^^;

これも沖縄のアメトイ屋で購入。これも上と同様、一度店を出たけれど、諦めきれずに、買い物し終わってからもう一度戻って購入したもの。

こちらはライトは点かないので、軽いし、それなりのお値段^^;
でも本当にいい出来なのですよ〜vv

上のフィギュアと同じシリーズなので、ライトセーバーは全てはめ込み。ダース・モールの下側の光刃部分も落ちないのです。

これもポリレジン製。
因みにタイトル部分は箱書きに書かれていたものです。まんま^^;
左横のは角度違いです。
どうもオビ=ワン争奪戦に見えてしょうがない。
ダース・モールの仰け反りっぷりからみて、マスター優勢v

各キャラをアップにしてみたのですが…
クワイ=ガンはバント…。オビ=ワンはこれからバッターボックスに立つのです!って、どうもクワイ=ガンとオビ=ワンは野球してるように見えちゃって^^; ダース・モールのアップって言うよりも、なんだかマスターの後姿アップになっちゃってます。コンソールパネルも細かく作られているのでとても満足vv

下の左は、レゴのオビ=ワンとの対比。
上のフィギュアに比べると少し小さめな感じがしますね。
たぶん大きさは変わらないと思うんだけど…

右下は裏のシリアルナンバー。
こちらは7000分の2344体目。上のものに比べると倍以上作られているのですね〜。
&  VS 
 
 
 

 
 
 
 
 
back