頼れる街の法律家 愛知県一宮市の総合法務事務所

尾関保英行政書士事務所

0586-84-4888 平日/9:00〜18:00

お問い合わせ

ホーム>内容証明郵便相談ガイド>内容証明郵便の出し方

内容証明郵便の出し方

電子内容証明の概要はこちら

内容証明郵便を扱う郵便局

内容証明郵便は、権利義務に関する重大な事項を内容とする場合が多く、また引受事務が繁雑であるため、原則として無集配郵便局では取り扱わないことになっています。郵便局に電話で問い合わせてから行くことをおすすめします。

郵便局に行くときに用意するもの

内容証明(最低3通 受取人数+2通)

封筒

封をせず、また切手も貼っていないもの。差出人及び受取人の住所・氏名を記載したもの

郵便料金

例:謄本が2枚の場合

郵便料金 82円+内容証明料金 690円(430円+260円)+書留郵便料金 430円+配達証明料金 310円=1,512円

印鑑

印鑑は、あらかじめ必要箇所に押しておきますが、窓口で、文字や記号の訂正を求められたり、契印もれを指摘されたりすることがありますので、持参することをおすすめします。また、代理人の名前で出すときには、代理人の印鑑が必要です。

郵便局での手続きの流れ

内容証明3通と、封筒1通を窓口に提出します。このときに「配達証明付、内容証明郵便でお願いします」と言ってください。

郵便局員が次の証明作業を行います。

証明作業終了後は、次の手続きを行います。

謄本2通のうち、 1通は差出人の保管用で返却され、もう1通は郵便局で保存されます。

メール相談・書類作成依頼

0586-84-4888

営業時間(平日/9:00〜18:00)

営業時間外のご依頼は "かんたん" 専用フォームで。