2006年4月の日記



 4月30日(日)

昼間のマスターズ練習に参加、2000メートル泳ぐ。午後は自宅でレッスンと特番の準備と自分の練習。夜は塚田先生のレッスンに行く。そうか、世の中はすでにゴールデンウィークに突入しているんだね。しかし連載原稿のチェックなど、こぼれた仕事が深夜になって飛び込んでくる、仕事中の人も多いよね。



 4月29日(土)

今日は海老名で行われた日本マスターズ水泳短水路水泳大会に参加。苦手の早起きも無事に克服してチームメイトと出掛けた。本日の結果25メートル背泳ぎ20秒95、200メートル個人メドレー3分21秒49、いずれも2位。200メートルメドレーリレーも参加してこれは1位(みんなのおかげですが・・)楽しかったです。いつも夜中に練習しているのでなかなか体が起きなくて大変、習慣って不思議ですね。昨年の全国ランキングで200メートル個人メドレー(短水路)46位、100メートルバタフライ(長水路)36位、少しずつ楽に泳げるようになってきた。タイムは相変わらずだけど(笑)夜は久しぶりにカラオケで盛り上がる!!



 4月28日(金)

朝からピアノに向かいアレンジをする。無事に原稿書き上げました!パチパチパチ(笑)。今回は土壇場で資料がそろっていない事に気付き、本当に焦ったが諦めずに頑張りました。連載も102回目ですがまだ一度も休んでいない、他の人にとっては当たり前だけど僕にとっては奇跡に近いかも・・。でもとても良いアレンジができあがったから火事場の馬鹿力とはこのことかもね。ほっと一息ついてたら別の編集部から原稿の依頼が来た。何事も計画的にしっかり取り組もうと反省する。クラブ80の皆さん、ジル通信5月号発送しました。恒例の春のフラワーギフトや“今日は一日弾き語りフォーユー三昧”のお知らせなど、今月も盛り沢山の内容。バースディーカードと更新グッズも新しく制作して、フレッシュな気分でお届けしますね。



 4月27日(木)

「弾き語りフォーユー」
小原孝流ピアノよ歌え音楽講座C〜花の歌(ランゲ)/朝食(小原孝)

今日は練習日の予定だったが、急遽変更してNHKの特番の準備と連載楽譜のアレンジに取り掛かる。アレンジのための資料を昨晩からずっと探していたが結局見つからず、慌ててCDを買いに行くはめに。ゴールデンウィーク前のラストスパート、果たして間に合うか?夜は1800メートル泳いでから再び原稿書き。



 4月26日(水)

「弾き語りフォーユー」
アルフィー/空へ/黄昏のビギン(ちあきなおみ)

午前中クラブ80ジル通信5月号の原稿を仕上げる。今日はNHKの臨時収録日。昨日に引き続きレギュラー番組の収録と5/5の特番の打ち合わせ。リクエストも集まりだして、いよいよ気分が高まってきた。みんなで協力して素敵な番組に出来たらいいね。ゴールデンウィークに突入するとお便りでのリクエストは間に合わない場合も考えられるから、これからの方はNHKのホームページからのメールをお勧めします。楽しみに待ってます!(尚、放送日当日はFAXでの受け付けもあるそうです)



 4月25日(火)

「弾き語りフォーユー」
春(ショパン)/花の街/春の日の花と輝く

今日はNHKの収録日。レギュラー番組と5/5の特番と両方の準備に追われる。リクエストも集まりだし、弾きたい曲も沢山あるから全然まとまらない。本番も大変だけど準備はもっと大変なのだ。夜は1500メートル泳ぐ。



 4月24日(月)

「弾き語りフォーユー」
おぼろ月夜/ユー・レイズ・ミー・アップ/南の島のティオ(小原孝)

午前中レッスン、午後はずっと伴奏合わせ(3組)。佐藤充一フルートリサイタル(5/27)の後半のプログラムはオリジナルアレンジよるお楽しみコーナーがあるのだが、選曲や構成をリハーサルしながら考える。内容は内緒だけどなかなか聴き応えのあるメドレーが出来上がったよ。連載エッセイの原稿を仕上げる。クラブ80の新しいバースディーカードを制作する。夜は1800メートル泳ぐ。今日は珍しくてきぱきとして充実した一日だった。そうそう5/5の“今日は一日弾き語りフォーユー三昧”のホームページができました。リクエストも受付中なので是非参加して下さいね!
http://www.nhk.or.jp/zanmai/
http://www.nhk.or.jp/zanmai/k/(携帯用)



 4月23日(日)

午前中はのんびりして、久しぶりに昼間のマスターズの練習に参加1800メートル泳ぐ。それ以外はずっと部屋にいて今日は伴奏合わせとレッスン、自分の練習3時間、それに原稿書きやアレンジなどなどをするがどれも中途半端。ゴールデンウィークを前に仕上げて置かないといけない仕事が沢山あり、のんびりムードもつかの間だな。気合を入れて頑張ろう!昨日のコンサートの感想のメールやFAXと10月のリサイタルの予約が一杯届いて何だか嬉しい気分。ありがとう!ひとつのコンサートが終わると、すぐに次に向かって走り出したくなる僕なのだ。



 4月22日(土)

東京文化会館で“ピアノでトリオ”の演奏会。島健さんと佐山雅弘さん両人気ジャズピアニストとの競演はとても楽しかった。芸能関係の仕事の多いお二人だから客席も華やか、島さんには浜崎あゆみさんから超豪華な花が届いていた。ガーシュイン、タンゴ、モーツァルト、童謡唱歌などなど多彩なプログラムで、本当にあっという間に時間が過ぎた。ピアニスト仲間も大勢来ていて、みんなもやりたがっていた(特に女性陣が)。普段は一人で仕事をするピアニストだが、色々工夫して輪が広がったら良いな。



 4月21日(金)

今日は練習日、ずっと部屋でピアノに向かっていました。他にも原稿や仕事が沢山あるけれど、手をつける事ができなかった。夜はスイムメンバーで横国へ行き、スタートやターンの練習をするが、やはり常に練習していないと上達の気配が無いようだな・・・。



 4月20日(木)

「弾き語りフォーユー」
小原孝流ピアノよ歌え音楽講座B〜すみれ/小鳥のさえずり(ストリーボック)/ジルの誕生日(小原孝)

午前中レッスンした後、午後は“ピアノでトリオ”のリハーサル。出掛けようとしたら大嵐で家から出られず大変だったが、しばらくしたら嘘のように晴れた。リハの方は段取りが漸く決まったらいきなり通し稽古で、かなりスリリングだが充実した内容になりそうだ。お楽しみに!夜は2時間練習した後、用賀に出掛け2000メートル泳ぐ。行きつけのお店からパソコンのトラブルで個人情報が洩れたと謝罪があった。今のところ何も被害はないが、いつどこで何に巻き込まれるか判らないものだね。



 4月19日(水)

「弾き語りフォーユー」
ドリゴのセレナーデ/まちぶせ/ダンデライオン

今日は練習日、とにかく譜読み中心にピアノに向かう。かなり捗ったけれど、やり残した曲もありまだまだ練習時間が必要だなあ。夜は塚田先生のレッスンに伺う。日本歌曲の伴奏は、コンクールで賞を戴いたにも拘らず中々演奏するチャンスが少ないので、まだレパートリーが少ない。計画的に勉強を続けたいと思う。



 4月18日(火)

「弾き語りフォーユー」
詩人と私/君をのせて(沢田研二/ASUKA)

NHKの収録日。5/5に予定している特別番組“今日は一日弾き語りフォーユー”は専用ホームページができてやメールでのリクエストも受けつけるので、その準備もありスタッフの皆さんも徐々に戦闘モードになってきた(笑)。これまで番組内で演奏した曲のリストをみたが4000曲以上あり、とても全部チェック出来そうにない。何だか凄い事になりそうだ。夜は用賀で2000メートル泳ぐ。ベランダの牡丹の花が見事に咲き誇りとても美しい、春だね。



 4月17日(月)

「弾き語りフォーユー」
花の首飾り/仔ねこの情景(小原孝)/誰かが風の中で

午前中レッスンした後、午後は畑中更予先生のレッスンに伺いモーツァルトの歌曲を聴いていただく。帰りに東京体育館に寄り2000メートル泳ぐ。更衣室が工事中のようでとても狭い。平日の夕方は子供や学生がいっぱいでみんなとてもハードなトレーニングをしていてビックリ。夜は津田ホールで森裕子さんのピアノリサイタルを聴く。奏楽堂日本歌曲コンクールで3度共演者賞を受賞している彼女だが、ソロのレパートリーも豊富でさすが実力派。客席には顔見知りのピアニストが大勢集まって、みんなで感心していた。帰ってから1時間練習する。



 4月16日(日)

青梅の“まだ名もない小屋”で恒例のコンサート、何と20回目だ。昨晩からずっと雨だったので心配していたが、こちらは晴れていて良い天気。桜もまだ残っていて随分違うものだなあ。小屋のご主人が先日亡くなられて何だか寂しい。芸術村みたいな小屋だから一晩中コンサートのような音楽葬だったようだ。小鳥たちの声に囲まれて自然の中で演奏していると、小屋が出来上がって初コンサートをした頃の事を思い出した。この場所はあまり変わらないけど、人はどんどん変わっていくな。帰ってから自分の練習2時間。



 4月15日(土)

国立楽器音楽の森ホールで“小原孝ピアノサロン発表会2006”を開催。今回は参加希望者が多く8時間にも及ぶ長い会になったが、みんなの頑張りによって大変充実した内容になり、最初から最後まで聴いてくださった方も大勢いらして嬉しかった。今日のために“逢えてよかったね”の女性合唱ヴァージョンをアレンジ、出演者全員で練習しながら披露して最後にはハープのオブリガート付きで演奏。感動的な発表会になったな〜。いつものようにチャリティーコンサート形式だったので入場料(記念品)の収益分をジル君チャリティーBOXで活用します。ありがとう!



 4月14日(金)

今日は一日中部屋にいて漸く明日の発表会の準備をする。プログラムや記念グッズを制作したり、段取り計画表を作ったり、大急ぎで準備する。その後、明後日のプログラムをこれも大慌てで考える。この所知人の訃報が相次いであり、曲目も色々思うところがあって中々決まらないのだ。夕方から自分の練習3時間、夜は1800メートル泳ぐ。



 4月13日(木)

「弾き語りフォーユー」
小原孝流ピアノよ歌え音楽講座A〜すみれ(モーツァルト)/パンジーロック(小原孝)

午前中、“ホールでレッスン”の三日目。今日で参加者全員の演奏を聴くが何回も参加している人は、自分で課題を見つけて積極的に研究するから、理解度も早い。同じピアノを弾いても“弾き易い”という人と“弾き難い”という人と両方いるから不思議。一口にピアノといっても楽器は本当にデリケートなのだ。午後から今年参加するKAWAIのシンポジュームの打ち合わせ。音楽教育にあり方について激論を交わす(笑)。帰ってから2時間練習、夜は1800メートル泳ぐ。



 4月12日(水)

「弾き語りフォーユー」
桜色舞う頃/ローズ/ばらの花に心を込めて(野崎由美)

午前中連載エッセイの原稿を一本書く・・滑り込みセーフ!無事にFAXした後、渋谷&銀座に出掛けCDなど資料探し、今回は結構成果がありご満悦。帰ってから自分の練習を2時間した後1800メートル泳ぐ。



 4月11日(火)

「弾き語りフォーユー」
春の唄メドレー/ぶらんこ/つくしんぼ/どじょっこふなっこ

NHKの収録日。5/5に予定している“今日は一日弾き語りフォーユー”の準備が始まり、一緒に司会をする後藤繁榮アナウンサー、ゲストのバニラ・ムードと打ち合わせ。素敵な番組になるように頑張ろう。夜は1500メートル泳ぐ。それにしてもものすごい雨だなあ・・。



 4月10日(月)

「弾き語りフォーユー」
春の小川/天までとどけ/ルララ(Harahara倶楽部)

今日は“ピアノでトリオ”のリハーサル。午前中はホールで午後は渋谷に移動してみっちりと練習。ちょっと寝坊して遅刻して行ったら島さんも佐山さんもすでに練習体制に入っていて冷や汗ものだった。僕にとっては慣れないアドリヴも沢山あるので頑張りたい。夕方1500メートル泳いだ後、夜は塚田先生のレッスン。4月5月と新しく挑戦するプログラムの曲があるからもっと計画的に練習しよう。原稿書く時間あるかな〜?



 4月9日(日)

初台のDOORSで朝礼二さんとジョイントコンサート“いいうた見つけた”に出演。いつものホールコンサートではなくライブハウスにピアノを運び込んで、懐かしめの隠れた名曲を沢山演奏&歌い捲くる。慣れない事だったので緊張したが、始まったら楽しくてあっという間に終わった感じ。ジャズセッションみたいにほとんど即興で伴奏を付けるのも面白いな、クラシックと違ってリハーサルはあまり意味を為さないのも興味深い。朝さんも今注目のちょい悪オヤジ風で良い味出してた。チャンスがあったら是非又競演したい。



 4月8日(土)

昨日に引き続き“ホールでレッスン”の2日目。今日は10時から夜9時まで長い一日だった。ちゃんと休憩時間も入れて予定表を組んでいたのに、ついつい熱が入ると長引いてしまい、ほとんど休みなくレッスンをする羽目に・・自業自得ですね。しかし当日のホールやピアノでレッスンするのは本当に良い経験になるからなにかを感じた分をそれぞれの演奏で表現してくれたら、とても嬉しく感じる。発表会当日がまた楽しみだ。帰ってからちょっと機嫌が悪くなったパソコンに向かって悪戦苦闘。普段何気に使っている物って、いったん調子が悪くなるとお手上げ状態ですね〜。



 4月7日(金)

発表会に向けて“ホールでレッスン”の初日。発表会当日に演奏するピアノやホールの響きに馴染む事はとても重要だと思い立って企画してみたら、思いの他効果と反響があり、今年は何と三日間も開催。発表会よりも大きなイヴェントになりつつある。レッスンには想像以上の体力が必要だが頑張ろう。帰ってからフルートの佐藤充一氏と伴奏合わせ。器楽の伴奏は声楽のそれとはまた違った面白さがあるな。昨晩、発表会で合唱する曲(逢えてよかったね)を急遽アレンジして寝なかったので今晩は8時に就寝。深夜に目が覚めて日記を書いてます(笑)。



 4月6日(木)

「弾き語りフォーユー」
小原孝流ピアノよ歌え音楽講座@〜花(滝廉太郎)

今日は真鶴に出かけ5月4日のバレエコンサートの打ち合わせ&リハーサル。山や海の美しい景色を見ながらの移動はちょっとした小旅行の気分だった。演奏だけでなく少し振り付けもして頂いたので初めてバレエシューズを履く。ちゃんと覚えられるかどうか不安ではあるが、最初で最後の経験かもしれないから頑張ろう。どんなになるかお楽しみに!夜は2000メートル泳ぐ。



 4月5日(水)

「弾き語りフォーユー」
桜特集A〜さくら(コブクロ/河口恭悟/日本古謡)

午前中レッスンした後、自宅で自分の練習4時間。夜は塚田先生のレッスンに伺い、新しい曲をいろいろ見ていただくき勉強になった。“光る星があったから”の作者絵門ゆう子さんの訃報を聞きショックを受ける。レコーディングの時はとても楽しそうだった事を思い出す。ご冥福をお祈りいたします。



 4月4日(火)

「弾き語りフォーユー」
(午前5時〜)一年生になったら/めだかの学校/春の予感/マイ・ウェイ
  (11時30分〜) 桜特集@〜さくら(森山直太郎/小六禮次郎/ケツメイシ)

NHKの収録日。終わってから5月に予定されている特別番組の打ち合わせで“のっぽさん”がスタジオに来てくださる。直筆サイン入りの名詞を戴いたので家宝にしよう。その後、朝さんとライブの打ち合わせ。”いい曲みつけた!”というタイトル通り名曲を沢山歌う予定。これも楽しみだ。



 4月3日(月)

今日の弾き語りフォーユーは高校野球中継のためお休みでした。(明日の再放送はあります) 

今日は春休みのレッスン日。各地から新幹線などで来る人もいたから、天気が心配だったが無事だった。それにしても凄い強風だったなあ。久しぶりにレッスンした人や一年間予約待ちして漸くレッスンできた人など、様々だったけど少しは役に立てたなら嬉しい。それにしても、やはり子供たちの反応の鋭さに驚いた。もっと頻繁に聴いてあげたいけれど、なかなか時間が取れなくてごめんなさい。夜はだんだん近づいてきた“発表会”や“ホールでレッスン”関係の準備、ほとんど何も決めていないのでこれから頑張ろう・・・。その後2000メートル泳ぐ。



 4月2日(日)

午前中ギロック研究会。午後も引き続きレッスン。発表会前で今日は自作のオリジナル曲から連弾まで、盛り沢山の内容を聴いたのでかなりエネルギーが必要だったが楽しかった。特に子供たちの反応が興味深く、ちょっとしたアドバイスで演奏ががらりと変わるのはとても不思議だ。その後、原稿チェックや自分の練習2時間、夜は2000メートル泳ぐ。突然の雷や嵐にもびっくり、花見をしていた皆さん無事ですか?



 4月1日(土)

府中の森芸術劇場どりーむホールで府中少年少女合唱団の定期演奏会に出演。大ホールで演奏できるなんて子供たちにとって本当に良い経験に なっただろう、陰で支えてくださるご父兄、OGOB、そしてスタッフの皆さんのご苦労に頭の下がる思いだ。僕のオリジナル曲のコーナーも作詞の垣内磯子さんが聴きにいらしてて、とても喜んで下さった。恒例のミュージカルコーナーも直前の頑張りでうまく仕上がったし、今年は何より団員たちが仲良く結束しているのが印象的だったな。個々には色々と反省があるだろうけれど、この経験を今後に生かして欲しい。夜はアレンジを仕上げて2時間練習した後、2000メートル泳ぐ。