頼れる街の法律家 愛知県一宮市の総合法務事務所

尾関保英行政書士事務所

0586-84-4888 平日/9:00〜18:00

お問い合わせ

ホーム>遺言相談ガイド>遺言書の作成が必要なケース

遺言書の作成が必要なケース

紛争の予防

下記のようなケースにあてはまる場合は、遺言書を作成して紛争の予防をしておく必要があります。

認知とは
婚姻届を出していない男女間に生まれた子供(非嫡出子(ひちゃくしゅつし))を自分の子供と認めることです。遺言によって認知されればその子は相続人になれます。
内縁関係とは
男女が結婚の意思を有していて同居し、事実上の婚姻関係にありながら、法律上の婚姻届をしていない場合をいいます。
メール相談・書類作成依頼

0586-84-4888

営業時間(平日/9:00〜18:00)

営業時間外のご依頼は "かんたん" 専用フォームで。