古物商許可の基準

トップページ>古物商許可申請>古物商許可の基準

古物商許可の基準

古物商許可の要件

公安委員会は、古物商又は古物市場主の許可を受けようとする者が、次の各号のいずれかに該当するときは、許可をしてはならないとされております。

欠格要件に該当しないこと

  1. 成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者で復権を得ないもの
  2. 禁錮以上の刑に処せられ、又は一定の犯罪により罰金の刑に処せられて、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から起算して5年を経過しない者
    • 古物営業法31条に定める次に掲げる罪
      • ア 許可を受けないで古物営業を営んだ罪
      • イ 不正な手段により許可を受けた罪
      • ウ 自己名義をもって他人にその古物営業を営ませた罪
      • エ 公安委員会の命令に違反した罪
    • 刑法に規定する次に掲げる罪
      • ア 背任罪
      • イ 占有離脱物横領罪
      • ウ 盗品その他財産に対する罪に当たる行為によって領得された物を運搬し、保管し、若しくは有償で譲り受け、又はその有償の処分のあっせんをした罪
  3. 住居の定まらない者
  4. 古物営業の許可を取り消されて5年を経過しない者
  5. 法定代理人が前記1. から4. までに掲げる事項に該当するとき
  6. 法人の役員が前記1. から4. までに掲げる事項に該当するとき
許認可手続きサポート
ネット相談・依頼