示談例(損害額算定の場合)

トップページ>交通事故被害者支援ネット>示談例(損害額算定の場合)

示談例(損害額算定の場合)

さまざまな示談例

下記の示談例は、実際に当行政書士事務所が受任したもの(損害額算定)を1万円未満は四捨五入し、表示したものです(報酬額は最新のものを採用)。

示談例 1 高齢者及び女性のケース(死亡事故)

高齢者及び女性の方は、経済的利益の額がアップしにくいのですが、諦めずにご依頼ください。

損害賠償請求後、示談までに要した期間は、約1ヶ月です。

示談例 1

示談例 2 高齢者及び女性のケース(後遺障害事故)

高齢者及び女性の方は、経済的利益の額がアップしにくいのですが、諦めずにご依頼ください。

示談例 2

各種保険金・共済金の請求アドバイス

損害賠償金とは別に、後遺障害等級を得ますと、自身の乗っていた自動車に付帯されている搭乗者傷害保険の後遺障害にかかる各種保険金・共済金を請求できます。搭乗者傷害保険については、傷害にかかる保険金請求を忘れることは少ないと思いますが、後遺障害にかかる保険金請求については、後遺障害等級が認定されてから、改めて保険会社に連絡することを忘れてしまうことが多いものです。

上記(示談例 2)の被害者の方もこれに当てはまり、当行政書士事務所がアドバイスさせていただいた結果、1,000万円の保険金額でしたので、第11級で15%(保険金支払割合)、つまり150万円の後遺障害保険金を受領することができました。実質、392万円(損害賠償金242万円+保険金150万円)増額となった訳です。

後遺障害等級が認定された場合、自身が掛けている様々な保険証券を確認しましょう!

示談例 3 下位等級のケース(一覧)

後遺障害等級が下位の方は、経済的利益の額がアップしにくいのですが、諦めずにご依頼ください。

被害者データ
事故の種別(等級)
お住まい・性別
@保険会社
提示額
(既払額除く)
A算定後
示談額
(既払額除く)
B本来要求すべき
損害賠償額
を求めた結果
(A-@)
C報酬額 D報酬
支払後の
利益

(B-C)
後遺障害事故( 9級)
福井県在住・女性
692万円 890万円 198万円UP 24万円 174万円
後遺障害事故(11級)
埼玉県在住・女性
376万円 646万円 270万円UP 28万円 242万円
後遺障害事故(12級)
愛知県在住・女性
233万円 561万円 328万円UP 14万円
(一部算定除く)
314万円
後遺障害事故(14級)
愛知県在住・女性
83万円 205万円
(異議申立)
122万円UP 19万円
(異議申立込)
103万円
後遺障害事故(14級)
愛知県在住・男性
191万円 335万円
(異議申立)
144万円UP 11万円
(異議申立込・
一部算定除く)
133万円
後遺障害事故(14級)
東京都在住・男性
299万円 488万円 189万円UP 23万円 166万円
後遺障害事故(14級)
岐阜県在住・男性
135万円 250万円 115万円UP 15万円 100万円
後遺障害事故(14級)
愛知県在住・男性
157万円 329万円 172万円UP 21万円 151万円
後遺障害事故(14級)
愛知県在住・女性
53万円 207万円
(異議申立)
154万円UP 22万円
(異議申立込)
132万円

本事例は、当行政書士事務所が関与したことにより、当然に経済的利益の額がアップした訳ではなく、本来要求すべき損害賠償額を求めた結果であることをご理解ください。