遺言の方法

お問い合わせ

ホーム>遺言相談ガイド>遺言の方法

遺言の方法

遺言のメリット

遺言は、自分の意思を相続人に伝えることができる最良の方法です。満15歳以上なら誰でも遺言ができます。ただし、法律で定めた一定の方式が必要になり、有効な遺言書がないと相続人の力関係や利害が対立し、相続争いになりかねません。遺言をするメリットは大きく分けて2つあります。

自分の思い通りに財産の処分ができる

遺言を残しておかないと、法定相続分や相続人間の話し合いによって相続され、自分の意思が反映されません。

死後に紛争を残さないよう、対策を施すことができる

遺産分割の処理方法などを明確に示すことによって、余計な争いを未然に防ぐことができます。また、生前になされると、紛争が生じてしまうような事項については、遺言しておくことが必要です。

遺言作成の手順

遺言があっても、それが配慮を欠いたものであったら困ってしまいます。遺言を作成するにあたっては、次の手順のように整理しながら正確に記載することが大切です。

初めに自分が所有している財産を種類別に把握するため、財産目録を作ります。

財産を贈りたい人の名前を書き連ねます。

どの財産を誰に残すのか、その分け方を決めます。

各人の遺留分を侵害しないように配分に留意します。

生活に関するサポート
メール相談・書類作成依頼