関東高等学校演劇協議会 規約



第1条(名 称)  本会は関東高等学校演劇協議会と称する。

第2条(事務所)  本会は事務局を事務局長の勤務する学校に置く。

第3条(目 的)  本会は関東における高等学校演劇の育成指導につとめ、その向上を図ることを目的とする。

第4条(事 業)  本会は前条の目的を達成するために、次の事業を行う。

        1 演劇教育に関する調査研究

        2 講習会、合同発表会、コンクール等の開催

        3 各加盟単位団体相互の情報交換および連絡

        4 本会機関誌の発行

        5 全国高等学校演劇協議会傘下団体としての活動

        6 その他必要な事業

第5条(組 織)  本会は関東各都県高等学校演劇団体(もしくはそれに準ずる団体)単位に加入を認める。

第6条(役 員)  本会は次ぎの役員を置く。役員の任期は1年とする。ただし、再任を妨げない。

  1 会  長  会長は総会で決定する。会長は本会を代表し、会務を総括する。

  2 副 会 長  副会長は、各加盟単位団体の会長があたり、会長を補佐する。

  3 委  員  委員は、各加盟単位団体から若干名を選出する。委員は委員会を構成し、本会の運営にあたる。

  4 会計監査  会計監査は、総会で選出する。会計監査は事務局関係の会計を監査する。  

  5 事務局長及び事務局員 事務局長及び事務局員若干名を委員会が推薦し、総会の承認を得て会長が委嘱する。

                     事務局長の任期は3年とし、再任を妨げないが、2期までとする。事務局員については、

                     各都県から1〜2名で構成する。

  6 顧  問  顧問は、高校演劇に関係の深い有識者から委員会が推薦し、会長が委嘱する。

第7条(会 議)  本会は会の運営のため、次の会議をもつ。

  1 総  会 @総会は、本会の最高議決機関で、年1回会長が招集し、役員の決定、事業計画、事業報告、

            予算決算の決定承認、その他重要事項を議決する。

          A総会は代議員定数の過半数をもって成立する。総会の議決は出席代議員の過半数の賛成による。

          B各加盟単位団体から選出される代議員の定数は別に定める。

          Cなお事情により臨時総会を開催することができる。 

  2 委 員 会 委員会は必要に応じ、会長が招集する。 

  3 都県事務局長会議 都県事務局長会議は必要に応じ、会長が招集し、各加盟団体の連絡調整にあたる。

第8条(会 計) @本会の経費は、会費その他の収入をもってあてる。

          A会費は毎年度はじめに納入する。

          B当分の間、会費の額は別に定める。

          C本会の会計年度は毎年4月1日にはじまり翌年3月31日におわる。

第9条(細 則)  本規約の細則は別に定める。

第10条(規約改正) 本規約の改正は総会の議決による。

第11条(規約の実施)

        1 平成7年7月4日一部改正(会計監査、事務局長追加)

        2 平成10年6月26日一部改正(都県事務局長会議追加)

        3 平成13年6月30日一部改正。(事務局長の任期を追加)