交通事故被害者支援ネット

お問い合わせ

ホーム>交通事故被害者支援ネット

交通事故被害者支援ネット

示談解決の方法は限られています!

交通事故の9割以上が示談によって解決!「行政書士が作成する書類」+「相談」で解決する事案も多々あります。

交通事故の示談解決方法は、自分で示談交渉をする、あるいは専門家(行政書士・弁護士等)に依頼するしかありません。

示談解決の方法 内容
自分で示談交渉する 情報収集から関係資料の精査、損害額の計算、書類作成、落としどころの判断まで、時間と労力をかけてでも自分で示談交渉を望んでいる場合。
行政書士に依頼する 書類作成を依頼し、相談しながら自分で示談交渉を望んでいる場合。
行政書士は、代理人として、相手方と示談交渉はできません。
弁護士に依頼する 示談代理を依頼し、相談しながら代理人に示談交渉を望んでいる場合。

法務スペシャリストにお任せを!

死亡事故で高齢者(65歳以上)の方、後遺障害事故で下位等級(第14級等)の方は、経済的利益の額がアップしにくいのですが、諦めずにご依頼ください。

100万円単位で損害賠償金がアップした事例

当行政書士事務所では、専用フォームをご用意して24時間いつでもご依頼を受付けています。

"かんたん" お申し込み

業務別専用フォームで "かんたん" お申し込み!!

インターネットからのご依頼はお電話よりお得!

ご依頼いただく方の事例

軽微な事故でもご依頼いただけます

  • 損害賠償額が妥当な金額か確認したい方
  • 入院または骨折をされた方
  • 後遺障害が残存する方
  • ご家族が亡くなられた方
  • 健康保険を使用された方
  • 後遺障害等級認定が「非該当」だった方
  • 主治医から症状固定といわれている方
  • 当面の費用にお困りの方
  • 事故直後の方で今後に不安を感じている方
  • 過失がゼロの方
  • 加害者が複数いる方
  • ご家族が運転(過失あり)されていた方
  • 通院日数が多い方
  • 後遺障害等級認定に対し異議申立をしたい方
  • 疼痛、しびれ、めまい等でお悩みの方
  • 事故の程度が軽微な方

交通事故の専門家に頼むメリットとは・・・

落としどころの見極め経験と知識が豊富

専門家に報酬を支払ってもトクすることがある!?

多くの方が「専門家に頼めばお金がかかり、自分でやればタダ」と考えますが、下記のようなケースもあります。

保険会社提示額 示談額 報酬額 利益幅
Aさん(自分で示談交渉) 200万円 230万円   0円 30万円
Bさん(専門家に依頼) 200万円 300万円 10万円 90万円

<Aさん>保険会社から損害賠償金200万円の提示がありました。

「専門家に頼むと報酬を支払わないといけないから損」と考え、馴れないながらも自分で根拠書類を作成し、交渉した結果、230万円で示談に至りました。Aさんは、時間と労力を費やしましたが、専門家への報酬をかけずに「30万円の利益」を獲得しました。

<Bさん>Aさんと同程度の交通事故で、保険会社から損害賠償金200万円の提示がありました。

「示談成立まで1人では心細い」と考え、専門家に依頼し、その根拠書類とアドバイスを基に交渉した結果、300万円で示談に至りました。Bさんは、時間と労力を費やさずに、専門家への報酬約10万円を支払いましたが「90万円の利益」を獲得しました。

このように「専門家に報酬を支払ってもトクする」ケースもあり得ます。

「報酬を支払うと損」とお考えになる根底には、一般の方が1冊の書籍やネットから得た情報で作成する書類と、専門家(国家資格者)が数十冊の関連書籍や10年以上にも及ぶ知識と経験で作成する書類を同一視している点にあると思われます。

本当に数時間、数十時間の知識で作成した書類と、数千時間の知識と経験で作成した書類の結果が同じでしょうか。このことを理解せず、不利な示談交渉をしている方が多いのは残念でなりません。特に後遺障害事故、死亡事故などは、損害の発生が客観的にみて明らかですから、100万円単位で損害賠償金がアップすることもありますので、落としどころを見誤れば、その差は広がるばかりです。

専門家を利用すれば、時間のロス、仕事・家庭活動への影響、人件費、リスク等は少なくて済むというメリットがあります。そしてなによりもせっかく時間をかけて手掛けたものが駄目になったり、わけがわからなくなって途中で断念したとしたら、取返しのつかないことにもなりかねません。諺に、餅は餅屋(物事にはそれぞれの専門家があり、素人はかなわないこと)とあるように、馴れないことは専門家に任せてみてはいかがでしょうか。

頚部痛等の自覚症状はあるけれど、X-P、CT、MRI等で異常なしと診断された方へ

これを読めば、通院時のコツが見えてくるはずです!

後遺障害等級認定実例集―交通事故の傷病名で多い頚椎捻挫・頚部挫傷の後遺障害等級認定「第14級9号の5例」及び「非該当5例」の理由を列挙(異議申立の結果、第14級9号に該当した事例を含む)