ゴルフスイングの基本

ゴルフスイングの基本とは

ゴルフスイング上達のスピードアップをしたい方は、こちらをクリック =======> 小原大二郎プロの教材

ゴルフ5ゴルフスイングの基本を簡単にマスターできて、ナイスショットを連発することができるのであれば誰も苦労はしないと思われるゴルファーも多いかもしれません。しかし、このサイトの情報は、誰でもその喜びを実現できる手助けになるかもしれません。

ゴルフスイングの基本をマスターするひとつの初歩的な方法を最初に提案します。まずやるべきことは目を閉じた状態で、思い切りゴルフクラブを振ってください。次に、フェイスのしんにボールが当たる位置をスイング軌道を見ながら確認しましょう。

最後に、その場所にボールをセットするだけなのです。これを試してみると、リラックスした自然体で気持ちよくスイングさえすれば、ゴルフボールが向こうから勝手にクラブフェイスのしんに当たってしまうというテクニックです。

もちろん、これだけではたった一度だけ成功を経験することに過ぎません。ゴルフ上達の極意をマスターするためには、いつどんな状況に置かれても、安定したゴルフスイングが出来なければ意味がありません。基本のゴルフスイングをマスターするためには、自然体でリラックスした精神状態で気持ちよくスイングすれば、いつでもゴルフボールが向こうからクラブフェイスの芯に当たってしまうための技術を身につけることが、一番大切なことです。

自然体のゴルフスイング

けれども、大部分のアマチュアゴルファーは、すぐに良い結果を出すことを求めてしまうのです。自然体でリラックスして気持ちよくスイングするという大前提を忘れがちになるのが失敗の原因です。「真っ直ぐ飛ばそう」とか「できるだけ遠くまで飛ばそう」とする意識が先行してしまいがちです。結果を見ると、まさに不自然としか言いようの無いゴルフスイングになっているゴルファーを多く見かけてしまいます。

不自然なゴルフスイングを身に付けてしまうのには、相応の理由があります。それはゴルフというスポーツがもつ特徴にあります。具体的に言えば、ボールの位置が卓球などよりも身体から遠いことや、ボールが野球ボールよりも小さいこと。さらにテニスに比べてもクラブフェイス(スイートスポット)が小さいことなどが挙げられます。

こうした要因のために「何とかして上手くボールに当てたい」という意識がどうしても先行してしまい、ゴルフスイングを崩す元になってしまうのです。仮に、ゴルフのボールがバレーボールくらいのサイズだったり、クラブフェイスがテニスのラケット面ぐらいまでのサイズならば、ボールにゴルフクラブのフェイスに当てにいこうという心理にならないはずです。自然体でリラックスした状態でゴルフスイングができるはずだと思います。

ゴルフ6いつでもリラックスした自然体で、気持ちのよいショットができることがゴルフスイングの基本中の基本になる話です。一度、ゴルフスイングの基本をマスターすれば、目を閉じていてもボールをしんで捕まえられるようになるでしょうし、それを目標にして、これからゴルフスイングの基本作りを徐々にマスターしていけば良いのではないでしょうか。

このページの先頭へ