古物商許可申請ネット

トップページ>古物商許可申請ネット

古物商許可申請ネット

古物営業には許可が必要です!

リサイクルショップや中古車販売店等で古物を売買し、若しくは交換し、又は委託を受けて売買し、若しくは交換する営業を営む場合は、営業所の所在地を管轄する都道府県公安委員会の許可を受けなければなりません。

また、インターネット・オークションで古物の売買をしようとする者のあっせんを競りの方法(ホームページを利用するもの)により行う営業を営む場合も同様に許可が必要です。

古物営業の種類 内容
古物商
(1号営業)
リサイクルショップ・中古車販売店・古着屋・古本屋等を営業する時
古物を売買し、若しくは交換し、又は委託を受けて売買し、若しくは交換する営業
古物市場主
(2号営業)
古物市場(古物商間の古物の売買又は交換のための市場をいう。)を経営する営業
古物競りあっせん業者
(3号営業)
インターネット・オークション事業を営業する時
古物の売買をしようとする者のあっせんを競りの方法(ホームページを利用するもの)により行う営業

法務スペシャリストにお任せを!

古物商許可申請ネットでは、必要に応じて全ての書類をご用意いたします。ご依頼いただけますと、許可申請の「最大の壁」とも言うべき書類が容易に整いますので、ご依頼者様は警察署窓口への申請および許可証の受領を行うだけで手続きが完了します。若干の手間をおかけします分、平均報酬額49,713円(平成28年1月行政書士報酬額に関する統計調査実施結果より)に比べ低報酬額となっていますので、ぜひ、ご利用ください。

愛知県では、申請にあたって、簡単な面談(10分程度)がありますので、申請者ご本人が所轄警察署に出向く必要があります。

こんな方におすすめです

お忙しい方、あるいは遠方の方は、古物商許可申請依頼フォームを利用されるのが、大変便利です。もちろん、「依頼したいけど、事務所に行くのはちょっと・・・」という方にも、オススメです。

当行政書士事務所では、専用フォームをご用意して24時間いつでもご依頼を受付けています。

"かんたん" お申込み

業務別専用フォームで "かんたん" お申込み!!

インターネットからのご依頼はお電話よりお得!