Last up date: 2007/7/4


【Offline】

スター・ウォーズEP2、EP3でほそぼそと活動しております。
A/O オビ受 エロ系がメイン。
 

参加予定イベント
 
  ⇒ 産休で、しばらくオフ活動は休業いたします。おそらく来年の星語りまで…かな?
 
開催日 イベント名 会場 備考
 7月 1日  星語り ep.7  東京都立産業貿易センター
 (台東館) 5階
 A09
2月25日  Hello There!  東京大田区産業プラザPio  申込済み
11月19日  星語り ep.6  川崎市産業振興会館 4階  星65
9月24日  洋画Only 「Movies Paradise 5」  東京大田区産業プラザPio 1階  A15
 「FREAKY GANGSTA」様と隣接
8月20日  Super Comic City 関西  インテックス大阪  6号館A え 13 b
8月12日  コミックマーケット69  東京ビッグサイト  東5 パ 31 a
7月 2日  星語り ep.5  川崎市産業振興会館 4階  S58
5月 7日  COMIC CITY 大阪 59  インテックス大阪  6号館A さ 25 a
 「赤毛のGANGSTA」様と隣接
 「Honey Piccadilly」様、
 「スヱヒロエイト」様のご本を委託。
5月 4日  SUPER Comic City 15  東京ビッグサイト  東2 ソ 50 b
3月 26日  COMIC CITY 大阪 58  インテックス大阪  指輪「bean+er」様に委託
3月 19日  HARU COMIC CITY 11  東京ビッグサイト  東2 コ 34 a
 「スヱヒロエイト」様の御本を委託
3月 5日  星語り ep.4  川崎市産業振興会館 4階  星07
2月 5日  洋画Only 「Movies Paradise 4」  産業貿易センター浜松町館 4階  A34
1月 29日  COMIC CITY 東京 (委託)  東京ビッグサイト  「赤毛のGANGSTA」様に委託
1月 8日  COMIC CITY 大阪 57  インテックス大阪  6号館D わ 69 ab
 
 
 
発行本

  ⇒ 7月の星語りの新刊、残少でございます。
  
★ 通販については甘粕までお問い合わせください。 購入したい本のタイトルと冊数、合計冊数をメールでお知らせください。
   送料等を含んだお値段をお知らせします。現在は郵便小為替での受付となります。クロネコメール便で発送させていただきます。
   例えば郵便振込みなどでの送金方法や発送方法でご希望があれば、できる限り対応いたしますので、ご相談ください。
 ※本の取り置きはご連絡のない場合一ヶ月までとさせていただきます。
   一ヶ月を過ぎた場合は自動的にキャンセルとさせていただきますので、ご了承くださいませ。

  Mail ⇒ junon_55アットマークyahoo.co.jp お手数ですが、アットマークを@へ変更してください。
表紙 タイトルなどあれこれ

 「One And Only」 SW Fanbook No.24
 2007年7月発行 / SW / アナキン×オビ=ワン / NC-17 / コピー / A5 / 16P / 200円

 ちょいとパターンなぼんやりと切ない話。
 オビ=ワン、アナキンのことが好きなのね、というお話でございます。

 久々だったので、ちょっと不調かも…。
 「四六時中も好きと言って。」 SW Fanbook No.23
 2006年8月発行 / SW / アナキン×オビ=ワン / NC-17 / オフ&コピ / A5 / 28P / 500円

 甘エロいちゃなお話です。もういさぎよいくらいエロがほとんど(笑)
 お道具系ですぞ。

 表紙がとても気に入っています♪
 急ぎで作ってもらったのでインクが生乾きになってしまい、折ってる最中は手が真っ青^^;
 ぎらぎらの紙は指紋がつきやすいので、ついたらティッシュでふき取ってください。
 タイトルは言わずもがなサザン「真夏の果実」。タイトル見るたびに歌ってしまうんですよねー。
 「真夏の果実」って、「TUNAMI」と混ざりません?
 「僕が君のためにできること」 SW Fanbook No.22
 2006年8月発行 / SW / アナキン×オビ=ワン / NC-17 / オフ / A5 / 52P / 700円

 甘い系切ない話。ちょっと暗めです。
 小説「悪の迷宮」から小説・映画のep.3途中までのお話。
 タイトルがテーマなのです。アナキンからオビ=ワンへ。オビ=ワンからアナキンへ…。

 元ネタは「水曜どうでしょう」のドラマ「四国R−14」からいただきました。
 作品へのオマージュだから、話が違うのは気にしないように^^;
 元ネタを知ってる方が少ないと思うので問題ないのかしら…。
 「RENDEZ-VOUS」 SW Compilation Sweet Stories
 2006年7月発行 / SW / アナキン×オビ=ワン / NC-17 / オフ / A5 / 140P / 1500円

 これまでの再録本です。結構最近まで入れてしまいました^^; どうしてもオフセットにしたかったんです。
 本文の大幅変更はありませんが、文章などで気に入らなかったところを変えたり、台詞をほんのちょっと
 つけ加えたりしました。そして、ちょっぴり書き下ろしがあります。
 ちょっと豪華に、表紙はキラキラの紙に箔押し、本文の紙はピンクという、徹底してのカワイコぶり。
 でも可愛いの好きなんだー 裏表紙の本の説明(?)の文は、CDみたいでお気に入り。

 収録作品「Space-age love affair」「ワンダフル入浴」「Sotto Voce」「ああ 青春のわからずや」「sweetie」
 「Cool & Nice」「恋のバカンス」「月影のスローダンス」「彼の為に鐘は鳴る」「For you」
 (ちょこっと書き下ろし)「RENDEZ-VOUS」
 「Love Space」 SW Fanbook No.21
 2006年5月発行 / SW / アナキン×オビ=ワン / NC-17 / オフ / A5 / 28P / 400円

 どことなく切なげな、ほのぼの可愛いお話。いつもよりはちょっとヌルめかな?

 これは印刷所にお願いする時にバタバタして、取り寄せてもらった時、表紙の紙のストライプが横目が
 欲しかったのに縦目が来ちゃったり、本文用紙の種類や色を指定したのに、厚さを指定し忘れたり…。
 本文用紙の色ももっと真っ白なはずだったんだけど…。ありゃりゃ。
 でも表紙のデザインが自分ではお気に入りですよ。可愛くできた
 相変わらず画像ソフトの使い方がイマイチ飲み込めず、この表紙もワードで作りました。誰か教えて…。
 タイトルは山下達郎の曲から。
 「Such a Lovely Place」 SW Fanbook No.19 (完売 ありがとうございました)
 2006年5月発行 / SW / クワイ=ガン×オビ=ワン / NC-17 / オフ / A5 / 16P

 クワオビイチャイチャ話。
 こうね、たまにこういうイチャイチャを書きたくなるんです。うふふ。
 
 なかなか出なかったNo.19がついにでました!いや〜、ホント、いつできるのかヒヤヒヤでしたよ^^;
 表紙の紙は裏の和紙っぽい手触りが好きです。星がちりばめてあるのや、表面がキラキラしてるのも
 可愛くて好きなのです。いつか使おうと思って買ってあったのですが、使えてよかった(^^♪
 タイトルはマッキーの曲から。
 「忘却の夜想曲(忘却のノクターン)」 SW Fanbook No.20
 2006年3月発行 / SW / アナキン×オビ=ワン / NC-17 / オフ / ペーバーバック / 68P / 800円

 またまたFREAKY GANGSTAの坂本様に表紙をお願いいたしました。なんて素敵なんでしょう〜
 永遠の王道、記憶喪失ネタ。ハーレクインを目指したはずが、あれれ?(笑)
 ついにクインラン・ヴォスを出しましたが、みんなわかりませんよねー^^; 自己満足〜
 
 ペーパーバックサイズって初めてなのですが、ちびっこいですねー。
 そしてさらに初めての蛍光ピンク差し替え!すごくピンクっぽくなるのですねー!麗しさ倍増(笑)
 私は蛍光ピンクじゃないほうが好きかもしれません(笑)黒が茶色っぽくちゃうのがね…。そうなんです!
 実は周りは黒のはずだったのに^^; そしてこれまたNo.20が先行して出てしまいました。とほ。
 「For You」 SW Fanbook No.18 (配布終了)
 2006年2月発行 / SW / アナキン×オビ=ワン / コピー / A5 / 12P / 無料配布

 バレンタイン話。去年、バレンタイン本を出した後、ホワイトデーものを書こうと思ったら、
 実はアナキンもオビ=ワンもお互いにチョコレートを渡していないという事実に気がつきまして。
 なんだかなー^^;と思い、今年は絶対に渡させてやるー!を目標に書きました。
 
 タイトルはもちろん「あなたへ」ってことなのですが、日頃の感謝を込めて、「みなさまへ」と言うことで!
 「Tell me , please.」 SW Fanbook No.17 
 2006年2月発行 / SW / クワイ=ガン×オビ=ワン / NC-17 / オフ / A5 / 20P / 300円

 「Tell me more.」「Tell me everything.」の関連のお話になります。内容は推して測らんや^^;
 今回はちょっとマニアック?エロ親父全開で頑張ってみましたが・・・どうでしょ?

 初のクワオビです!クワイ=ガンを書くのも、パダワンのオビ=ワンを書くのも初めて!
 書くのにこんなにドキドキしたのも初めて…。
 なにせクワオビは多くの先輩が書かれていて、私なんぞには敷居が高いのです。
 いや、だからってアナオビが低いってわけではなく、アナオビから入ったからクワオビの敷居が
 高いってことですよー。
 「彼の為に鐘は鳴る」 SW Fanbook No.16   (完売 ありがとうございました)
 2005年12月発行 / SW / アナキン×オビ=ワン / NC-17 / コピー / A5 / 16P

 年末年始ネタ。正確には年末ネタ。
 いちゃつき師弟はいつも通り、もうあんたたち好きにしなさいっ!と言いたくなる感じ^^;
 
 冬コミ直前にアナオビ本がないー!と作ったものです。アナオビ万歳って言いながら書きました。
 本当に好きなんですよ、アナオビ。書いていて本当に楽しかった
 冬コミ前日はコピー待ちで大変でしたが、徹夜で折ってる間も何だか気分が高揚して楽しかったですよ。
 タイトル元ネタは「誰が為に鐘は鳴る」と「カエルの為に鐘は鳴る」のふたつから。
 因みにカエル〜は昔のゲームのタイトルです。ゲーム面白かったです。
 「air」 SW Fanbook No.15  (完売 ありがとうございました)
 2005年12月発行 / SW / ベイル×オビ=ワン(アナオビベース) / NC-17 / オフ / A5 / 44P

 表紙は「FREAKY GANGSTA」の坂本恵さまに再びお願いしました。
 素敵な表紙をありがとうございましたー
 「Mon Etoire」のちょっと前のお話。アナオビベースのベイルオビ話ですー。ちょい切な系?
 オビ=ワンとベイルが関係を持つようになった経緯を…。

 これは入稿の時、名古屋で58年ぶりの大雪で、宅急便が動いてないと言われ真っ青になった思い出が。
 でも結局、翌日に到着してました。よく頑張ったクロネコ!ギリギリで書くからダメなんですよね^^;
 タイトルは空気という意味以外にも、旋律やそよ風いう意味も…。
 「Tell me everything.」 SW Fanbook No.14   (完売 ありがとうございました)
 2005年11月発行 / SW / アナキン×オビ=ワン / NC-17 / オフ / A5 / 20P

 No.12「Tell me more.」の続きのお話になります。内容は推して測らんや^^;

 タイトルは「ぜんぶ教えて」ってこと…。
 翻訳ソフトだと動詞が「Teach」になっちゃうんですが、友人にニュアンス的にそりゃ違うとダメ出しされて
 しまいました。英語って難しいねぇ…。タイトル候補に「Tell me more.Come on!」ってのもあったんですよ。
 「もっと教えてよ、ほら!」 これくらい元気のいい感じでもよかったかな?
 これも作る時にバタバタとしちゃいました。
 下のNo.13が落ちたので、先に14を出してしまったという体たらく…。反省反省。
 「evil eyes」 SW Fanbook No.13 
 2005年12月発行 / SW / アサージ&ダージ×オビ=ワン(アナオビベース) / NC-17 /
  オフ / A5 / 44P / 500円

 表紙は「bean+er」の蘇芳鈴さまに再びお願いしました。ありがとうございましたー
 クローン大戦のお話。時期はep.3の一年半前くらい、つまりep.2とep.3の丁度あいだくらいです。
 鬼畜な内容の…はず。ヌルイかも…。でも乙女の夢実行(笑)

 鬼畜系な話をと言われて書き始めたものの、なんだか迷宮に入ってしまい、なかなか書けず、一度
 落としてしまいました。表紙は一度目の時に入れてしまったので、ナンバーを書き換えることもできずに、
 No.13のままに…。ま、不吉な感じでいいかなぁと^^; タイトルはまたもesqの曲から…。
 「Tell me more.」 SW Fanbook No.12  (完売 ありがとうございました)
 2005年10月発行 / SW / アナキン×オビ=ワン / NC-17 / オフ / A5 / 20P

 パダワンのアナキンの日課。アホエロギャグ話。
 表紙は可愛いのにね〜と友人に言われました。私はほのぼの話だと思っていたんだけどなぁ(笑)
 
 お話は、同人活動を始めるなんて思っていなかった頃に、友人とのメッセンジャーで出来たものです。
 去年の10月末にその友人にサイトにあげようかなぁと言っていたまま、なかなか書けなかったんですが、
 ようやく日の目を見ることができました。お待たせしました^^;
 実はこれは3部作。というほど立派なものじゃありませんが、3話構成なのです。
 一緒に書ければよかったんですが、今回は別の話の差し換えで書いたので……いつか…! 
 「月影のスローダンス」 SW Fanbook No.11  (完売 ありがとうございました)
 2005年 9月発行 / SW / アナキン×オビ=ワン / NC-17 / オフ&コピー / A5 / 28P

 タイトル通りの月見ダンス話。「オビ=ワンを愛でる会」再々登場です。
 「恋のバカンス」の続きになります。でも、これだけでも読めると思われます…かな。
 前回よりドタバタ度は少なめ、エロ度は高め^^; だと自分では思うんですけど…。
 毎度のことながら、間に合わない〜と慌てながら書きました。
 タイトルはスターダスト・レビューというか、esqというか…、高校生の頃から大好きだった曲のタイトル
 からいただきました。本来は春の曲で、すごく爽やかなんですよ こんなエロ話のタイトルに使うなん
 て、申し訳ないと思うくらいです。それなのに、かなり歌詞を意識したお話で、台詞など、ちょっとした
 ところに歌詞が入っています^^; ははは。
 「Mon Etoire (モン・エトワール)」 SW Fanbook No.10
 2005年 9月発行 / SW / アナキン×オビ=ワン&ベイル・オーガナ×オビ=ワン / NC-17 /
 オフセット / A5 / 76P / 1000円

 EP3の映画、小説ごちゃまぜ風。どちらかといえば小説寄り。エピ3とシンクロしております。
 アナオビがメインですが、ベイルさんが頑張ってくれました。
 表紙は「FREAKY GANGSTA」の坂本恵さまにお願いいたしましたー!ありがとうございましたー!
 わはー なんて素敵なんでしょ〜
 自分で書いていて最高に楽しかったのは、実はパルパティーンのシーンと、ラスト・シーン。
 書くのが遅い私が、一気に書いたシーンです。そうそう、書き始めもラスト・シーンからでした。時間軸を
 小説、映画と合わせるために表を作ったり、原作のシーンと流れを合わせるために映画を観にいったら
 そんなのそっちのけで号泣しながら映画を見てしまって、もう一度見に行くことになってしまったり^^;と、
 いろいろあって、書いている途中は何度ももう駄目だと思いましたが、ようやく出来上がりました。
 今思えば、書いている間SWにどっぷり浸かって、すごく楽しかったです!
 タイトルは珍しく曲名ではないのです。記念すべき10冊目はサークル名と同じフランス語で・・・。
 「恋のバカンス」 SW Fanbook No.9  (完売 ありがとうございました)
 2005年 8月発行 / SW / アナキン×オビ=ワン / NC-17 / コピー / A5 / 28P

 タイトル通りのバカンス話。EP3のちょっと前・・・だと思います^^;
 サイトに載せた『Cool & Nice』で出てきた「オビ=ワンを愛でる会」方々とのドタバタ、ラブコメ風。
 (…風じゃねぇ…)
 またもやイベント当日にドタバタと作り、乱丁落丁で落ち込む破目に…(-"-)
 表紙は青、緑、ピンク、黄とあり、青が一番人気。トレペのキラキラと、地の紙の模様で花火みたいで
 自分ではなかなか可愛くできたと思うのですがどうでしょう。
 タイトルは…ピーナツというかWというか…まんま曲のタイトルを。お話もまんま…ということは…
 ・・・・・・・乙女はアナキンかいっ!
 「追憶のロマンス」 SW Fanbook No.8  (完売 ありがとうございました)
 2005年 5月発行 / SW / アナキン×オビ=ワン / NC-17 / オフ&コピー / A5 / 20P

 フライングEP3風お話。EP3を見てなくても読めます。ネタバレは多分ないと…。
 あくまで「風」です^^; エピ3公開前だったので・・・。
 アナキン独り語りちょっと切ないお話です。 要は「背徳〜」のアナキンバージョン。これまた難産。
 本文はオフ印刷の締め切りに間に合わず、またまた友人のPCで仕上げました…。
 本文コピーはかなり敗北した感じ(笑)
 
 タイトルはWINKの「追憶のヒロイン」をもじりました。この歌の最初の歌詞が「可哀想ね、ロマンス〜」
 だったので、合わせて「追憶のロマンス」に。
 「背徳のシナリオ」 SW Fanbook No.7  (完売 ありがとうございました)
 2005年 3月発行 / SW / アナキン×オビ=ワン / NC-17 / オフセット / A5 / 20P

 フライングEP3風お話。EP3を見てなくても読めます。ネタバレは多分ないと…。
 オビ=ワン独り語りのちょっと切ないお話。
 「Error」で切ない系に目覚め、図に乗ってしまったために書いたのですが、これが難産でした…。
 でも、難しかったけど、お気に入りです。
 
 表紙、本文ともオフセットですが自主製本したのもいい思い出(笑)
 印刷所の社長さんが頑張ってくれて、何とか発行することが出来ましたー!
 タイトルは懐かしいWINKの曲から。
 「sweetie」 SW Fanbook No.6  (完売 ありがとうございました)
 2005年 2月発行 / SW / アナキン×オビ=ワン / NC-17 / コピー / A5 / 24P

 EP2バレンタイン話。タイトルはチョコの甘さとMy Sweetieってことで…(はずかしー!)
 とろとろになっちゃうオビ=ワンが書きたかったのに、書いてるうちに全然話が違ってしまいました^^;
 イベントに前ノリしたため、友達のPCにデータを送り、イベント当日朝のリミットぎりぎりまで
 書いていた思い出が…!本当に駄目かと思いましたが、表紙にめちゃめちゃ力を入れたので、
 どうしても発行したかった!
 模様はスタンプ、文字は手書き。エンボス加工のため、模様は手触りがいいですv 
 エンボスパウダーを溶かす方法で苦労しました。結局、トースターで溶かしたので、実は数枚
 焦がしてしまいました。あとから裏表紙のナンバリングを間違えていたことに気づき、在庫分を全て
 作り直ししたのも今となってはいい思い出。
 「Error」 SW Fanbook No.5 (完売 ありがとうございました)
 2005年 1月発行 / SW / アナキン×オビ=ワン / NC-17 / オフセット / A5 / 20P

 フライングEP3風お話。あくまで風…。
 今までとは違って真っ黒なアナキンで、くらーい話になっております。
 書きながら「アナキンひでー…」と呟いてました…
 でも意外に真っ黒アナキンは好評で、皆さんの懐の深さがありがたかったです。
 お正月にひーひー言いながら書いていました。一年の計は元旦にありっていうから、今年はずっと
 こんな感じなのかしらと暗い気持ちになってみたり。(早く書けよ…!)

 タイトルは20th Centuryの曲から。非常にアナオビちっくなのです。
 「GREEN」
 2005年 1月発行 / 指輪 / アラゴルン×ボロミア / NC-17 / オフセット / A5 / 36P / 400円
 表紙:蘇芳鈴さま(Bean+er)

 初指輪本。王と執政話。ボロミア生きてますー^^;
 とにかくボロミアには幸せになってほしいなぁとの一心で書いてみたのです。
 話を作ったのは、指輪にはまり立ての頃。ちょっと感慨深い(笑)
 憧れの蘇芳さんに表紙を書いてもらって、仕事場で浮かれまくってました〜 ありがとう〜

 タイトルはTOKIOの曲から。透明感のある歌で、大好きなのです。
 上手くこの曲の感じが出てればいいなぁ…。
 「ああ 青春のわからずや」 SW Fanbook No.4  (完売 ありがとうございました)
 2004年10月発行 / SW / アナキン×オビ=ワン / NC-17 / コピー / A5 / 24P

 オビ=ワンがほだされてるお話。
 これを読んだ友人にウチのオビ=ワンはアナキンに非常に甘いと言ってました。
 確かにこの話のオビ=ワンは特にアナキン好きな感じかもー。

 タイトルはTOKIOの曲から。デビュー前の曲なのでCD未収録。
 青臭い感じが出したかったのです。
 そういえば初売りの前日の夕方に中越の大地震があって、ホテルで本文をを折りながら、
 テレビをずっとみていました。途中で揺れたりして怖かったー。
 「Sotto Voce」 SW Fanbook No.3 (完売 ありがとうございました)
 2004年 8月発行 / SW / アナキン×オビ=ワン / NC-17 / コピー / B6 / 12P

 みじかーいお話。
 色っぽいオビ=ワンが書きたくて。でも書き出したら、最後にはギャグになってしまいました^^;
 12歳はどうなんだとか、ぱるぱちーんが堂々とオモテにでていいのかとか問題はありますが、
 結構皆さんに笑ってもらえたようで、書き手冥利に尽きました
 裏表紙の文字が実は「Funbook」になっていて、偶然の間違いですが、面白かったので
 作り直さずそのままにしておきました^^;
 タイトルは矢部達哉のバイオリンのアルバム名から。
 「ワンダフル入浴」 SW Fanbook No.2  (完売 ありがとうございました)
 2004年 6月発行 / SW / アナキン×オビ=ワン / NC-17 / コピー / A5 / 16P

 「Space-age〜」のおまけ話。なんだかラブラブ(笑)
 シャワールームの話が書きたかったのです えへ
 バスローブっていいよね〜(笑)
 チラリズム〜
 
 表紙のタイトルが非常に分かりづらく、自分でもたまにタイトルなんだっけーと思うことがあります。
 全然駄目じゃん…。
 タイトルは及川光博の曲から。でも歌詞とは全く違う内容になっちょります。
 「Space-age love affair」 SW Fanbook No.1 (完売 ありがとうございました)
 2004年 6月発行 / SW / アナキン×オビ=ワン / NC-17 / オフセット / A5 / 20P

 思い立ったが吉日状態で作ってしまった本。本当に勢いだけで、がーっと!
 これを書かなければ、今はなかった・・・。
 任務の帰りに・・・ごにょごにょ。というお話^^;
 
 10年ぶりにオフセットで本を作ったので、何故か縮小の倍率を間違え、字が誌面いっぱいに
 なってしまったという…。今でも中身を見るたびにああ〜…と落ち込みます(笑)
 タイトルは大好きなesqの曲から。マイナー過ぎる^^;
 歌詞がEP2のバーのシーンを思い起こさせたので…。
 
 
 

 
 
 
 
 
back