worldy4.gif (5730 バイト)

共産主義のもたらしたもの

神様?なぜ?
真の父母とは
イエス様について
キーワード
心に残る人々
がんばろう、日本!!!
今世紀最大の出来事
ゆたか家の子育て日記
反対する人々

マルクスらによる共産主義思想、それは、労働者階級の解放、ユートピアの実現をもたらす福音のはずでした。

しかし、その理想とは裏腹に、

なぜ、共産主義思想を実践し、成立した、社会主義国(共産主義体制)が、

1.ナチスによる600万人ものユダヤ人虐殺や、第2次世界大戦での死者をはるかに超える1億5千万人以上(仏紙ル・フィガロ紙1978年11月18日付)のおびただしい数の尊い人命の犠牲、虐殺、抑圧をもたらし、(←日本においてはこの点についてマスコミ等の発言が極端に少ないかそのような発言を避けている場合が多いため、よほど注意深くみていないと、この認識すらできない場合が多いのですが)

2.国民監視の為の秘密警察を作り、思想・信条・宗教等の自由を拘束し、自分の率直な意見すら言えない状態におき、

3.体制に合わない者、反する者を思想改造・抑圧するため、精神病院、強制収容所を作り、そこに収容し、

4.生活物資の不足が常態化し、スーパーマーケット等には物資がないため、冬の寒さの中でも、共産圏名物となった「行列」を作ってその配給等を待つ必要が生じ、

(その一方では「ノーメンクラツーラ(ソヴィエトの赤い貴族)」と呼ばれるような共産党特権階級をつくり)

5.実態と異なるプロパガンダを西側諸国に行うだけでなく、情報統制をして、西側諸国の正しい情報すら入手できないように、悪い操作情報を国民に伝えるようにする

といった結果をもたらしてしまったのでしょうか。

その害悪がゆえに、1990年代のソ連、東欧社会主義諸国等の崩壊という結果をもたらすことになったのはご存知のとおりです。

神様にとっても、人類にとっても考えられないくらいの苦痛・悲しみを与えることになった、徹底した無神論である共産主義(社会主義)。

ここでは、共産主義(社会主義)のもたらしたものを冷静に見てみたいと思います。

−−−−−−−−−−−

虐殺・殺戮

宗教弾圧

芸術家に対する弾圧

・人権蹂躙    例)ベトナムの悲劇 

秘密警察

虚構・虚偽情報(情報操作)

  謀報謀略(スパイ)活動

敵をおとしめるための悪意あるレッテル・中傷・悪罵

−−−−−

自由主義社会の我々が反省すべきこと