「ジル君チャリティ&カンパBox」

"できる事から始めよう" "不要なものを役立てよう"
そんな発想で始めた「ジル君のチャリティ&カンパBox」は、「いつでも誰でも自由に」参加していただけるタイプの活動です。小原孝がコンサートの時に呼びかけて1997年の7月からスタートしました。音楽活動と並行してささやかですがずっと続けていこうとがんばってます。どうぞよろしく!

ジル君チャリティBox
【 集めています@ 使用済み切手 】 302.8kg(2008年8月13日現在)
 

世界中の収集家のために専門業者が買い取ってくれます。まわりを5mm位残してハサミでジョキジョキして下さい。切手の種類は何でもOK。水はがししたものと外国切手は分けて送ってくれると尚、ありがたいです。やぶけたりよごれたりしているものは買いとってもらえません。ダンボール箱に10kgずつつめられて買い取られるそうです。チリも積もれば山となるですね。近年メールの時代になり、切手が不足気味ですので宜しくお願いいたします!

 

【 集めていますA 使用済みテレフォンカード 】 46,873枚(収集は終了いたしました)
【 集めていますB その他使用済みカード 】 36,198枚(収集は終了いたしました)
 

<<お知らせ>>

使用済みテレフォンカードと使用済みその他カードの収集は、買い取ってくれる業者が無くなってしまうため終了しました(2007年3月31日)。長い間ご協力ありがとうございました。
尚、途中まで使って残っているカードや未使用のものは、まだまだ役立ちますのでお送り下さい。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

ジル君チャリティーBOX管理人 小原孝


ジル君カンパBox
【 集めていますC ハガキ 】 1,486枚(2008年1月9日現在)
 

書き損じ、未使用で古かったり使わないもの、など何でもOKです。ボランティア活動の通信費の節約に役立ちます。

 

【 集めていますD 使用可能切手 】 589,387円分(2008年1月9日現在)
 

たとえば41円や62円など使わないで残っている切手があったら送ってください。ボランティア団体に送って、カンパ通信費として役立ててもらっています。

 

【 集めていますE 未使用カード類 】
 

テレフォンカード、イオカード、クオカード、ふみカード、図書券、ビール券、商品券など使わないものがあったらカンパして下さい。換金したものはカンパBoxに集計してあります。

 

【 作ってます@〜おばらオリジナルグッズ2005 】
  グッズ(売り上げ収益金をジル君チャリティーBOXで活用しています、御希望の方はメールでお知らせください)

@ おばら写真付き切手オリジナルシート&高級レターセット ¥5250
大好評のレターセットがリニューアル。超レアの写真付き切手シートとセットになってマル秘のおまけグッズも沢山入っています(笑)。このレターセットでリクエスト書いてくださいね!

Aオリジナル紙製品こだわりの手書きセット ¥2100
僕が仕事で使うために作ったオリジナルの5線紙、クリアファイル、便箋、封筒、それに新しく原稿用紙をセットにしました。パソコンの時代ですが手書き&手作りのぬくもりを大切にしたいです。(コピーしないで使ってください!)

グッズは通販のみのお取り扱いです。御希望の方はメールでお問い合わせ下さい。いずれも限定生産品なので、数に限りがございます。


【 作ってますA 小原孝オリジナルグッズ旧作 】
 

これまでのグッズも多少在庫があります。ポストカードセット@A、テレフォンカード、Tシャツ、プチタオルセット、ピアノよ歌え5線紙 クリアファイル、新レッスンバッグ(赤)など。シールセット、プチリュック、プライベートビデオ、レッスンバッグ、タオルセット、手拭い、新レッスンバッグ(黒)、オリジナルオルゴールは売り切れました。

クラブ80メンバーのみのマル秘グッズについてはジル通信をご覧ください。

 


★以上のような地道な活動と、皆さんからのカンパなどをあわせると、97年7月のスタートから、2007年7月31日現在までで、¥2,443,963集まっています。これまでにユニセフ、リボン・プロジェクト・ジャパン、Act Against AIDS、ルーマニアエイズチャイルド基金、アフラックがん遺児奨学基金、アジアンラリー、クロアチアにピアノを送る活動、チャイルドスポンサーシップその他震災や洪水などの基金に積極的に参加して役 立てています。ユニセフからは感謝状も届いています。

★2001年の秋より、小原孝ピアノリサイタルの会場ロビーにユニセフの募金箱を設置させていただけるようになりました。新しい試みですが、もし気付きましたらご参加ください。(2007年7月1日までに156,317円集まりましたので、ユニセフに早速送金致しました。ありがとう!)


参加方法
この活動は、コンサート活動と並行してやっています。小原孝のコンサートやサイン会で配られている「おばら新聞」をよく読んで自由参加して下さい。参加された方ひとりひとりにお礼が言えないのが残念ですが、この場を借りてたくさんのありがとうを。そしてこれからもどうぞよろしくお願い致します。

[HOME] [コンサート情報] [今日の出来事] [レギュラー情報] [ピアノQ&A] [チャリティー]
[ディスコグラフィー] [楽譜&エッセイ集] [雑誌] [資料集] [プロフィール] [ジルのページ]