離婚内縁  内容証明 

                         埼玉県さいたま市見沼区大和田町1−1095−2−103
                         電話048−689−0425 問い合わせメール→shiori@tea.odn.ne.jp 


トップページ  離婚協議書  慰謝料  内容証明  ブログ 


     離婚の一番の問題は?

     離婚の問題は実際にはお金のと心の問題となって現れてきます。例えば養育費を払ってもらえないとか
     夫婦共同で借りたお金を夫が払わないと言う様にです。そうならないために事前に、話し合ったり、離婚
     協議書を作ります。なにも話し合いをしないと、事が収まるまでに、家庭裁判所等でに1年くらいの時間が
     必要となることがあります。離婚を考えると誰でも気持ちが重くなるようです。
     婚姻費用の算出は私の事務所でできます。

     離婚の現状は?

     離婚を考えている方は「自分の周りはどうなのだろうか?」と思うようです。
     現在では一日に700組の夫婦が市役所に離婚届を出しています。これを見ても、離婚が特別な事では
     なくなっているのが解ります。
     では、どのような方が離婚届を出しているかと言うと、最近では20代から30代の方が多く一時的に中
     高年は少なくなっています。これは生活が成り立たないと言う原因もあります。
     若い方の離婚は、まだ若いのでこれから新しい人生を求める人が多いようです。
     最近の統計では結婚期間が短い夫婦ほど離婚率が高くなっています。

     離婚について考えてみましょう。

     これから実際の離婚協議書をみながら離婚について考えてみたいと思います。
     離婚協議書の書き方を見ながらご自分の離婚について考えてください。
     もし離婚協議書を書かないにしても以下の離婚協議書にかかれてあることだけは決めておくと良いと思
     います。書式のサンプル付きです。

     まず最初の一歩から

     離婚協議書の見本の後に簡単な説明を掲載しましたのでご覧ください
     離婚は夫婦の間で合意が出来ていればいつでも離婚できます。これを協議離婚といいます。ただし未成年
     の子がいる場合は親権者を、それから離婚後の居住地を決めないと離婚届けは出せません。
     日本の離婚は協議離婚がほとんど(98%)なので協議離婚を中心にお話します。
     協議離婚の手続きは簡単に出来ますが後で争いが起きることも多いのです。それなので、協議離婚書を
     書いておくと後で証拠として残りますので争いも起こりにくくなります。
     離婚協議書の書き方を以下に記します。
     名前等は仮名にしました。例文は一例にすぎません。百人いれば百通りの離婚の方法があります。
     難しいお話をして混乱するといけないので年金分割と住宅ローンのお話は省きました。




                  離婚協議書(見本)

     夫、大山哲也(昭和40年6月4日生、以下「甲」という)と、妻、大山順子
     (昭和40年8月31日生、以下「乙」という)は、離婚について協議した結
     果、下記の通り合意確認する。

                   
     第1条
     甲と乙とは協議離婚することとし、離婚届に各自署名押印した。

     第2条
     甲乙間の未成年の子、大山香(平成4年8月3日生、以下「丙」という)
     の親権者及び監護権者を乙と定める。

     第3条
     甲は乙に対し、丙の養育費として離婚が成立した日の属する月から丙
     が22歳に達する日以降の最初の3月31日まで、毎月5万円ずつを毎月
     末日までに、乙の指定する金融機関の口座に、振込み送金により支払う。

     第4条
     甲が前条の養育費の支払い期間中に、乙、丙のいずれかが病気、けが
     その他の事由により特別の出費を要する場合、又は要した場合は、甲は
     乙の増額請求について誠意をもって協議に応じ、対処するものとする。

     第5条
     甲は乙に対し、財産分与として金900万円を支払うこととする。支払い
     の方法は、離婚が成立した日の属する月の末日までに、乙の指定する金
     融機関の口座に振込み送金により支払う。

     第6条
     乙は甲に対し、財産分与として別紙物件目録記載の不動産の乙の持分
     10分の2の全部を譲渡し財産分与を登記原因とする持分移転登記をする。
     登記に伴う公租公課及び手続費用については、甲が負担する。登記手続
     は、平成18年3月31日迄に行う。

     第7条
     乙は甲に対し、甲が年に4回程度、丙と面接交渉することを容認する。
     但し、甲は乙の事前の承諾なしには丙と面接交渉しないものとする。面接
     の日時、場所、方法は子の福祉を害することがないよう、甲、乙互いに配
     慮して協議決定する。

     第8条
     甲と乙は、それぞれ住所、勤務先を変更した場合は、速やかに変更後の
     新住所、勤務先の名称、所在地及び電話番号を相手方に文書で通知する
     ものとする。

     第9条
     甲と乙は、本書作成後直ちに本協議書各条項の趣旨による強制執行任認
     諾約款付公正証書を作成することを合意する。

     上記の通り合意したので、契約の遵守を宣誓し、本書2通を作成し、甲、乙は
     各自保有する。

                          平成17年4月10日

     (甲)
     住所
     氏名

     (乙)
     住所
     氏名

    以上が離婚協議書のサンプルです。

    本書を作成したら公証役場で公正証書にしてもらうと良いでしょう。と言うよりも是非、公正証書に
    して欲しいのです。公正証書というのは、簡単に申しますと強制力のある公の書類です。そして後々
    争いにならないように細心の注意をはらって頂きたいのです。
    手続きについては、ご相談頂ければ私の方で公証人役場へ出向きます。
    ただし公正証書であっても離婚協議書の強制執行の対象は協議書の金額にたいしてのみです。
    大筋だけお話しましたのでわからないところはお問合せください。

    離婚協議書作成の注意点(ここからが見落としがちな大切なお話)

    養育費と財産分与は別のものです。これを一緒だと感違いされる方が多いのです。養育費は子供のた
    めで財産分与は妻のためにあります。
    また離婚協議書を公正証書にしたほうが良いのは、約束が履行されなかった場合に裁判をせずとも強
    強制執行が行えるからです。(経験から言うと約束が破られる事が多いからです)
    公正証書がないと、養育費の争いには少なくとも半年はかかると思ったほうがよいでしょう。そのく
    らい大変なものなのです。
    家庭裁判所での家事調停は1ヶ月に1度、開かれます。最初は申し立てだけですので、20分くらい
    で終わってしまいますがそのあと半年くらいかけて調停が続く事が多いようです。
    その後の子の戸籍や就学時の名字の変更時期についてもフォロー致しますので、お問い合わせくださ
    い。

    養育費について決めましょう。

    離婚した夫から養育費の仕送りが途絶えるケースが増えています。そうした場合に、どうしたら養育
    費の請求ができるのでしょうか?
    以下に順を追って説明しましょう。離婚の際に離婚協議書を作成しておけば、以下の争いも少ないと
    思います。

    子供の養育費


    子供を引き取って養育する側は相手方に対して養育費の請求ができます。親権者でないからと言って
    子供に対しては親である事は間違いないわけですから扶養義務は負います。
    妻が子の親権者になった場合は、夫は子供に対して養育費を支払わなければならず、妻が養育費を子
    に代理して受け取る訳です。
    具体的には衣食住費、教育費、医療費、適度の娯楽費です。

    養育費の額

    扶養者と同じレベルの生活を保てることが養育費の目安になります。実際には上記の金額の程度と思
    います。私の経験では3万円から5万円、多いケースで8万円くらいです。
    詳しくは私の事務所で算出できます。
    何歳まで支払うか?
    一般には社会人として自立するまでと解されていますが、期日を区切って成年までとするのが安全です。
    安全な書き方についてはお問合せください。

    話し合いがととのわない時(一時的に別居しているときなど)

    相手が話にさえ応じない時は、まず内容証明郵便を出して相手の真意を確かめてください。返事が来
    なくとも意思表示の証拠として残りますので裁判になった時の資料になります。
    それでもだめなら家庭裁判所に調停や審判を求めることになります。以前は地方裁判所で審判を行っ
    ていましたが、現在では調停・審判とも家庭裁判所で行うことになりましたので、利用しやすくなり
    ました。ただし、審判離婚、裁判離婚はほとんどありません。9割が協議離婚というのが実情です。
    よほどの事が無い限り、争いが好きな人は少ないと思います。

    最後に

    詳しい離婚協議書の解説を別のページに書きましたので「離婚協議書」のページを参考にしてください。
    相談の際は、住所、氏名、電話番号をお知らせ下さい。

    メールはこちらへ